5697603 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

ランキング市場

お気に入りブログ

<画像有>里親募集… New! ぴぃ1122さん

花いろいろ New! わんこ堂さん

念願のマダムシンコ みっちー8044さん

全1231件 (1231件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2017年06月23日
XML
カテゴリ:老犬ホスピス
2015年12月24日クリスマスイブの日、
4頭の殺処分決行の日でもあった。



当時、木曜日の朝、毎週のようにな行われる殺処分に、
全頭レスキューする事は不可能な時代だった。

殺処分決行される4頭の内一頭は、
首輪の色すら「赤?」と、判別できない程、
古ぼけたものだった。



この仔をレスキューしよう!



檻から出そうとすると、
唸り、怒り、逃げ回った。

恐怖心で身を守ろうと、歯で抵抗しようと必死だった。

それだけ、人間の「手」が怖かったのです。



職員さんからサポート受けながら、
なんとか無事に犬舎から出したとき…
ガス室の部屋から犬達の
「声」が聞こえてきた。
私が見殺しにしたあの3頭の声が…。



数分後には消えてしまう「声」を、
三つの「いのち」を、
心に刻みつけながら、ガス室に背を向けた
あの時の記憶は、今でも鮮明に残っている。



イブには、あの子達の分も幸せになってもらわなきゃいけない。
そう思ってた。

イブの閉ざされてた心が開くのに、
そう時間はかからなかった。



イブなりに時間を取り戻すかのように、
音と匂いを頼りにしながら、自分から甘えに来るようになった。



老犬ホスピスでも、みんなと仲良くできてたし、



遊びも上手で、みんなから慕われていた。
子犬達の教育係も、素晴らしい先生ぶりだった。

ですが…
フィラリア強陽性だったイブ。
良い方向に向かうことは出来ませんでした。



腹水が溜まったら抜く…という事を何回か続け、
最後は腹水を抜いても回復する事もなくなった。

薬も体全身で抵抗してチアノーゼ起こすまでになった。



そのときに、もう治療は止めよう…薬ももういいよ…
イブらしい最期を迎えさせてあげようと決心した。



とにかく食べてくれれば良い!

毎日食べれるものが変わるから、
白身魚、お肉、小分けにして冷凍し、
毎日何を食べたか、みんなで管理していった。
寝たまんま糞尿するようになり、
下半身をバリカンでカットして、
毎日下半身だけ流せるようにした。



6月20日・・・
この日、イブから目を離すことが、
なんとなく…怖かった。

私が眠ってる隙に逝くんじゃないかと…。



私の事務所に移動し、その日は朝までずっとイブと一緒に居た。



怖かった・・・。

ただそれだだった。

無事、朝を迎え、イブを母屋に移動させた。
日中も目を離したらいけないと…
その日はそう思った。

そして・・・


この写真が、イブの生きている最後の一枚となった。





6月21日 19時5分
イブ 永眠





サンバァ…
イブはね、もう死んでるんだよ?



イブはね、もう動かんとよ…



しげる…
イブはもう死んだんだよ…?



みんなみんな…イブの側から離れない。



「母ちゃん、イブの様子がおかしいよ?」
イブの異変を私に教えてくれたのは、
イブ、あなたがどんなに愛されてたか…



イブ、あなたがどんなに慕われていたのか…



死んでからもなお、
あなたの存在の大きさを、感じさせられました。



イブ、お帰りなさい。



あんなにきつかっただろうに、よくここまで頑張ったね。

最期の日まで一度も寝たきりになる事もなく、
手をかけさせることもなく、よく頑張ってきたね。



半年間、よく頑張ったね。偉かったね。
やっと苦しみから解放されたんだね。

良かった・・・本当に良かった・・・
心からそう思えた。

あっちでは、チャージが待ってるよ。



コナンも待ってるよ!



共に病気と戦ったシロじぃも待ってるね…。



イブ、ありがとう。
ゆっくり休みないよ・・・。




いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年06月23日 19時48分27秒
2017年06月21日
メメタの弟とお父さん…

残念ながら希望者さんは見つからず、
一時保護場所には、もう長くは置けないという事で、
レスキューする事を決めました。





テイ ♂ 推定6歳 



一番虐待を受けていたテイは、
保護当初、ケージから出て来ず、
トイレの時しか中から出てこないとの事でした。





仁 ♂ 推定10歳



仁は、メメタとテイのお父さんではないかな?との事。

虐待を受けていたはずなのに、人間の事が大好きで、
日本犬らしく、「我が道を行く」の所もあります。

皮膚が悪いのは、悪環境の中にいた事と、
栄養不足からのようです。

仁は、無事、群れデビューもして、
毎日朝から夕方までドッグランで
ニコニコ過ごしています。



時々、ルールを破ろうとしちゃうので、
オス犬に怒られることもありますが、
大きなケンカになる事もなく、
上手に集団生活が出来ています。



仁もテイもこれからケアして、
新しい飼主さん探しを!
これからやっと幸せになれるんだ!

