6954564 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

プロフィール


xxゆみxx

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

ランキング市場

お気に入りブログ

朝3時起き。。。(^▽^… New! Fugu-chanさん

<画像有>強い希望。 New! ぴぃ1122さん

8/4 フリマとたいけ… 広海163さん

全1387件 (1387件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

2019年05月29日
XML
テーマ:動物愛護(584)
トラバサミにかかり

左手がグチャグチャの状態で

愛護センターに来たビビりさん。

センター獣医師さんが

毎日手当をして下さり、

​ここまで回復しましたが

​失った指は・・・​
​​

譲渡犬には回れないであろうビビりさん…

レスキューを決意しました。



そして・・・

​まだ目も開いてない仔犬たちを​

​懸命に育ててる母犬。​

資金難、人手不足…それに加え、

私が現在2頭の老犬介護中で

日中、日常業務では役に立たない日々。

母子犬をレスキューしても
スタッフに負担をかけてしまうのでは…?
​​
​​

ですが・・・

「母犬には安心できる環境が必要では?」

「愛護センターには毎日のように
外から犬が入ってくるとに、
まだワクチン打てない母子犬が
感染症になったら…」

そんな私の背中を押してくれたのは

スタッフ達でした。

愛護センターの母子犬と

「八千代さん」​が重なったのでしょう…



八千代さんは…

感染症を抱えながら

愛護センターで子犬を守り抜きました。


仔犬達は無事だった!

生きている!

八千代がそう確認した翌朝…

八千代は静かに息を引き取りました。

​​​

八千代は小さな姿になって、

子犬達の元に帰ってきました。



あれから一年半…スタッフ達は、

愛護センターの母子犬と八千代が

重なった瞬間だったのでしょう…

​母子犬のレスキューを決意しました。​

皆様にお願いがあります。
右手先を失ったビビりさん、
母子犬のレスキューへの
お力添えを頂けないでしょうか…
力不足で申し訳ございません…

▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601
  動物たちの未来のために​​​代表山下 由美​​​​​​​

▼郵便貯金 17310-434961
  口座名義:イノチノハウスホゴヤ




▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家

​​090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)​​

▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram

お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

​​​






最終更新日  2019年05月29日 14時22分01秒
2019年05月24日
カテゴリ:保護家の仔達
猟犬への賛否両論はあるかと思います。

宮崎県串間の猟師さんに

コンタクトを取ったのが8年前。

「答え」を求めて・・・。

以下は、過去ブログ記事です。


​​2011/9/4​ ①猟犬と猟師


​​
​​​2015/3/29​ ②マルオ「レスキュー」1
​​


2015/3/29​​ ③マルオ「一人にしてくれ!」2



​2015/3/31​ ④マルオが誇っていたもの​​

​2015/4/6 ⑤最期の言葉 






​​​​​​​​​​​​​★~・皆様のお力添えを頂けないでしょうか…・~★​​​

▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601
  動物たちの未来のために​​​代表山下 由美​​​​​​​

▼郵便貯金 17310-434961
  口座名義:イノチノハウスホゴヤ

▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家

​​090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)​​

▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram

お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ







最終更新日  2019年05月24日 17時50分00秒
2019年05月21日
​​​​​​​​​​​​​猟犬は、無事レスキュー完了です!

