7751667 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

X

カレンダー

プロフィール


xxゆみxx

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月

お気に入りブログ

ピクニック日和 (⋈◍… New! Fugu-chanさん

想定外の休暇 New! 広海163さん

最後の写真 New! CoCoのんさん

2015年12月25日
XML
カテゴリ:宮崎中央犬管理所

昨日は、11頭の犬達が判定を受け、

生後一ヶ月位の子犬5匹、小型犬1頭、

計6頭が判定合格しました。

20151224b.jpg
(この日は某テレビ局の密着取材でした)


5頭判定に落ちましたが、

1頭はМダックスで、引取り希望者がおられました。

そして、この子達は、飼主さんがお迎えに来て下さいました。

20151219b.jpg



4頭が判定に落ち、殺処分対象となりました。




この仔は、判定に落ちたらと、

最後まで悩んでいた仔でしたが・・・

20151219g.jpg

判定に落たと聞き、犬舎に入ると、

この仔の姿はどこにもありませんでした。

「あの仔はどこにいるんですか?」

慌てて保健所の獣医師さんに聞きに行くと・・・

感染症の疑いが出てしまったとの事でした。

すでに、ガス室のある部屋に移動していました。

20151219l.jpg

判定に落ちたこの子達と一緒に・・・

20151224c.jpg

今は亡き、この子達の写真を掲載する事に

「意味」があるのか・・・

昨夜から考えていましたが、

この子達が生きていたという事実。

この子達が生きていた「証」を、残したいと思いました。


私がレスキューできたのは、この老犬だけ・・・。

20151219i.jpg

老犬をレスキューするとき、ガス室のある部屋から

あの子達の「声」が聞こえてきた。

数分後には消えてしまう「声」を、三つの「いのち」を、

心に刻みつけながら、犬舎を後にした。

20151219j.jpg

この老犬は、檻から出そうとしたときに、

唸り、怒り、逃げ回り、歯で抵抗した。

恐怖心から、わが身を守ろうとしたのです。

この子は、人間の「手」が怖かったのです。


 密着取材の後、インタビューでこう聞かれました。

「なぜ、この子だったのですか?」



なぜでしょうか・・・


ひとつだけ分かっていることは・・・

この子は長い期間、人間の温かい手を知らずに生きてきました。

人間の手は決して怖くない。人間の手は温かくて心地良いものだと、

この子に知ってほしかったから。

この子のいのちは、残り僅かかもしれない。

だからこそ・・・。

20151224a.jpg 

命名「イブ」 推定15歳位 

6キロ フィラリア陽性
 

昨日から検疫期間に入りました。

一日でも早く、イブに信じてもらえたら・・・

人間の手を好きになってもらえたら・・・


皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。

 宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美

 

郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ

〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165




にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村



FB
FB開設してます。個人的な内容の記事も多々ありますが、
保護活動のリアルタイムな記事を載せています。



「いのちのはうす保護家mailお問い合わせ 






最終更新日  2015年12月25日 18時55分34秒
[宮崎中央犬管理所] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.