そう思っていたのですが・・・

テイは腎不全で、長く生きれても一年だろうと
宣告を受けました。



長い時間、酷い目に合ってきたのに、
人間の事をもう一度信じようと、
自分からすり寄って甘えてくれるまでになりました。

これから・・・

これからだったのに!



小柄で可愛くて性格の良い子なのに・・・。
レスキューする前日、倒れて歩けなくなる位衰弱していましたが、
今ではご飯もモリモリ食べるまでになり、
ドッグラン探索が大好きなテイちゃん。



室内でイタズラもせず、他の犬とも上手に付き合えて、
トイレシートでオシッコも出来るようになりました。



心許した人には、「キャーキャー」言いながら
甘噛みしながら体全身で甘えて来るかわいい子です。

長くは生きられない、長く一緒に居られない仔ですが、
その他大勢の一匹ではなく、家族の一員として
テイちゃんを迎えて下さる方を探しています。





その後のメメタ・・・

ブログを読んで下さった方からお問合せがあり、
メメタに会いに来てくださいました。

柴ちゃんの介護と看取りをされた方で、
柴ちゃんが亡くなった後、
介護用品を保護家の子達にと、
以前保護家まで持ってきて下さった方でした。

メメタのこれまでの犬生を、
全て受け止め、メメタの心を尊重して下さる素晴らしい方でした。

「メメタが幸せになるお祝いさせて!」
岡オーナーのおごりでトリミングへ!



多分、犬生初だろうシャンプーに
ビックリと戸惑いだらけのメメタでしたが、



気持ちよさそうにゴロン。



まだ骨折が完全じゃないメメタなので、
スタッフさんも一緒についてくださいました。

あんなにゴワゴワモサモサベタベタのメメタでしたが、
こんなにきれいになりました。

「全て洗い流したよ!過去の辛い思い出も全部ね!」
岡オーナーからそう言われたとき、
メメタは今日、生まれかわったんだな…
これからがメメタの本当の犬生なんだな…
あらためてそう思えました。



最後の最後に、メメタは私の元から離れようとしませんでした。

いつものように「ヒュンヒュン」言いながら、
身体に潜り込んで顔をうずめてきました。



「母ちゃん行かないで!」
・・・の時の、いつもの合図でした。

本当ならば、いっぱい抱きしめて、
いっぱいいっぱいメメタの事が大好きだと伝えたかったけど、
それを口にすると涙が出て来てしまう…
ヤバいな…

「メメタ!もうそれしないで!やめて!」
メメタを突き放す言葉しか出てきませんでした。
もう保護家の事は忘れなきゃいけない仔…
今日から、新しいメメタになれるんだから…
優しいお父さんとお母さんの家族になれたんだから!



その後、飼主さんから送られてきた写真見て安心しました。
警戒心や不安が取れて、横になって寝ているメメタの姿。
いつものメメタだ!もう大丈夫!



メメタは何年も何年も過酷な環境に居ました。

どうすれば殴られないようになるか、
メメタなりに一生懸命考え、一生懸命生きてきました。

保護家でも、どうすれば自分だけをみてもらえるのか
一生懸命前に前に出てこようとしていました。

でも、もうそんな心配もいりません。

メメタ!保護家卒業おめでとう!





いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ









最終更新日  2017年06月21日 17時54分04秒
2017年06月20日
愛護センターでは、これまで通り保護期限が過ぎると、

保護情報から写真が消えます。

ですが、「譲渡猫」のエリアに行けるまでは、

病気や怪我の治療、心のケア等で、

ずっとバックヤードに居ます。



人慣れしている子、健康な仔、子猫は、

チャンスは沢山残されているので、今回は掲載しません。

「譲渡猫」に行ける確率がほぼゼロ%の子達のみに集中して

ブログにて紹介していきたいと思います。

半身麻痺のこの子は、約一ヶ月になりますが、

まだご縁はありません…。



この子は、腰椎骨折しているため、

四本足で歩く事はもう出来ません。排尿障害も残ります。

最初はシャーシャー威嚇がありましたが、

どんどん警戒心もなくなってきているように見えました。







この仔も圧迫排尿が必要な子です。

痛覚はあるようなので、もしかしたら

排尿のコントロールも出来るようになるかもしれません。

とても人慣れしている甘えん坊な子です。







この子はセンターに遺棄された仔です。

歩行に問題はないのですが、後足に障害があります。

トイレの粗相は時々あります。

性格のとても良い子です。







この子(♂)は、左前脚をケガしていたのですが、

かなり時間が経っていたようで、

既に足は腐っていたため、切断するしかなかったそうです。



最低限のご飯しか口に出来なかったようで、

ガリガリにやせ細っていました…。



トイレはまだ出来ないそうです。




酷い疥癬から完治したこの子は、



どんどん皮膚の状態も良くなってきたのですが…



人間に対して警戒心も強く、シャーシャーです。

そして…



譲渡がとても厳しい子です…。





この子はまだ子猫です。

左目の眼球に異常があるようです。

もしかしたら眼球摘出になるかもしれません。







この子は、両目が潰れた状態で保護されました。

日に日に良くはなってきているのですが、

これ以上完治するのは難しいようです。

治療も長くかかる仔だと思います。







この子は、子猫の時の風邪が原因でしょうか…

左目の眼球に異常があります。

そのため、「譲渡猫」にまわす事が出来なかったのですが、

17日にセンターで6匹の子猫を出産しました。

本来ならば、子猫だけでも譲渡猫に…となるはずでしたが、

ウィルス検査でエイズ陽性反応が出ました。



急遽、レスキューして…



安心して子育てできるようにと

保護家の3畳間を空けて母子猫のお部屋にしました。

甘えん坊のお母さんです。





センターには、乳飲み子猫も4腹いました。



センターの職員さん達が授乳を頑張って下さっている中

全匹でなくて申し訳ないと思いながら…

目の空いてない一番小さな乳飲み子1匹だけ

レスキューしてきました。



骨折が原因で自分で排尿できないこの子は、

圧迫排尿が出来る方でないと譲渡が出来ないため…



急遽、この仔もレスキューしました。


カビとコクシを持っていたので、

現在は保護家で隔離してカビの治療中です。





左後ろ足が切断された仔…



写真では分かりにくいのですが、

途中から足が切断されています。

トラバサミの罠にかかったような痛々しい痕でした。



この仔もレスキューしましたが…



口内炎が酷く、今後の治療法を考えていきたいと思います。





♂ 推定15キロ位 



この子は、判定に落ちました。

愛護センターでは、一回目判定だけでは殺処分にはなりません。

何度か受け直すチャンスはありますが、

「絶対に殺処分はない」とは言い切れません。


判定に落ちた理由は、後日確認したいと思います。

尻尾を振って甘えるタイプの仔ではありませんが、

慣れた人にはまた違うかもしれません。





♀ 推定10キロ位


この子は、皮膚病のようです。
人懐っこい子です。






性別未確認。推定16キロ位


長毛の可愛い子です。
この仔も、皮膚病でした。


皮膚病にも色々あり、直ぐに治るものもあれば、

時間のかかる仔もいますし、

アレルギー性の皮膚炎の仔もいます。

それをご理解して頂ける方とのご縁があれば…と思います。

どうか、よろしくお願いいたします。

※センター収容の犬猫に関しての
お問合せやご相談は、愛護センターではなく、
会の携帯までお願いします。


留守電になった場合には、ショートメールにて
履歴を残して下さると助かります。
090-4484-5165(担当・フジイ)





いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年06月20日 17時26分25秒
2017年06月13日
カテゴリ:保護家の仔達
5月26日、愛護センター犬舎で初めて会ったこの子は、

可愛いお洋服を着ていた。



きっと、飼い主がまだ探し切れていないんだろうね。

もし、待っている間に保護期限が切れても、

あなたなら、判定に合格して「譲渡犬室」に行けるね。



SNSで、ポスターがあちこちに貼られていると知り、

私は、人任せにしてこの仔の事を見ていた。

私は、他の子のレスキューに意識を向けていた。

その子達をレスキューする目的で

愛護センターの犬舎に入ると、

なくとなく…

なんとなくですが、この仔の体は

「大変な事」が起こっているんだなと感じた。

心臓が悪いとは聞いていましたが、

同じ心臓肥大でも元気にしている保護家の子達と比べると、

明らかにそれが原因だとは思えなかった。



予定していたレスキューする2頭と一緒に、

この仔も緊急レスキューを決意した。

直ぐにかかりつけの病院でエコーを撮ると…

体の中は、腫瘍だらけで、一体何の癌なのかすら

分からない状態にまでなっていた。

「先生、余命どのくらいですか?
年単位ですか?月単位ですか?」

「・・・月単位ではないな。
山下さんに出来る事は、やるべき事は、
身体を綺麗にしてあげて、
美味しいものを食べさせてあげる事かな?」



あぁ・・・

そうか・・・

この仔に残されたのは数日なんだなと感じた。



直ぐにサポートに来てくれたスタッフと一緒に、

糞尿まみれだった体を拭いて、



ご支援で頂いてた介護用缶詰を二缶ペロリと平らげて、



お水も沢山飲んで、



満足げな中にも、どこか悲しげな瞳をしていた。



自分のお家に帰りたい事は、明らかだったけど、

この子は、私に頼ろうとしてくれた。

「幸生」(こうき)!