「この犬もレスキューします」

職員さんにそう告げたとき

「ありがとう…ありがとう!」

声をあげて泣いた職員さん。



愛護センター卒業の日。

お世話になった職員さんとお別れの日。

そして・・・



今までお世話になった右足と…

お別れの日。



何の抵抗も無く、

自ら車に乗ってきたとのこと…

「ごめん…猟に行くんじゃないんだよ…」

レスキューに向かった副代表は、

色んな話を聞かせながら

病院へ直行したとの事でした。



長い時間苦しめられた「痛み」から

ようやく解放されました。

その代償はとても大きなものでしたが、

私が出した答え​「断脚」​

決して間違いではなかった…と思う。



​命名「ゴトー君」​

優秀な猟犬だったはず…

それはあくまでも私の憶測

これまで携わってきた猟犬達との

経験上でしかありませんが、

​ゴトー君の優れた洞察力は​

​「優秀な猟犬」と繋がるんです。​



療養中のゴトー君がいるスペースは

竹やぶのすぐ近く。

目を輝かせ竹やぶに入りたがるゴトー君。

山中を走り回っていたのでしょうね…

喜びの毎日だったのでしょうね…



ゴトー君は私には甘えません。

私に合わせようと近づいたものの

その鋭い洞察力から察したものは

「この人から見抜かれてる!」

だと、私もゴトー君から感じました。

「この人とどう接して良いのか分からない…」

ゴトー君から一気に緊張感が伝わりました。



それは・・・

​私も同じこと。​

「一筋縄ではいかない」

「どう接していけば良いのか」

私とゴトー君は

全く同じ戸惑いを持っています。

似たもの同士!

悪く言えば…

お互い曲者なんだろうな!



完治したら群れデビューですが、

今はここで静養中です。

ボランティアさんの旦那さんたちが

丸一日かけて修繕してくれた

ミニドッグランです。



夜はフリーにしてるのですが、

ドッグランの隣にある

雨風しのげるはずの寝床が雨漏りします。



スタッフが隣の物置部屋に

寝床を用意してくれたので、

雨が強い夜だけ

ここで寝泊まりするゴトー君。



「部屋の中」が初めての経験なのか

戸惑いを隠せないゴトー君なのです(^^)







※5/17のオカザキK様…
心より深く感謝いたします。
本当にありがとうございました。



​​​​​​​​​​​​​★~・皆様のお力添えを頂けないでしょうか…・~★​​​

▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601
  動物たちの未来のために​​​代表山下 由美​​​​​​​

▼郵便貯金 17310-434961
  口座名義:イノチノハウスホゴヤ

▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家

​​090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)​​

▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram

お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ







最終更新日  2019年05月21日 17時58分42秒
2019年05月20日
​​​​​​​前回のブログで​最後に書いた

痛みと戦っていた仔とは…

猟犬でした。



首には広い範囲で縫った後があり、

治療してもらったということは、

猟犬の中でもトップクラス、

優秀な猟犬だったのでしょう。



子犬のように無邪気に甘える姿

私は「可愛い」と思えませんでした。

それは・・・

この仔が内に秘めているものが

あまりにも偉大すぎて。



「この仔」という呼び方に

私自身違和感があるので

呼び方を変えます。

​この犬​の「強さ」と

どう向き合っていくべきか…

そればかり考えていました。



この犬は過去、

右足にも大けがを負いました。

手術をした形跡がありました。

愛護センター獣医師さんから

レントゲン写真を見せて頂きましたが…

高額な外科手術だったと思います。

直ぐに回復させたかったのでしょう。

ですが・・・

素人目ではありますが

これまでの経験上、

かなりの名医か、相当なヤブなのか、

痛みを与えるピンの充て方!

そう思いました。



飼い主は、直ぐ歩けると思ったのでしょう。

骨は繋がってますが、

ピン先が皮膚を刺し続けます。

痛みで歩けるはずがありません。

飼い主は、もう猟犬として使えない…

そう見切りをつけたのでしょうか。

この犬は・・・



​家に帰れなくなりました。​



愛護センター獣医師さんに、

この犬には相当な痛みがあるから

直ぐにピンを抜いて欲しいと

お願いしましたが…

長期間放置してた事で

ピンに肉が絡まり、

センターでの手術は難しいとの事でした。

職員さん達も辛かったでしょうね…



この犬が・・・

痛み続ける体から解放できるには、

レスキューという方法以外ありませんでした。

資金の事はそれから考えようと

レスキューを決意しました。

この犬にとって何が最善なのか…

かかりつけの獣医師さんと相談し、

私が選択した答えは…

「断脚」でした。





​​​​​​​
★~・皆様のお力添えを頂けないでしょうか…・~★​​​

▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601
  動物たちの未来のために​​​代表山下 由美​​​​​​​

