7033985 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

プロフィール


xxゆみxx

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

ランキング市場

お気に入りブログ

2019年08月09日
XML
​申し訳ございません。

昨日、亡くなりました。

愛護センターで、
最期を迎えさせてしまいました。



「なんとかなる」そう決心し、先日書いたブログは、
私とこの仔の時系列、ひとつの物語でした。

「■レスキューできない言い訳」​を
下書きしてる途中、
愛護センター所長に、一報を入れました。
「9日の午後、レスキューに向かいます」
8月7日 19時のことでした。

正直に書きます。
私が、直ぐにレスキューできなかったのは、
「残金1万8千円」
という現実の壁にぶつかっていたから。
(この話は、また後日説明します)

その結果から生まれたものは・・・
「犠牲」でした。



この子の命が「犠牲」になったんです。

保護期限が切れた8月5日、レスキューしてれば…
6日、7日、レスキューさえしてれば…

資金のことばかり考えて、
怖くて直ぐに動けませんでした。

なぜ、あのとき、旦那に土下座してでも
医療費を借りに行かなかったのか。
私のプライドだったのか。
つまらないクソみたいなプライドのために、
この仔が「犠牲」になりました。

私のせいで、この仔が「犠牲」になりました。



愛護センター職員さんから
亡くなる前日のあの子の写真をもらいました。

愛護センターの保護犬室には、
入りきらない程の犬が収容されました。
8月7日夕方の時点で、
檻が足りなくなり、あの子を簡易ケージに
入れるしかなかったとのことでした。



愛護センター職員さんは、
つらい胸の内を話してくれました。

「小さなケージに移動させたのが
いけなかったのかもしれない。
ステロイドの服用が
いけなかったのかもしれない」​

きっと、死因はそこじゃなかったと思います。
頭を強く打っていたから…
心臓が弱っていたから…

それでも、愛護センター職員さんたちは、
自分たちにミスがあったのでは…と、
自分を責めているのだと感じました。

私のもたついた行動により、
あの子だけではなく、
職員さんたちをも、傷つけました。

今までどれだけの犬猫を、
どれだけの人たちを、
私は傷つけてきたんだろう…。

あの子を早急にレスキューしてたとしても、
あの子の死は、避けられなかったと思う。

でも、
最期をどう迎えるか、
最期をどう迎えさせるか、
いちばん大切なことだったのに…。

あの子のために…と、
数人の方から届いた優しいご支援金。
「かわいそう」で止まらずに、
あの子のために動いて下さった方々さえも、
私は裏切ってしまいました。

あの子に、愛護センター職員さんたちに、
ご支援下さった方に、
どうお詫びして良いのか、
言葉にどう変換してお伝えすれば良いのか、
まだ何もでてきません。

ただ、「本当にごめんなさい」としか
ありきたりの言葉しか思いつきません。

本当にごめんなさい。



このブログを書き終わったら、
愛護センターに向かいます。
愛護センター職員さんたちに、
謝罪をしたいです。
私が直ぐにレスキューさえしてれば…
そう謝りたいです。
謝りに行ってきます。

資金があればレスキューしたい…
この老犬も、そう思っていた1匹でした。



愛護センターで「ワカコ」と名付けられ、
愛護センター職員さんたちが、
約3ヶ月、介助してくれてる収容犬でした。

介助がなければ、生きていけないワカコは、
譲渡犬になれません。
それでも、愛護センター職員誰一人、
「殺処分」という言葉を発しませんでした。
保護犬室の檻がいっぱいになるまでは…と、
愛護センター職員さんたちの
ワカコへの、「命」への尊重だったと思います。

ですが・・・

ワカコは・・・
愛護センターのバックヤードから出られません。
1日の大半を、檻の中で過ごすしかありません。

ときどき出してもらえる中庭は、
コンクリートの床、囲まれた壁。
ここが、ワカコの最期の場所でした。

あの子を直ぐにレスキューできなかった
あの子を愛護センターで死なせてしまった
あの子への後悔が、
私の心を奮い立たせました。

ワカコを直ぐにレスキューするべきだと。




どうか、ご協力をお願い致します…。

▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601
  動物たちの未来のために代表山下 由美

▼郵便貯金 17310-434961
  口座名義:イノチノハウスホゴヤ

▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家

090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)

▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram

お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ







最終更新日  2019年08月09日 15時00分43秒
[みやざき動物愛護センター] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.