6991870 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

プロフィール


xxゆみxx

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

ランキング市場

お気に入りブログ

釣りキチ男(;´∀`) New! Fugu-chanさん

<画像有>おめでと… ぴぃ1122さん

大満足♪ CoCoのんさん

2019年08月18日
XML
テーマ:動物愛護(586)
​​■ 譲 渡 猫 室

「ここ数週間、猫の譲渡(県管轄)がゼロなんですよ…​

譲渡室の猫たちがあふれかえってるんです」
県管轄獣医師さんから相談を受けました。


譲渡猫室に入ると…
「あせり」の意味が分かりました。

譲渡室猫たちは、生後2ヶ月以上。
走り回りたい時期、甘えたい時期、
五感のフル活用は、成長過程でも大事な時期。

このままケージの中で成猫になると、
この仔達自身「生きる」ことが
ただ辛いものだけになってしまいます。

​​​

譲渡室の猫4匹、
レスキューを決めたのは、
このような理由からでした。



ワクチン接種2回、ウィルス検査済み。
​​保護猫カフェHOGOYA・オレンジルームへ。



「タカ」と「ナベ」が、
1週間のトライアルに入りました。



どうか、譲渡決定となりますように…。



茶トラの男の子と女の子、
「オチャ」「チャメ」にも、
良縁がありますように…

愛護センター譲渡室には、同じような仔達が、
まだまだたくさんいるから…



今回、レスキューできなかった
愛護センター譲渡室の猫たちにも、
譲渡への道、チャンスを作りたいんです。


​■ 凛 と し た 子 猫​

バックヤードにも、まだ譲渡猫室に行けない
小さな子猫達がたくさんいました。



ミルクと離乳食混合の子猫6匹。
この子達のレスキューを決めました。



6匹みんなカワイイ子猫なのですが…
今、なんとなく気になるのがブチの仔。



大きな黒い箱が、
目の前に向けられる。
「カシャッ、カシャッ、カシャッ!」
変な音を鳴らす奇妙な黒い箱。
​↑初めて見るカメラの印象だと思います。​
みんな目をまん丸く驚いてる中、
堂々とカメラを見据える姿。



控えめでおとなしいけど、
なんだろう…「強さ」を感じる子です。



茶トラが後ろに下がると同時に、
「黒い箱」の確認でしょうか?
カメラにゆっくりと近づくブチ。



兄妹の中で、一番声も小さく、前に出れず、
ひ弱そうな印象だったのに、
「勇敢な仔」なのかもしれませんね。

大きい子猫に見えますが、
生後1ヶ月半の小さな子猫です。



いつも不思議に思います。
肉眼で見てるものと、
カメラを通して見るものは、
印象や感じ方が異なるんです。

撮ってる私も、撮られてる犬猫も…。

同じものを見ているはずなのにな~。



使 命 感
ポツンと1匹入ってた子猫。
一声もあげることなく、動くこともなく、
ただ、ただ、ジーっと目を見つめます。
​​​
​​​​

この仔は、生後わずかな時期に、
3匹兄妹で、愛護センターにきたそうです。
この仔は、何度も危篤状態になりながらも、
何度も生還した仔だそうです。
この仔より元気だった兄弟2匹は、
成長することなく、亡くなったそうです。

なぜ、この仔だけが、生き残れたのか…
なぜ、危篤状態から、何度も生還できたのか…

なにか、生かされた理由があるのだろうな…
なにか、使命を背負っているんだろうな…
このような仔達に出会う度に
そう感じずにいられないんです。



この仔をレスキューしたのも、
自然の流れだったのかもしれません。



上記でも書きましたが、
肉眼で見てるときは、
「カワイイ子猫」にしか映らないのに、
カメラを通して見ると…
「カワイイ」という感情は一切なく、
「力強さ」を感じさせられます。
こっちが動揺してしまうくらいに…。



■ 感 謝

私の判断ミスからはじまり、
犬猫19匹のレスキュー劇。
泣きわめいたと思ったら、
愛護センターに向かう始末。
それなのに・・・
支援者さん、スタッフ、ボランティアさん、
なんでみんな、こんなに良い人なんだろう…
なんでみんな、優しい人ばかりなんだろう…
この子達を助けてくれたみなさんに
「感謝」と「ありがとう」しかありません。

​​感情を言葉で表現しきれなくてごめんなさい。






レスキューした子達、​​
今、レスキューを待ってる子達を、
​私たちと共に、
守っていただけないでしょうか…。​​​

​▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601​
  ​動物たちの未来のために代表山下 由美​

​▼郵便貯金 17310-434961​
 ​ 口座名義:イノチノハウスホゴヤ​

▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家

090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)

▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram

お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

​​






最終更新日  2019年08月18日 20時27分25秒
[みやざき動物愛護センター] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.