▼郵便貯金 17310-434961
  口座名義:イノチノハウスホゴヤ

▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家

​​090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)​​

▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram

お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ







最終更新日  2019年05月20日 16時13分44秒
2019年05月08日
テーマ:動物愛護(584)
​​
1匹のレスキューすら踏み切れず

書き終えた後

冷静に読み返してみると

「情けない人間だなぁ」



それなのに、

手を差し伸べてくれた

支援者様の温かな存在…。

どれ程の力をもらえたか・・・

どれ程の勇気をもらえたか・・・

どう御礼を申し上げて良いのか分からず、

​​「ありがとうございます」

・・そんな言葉しか出せず、

申し訳ございません。

支援者様のお力添えは、

2匹の猫へと繋げさせて頂きました。

​​下半身麻痺のミケ



命名「マーコ」

レスキューした日の夜は

新しい環境に緊張してましたが、

今はもう大丈夫です。





​​3本足のブチ


​​命名「タラちゃん」
人見知り君ですが、

​数分一緒に居たら

ゴロゴロくんへ。

​「捕獲されて良かった」​

それは・・・



2月22日~猫の日~

タラちゃんは、

​左脚ぐちゃぐちゃで​​

衰弱してたところを

​愛護センターに保護されました。​

これが、捕獲された直後のタラちゃんです。



​​​​​​​​​​​​こういう状態の仔でも、

心身のケアを続けて下さった

職員さん達の存在。

本当に頭が下がる思いでした。



タラちゃんとマーコのレスキューのとき

一緒に連れて帰ることのできなかった子達…

連休中に状況が良い方向に

流れてれば良いのですが…

あごが割れて手術した仔、




エイズ陽性の仔、




生きる気力を失ってる仔、
(まだ保護期限が残ってたので)



4本足が少しおぼつかない仔。


今の段階では

「歩行が少しおかしい」

それだけです。



過去にも、同じ症状の猫たちを、

レスキューしてきた経験上、

後遺症」が出てくる仔もいました。

三半規管の異常、痙攣、急死…等。

馬鹿正直に話すことに

迷いもありましたが・・・

軽い気持ちで譲り受け、

捨てる時も軽い気持ち

​「医療費がない」​

​「通院の時間がない」​

​「こんなはずじゃなかった」​

そんな犬猫たちを、

スタッフ皆、思いを寄せ合いながら

抱きしめてきました。

​​何匹も何匹も…​​​​​​​​​​​​​​
​​​​​​​​​​​​​​​​​


だから、ハードルを上げたい!

そう強く思いました。

このような症状の仔達が、

避けて通れない「後遺症」を

覚悟と理解の上、

家族として迎え入れて下さる方じゃないと、

また辛い目に合わせてしまうから…。



私がこの話を書いたことにより、

この仔の譲渡への道を

結果的に狭めたかもしれませんが、

腹を括って書きました。

この仔にご縁がなかったときには、

レスキューしよう…と。

「譲渡」=「不幸」…この過ちを、

​​私は​二度と繰り返してはいけないから…。​​



この仔は​「ハニ先生」​


愛護センターでそう呼ばれていました。

子猫のときに愛護センターに保護され、

​大事な子猫期でもある10ヶ月間を

小さなケージの中で、

殺伐としたこの空間で

育ちました。



もし、ハニ先生と会話が出来たなら…

「辛かったでしょうに…」の言葉に対し

​​​「え?なんで?」​​

ハニ先生は

逆に聞き返すでしょうね

不思議そうに…。

だって、



ハニ先生は何も知らないから。

ハニ先生は「愛護センター」が全てだから…




だけど、ハニ先生が抱えているものは、

それだけではありませんでした。



ハニ先生が成長する度に

職員さん達は

違和感を感じるようになりました。



なぜ、真っ直ぐ歩けないの?


なぜ、高い所に登れないの?


なぜ、低い高さから降りれないの?


なぜ、おもちゃで遊べないの?


なぜ、距離感がつかめないの?


​なぜ…
私たちに興味
持ってくれないの…?​



声をかけてくれる職員さんも

優しくなでてくれる職員さんも

ハニ先生にとっては…

​<<ご飯を運ぶ機械>>

​<<ケージから出してくれる機械>>

そんな認識しかありませんでした。



愛護センター獣医師さんは

ハニ先生の未来を案じていました。

​<<先天性脳障害>>​

ちょっとした高さからでも

顔から落下します。

トイレも出来ません。

でも・・・!!



トイレを見ながら排尿していると聞きました。

ということは・・・

ハニ先生はちゃんと

「トイレ」の認識をしてます!

