6212502 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

プロフィール


xxゆみxx

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

ランキング市場

お気に入りブログ

今年のどんど焼き New! わんこ堂さん

動物愛護、殺処分を… New! Fugu-chanさん

<画像有>ダンくん… ぴぃ1122さん

2018年01月08日
XML
なぜ​『ハンデのある保護猫カフェ』​が必要だと感じたのか?

一人でも多くの方に現状を伝えていきたい!

ハンデのある子にも、譲渡の道を広げていきたい!

いつまでも皆さんの善意に甘えるだけではいけない!

この三つが大きかったのだと思います。



私達は、譲渡の際には、その子の歴史をお伝えしています。



「かわいそうだった」ではなく、

その子がここに来るまで、どれだけ頑張った仔なのか…


その子が乗り越えてきた過去を知る事で、

その子が何を求めて、何を怖がり、何を嫌がるのか…

生きてきた過去を知る事は、

とても大事だと感じているからです。



ただ、矛盾しているかもしれませんが、

「かわいそう」という事を前面に出して行くのは嫌なのです。



今、決してかわいそうではない子達。

その事もお伝えしていきたいと思いました。



暗いお部屋から・・・



明るく陽の当たるお部屋に移動出来た

猫エイズの子達、体にハンデのある子達。



私達の説明や、この子達から感じるものが、

これまでと変われたような気がします。

そう確信できたのは・・・

​猫エイズの「かおり」と「さくたろう」の​

​譲渡が決まった事でした。​



かおりは、某保健所から酷い扱いでした。



この中に、数日間も閉じ込められたまま、

殺処分を待っていたのです。

某管理所に犬をレスキューに行った際に、

奥の方からたまたま猫の声が聞こえて、

急遽レスキューしたのが「かおり」でした。

そんなかおりが保護家に来て1年8ヶ月…

やっと幸せを掴むことが出来ました。





そして・・・小さな体で、

手術と治療を頑張ってきた「ドン」。



保護家で半年間過ごし、

幸せを掴む第一歩へと!



昨日、トライアルスタートしました。





「いのちのはうす保護家」の猫部屋は、

『寄付型』の『保護猫カフェ』として、

​ご来店頂いた際の寄付金(入店料)は、

猫達自身の医療費やご飯代に使わせて頂く形を取りました。



もちろん、分かっています。

宮崎市中心部から離れているデメリット、

カフェと言いながら、ペットボトル1本しか

出せない名ばかりのカフェだというデメリット、

ハンデのある猫を見るのが辛いと避けられるデメリット、

お客さんも、一日1一人でもあれば良い方だろうなって。

維持費、光熱費、食費、医療費、

全てが賄えるわけではないという事も分かっています。



それでも、自走型の保護施設に一歩でも

進める事が、私達にとっては大きいです。



施設にいる保護犬や保護猫に対して、

私は『同志』という目線で、この子達を見ています。

私とこの子達に、上下関係はありません。

​「私も頑張るから、あんたたちも頑張ろうね。」​

​「あんたたちが頑張ってるから私も頑張るよ」​

お互いが対等な関係性だと思っています。

『カフェ』を作り、訪問者を呼ぶまでが私の役目。

その後は自分達で頑張りなさいと、

保護猫達皆の背中を押すのみです。



なぜならば・・・

​この子達には伝える力があるからです。​

​自分で幸せを選ぶ力もあるのです。​

譲渡の際に、「この子と縁を感じたんです」

そう言って、飼主さんになってくださった方も

沢山いらっしゃるのですが、

その都度私は心の中でつぶやいていました。

​「この子が貴女を選んだんですよ。​

​感じたのではなく、本当のご縁なんですよ」​…と。

譲渡が決まった犬猫達を見送る際には、

いつもその子達を誉めます。

​「一生懸命アピール出来たね!​

​ちゃんと飼主さんに頑張りが伝わったね!すごいね! 」​…と。



​1月28日から​『保護猫部屋』​は​

『寄付型保護猫カフェ』として生まれかわり、​

私の同志でもある保護猫達が、自らの力で

医療費やご飯代を訪問者の皆さんから頂戴する形となります。

どうか、この子達の応援をよろしくお願い致します!


カフェの詳細は、会ブログ「いのちのはうす保護家」より。
http://hogoya.miyachan.cc/e531611.html


厚かましいお願い事が続き、申し訳ございません。
システムトイレ用猫砂の在庫が切れてしまいました。​
ご支援頂けると大変助かります。
主に下記のメーカーを使用しています。




​掃除用に使用する「フェイスタオル」と、​
​老犬ホスピスで利用している「バスタオル」も​
在庫が残り僅かとなってしまいました。
使用済みの物でも助かります。
もし、捨てようとしているフェイスタオルとバスタオルがあれば、
ご支援頂けないでしょうか…





いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2018年01月08日 17時05分46秒
[保護・啓発・活動日誌] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.