6911198 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

プロフィール


xxゆみxx

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

ランキング市場

お気に入りブログ

またひとつ… New! CoCoのんさん

ひとりで盛り上がっ… New! Fugu-chanさん

<画像有>寝る男た… New! ぴぃ1122さん

2007年02月18日

 
XML
カテゴリ:宮崎中央犬管理所
今日開催した会の譲渡会のお話ではなく、
色々考えた結果、あえて違うお話に変更しました。

譲渡会の報告は、スタッフさんのブログを是非にっ(^m^)ゞ







私は、今日泣きました。


目が腫れるくらい、オンオン声をあげて泣き叫びました。








パパが最近、私の様子がおかしいと切り出した。


20070216b.jpg


「28日過ぎるまで待ってよ。28日まではいつもの私だと思わんで!
 生きた心地しちょらんから!」





悔しいとよね・・・



自分自身に腹がたつとよね・・・



イライラするとよね・・・




今日開催した「みやざき動物のいのちを守る会」譲渡会にて、
お二人の方から、もしかしたら自分の知り合いが母犬を保護してくれるかも・・・
頼んでみようかと思う・・・
と言ってくださいました。



本当なら、私も管理所の職員さんも一番望んでいた事。

でも、私はお願いします・・・と言えませんでした。



母犬は、人間に対して恐怖心を持っています。

もちろん我が子を守ろうとしての事もあると思いますが、
たくさんの犬と接してきた管理所の職員さんでさえ、
母犬には、危険性を感じています。

もちろん今が普通の精神状態ではないからなのですが、
今の状態では、人間に危害を加えることが目に見えています。

そして、管理所には獣医さんがいないので、病気の有無も
年齢も全く分かりません・・・。

母犬には、飼い犬になるための訓練が必要だと素人判断ですが、
そう思っています。


母犬をなんとか助けてあげたい・・・そう思って、
飼って下さる方を探してくれてる方々の気持ちがすごく
ありがたくて、できれば「お願いします」と言いたかったです。


私が、その言葉を出す事によって、もしかしたら母犬は管理所から
引き出せたのかもしれない・・・


母犬の事情を説明して、あいまいなお返事しかできなかった自分が
すごく悔しかったです。


チラシや新聞で、母犬の性格も全て受け入れられて、
心に傷を負ってる仔を飼われてた経験のある方を探したいのですが、
管理所にいる仔は公の場で里親募集ができないんです。


私自身が保護できれば一番良いのですが・・・

情けないです・・・





私は、管理所に行く事によって、自分も追い詰められる事を分かっていました。

自分で覚悟を決めて、啓発のために通い出した管理所です。

涙することはあっても、取り乱すほど泣き狂う事はありませんでした。



それが今日、蓄積していた物が一気に溢れ出てしまった感じです。

無力な自分が悔しい!腹がたつ!




そしてもう1つ・・・

今回初めてのパネル展でした。

私が撮ってきた写真は、今まで沢山の方にみてもらってきましたが、
こうして写真を見てる「姿」をリアルに見たのが初めてだったので、
こんな事言うと変ですが・・・うれしかったです。

管理所に来ると、名前も今まで生きてきた人生(犬生)も全部なくなります。

私も、「一番の仔。五番の仔・・・」と収容されてる仔の檻の番号でしか
あの仔達を呼んであげることができませんでした。

人知れず命を落とした仔達を見て、「遺影」となったあの仔達を見て、
かわいそうだと思ってくれたり、冥福を祈ってくれたりしてくれるわけですよね?

それがね・・・なんかうれしかったんですよ。

一匹一匹に生きてきた証があったわけだしね・・・




そういう感動もありで、感情と涙を蓄積してた容器が
あふれ出ちゃったんですかね・・今日・・・



ブログのタイトルが「動物たちの未来のために」のくせに
どうも話が後ろ向きっぽいことばかりで申し訳ないです( p_q)

嘘付いてもしょうがないので、言っちゃいますが、28日までは
精神的に落ち着かないと思います。
パパにも娘にも
「ママは最近益々(元から口数少)無口。
 話しかけても会話が続かんし面倒臭そうだし怒ってるみたい」
とクレームきてますしね(^^;;)


しっかりせんといかんけど・・・正直今月は普通にできんわぁ~(^^;;)















20070216a.jpg
白い仔のワイヤーは、職員さんが取ってくれました。
ずっと痛いのが続かなくてよかったね・・・




20070216c.jpg
今まで書かなかったのですが・・・

「咬傷犬」人を咬んだ仔は、写真を撮ることができません。

今回モザイクを入れてる仔が「咬傷犬」です。

飼い主が連れてくることが多いです・・・

もちろん、咬んだ犬が悪いのではありません。面白がって咬む仔なんていません。

事情があるんですよね・・・

昔から「人を咬んだ犬は、くせになってまた人を咬む」と言われてて、
泣く泣く連れて来る飼い主もいます。

他所様を咬んで、責任を取る気持ちで連れて来る飼い主もいます。

私も言いたい事はあるのですが・・・今回はあえて発言は控えますね。

飼い主の事情もあり、写真を載せる事はできませんが、
本当言うと、そういう仔は多いです。

たくさんの咬傷犬と呼ばれてる仔と
管理所で会ってきましたが、大型犬もいれば中型犬もいて、
みんな可愛い仔ですよ。人馴れしてるし・・・
















今回、母仔には沢山の方からコメントやメッセージを頂きました。

宮崎県に愛護センターさえあれば・・・と今回つくづく思いました。

「崖っぷち犬」も、本来なら譲渡は難しい子だったはず・・・

でも、沢山の声が集まり愛護センターで訓練して譲渡されましたよね?

宮崎にも愛護センターがあれば、皆さんの声をたくさん集めて、
譲渡できるように・・・と訓練も受けられ、譲渡会に出されたのでは・・・と
思えてなりません・・・

そういう風に本当にうまくいってたかは、分かりませんが・・・




良い方向に考えると・・・そうなってたかな?・・・って・・・















20070216f.jpg
















譲渡会、パネル展に来てくださった皆様、ありがとうございました。

金曜日に管理所から引き出した2匹の仔も
優しそうな里親さんの元に旅立つ事ができました^_^

この姉妹は、工事現場に箱に入れられて捨てられていたそうです。

里親希望さんが管理所にみえられたときに、
例のモコモコちゃんの引き立て役になってしまってたので、
職員さんと「ブサカワイイ姉妹の方が残りそうですね~」

ブサカワちゃんを譲渡会に出すために保護しました。

20070216e.jpg

わずか二晩だけの保護でしたが、とても可愛くて
うちのニャンコともよくじゃれあっていました♪
20070216d.jpg

つぶらなおめめがすげぇ~かわいいでしょぉ~ヽ(´▽`)/~♪









最終更新日  2007年02月19日 04時38分18秒
このブログでよく読まれている記事


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.