7530700 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

プロフィール


xxゆみxx

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

お気に入りブログ

限界 (^▽^;) Limit New! Fugu-chanさん

夏のこと(ご報告) さくらもち市長さん

<画像有>たそがれ… ぴぃ1122さん

2020年01月29日
XML
テーマ:動物愛護(600)
カテゴリ:老犬ホスピス
​​当施設の老犬ホスピス在籍
「カズキ」という老犬は、
福島県の愛護センターで、
命の期限と戦ってた老犬でした。

2018年12月に書いた記事を
下記に転載します(※編集個所有)
 ​


Facebookでみつけたある方の投稿…
1匹でも救いたいという​
​強い気持ちが、心に響きました。


​カズキ(旧名リキ君)​ようこそ!​​​


この日は、暗くなるまでずっと
ドッグランを満喫してました。



保護家に来た初日の夜、
カズキと一緒に
サークルの中で時間を過ごしました。


​​​カズキという犬は、
平和主義の優しさを持つ犬だった。



       ※​2018年12月16日投稿記事より




​​​​​​​​​​カズキは、​脳腫瘍​の可能性大でしたが、

年齢的にも、体力的にも、

麻酔に耐えられる体ではありませんでした。



カズキの脳腫瘍を疑いはじめたのは、

「いのちのはうす保護家」に

ようやく馴染みはじめた頃でした。



手術ができないカズキに、

脳腫瘍の検査は
本当に必要だろうか…?

私たちは、何も望みませんでした。

カズキに残された時間を、

カズキの好きなように生きて欲しいと
私たちは決断しましたが…

揺るぎない自信を持てませんでした。

それは…



カズキが生きてきた時間と背景、

カズキ自身の価値観、

カズキの深い部分を、

まだ把握しきれてない時期に、
カズキ自身、自分の事が
分からなくなっていたから…。

祈るしかなかった。

私たちが出した決断が、
カズキの望みと一致してますように…と。



カズキから、痛みのサインが出たときには、
投薬での緩和ケアに入る予定でしたが、
全くその様子がありませんでした。

脳腫瘍の症状が次々出てくるものの…
ひとつひとつが、穏やかだったんです。

その症状を「カズキ時間」
私はそう呼んでいました。



カズキは・・・

徐々に、徐々に、

分からないことが増えていきました。



ドッグランを走ったときの

「楽しい」という感情も。



甘えたときの

「心地良い」感情も…。







1月27日
1日中眠り続けるカズキ…。

この日はひどい土砂降りでした。



気圧が影響することは多々あります。


​「看取り部屋に移動するかは、​​
​明日の様子を見てから判断しよう」​

穏やかな寝顔に安心した私は、
そう判断したのです。




24時間管理体制の「看取り部屋」は、
現在、看取り期の老犬が3畳に3匹。

あのときの私は、無意識レベルで
計算してたのかもしれません。

「よく考えて判断すべきだ」…と。​​​​​​​​​​

​​だから「明日」に延期したのでは?​​
​​​



1月28日 深夜3:00

これが、生きてるカズキと会った最期の時間。

翌朝スタッフが出勤したときには、

カズキは冷たくなっていたそうです。



私は…

カズキをたったひとりで


逝かせてしまいました。

同じ屋根の下に居ながら、

カズキをひとりぼっちで…。



「明日の様子を見て判断しよう」

私が簡単に口にした​「明日」​

カズキは迎えられなかった。



​カズキが生きれなかった​「明日」​は、​

​雨が止んだ綺麗な​「明日」​でした。​

​​​
​​私が思ってる「明日」は、
誰しもが当たり前の「明日」じゃない!​​


「明日」がこないカズキに
どうして長時間目を離したのか!

どうして隣に居てやらなかったのか!



​​「ごめんね」​​
それ以外に何も出てこない。







食べることが大好きなカズキだったのに、


カズキは、それすら忘れてしまいました。

食べ物も、食べ方も、全部…。



スタッフとボランティアさんたちは、

「カズキ時間」を大切に想ってくれました。

カズキが「食べ物」と理解できるまで、

お皿を持ったまま

根気強く待っていました。



カズキの時間の流れに

合わせてくれてたからこそ、

カズキがギリギリまで自分の口で

食べられたのだと思います。

それなのに・・・

私は現場で何をしていたのだろう。

カズキとどれ位向き合っていただろうか。





レスキューした子達、​​
今、レスキューを待ってる子達を、
​私たちと共に、
守っていただけないでしょうか…。​​​

​▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601​
  ​動物たちの未来のために代表山下 由美​

​▼郵便貯金 17310-434961​
 ​ 口座名義:イノチノハウスホゴヤ​

▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家

090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)

▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ



​​






最終更新日  2020年01月29日 23時47分02秒
[老犬ホスピス] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.