残りの時間、幸せに生きれますようにと名付けた。

幸生が生きている間に、新聞で元の飼主に呼びかけてみようと思った。

どんな飼主なのかは分からない。

ここまで癌が転移してて気付かないわけはない。

もしかしたら酷い飼主なのかもしれない。

分かってて遺棄したのかもしれない。

でも、そんな事は幸生にとってはどうでも良い事だった。

幸生は、まだ飼い主を捨ててはいなかったから。

そんな目をしていたから。



それなのに・・・

翌朝、静かに、眠るように、
最期を迎えた。



とても安らかで、全く苦しみの無かったような顔をしていた。



幸生と共に過ごしたのは、たった14時間だった。





これだけは言いたい。

私は、自分自身が許せない。

5/26、センターで幸生と初めて会った時に、

私は安心して幸生を見ていた。

飼主が出て来なくても、

譲渡犬室にまわるだろうと…。

安心ってなんだよ!

殺処分がないから安心?

愛護センターだから安心?

なんでもっと危機感を持たなかったのか!

もっと幸生と真剣に向き合っていれば、

幸生をもっと知ろうとしていれば、

幸生の体が普通じゃない事に

気付いてたはずなのに。

洋服を着ているから?

毛ヅヤが良いから?

そんな表面でしか判断できなかったのかと、

自分に腹が立つ。

もっと早くにレスキューして、

新聞なりで飼い主探しをすれば、

幸生の家族がみつかったのかもしれないのに。

みつからなかったとしても、

もっと早くにレスキューしていれば、

フカフカなお布団の上で毎晩眠れていたのに。

なんで気付いてやれなかったんだろう・・・

なんでお家に帰してやれなかったんだろう・・・

なんでお家で最期を迎えさせてあげれなかったんだろう・・・



幸生、お帰りなさい。



幸生、今頃はお家に戻れているのかな?

たまには、保護家にも顔出してね。

短い時間だったけど、私も幸生の母ちゃんだよ。




いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年06月13日 04時53分08秒
2017年06月07日
テーマ:動物愛護(533)
カテゴリ:カテゴリ未分類
私が管理所で撮った犬達の写真が、

無断で使用されている事が多々ありましたが、

そんなところで労力を使う事を避けたくて、

私が賛同出来ない内容の署名集めに利用されたりとか、

それ以外は見て見ぬふりしてきました。

二年前に書いた記事です。



今回もまた、とても賛同できないHPにて、

私が撮った写真と、原案映画「ひまわりと子犬の7日間」の

ワンシーンが切り取られて無断使用されてしまいましたので、

これから松竹映画担当者と話をしていきます。



「殺処分ゼロ」「殺処分即廃止」

言うのは簡単です。

今、殺処分を廃止にしたときに、

その犬猫達はどこに行けばよいのですか?

都道府県がそれぞれに場所を慌てて作ったとしても、

その子達の医療費は?食費は?お世話は?

自分だというのならば、家庭を捨て、仕事を捨て、

365日休みなく出来るのでしょうか?



私自身、行政と戦ってきたこともありました。

ですが、その先にある事に責任を背負っていく覚悟で、

言葉を発してきました。

「老犬や病気の子やハンデのある子を処分しないで欲しい」

だから、「いのちのはうす保護家」という施設を作りました。

自分で発した言葉に責任を持つ…

だから、このような子達を中心にレスキューしてるんです。



「殺処分即廃止」という言葉で賛同者を集め、

皆で行政に電話しろと、指示を出している方が居ます。

「苦情の電話に嫌気がさし、殺処分廃止になるはず」…と。

初めての人には、「今」が酷いのかもしれない。

ですが、全国で何年も何十年も、現場で動いている個人活動家、

愛護団体さん達は、その歴史に携わってきました。

他県の事は分かりませんが、

確実に一歩ずつ前進していると思います。

そこにあるのは、行政との協力体制があったからこそです。

決して、行政を攻撃する事ではありません。

確かに攻撃も必要な時がありますが、

でもそれは、その部分(攻撃内容)に責任を負うという

約束の元にです。



「写真」というのは、見る方から見れば、

ただの「可哀想」な写真なのかもしれません。

その写真を撮った人の気持ち、撮られた子の思い…

その一枚には、多くの葛藤、苦しみがあります。

「殺処分廃止」「殺処分ゼロ」を訴えている方の

ブログ、HP、SNSには、その人自身が撮られた写真はありますか?

