7521982 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

プロフィール


xxゆみxx

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

お気に入りブログ

菜食松茸なべ (;´∀… New! Fugu-chanさん

<画像有>ようこそ… New! ぴぃ1122さん

お休みの日には… 広海163さん

2020年08月03日
XML
カテゴリ:保護猫カフェ
​​​​​​​​「保護猫カフェがコロナ危機!」

この言葉を使う日が来ませんように…

この2ヶ月間、怯える日々でしたが…



とうとう来てしまいました。

この言葉を出してしまう日が…

​​​​「保護猫カフェがコロナ危機です!」​



「保護猫カフェがコロナ危機!」​は、​

猫たちのメンタル面の危機なんです。​​​​
​​​​​​​​​​​


コロナ対策をきっかけに

システムを変更しました。

​​旧) 土日祝12:00~17:30★​時間無制限​​
​↓​
​​ 新) 定休無し 12:00~17:30★​予約制貸切り1h~​​​

気軽に足を運べなくなったと思います。

訪問者さんゼロの日も珍しくありません。

誰も来ないのが当たり前になってしまいました。





​「保護猫カフェHogoya」は​3部屋​に分かれてます。​

​健康な猫→「オレンジルーム」​


​​エイズっ子→「ラムネルーム」​​


​ハンデっ子→「イチゴルーム」​


1時間に1組様と制限してることもあり、

滞在されないお部屋や滞在時間が短くなるお部屋は

必然的に出てきます。



ラムネルームのモッチーは、

淋しさからのストレスで

イライラ感が多くなりました。



保護猫カフェHogoyaの猫達は

甘えん坊さんタイプが多いので

遊んであげる時間が少なくなると

食欲不振や軟便等の症状が出てきます。

免疫力も下がってしまいます。



なんでそんなに人間が好きなんだろう…

なんでここまで人間を好いてくれるんだろう…

なんでこんなに人間を求めてくれるんだろう…

この仔達と一緒にいるといつも思っちゃう。



保護猫カフェHogoyaは、

当保護施設の敷地内にあります。

保護施設側には病気の仔や老犬…

人間の手を必要とする子達が多いため

私たちだけでは保護猫カフェの猫達と遊ぶ時間すら

なかなか確保できないんです。


こんなに人間を求めてくれてるのにね…。

人間が苦手で表情一つ変えなかった子も

いつの間にかこんなに心を許してくれたのに…



ご来店される人が少なくなったいま、

試行錯誤の真っ最中です。

お仕事を終えたボランティアさんが

夜の保護猫カフェで宿泊したり、

保護猫カフェの猫たちと

寄り添ってくれてます。


​​​​​​​

運営資金は毎月苦しいです。

莫大な赤字で苦しいです。

でも、それ以上に心配なんです。

この仔達から伝わる「淋しい」の方が…。



確かに!完全予約制に変更してしまい

気軽に寄れなくなったかもしれません。

でも…でもですねっ!

1時間(何時間でも可)1組様貸切り制度なので、

誰にも気兼ねすることなくご自宅のように

ゆっくりくつろげるようになったと思います。

○消毒は毎朝行ってます。
○ご訪問様交替時間も各部屋消毒を行ってます。
○スタッフは受付で待機しております。
○スタッフは緊急時以外は同室しません。

​​

私たち人間がコロナステイホーム中に

オレンジルーム店長に就任した「ヤンマー」



おデブちゃんヤンマーの身体能力を

ぜひぜひ、見に来て下さい!



レスキュー当初、額が割れてた「コウキ」

まさかここまで回復するなんて…と、

驚きながらの猫カフェデビュー。​​​​​



コウキは内面も凄い猫なんです!

どんなに気難しい性格の猫も、

コウキが持つおおらかなオーラに包まれます。

コウキは猫に怒られても怒り返すどころか

ひょうひょうとしてる面白い仔!

左目眼球衰退でカワイソウに見えるかもしれませんが、

全然カワイソウな仔ではないんです!

だけど…

そんな悲壮感ゼロのコウキでも、

夕暮れの窓際で訪問者を待ち続ける姿は

少し切ない気持ちになってしまいます。





いちごチームのツンデレ「カメ先生」は、

「ゴロゴロ人間に甘えるなんぞっ!」的な

威厳あるカメ先生でしたが、



コロナの影響で訪問者が減っていく毎に

性格がどんどん変わっていきました。

ゴロンゴロンお腹を出して甘えるのです!

訪問者さんが激減して人恋しくなったんでしょうね。

なんだか淋しくなっちゃったんでしょうね。



ツンデレだったのも本心じゃなかったんでしょうね。

甘えん坊さんになったカメ先生

是非とも会いに来て下さい♪



​​「保護猫カフェの​​​​を書かなきゃ!」​​

こうして記事を書くきっかけになったのが

ラムネルームの「キナコ」でした。



コロナの影響で訪問者さんが激減した頃から

少し気になってたことがありました。

窓際に居る時間が多くなってたキナコの姿を…。​​​​​​​​​​​
​​​


これまで病気知らずだったキナコ

ストレスからの免疫力低下で

口内が真っ赤に荒れてしまいました。

どうにもならない状態まできてしまい、

最後の手段「抜歯」にふみきりました。



エイズっ子は免疫力が低い…だからこそ!

気を付けてあげなきゃいけないのに

キナコには申し訳なさしかありません。



窓の外を眺めながら

待ってたのかもしれませんね。



誰かが来てくれるのを…



違う意味でインスタ映えしそうな表情を

提供しまくるイチゴルームの「ターコ」

​​​


オモシロネタを提供しがちなオレンジルームメンバー。
​保護猫カフェの猫たちと同じ空間にいると

気持ちがほっこりします。

自然に笑顔が出てきちゃいます。

ぜひ!癒されに来て下さい♪

でも、保護猫カフェの猫たちも同じなんです。

訪問者さんに心を癒してもらえるんです。

だから…

お互いが対等なんです。


保護猫カフェのご予約状況は
下記のFacebookにてご確認くださいm(__)m

ご予約→090-4484-5165 ​(9:00~担当フジイ)​
※お電話がつながらないときはショートメールで

▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook

空きがあれば当日のご予約可能です。​​​

譲渡会は保護猫カフェ内で開催のため
ご来場の際にお1人様1,000円のお心添え(ご寄付)を
お願いしておりますが、譲渡決定の場合は
お帰りの際にお預かりしたお心添えは全額お戻し致します。





レスキューした子達、
今、レスキューを待ってる子達を、
私たちと共に、
守っていただけないでしょうか…。

▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601
  動物たちの未来のために代表山下 由美

▼郵便貯金 17310-434961
  口座名義:イノチノハウスホゴヤ

▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家

090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)

▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ







最終更新日  2020年08月03日 15時45分03秒
[保護猫カフェ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.