6987483 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

プロフィール


xxゆみxx

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

ランキング市場

お気に入りブログ

革工芸教室 New! yumeu22さん

<画像有>選んでも… ぴぃ1122さん

ペット可の物件を見… 広海163さん

2019年08月21日
XML
​​​​■ 持 込 み 老 犬 の 背 景​

​実は…

ワカコ、ちはる母子、子猫達、
8/9のレスキューは、
始まりに過ぎませんでした。

宮崎県の愛護センターは、
宮崎県と宮崎市、
別々に運営管理しています。

8/9のレスキューは、
19匹全頭、宮崎県管轄の犬猫でした。



宮崎市管轄の犬猫レスキューは、
後回しにするしかない…
そんな現状でした。

この仔は、室内で大事にされてた老犬。
それなのに「持込み」


飼主さんが、癌で入院したとのことでした。

それ以上は聞きませんでしたが、
どんな思いでこの仔を手放したのか…
手放すしかなかったのか…

犬がかわいそうとか、
犬の命をどうのこうのとか、
それ以前の問題に、胸が痛みました。
家族や身内はなぜ、
飼主さんの気持ちに、
少しでも寄り添えなかったのか…と。



もし、飼主さんが生きているならば、
「あの子は大丈夫ですよ」
そう声をかけたいです。

大事にされてたこの仔を、
飼主さんから引き継いで守りたいです。

ご賛同いただけたらで構いません。
私たちと一緒に、レスキューする方向で
ご協力頂けないでしょうか…。
お願い事ばかりで申し訳ございません。

​▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601​
  ​動物たちの未来のために代表山下 由美​

​▼郵便貯金 17310-434961​
 ​ 口座名義:イノチノハウスホゴヤ​



​■ 変 化 し た 保 護 施 設​

譲渡に向かうための、犬猫の仮住まい。
「未来ある保護施設」…だったはずなのに。



時代の流れに沿うように、
いのちのはうす保護家も
変化していきました。

「こういう施設にしよう!」
誰が決めたわけでも、ないのだけど…



​​​
ケガや病気を抱えてる犬猫、ハンデを抱えた犬猫、
介護や介助が必要な犬猫、余命短い犬猫、
恐怖心が拭えない犬、老犬、

譲渡できない犬猫中心の
​​​​​​保護施設へ、変わっていました。



もちろん、病気やケガの子達は、
譲渡の可能性がありますが…

「譲渡」できる状態に持っていくには、
相当な時間、高額な医療費、
大きくのしかかってきます。



毎週、通院治療を必要とする仔、



糖尿病、関節、心臓、腎臓、脳腫瘍、
放置されてた時期が長かった老犬たちは、
体に爆弾を抱えている状態です。
病気悪化で、倒れる老犬も多くいます。



甲状腺機能低下症の仔は、
薬の種類、量を確認しながらの毎日です。
何度も入退院を繰り返します。



血液を作る機能が低下してるため、
何度も貧血で倒れる子は、
輸血しても、輸血しても、
その場しのぎにしかなりません。
その度に、検査と薬の服用が必要となります。



治療やケアを必要とする犬猫が多く、
1~2日置きのペースで、
数匹一緒に、病院に走ってる状態です。

レスキューする頭数が限られているのは、
「いのちのはうす保護家」​が、
このような現状にある施設だから
いいえ!…だったから



​■ 過 去 の 自 分​

かわいそうと言われる犬猫全員に、
手を差し伸べることはできない。

レスキュー要請があっても、
キャパを超えてるときは、
手を差し伸べる力もない。

だけど、自分がたずさわった犬猫、
わずかな時間の中で、ほんの少しでも、
何か感じるものがあったのならば、
どんな状況であっても、
どんな方法であっても、
手を差し伸べる以外に選択肢はない…



「一度失った命は、二度と戻ってこない」
昔、管理所で聞いた職員さんの言葉を
鮮明に思い出せました。

だからこそ、どうすべきなのか!



愛護センター設立に伴い、
2年半前に、閉鎖した「動物保護管理所」
今も、柵越しに手を合わせに通ってます。



11年間「動物保護管理所」に通い続けました。



今よりもっとひどい状況の中で、
命と向き合っていた時代でした。



当時の私が、今の私を見たら怒るでしょうね。

いいえ、情けなくて涙を流すでしょうね。

未来の自分に失望するでしょうね。





​ラクするな!ナマケるな!

もっと頑張れ!​​山下っ!





レスキューした子達、​​
今、レスキューを待ってる子達を、
​私たちと共に、
守っていただけないでしょうか…。​​​

​▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601​
  ​動物たちの未来のために代表山下 由美​

​▼郵便貯金 17310-434961​
 ​ 口座名義:イノチノハウスホゴヤ​

▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家

090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)

▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram

お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

​​
​​​​​​​






最終更新日  2019年08月21日 17時11分50秒
[みやざき動物愛護センター] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.