5593427 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

ランキング市場

お気に入りブログ

ひまわり♪ New! わんこ堂さん

驚きのマンゴ★ New! Fugu-chanさん

<画像有>タロス最… New! ぴぃ1122さん



宮崎中央犬管理所




宮崎県で犬猫の保護+啓発活動をしています。
そのきっかけを与えてくれたのは 児玉小枝様写真展『こえなきものからのメッセージ』でした。

全てを悟っているかのような悲しい目の犬猫達の写真・・・

管理センターがどういう施設なのか
収容されてる仔達が、どんな目で私たち人間に訴えかけているのか・・・
写真で真実を、現状を知ってもらいたい。
そのなかで、何かを感じとってもらえたら・・・と思います。


bana10.jpg bana11.jpg
リンクフリーです
http://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/
メールにてご報告下さると助かります(^^;;)
mail2.gif

2007年「宮崎中央動物保護管理所」で起った実話。

「奇跡の母子犬」著者・山下由美 PHP研究所出版
「ひまわりと子犬の7日間」2013年春映画化決定
原案・「奇跡の母子犬」著者 山下由美
監督・平松恵美子
主演・堺雅人 中谷美紀 他
企画・松竹株式会社







2017年05月23日
XML
みやざき愛護センターに「キュウリ」という成犬が居ます。

キュウリは約2年前に「旧・動物保護管理所」の

厳しい判定に合格し、

「旧・ひまわりの家」に入所出来たのですが、

ご縁が無く、ひまわりの家閉鎖後、

愛護センターに戻された形になりました。

もちろん、委託を受けていた愛護団体が

残された仔達を引き継ぐことも出来たのですが、

その愛護団体は、委託事業終了と同時に解散されたようなので、

仕方のない選択だったのかもしれませんね…。



成犬、中型犬、雑種…譲渡はとても厳しいです。

その中でも、キュウリは特に譲渡が厳しいのです。





愛護センターの開所式でキュウリに会った時、

キュウリの眼球に違和感を感じました。

保護家に居る全盲の「ジロ」と、同じ眼球をしていた事と、

両目だったので、網膜変性かな…と思いました。



ただ、この時はまだ視力は少し残っているようでした。

これからどんどん視力を失い、全盲になってしまう。

目が見えているうちに、新しい環境に行き、

人と場所を把握できれば…と、願っていましたが、

キュウリは、バックヤードから出れない仔…

譲渡犬エリアにまわせないので、

一般の方に会ってもらえるチャンスがないのです。

少しでも目が見えるうちに!

目が見えるうちに…





ですが・・・





5/21久しぶりに会った時のキュウリは…



すでに全盲になっていました…。



匂いと音を手繰りながら歩くキュウリ。

私の体にメス犬の匂いが沢山ついているので、

強く反応がありました。

あえて気配を消してみると、嗅覚を頼りに必死に探すキュウリ。

目の前に居る私の姿に全く気付かない…。

少し音を出してあげると、「ここだっ!」

嬉しそうに、私にドーンっと勢いよく頭からぶつかってきた。

全盲になってまだ間もないのかもしれません。

見えない事に慣れてきたら、ぶつかる事もなくなります。



旧・ひまわりの家では、積極的に不妊去勢手術を

行っていなかったので、発情のメスが居る事も多々ありました。

もちろん、判定合格後入所して直ぐに発情が来てしまい

タイミングで不妊手術出来なかった場合もあったと思います。

旧・ひまわりの家は場所が狭く、

お散歩以外は柵に係留するしか方法がなかったので、

オス同士のケンカもあり、私も止めに入った記憶があります。

発情のメスが目の前に居るのに、交尾が出来ない…

そのストレス環境の中に、キュウリは約2年もいました。

そして、キュウリ自身も、去勢手術されないまま

センターに戻ってきていました。

センターには、もちろんメス犬も入ってきます。

全盲になった今、

常に嗅覚を頼りにするようになったキュウリにとって、

目の見えるオス犬よりも

そのストレスは多大なものなのです。





本来ならば、バックヤードに居る子達は、

不妊去勢手術の対象外となる子達です。

キュウリの場合、去勢をした方が面談の時に

性格も少し落ち着きが出て譲渡に繋がりやすくなるかもと、

無理を承知でキュウリの去勢手術の検討を

愛護センターにお願いしてみましたが、

そこは飼主さんとなる方に責任もって手術して頂きたいとの

ご返答があり、センターでの去勢手術は出来ないそうです。






キュウリは、バックヤードに居る子なので、

お散歩することが出来ません。



壁に囲まれたこの小さなコンクリートの上、

壁の間から見える小さな空が、

今のキュウリにとって全ての世界です。

愛護センターのふかふかな芝生を歩く事も、

木々の匂いを嗅ぐことも、触れる事も…



キュウリには出来ないのです…。

でも、今のキュウリは、決して不幸ではないと思います。



旧ひまわりの家のボランティアさん達が、

センターに訪問してくれている時間が、

キュウリの喜びです。

職員さんと、中庭でトレーニングしている時間が、

キュウリの喜びです。

だって、こんなに明るい表情をしてるから!





でも・・・

それが本当の幸せでしょうか・・・?




うちの施設、いのちのはうす保護家に居る子達にも、

常々言っている言葉があります。

「あんたは、上の生活を知らないだけだよ。

こんな所よりも、もっともっと楽しい世界があるんだよ。

今の幸せより、もっともっと大きな幸せの世界があるんだよ。

外の世界は、もっともっと広くて無限大なんだよ。」

キュウリ、貴方もだよ!



キュウリに本当の喜び、楽しさ、嬉しさ、心地良さを

教えて下さる飼主さんとの出会いを待っています。

この小さな世界、愛護センターから出してあげたい…

センターの職員さん、旧ひまわりの家ボランティアさん、

みんなが同じ気持ちで、キュウリの幸せを願っています。





まだ目が見えるうちにと…結果間に合わず、

キュウリは全盲になってしまったけど、

新しい環境に移ったとときに、

最初はぶつかったり、壁や段を覚える時間は必要ですが、

そう時間はかかりません。

キュウリはとても賢い子ですから。

もちろん、お散歩も喜んで行けると思います。





キュウリはバックヤードに居る子なので、

センター職員さんにキュウリに会いたい旨をお伝えすれば、

中庭まで連れてきてくれると思います。

ただ、興味本位での面会のみはご遠慮下さいm(__)m

遠方の方の場合、出来る限りのサポートはさせて頂きますので、

キュウリの事を、どうか、どうか、よろしくお願い致します。

キュウリのお問合せは、会の携帯までお願いします。

留守電になった場合には、ショートメールにて

履歴を残して下さると助かります。

090-4484-5165(担当・フジイ)





いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年05月23日 14時53分28秒
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.