7031712 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

プロフィール


xxゆみxx

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

ランキング市場

お気に入りブログ

満月の夜。。。☆ New! Fugu-chanさん

<画像有>地域猫バ… New! ぴぃ1122さん

明日の ”エキサイ祭… 広海163さん

2019年06月07日
XML
​​Instagramに載せた胸椎骨折の子猫。

呼吸するだけでも辛そうな状態でした。

状態を聞いたときに

「看取り」

覚悟していました。



愛護センターに運ばれたとき、

骨折部分に穴が二ヵ所開いてたとの事…

何かに咬まれた圧で骨折したのでは?



かかりつけ獣医師さんが、

皮膚内側の異変に気付きました。

切開したら凄い量の膿…
​​


​命名「南ちゃん」​

譲渡への道は諦めていましたが…
​​​​

「南ちゃんを家族として迎え入れたい!」

そう申し出て下さったのは、

保護家のハンデのある仔を2匹、

幸せにしてくれた方でした。

「状態が良くなったときに…」と、

提案したのですが、

「大変な時期だからこそ携わっていきたい」

その言葉を聞いて、

涙が出る思いでした…。



本当にありがとう…

南ちゃん、幸せにね!

南ちゃん、生きるんだよ!

あなたの猫生はここからがスタートなんだよ…





愛護センターには、

​エイズ陽性の子猫達がいました。​

母猫からの移行抗体かもしれませんが、

それが明らかにできるのは、

生後半年の再検査でしかありません。

それまでずっとこの仔達は

愛護センターのバックヤードから

一歩も出ることが出来ません…。

それが…
​​​​


レスキューを決意した理由でした。

1日でも早くこの仔達にも譲渡への道を!

チャンスを与えたい!

​「遺伝子検査」に賭けてみました。​
​​​​​​​​​

​結果は​「エイズ陰性」​でした!​

検査費用は高額でしたが、

検査に踏み切って本当に良かったです!

​白キジ「フレーム」白「コメメ」​

「フレームとコメメが陰性で良かった!」

そう喜べたのはほんの数秒でした。

​実は…フレームとコメメは​「先陣」​。​

私たちはそう呼んでいました。

それは・・・

​「後陣」​がいるということなんです。​



残してきたエイズ陽性の子猫達…

連れて帰れなかったエイズ陽性の子達…

まだまだ終わりではないんです…。





人間に全く興味がなかった​「ハニ先生」​
https://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/201905080000/


「環境や関わり方で変わると思います。
ハニ先生には色んな可能性があります!」

↑以前のブログでこう書いたのは
ハニ先生にある「特性」を感じたからでした。
同じ特性を抱えている方、ご家族の方々に​
​誤解がないよう、あえて病名は伏せます。​

​あのとき愛護センターで

ハニ先生から感じた特性は

​確信​へと変わりました。



ハニ先生は環境の変化が苦手です。

それは普通の猫が抱えているもの以上に

ハニ先生にとっては深刻な事態なんです。

レスキュー後・・・

ハニ先生が新しい環境に慣れるまで

あの手この手と知恵を絞ってきました。



​「声をかけ続ける」​

​​「声のトーンを変えていく」​​

​​「目が合ったら話しかける」​​



「障害物を増やす」

​「水の位置を変える」​



このリハビリの意味は、

​​​​「変化」「考える」「動く」​​​​

脳に刺激を与え続けることに

大きな意味があると感じたんです。
​​
ハニ先生にとっての人間は、

​<<ご飯を運ぶ機械>>

​<<ケージから出してくれる機械>>

​そんな認識しかなかったけど、

今では目をしっかり見てくれる!

「ハニ?」声をかけると「ニャー」

返事を返してくれる!

ハニ先生は劇的に変わっていきました。



スリスリと甘えるようにもなりました。


私の相棒犬に「ギャーッ」と威嚇してたのに

今では顔を見てゴロゴロ喉を鳴らして

ご機嫌取りもするようになりました。



脳の影響で猫らしからぬ「どしんどしん」と

派手な音出しながらの歩行だし、

トイレも9割垂れ流しだし、

予測不可能なことをされると発狂したり、

なかなかの強者ですが、

「障害がある」イコール、

かわいそう、諦める、過保護にするのではなく、

その子の可能性を閉じ込めないことが

「障害のある仔と向き合う」

だと、私は感じてなりません。


同じ特性を抱えている方、ご家族の方々に

誤解がないよう、あえて病名は伏せましたが、

私も、軽度ではありますが、

ハニ先生と同じ特性を持って

生まれた一人です。

偏見でないことだけは分かって頂きたく、

「自分も」とあえてカミングアウトしました。




​​​​​​​​​​​​​★~・皆様のお力添えを頂けないでしょうか…・~★​​​

▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601
  動物たちの未来のために​​​代表山下 由美​​​​​​​

▼郵便貯金 17310-434961
  口座名義:イノチノハウスホゴヤ

▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家

​​090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)​​

▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram

お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ







最終更新日  2019年06月07日 05時59分16秒
[みやざき動物愛護センター] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.