5707367 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

ランキング市場

お気に入りブログ

ちびぬき New! わんこ堂さん

Vancouverのイチゴ❤ New! Fugu-chanさん

<画像有>今夜はい… New! ぴぃ1122さん

2017年06月07日
XML
テーマ:動物愛護(533)
カテゴリ:カテゴリ未分類
私が管理所で撮った犬達の写真が、

無断で使用されている事が多々ありましたが、

そんなところで労力を使う事を避けたくて、

私が賛同出来ない内容の署名集めに利用されたりとか、

それ以外は見て見ぬふりしてきました。

二年前に書いた記事です。



今回もまた、とても賛同できないHPにて、

私が撮った写真と、原案映画「ひまわりと子犬の7日間」の

ワンシーンが切り取られて無断使用されてしまいましたので、

これから松竹映画担当者と話をしていきます。



「殺処分ゼロ」「殺処分即廃止」

言うのは簡単です。

今、殺処分を廃止にしたときに、

その犬猫達はどこに行けばよいのですか?

都道府県がそれぞれに場所を慌てて作ったとしても、

その子達の医療費は?食費は?お世話は?

自分だというのならば、家庭を捨て、仕事を捨て、

365日休みなく出来るのでしょうか?



私自身、行政と戦ってきたこともありました。

ですが、その先にある事に責任を背負っていく覚悟で、

言葉を発してきました。

「老犬や病気の子やハンデのある子を処分しないで欲しい」

だから、「いのちのはうす保護家」という施設を作りました。

自分で発した言葉に責任を持つ…

だから、このような子達を中心にレスキューしてるんです。



「殺処分即廃止」という言葉で賛同者を集め、

皆で行政に電話しろと、指示を出している方が居ます。

「苦情の電話に嫌気がさし、殺処分廃止になるはず」…と。

初めての人には、「今」が酷いのかもしれない。

ですが、全国で何年も何十年も、現場で動いている個人活動家、

愛護団体さん達は、その歴史に携わってきました。

他県の事は分かりませんが、

確実に一歩ずつ前進していると思います。

そこにあるのは、行政との協力体制があったからこそです。

決して、行政を攻撃する事ではありません。

確かに攻撃も必要な時がありますが、

でもそれは、その部分(攻撃内容)に責任を負うという

約束の元にです。



「写真」というのは、見る方から見れば、

ただの「可哀想」な写真なのかもしれません。

その写真を撮った人の気持ち、撮られた子の思い…

その一枚には、多くの葛藤、苦しみがあります。

「殺処分廃止」「殺処分ゼロ」を訴えている方の

ブログ、HP、SNSには、その人自身が撮られた写真はありますか?

なければ、経験と生きた知識の欠けている人です。

本当の意味での「殺処分廃止」「殺処分ゼロ」のために、

実際に現場で活動されている個人活動家、愛護団体

方々のお話を聞いて頂ければ…と思います。

犬猫を助けるという事は・・・

決して、行政に苦情の電話を入れる事ではありません。

その行為は、現場でレスキュー活動している


個人活動家、愛護団体の活動を阻止している事と同じなんです。





いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年06月07日 16時35分03秒

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.