6209288 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

プロフィール


xxゆみxx

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

ランキング市場

お気に入りブログ

<画像有>ダンくん… New! ぴぃ1122さん

素晴らしい猫リパブ… New! Fugu-chanさん

おてんば女子、ラン… 広海163さん

2017年12月08日
XML
隔離室には、​「エン」と「エナリ」​だけでなく、
先日レスキューした8匹の子犬達の母も居ました。

母犬は、大きなお腹を抱え、
11月15日に愛護センターに収容され、
翌日、檻の中で出産しました。



お産から13日後…
センター職員が母犬の異変に気付き、
病院に運んでくれましたが、
​母犬は、レプトスピラに感染していました。​
瀕死の状態で、点滴で命を繋いでいました。

骨と皮になりながらも、
必死に感染症と戦っている母犬に
​私は、背を向けました…。

感染症の母犬をレスキューするという事が、
どんなに危険な事なのか分かっていたから…。
私自身、免疫力が落ちている事を分かってたので、
自分が感染する可能性、
スタッフに感染させる可能性、
保護家の子達に感染させる可能性、
レプトスピラの母犬をレスキューするという事は、
​あまりにリスクが高すぎる…。​

無理だと判断し、背を向けたのです。

だけど・・・​
母犬があのまま隔離室で死んでしまったら、
私自身が後悔するだろうと思いました。
「かわいそう」という感情ではなく、
最期は尊厳のある最期をと、
一緒に戦っていきたいと、
そういう気持ちでした。

​​

だから…
母犬をレスキューしました。



よくこの状態で生きてたねと、
獣医師さんは驚いていました。
そして、ここまで頑張ってきたことに
​敬意​…という言葉以外、何も見つかりません。



検査の結果、レプトスピラはピークを越えたとの事。
色んな合併症を引き起こした事が原因で、
瀕死の状態が続いているのでしょう…と。

母犬は、とても危険な状態だったので、
緊急入院となりました。


​生きれる確率は…​
とても低いとの事でした。



私の事務部屋を潰すことにしました。
ここで母犬と一緒に、
病気と戦っていこうと決めました。



お母ちゃん・・・
準備して待ってるからね。



あなたが孤独な中で必死になって産んだ
8匹の子犬達も、待ってるからね。

​​奇跡が起きますように・・・



いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年12月08日 18時24分53秒
[みやざき動物愛護センター] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.