なければ、経験と生きた知識の欠けている人です。

本当の意味での「殺処分廃止」「殺処分ゼロ」のために、

実際に現場で活動されている個人活動家、愛護団体

方々のお話を聞いて頂ければ…と思います。

犬猫を助けるという事は・・・

決して、行政に苦情の電話を入れる事ではありません。

その行為は、現場でレスキュー活動している


個人活動家、愛護団体の活動を阻止している事と同じなんです。





いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年06月07日 16時35分03秒
2017年06月03日
テーマ:柴犬同盟(6998)
カテゴリ:保護家の仔達
飼主から数年間、虐待を受けて来たメメタ。



それなのに、人懐っこく甘えん坊…

そんなメメタにどこか違和感がありました。

「人懐っこい」と一言では言えない何かが…

メメタは、初めて会った人間には特に、

這いずって甘えに行きます。

その甘え方に普通ではない違和感を感じました。

「僕はこんなに良い子なんです!

だから…叩かないで下さい」

って聞こえてならなかったのです。



本当のメメタはどこにあるんだろう…

そんな違和感だらけの日々の中、

有志からこう言われました。

「虐待受けてるときってさ、
最初は泣いたり騒いだり

抵抗してみたりしたんだろうけど、

お腹出してすみませんすみませんってした方が

早く殴られ終わるって業を覚えたんじゃない?

黙って耐えてヘラヘラする事が処世術だったのかな?」

この言葉に、ストンッと落ちました。





そこに気付いた瞬間から、メメタは「本当の自分」を

私に見せてくれるようになりました。

顔を見ると這いずってお腹を見せて甘えてたメメタが、

特に甘えたくないときには、シレ~っとしてるのです。



これまで、多くの虐待犬、ネグレクト犬を保護してきましたが、

その子達は、唸る、逃げる、固まるで、

心のケア後に、尻尾振って甘えてくるようになります。

その瞬間が一番の喜びでしたが、

メメタの場合、その真逆だったのです。

メメタが甘えなくなった時間が出来たとき、

やっとひとつ心が通じ合えた!と嬉しかったです。

自分が甘えたくなると、キュンキュン鳴きながら

這いずりながら自分から寄ってきます。



「母ちゃ~んお部屋に入れて~」



ここで私の相棒カムカムから、ストップが入りました。

ここから先は猫のお部屋で、

犬は立入禁止なのです。



カムカムに怒られてスゴスゴ戻るのですが・・・



サークルを少しずらしながら、
母ちゃんから来てくれるのを
健気に待つメメタなのです(#^^#)



メメタと一週間過ごして思いました。

柴犬が好きとか、人懐っこく可愛いから、ではなく、

メメタが抱えているもの全てを理解し、

受止めて下さる方ではないと、譲渡はしたくない…と。



最近は、やっと犬に対しても怒るようになりました。

これまで良い子ちゃんでいなきゃいけないと

頑張りすぎてたんだね…。



メメタ!もう何も頑張らなくて良いよ。

良い子ちゃんじゃなくても良いんだよ。




メメタのお父さんと兄弟も、
新しい飼主さんを緊急で募集しています。

メメタと同じように、虐待を受けて来た仔達です。

この仔達もまた、某所にて心のリハビリ中です。



このような事情のある子をご理解頂ける方、

引取りをお考えの方には、

この仔達の詳しいお話をさせて頂きますので、

どうかよろしくお願い致します。

現在、電話が不通になっておりますので、

会のhomepageの中の「問い合わせ」よりご連絡お願い致します。

折り返しお電話させて頂く事もありますので、

お名前とお電話番号も合わせてお願い致しますm(__)m





いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年06月03日 00時55分52秒
2017年05月29日
今、愛護センターのバックヤードに居る子達です。



