5832421 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

ランキング市場

お気に入りブログ

<動画>動画 de 日… New! ぴぃ1122さん

ペルセウス座流星群… New! Fugu-chanさん

エステルは亡くなり… 緋佳さん

2017年08月05日
XML
カテゴリ:老犬ホスピス
いよいよ「老犬デイサービス」へ向けての
クラウドファンディングがスタートしました。
『いっしょに介護し殺処分を未然に防ぐ、老犬デイサービス開設へ!』
https://readyfor.jp/projects/xxhogoyaxx


私が、老犬や瀕死状態の犬へのレスキューを
始めたきっかけは、クラウドファンディングでも書いた
「王子」でした。

王子の自分らしい最期を看取れたときに、
保護家に老犬ホスピスを建てたい!と、
支援者の皆様のお力で、実現することが出来ました。

その老犬ホスピスで、レスキューし介護と看取りをした子達。
1頭1頭、それぞれの子から教えてもらう事がありました。

老犬ホスピスが本当に現実化できるのだろうか…
心が折れかけてたときにレスキューした「レオン」

共に過ごせた時間は、たった三日間でしたが、
レオンが最期に伝えてくれたことは
「幸せだったよ」というレオンの穏やかな感情でした。



猟犬として生まされ、猟犬として生きてきて、
年老いて役に立たないからと棄てられ、
レスキューしたマルオ。
猟犬としての誇りを持っていたマルオ。
猟犬を、否定する事をやめました。

猟犬だったマルオを尊重しながらの介護を続けました。

かわいそうかかわいそうじゃないのかは、本人が決める事だと、
自分の価値観を捨てるという事を、マルオから学びました。



脾臓に大きな腫瘍を抱え、
レスキューしたエミちゃん。
動物には不思議な力があります。
エミちゃんは、自分の願いを全部伝えてきました。

逝く日時、逝く瞬間を誰に看取って欲しいのか、
エミちゃんは全て自分の思う通りの最期の瞬間を迎えたのです。

人間も動物。自分の第六感を疑わないで!自分を認めて!
そう教えてくれたのはエミちゃんでした。



瀕死の状態でレスキューしたチャージ。
「一番介護してた母ちゃんが泣いたら、
母ちゃんに申し訳なくなって誰も泣けなくなるよ。

母ちゃんはスタッフの前で泣いちゃダメだ!!

母ちゃんの任務は、みんなにちゃんと
お別れできる泣かせる場を守ってあげる事」

最後の最期に、チャージから叱られた気がしました。
チャージとの約束以降、
私は頑張ってその約束を守っている。



そして・・・
老犬デイサービスを作りたいと決意させてくれたのが…

コナンでした。

コナンは、左前足に悪性腫瘍が出来、
10万円の手術費用が無いからと
管理所に持ち込まれた老犬でした。



私は・・・
コナンを棄てた飼い主の事が、
一度も頭から離れる事はありませんでした。

そして、私自身、今は、
飼い主への憎しみの感情はありません。

多方面で取材を受ける事がありますが、
「この子達を捨てた人たちをどう思いますか?」
多分、私の怒りは相当なんだろうと思われるのか
その様なインタビューもありますが…
「本人(犬)が飼い主を憎んでないなら、
私も憎しみの感情はありません」

「飼い主の野郎~という気持ちでその子と接したら、
その事を望んでいない子に対して申し訳ないでしょう?」

コナンを看取った後、いつもそう答えてます。

「本当に怒りの感情はありませんか?」
そう聞かれるけど、

抱えている感情は、全部犬に伝わっちゃうから。



「飼い主の事を悪く思わないで」
コナンが私に残して逝った「柔らかな感情」…。

コナンを看取った日から、
自分の怒りの感情を自然に抑えられるのは、
コナンが残してくれた大切な物を守りたい・・・
ただそれだけ、そこから来ていると思います。


2016年7月に放送されたNHK番組にて…



責める前に、自分に出来る事は…?

そう考えるようになりました。



番組のラストで、次の目標を語りました。



この放送から一年が経ちました。

お金も人徳も代表としての器もない力のない私を、
ずっと支えて来てくれたスタッフ、ボランティアさん、
全国の支援者皆さん…。

その一歩を行動に踏み出せる時期にこれたのは、
みなさんのおかげです。

『いっしょに介護し殺処分を未然に防ぐ、老犬デイサービス開設へ!』
https://readyfor.jp/projects/xxhogoyaxx

「老犬デイサービス」このプロジェクトは、
56日間という短期間のクラウドファンディング、挑戦です!

57日後に、この夢が実現するのか、夢は夢のままで終わるのか、
正直、どんな結果が出るのかと怖いです。

330万円という大きな目標金額ですから…怖いです。
それでも、挑戦しなきゃ何も変わらないと思い
クラウドファンディングへの挑戦を決意しました。





▼▼▼ご支援のお願いです▼▼▼

お願い事ばかりで申し訳ございません。
猫のシステムトイレ用の砂が、
在庫がゼロになってしまいました。
ご支援頂けると大変助かります。



隔離している子猫もいるので、
子猫用のシステムトイレの数が不足しております。
花王の「ニャンとも清潔トイレ」の大きさが
大きく場所を取らずピッタリなので、
ご支援頂けると助かります。





ケージのご支援、ありがとうございました。
大変助かりました!


いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年08月05日 00時30分03秒
[老犬ホスピス] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.