6905787 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

プロフィール


xxゆみxx

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

ランキング市場

お気に入りブログ

<画像有>ココアさ… New! ぴぃ1122さん

朝活の週末♪ Fugu-chanさん

雨の「平泉寺白山神… 広海163さん

2019年05月20日
XML
​​​​​​​前回のブログで​最後に書いた

痛みと戦っていた仔とは…

猟犬でした。



首には広い範囲で縫った後があり、

治療してもらったということは、

猟犬の中でもトップクラス、

優秀な猟犬だったのでしょう。



子犬のように無邪気に甘える姿

私は「可愛い」と思えませんでした。

それは・・・

この仔が内に秘めているものが

あまりにも偉大すぎて。



「この仔」という呼び方に

私自身違和感があるので

呼び方を変えます。

​この犬​の「強さ」と

どう向き合っていくべきか…

そればかり考えていました。



この犬は過去、

右足にも大けがを負いました。

手術をした形跡がありました。

愛護センター獣医師さんから

レントゲン写真を見せて頂きましたが…

高額な外科手術だったと思います。

直ぐに回復させたかったのでしょう。

ですが・・・

素人目ではありますが

これまでの経験上、

かなりの名医か、相当なヤブなのか、

痛みを与えるピンの充て方!

そう思いました。



飼い主は、直ぐ歩けると思ったのでしょう。

骨は繋がってますが、

ピン先が皮膚を刺し続けます。

痛みで歩けるはずがありません。

飼い主は、もう猟犬として使えない…

そう見切りをつけたのでしょうか。

この犬は・・・



​家に帰れなくなりました。​



愛護センター獣医師さんに、

この犬には相当な痛みがあるから

直ぐにピンを抜いて欲しいと

お願いしましたが…

長期間放置してた事で

ピンに肉が絡まり、

センターでの手術は難しいとの事でした。

職員さん達も辛かったでしょうね…



この犬が・・・

痛み続ける体から解放できるには、

レスキューという方法以外ありませんでした。

資金の事はそれから考えようと

レスキューを決意しました。

この犬にとって何が最善なのか…

かかりつけの獣医師さんと相談し、

私が選択した答えは…

「断脚」でした。





​​​​​​​
★~・皆様のお力添えを頂けないでしょうか…・~★​​​

▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601
  動物たちの未来のために​​​代表山下 由美​​​​​​​

▼郵便貯金 17310-434961
  口座名義:イノチノハウスホゴヤ

▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家

​​090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)​​

▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram

お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ







最終更新日  2019年05月20日 16時13分44秒
[みやざき動物愛護センター] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.