この子♀は、後足の骨折だそうです。

捕獲当初はシャーシャーだったらしいのですが、



今ではこんなにゴロゴロの甘えん坊さんになったようです。



保護期限が切れるのは、5/30です。





この子は、酷い疥癬でしばらく隔離して

治療をしていたそうです。



あとは、毛が生えそろうのを待つのみです。

保護期限は切れています。

捕獲当初は、シャーシャー威嚇も激しく、

飛びかかって抵抗してたと聞いてましたが、

今は落ち着いているようにも見えました。





以前より呼びかけている半身麻痺の子達…

残念ながら、お問い合わせはゼロ件です。



↑この子は、半身麻痺は完治する事はありませんが、

↓この子は、痛覚があるので完治するかもしれません。

ただ、圧迫排尿は今後も必要かと思います。



日に日に甘え方も積極的になってきました。



この仔達は、宮崎市管轄の保護犬達です。

推定12キロ位 オス



お洋服を着て捕獲されています。

保護期限は今日(5/29)までです。

飼主さんが探し方を知らないのでしょうか…

保護期限が切れたら、判定→観察室→譲渡犬という流れになります。

とても穏やかそうな子なので、判定には合格すると思いますが…

小型犬も2頭いましたが、ブログに掲載しなくても

子犬、小型犬は、順番待ちになる位、

譲渡希望者が殺到するので、掲載は控えたいと思います。





愛護センターには、子猫達も「譲渡猫待ち」の子達が沢山いますが、

ワクチン接種前や病気治療中の子達の方が多いのかもしれません。

先にレスキューした子達です。



6匹兄弟です。

まだミルクですが、そろそろ離乳食開始する子達です。





この子は、まだまだ授乳が続きます。



こう見えて三毛ちゃんです。





この仔達は、トラックの荷台に遺棄されてた兄弟です。



この仔達は、先日ワクチン接種を終えました。

保護家には、まだまだ離乳した子猫達が居ます。

この仔達の譲渡先が決まれば、

またセンターの訳ありの子達をレスキューするキャパが出来ます。

「いのちのはうす保護家」は、

平日でも事前にご連絡いただければ、面談は可能です。

ぜひ、施設の方にも子猫達(もちろん犬も成猫も)に

会いに来てくださいm(__)m





※センター収容の犬猫に関しての

お問合せやご相談は、愛護センターではなく、

会の携帯までお願いします。


留守電になった場合には、ショートメールにて

履歴を残して下さると助かります。
090-4484-5165(担当・フジイ)





いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年05月29日 14時46分06秒
2017年05月28日
テーマ:柴犬同盟(6998)
飼主から虐待されている柴犬たちを救いたいと、

数年前から飼主との話し合い等、

ご身内の方々のおかげで、この仔だけはなんとか

所有権放棄までこぎつけ、レスキュー出来ました。

メメタ ♂ 12キロ フィラリア陽性



骨が繋がるまでは、立つ事も出来ませんが、

よいしょよいしょと這いずりながら・・・



一生懸命甘えに来てくれます。



どんなに殴られても蹴られても、

子犬の頃に受けて来た「愛情」「信頼」へとなり、

何をされても、この仔の中で人間を見る目が

変わる事はなかったのでしょう…



人間にあるDVやモラハラのように、

「ハネムーン期」(ストレス発散した後の優しくなる時期)
もあったのでしょう…

虐待を受けているときも、この後にくるハネムーン期を

メメタは知っていたのでしょう…

ひたすら耐えて待っていたのでしょう…



だから、メメタはとても健気で優しい子なんです。



メメタは無事レスキュー出来ましたが、

あと2頭、メメタのお父さんと兄弟が残されています。



とりあえず、安全な場所に移すことは出来たのですが、

実は、まだまだほんの第一歩でしかありません。

事情があり、背景を隠しての写真掲載とします。

この仔が、メメタのお父さんだろうと言われている子です。



メメタのように人慣れしていますが、

10歳位で、皮膚病があるようです。

多分、環境が悪かったからだとは思います。

推定13キロ位です。





この子は、メメタの兄弟と言われている子です。

推定8キロ位の割と小柄な子です。



この仔が一番、虐待を受けて来た仔ではないか…

と言われています。

1日中、ケージの中に入りっぱなしで、

トイレの時しか、外に出て来ることが出来ません。

少し、咬むようなしぐさがあるかもしれません。

ただ、それは攻撃性からくるものではなく、

怖くて歯が出てしまうのだと思います。



現在、この仔達をずっと心配して動いて下さってた方々が、

心のケアを続けてくれています。

実は、メメタやこの2頭以外にも、あと2頭、

レスキューしなきゃいけない子が居るんです…

その2頭は、まだ安全な場所には連れて来れていません。

色んな事情があり、写真のメメタのお父さんと兄弟に

新しい飼主さんが決まらないと、安全な場所にすら

移すことが出来ないのです。



どうかお願いがあります…

写真のメメタのお父さんと兄弟を

受け入れて下さる新しい飼主さんか、

保護主さんを探しています。

みたところ、メメタのような大きいけがはないようですが、

環境からすると、フィラリア陽性は確実だと思います。

この仔達との面談希望や、ご相談は、会の携帯までお願いします。

留守電になった場合には、ショートメールにて

履歴を残して下さると助かります。

090-4484-5165(担当・フジイ)

「所有権」というものが、こんなにも邪魔くさいものになるとは…

正直、今の法律では漠然とし過ぎているからか、

虐待やネグレクトに関して、警察は全く取り合ってくれません。

●浅田美代子さん●
「動物の愛護及び管理に関する法律」改正を求める署名

http://miyokoasada.com/

この中に、

・動物虐待・ネグレクト事案をはじめ不適切飼育について動物保護制度

・不適切飼育の監督について民間の活用・行政との連携

と、あります。

これさえあれば、メメタのような仔達も、

直ぐに救えるのに…。



法律は、誰かが変えてくれるだろう…ではなく、

私たち一人一人の力が束となって変えれるものだと思います。

お一人の署名が、法律を変えるのだと…。

どうか、メメタのような仔達を助けて下さい。

署名のご協力を、どうかよろしくお願い致します!





いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ









最終更新日  2017年05月28日 15時52分08秒
2017年05月27日
テーマ:柴犬同盟(6998)
都城で活動している「咲桃虎」かおりさんよりSOSがあり、

急遽、レスキューしてきました。



10歳位の老犬「ケンジ」

ケンジは、2月から管理所に収容されていたそうです。

かおりさんは、ずっと希望を捨てずに、

行く度に頭を下げ、殺処分の延期をお願いしてきてたのでしょう…

その葛藤が痛いほど現場から伝わりました。

檻の前に立つと、ケンジは全身で「今」を伝えてきました。

「あれ?この仔、ここから出れる事が分かってる!」

職員さんがそうおっしゃってました。

かおりさんとケンジの三ヶ月は、

とても長かっただろうな…と思います。

苦しかっただろうな…と思います。

かおりさんとケンジの頑張りがあったからこそ、

こうしてケンジは、今、生きています!

二人にはただただ感謝の気持ちでいっぱいです。



今日から一週間、検疫室にて観察期間に入りました。

来週には、無事、群れデビュー出来ると思います!

ケンジレスキュー後、某現場に向かいました。



虐待犬のレスキューです。

今は事情があり詳しいことは書けませんが、

3頭のうち1頭が骨折してかもしれない。

立てなくなっていると聞いたので、

この仔だけ緊急レスキューしました。



↓後足


↓前脚


赤丸の部分が骨折している箇所です。
獣医師さんの話では、鉄パイプのような硬いものじゃないと

こんな骨折はしないとの事でした。

「まさかここまでする飼い主が居るのか?
何らかの事故じゃないのか?」
と、獣医師さんも信じられない様子でしたが、

骨折は確実に、人間の手によるものです。



私が迎えに行ったとき、この子は私の事を誰かと間違えていました。

飼主?飼い主の身内?

唸ったり怒ったり怖がるのではなく、

目を細め、明らかに喜んでいたのです…。

私だと気付いたときの落胆した表情に、

期待させてごめんねという気持ちと、

あまりの健気さに胸を締め付けられる思いがしました。

こんなに酷いことをされ続けていたのにね…



保護する場所がもうどこにもないので、

ひとまず保護家の台所をこの仔のお部屋にしました。



一般家庭の中で

温かく見守って下さる飼主さんか保護主さんを募集します。

穏やかで優しい子ですが、

抱っこすると怖がってパニックになります。

そのときだけは、抵抗して咬もうとしますが、

しばらく抵抗していくうちに観念するのか

諦めて抱っこさせてくれます。



実は・・・

まだこの仔の兄妹とお父さんが取り残されているのです。

お父さんは8~10歳位かもしれません。

兄弟は5歳位です。

お父さんは人慣れしていますが、皮膚病のようでした。

兄弟はこの仔より小柄(この子は12キロ)で、

一番虐待を受けて来てた仔らしいので、

人間に対して強い恐怖心を持っていました。

激しさはありませんでしたが、心のケアに凄く時間が必要です。

お父さんと兄弟の写真は、某所からオッケーが出たら

後日掲載して、飼主さんか保護主さんを募集したいと思います。

お父さんと兄弟も柴犬です。


いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年05月27日 02時15分51秒
2017年05月23日
みやざき愛護センターに「キュウリ」という成犬が居ます。

キュウリは約2年前に「旧・動物保護管理所」の

厳しい判定に合格し、

「旧・ひまわりの家」に入所出来たのですが、

ご縁が無く、ひまわりの家閉鎖後、

愛護センターに戻された形になりました。

もちろん、委託を受けていた愛護団体が

残された仔達を引き継ぐことも出来たのですが、

その愛護団体は、委託事業終了と同時に解散されたようなので、

仕方のない選択だったのかもしれませんね…。



成犬、中型犬、雑種…譲渡はとても厳しいです。

その中でも、キュウリは特に譲渡が厳しいのです。





愛護センターの開所式でキュウリに会った時、

キュウリの眼球に違和感を感じました。

保護家に居る全盲の「ジロ」と、同じ眼球をしていた事と、

両目だったので、網膜変性かな…と思いました。



ただ、この時はまだ視力は少し残っているようでした。

これからどんどん視力を失い、全盲になってしまう。

目が見えているうちに、新しい環境に行き、

人と場所を把握できれば…と、願っていましたが、

キュウリは、バックヤードから出れない仔…

譲渡犬エリアにまわせないので、

一般の方に会ってもらえるチャンスがないのです。

少しでも目が見えるうちに!

目が見えるうちに…





ですが・・・





5/21久しぶりに会った時のキュウリは…



すでに全盲になっていました…。



匂いと音を手繰りながら歩くキュウリ。

私の体にメス犬の匂いが沢山ついているので、

強く反応がありました。

あえて気配を消してみると、嗅覚を頼りに必死に探すキュウリ。

目の前に居る私の姿に全く気付かない…。

少し音を出してあげると、「ここだっ!」

嬉しそうに、私にドーンっと勢いよく頭からぶつかってきた。

全盲になってまだ間もないのかもしれません。

見えない事に慣れてきたら、ぶつかる事もなくなります。



旧・ひまわりの家では、積極的に不妊去勢手術を

行っていなかったので、発情のメスが居る事も多々ありました。

もちろん、判定合格後入所して直ぐに発情が来てしまい

タイミングで不妊手術出来なかった場合もあったと思います。

旧・ひまわりの家は場所が狭く、

お散歩以外は柵に係留するしか方法がなかったので、

オス同士のケンカもあり、私も止めに入った記憶があります。

発情のメスが目の前に居るのに、交尾が出来ない…

そのストレス環境の中に、キュウリは約2年もいました。

そして、キュウリ自身も、去勢手術されないまま

センターに戻ってきていました。

センターには、もちろんメス犬も入ってきます。

全盲になった今、

常に嗅覚を頼りにするようになったキュウリにとって、

目の見えるオス犬よりも

そのストレスは多大なものなのです。





本来ならば、バックヤードに居る子達は、

不妊去勢手術の対象外となる子達です。

キュウリの場合、去勢をした方が面談の時に

性格も少し落ち着きが出て譲渡に繋がりやすくなるかもと、

無理を承知でキュウリの去勢手術の検討を

愛護センターにお願いしてみましたが、

そこは飼主さんとなる方に責任もって手術して頂きたいとの

ご返答があり、センターでの去勢手術は出来ないそうです。






キュウリは、バックヤードに居る子なので、

お散歩することが出来ません。



壁に囲まれたこの小さなコンクリートの上、

壁の間から見える小さな空が、

今のキュウリにとって全ての世界です。

愛護センターのふかふかな芝生を歩く事も、

木々の匂いを嗅ぐことも、触れる事も…



キュウリには出来ないのです…。

でも、今のキュウリは、決して不幸ではないと思います。



旧ひまわりの家のボランティアさん達が、

センターに訪問してくれている時間が、

キュウリの喜びです。

職員さんと、中庭でトレーニングしている時間が、

キュウリの喜びです。

だって、こんなに明るい表情をしてるから!





でも・・・

それが本当の幸せでしょうか・・・?




うちの施設、いのちのはうす保護家に居る子達にも、

常々言っている言葉があります。

「あんたは、上の生活を知らないだけだよ。

こんな所よりも、もっともっと楽しい世界があるんだよ。

今の幸せより、もっともっと大きな幸せの世界があるんだよ。

外の世界は、もっともっと広くて無限大なんだよ。」

キュウリ、貴方もだよ!



キュウリに本当の喜び、楽しさ、嬉しさ、心地良さを

教えて下さる飼主さんとの出会いを待っています。

この小さな世界、愛護センターから出してあげたい…

センターの職員さん、旧ひまわりの家ボランティアさん、

みんなが同じ気持ちで、キュウリの幸せを願っています。





まだ目が見えるうちにと…結果間に合わず、

キュウリは全盲になってしまったけど、

新しい環境に移ったとときに、

最初はぶつかったり、壁や段を覚える時間は必要ですが、

そう時間はかかりません。

キュウリはとても賢い子ですから。

もちろん、お散歩も喜んで行けると思います。





キュウリはバックヤードに居る子なので、

センター職員さんにキュウリに会いたい旨をお伝えすれば、

中庭まで連れてきてくれると思います。

ただ、興味本位での面会のみはご遠慮下さいm(__)m

遠方の方の場合、出来る限りのサポートはさせて頂きますので、

キュウリの事を、どうか、どうか、よろしくお願い致します。

キュウリのお問合せは、会の携帯までお願いします。

留守電になった場合には、ショートメールにて

履歴を残して下さると助かります。

090-4484-5165(担当・フジイ)





いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年05月23日 14時53分28秒
このブログでよく読まれている記事

全1231件 (1231件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.