ハニ先生には色んな可能性があります!



ハニ先生は、人間に興味がありません。

人間と寄り添うことも

甘えることもないようです。

でも・・・

あくまでも「今」のハニ先生です。

環境や関わり方で変わると思います。

ハニ先生には色んな可能性があります!

うちのような施設ではなく、

温かな家庭の仔になれたら…



愛護センターには、

外科手術を必要とする犬もいました。

今、痛みと戦っています。

ずっと戦い続けた仔です。

後ほどブログにその子の事を

ご報告とご相談で書き綴りたいと思います。​​​​​​​​​​​​​​​​


​​​★~・皆様のお力添えを頂けないでしょうか…・~★​​​

▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601
  動物たちの未来のために​​​代表山下 由美​​​​​​​

▼郵便貯金 17310-434961
  口座名義:イノチノハウスホゴヤ

▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家

​​090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)​​

▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram
※お問合せは、HP内の「お問合せフォーム」から
  お願い致します。


​​






最終更新日  2019年05月08日 01時30分08秒
2019年04月13日
テーマ:動物愛護(584)
​​​​​私の「病」が原因で、

止まってしまったこのブログ。

そこから招いたものは、

「いのちのはうす保護家」

資金難への始まりでした。


​​​「この仔達を全頭レスキューしたい」​
​​​

分不相応だと分かっています。

痛いほど分かっていますが、

​1匹でも多くの仔を助けることができたら…​

この仔達のレスキューにお力添え頂けたら…


​その思いで、書かせて頂きます。​

​​宮崎銀行 加納支店 普通口座104601
動物たちの未来のために​​​代表山下 由美​​​​​


郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ






この仔は、4本足に力が入りません。

頭を強打したのか、原因は不明ですが、

後遺症等理解した上で、

迎え入れて下さる方との良縁…

そう願うばかりです。






​左後足を切断した子。​



この仔の背景に何があったのか、

分かりませんが、

​私に向いた、強い緊張感。

今、この仔に必要なのは、

​「安心できる場所」​

そう感じました。




この仔は下半身麻痺でした。



後足には、痛覚があります。

神経は生きていますが、

自分で排尿コントロールはできません。

お漏らししてる感じなので、

​圧迫排尿で飼主さんのコントロールが必要です。​



お尻を引きずって歩きながら、

職員さんたち一人一人に挨拶して回り、

体にそっと寄り添い甘えます。



「下半身麻痺でなければ、
絶対譲渡のできる子なのに…」

職員さん達は、肩を落としてました。







脱水症状が出てるように見えたこの仔、

職員さんに確認したら、

​あごの骨折で手術、​

​ワイヤーが入ってるとの事。​



口内炎もあり、

完治まで時間がかかりそうです。

交通事故でしょうか…

きっと、壮絶な経験を経て、

「今」があるのだと思います。

​​​

回復に向けて頑張ってる、

この仔の姿を見ながら、

自分がいかに情けない人間か…

恥ずかしく感じました。





​この仔は、エイズ陽性でしたが…​

気になるところは

多々ありました。



「譲渡猫室に行けそう?」

職員さんに確認してしまいました。

返答に困らせてしまいました。

だって・・・だって・・・


​​​「譲渡猫室を目標に頑張れ!」​​​

この仔には、そんな言葉しか出ませんでした。

ほんとに・・・本当に・・・

​次のステージに行って欲しい。​

ただそれだけ…。





収容されたばかりだったと思います。

右手がパンパンに腫れ、

皮膚から膿が出ていたので、

膿を出す治療をしたとの事でした。

このような子に会う度に、

強く思います。

​「捕獲されて良かったね」​​​​​…と。



気になるのは、

​瞳から「生気」が出てなかった事…。​

生きる気力、生きる希望、

​全てが​「無」​でした。​



「保護期限が切れたら迎えに来る!

だから、だから!

あまり言いたくない言葉だけど…

頑張れ!それまで頑張れ!」

こころを伝えることしか

できませんでした。

どうか、伝わりますように…

どうか、伝わっていますように…

どうか、生き抜いてくれますように…




​​​
一般の方が保護し、

しばらく病院に通ってくれてたそう。

高齢のМダックス。

検査結果、ヘルニアだったようです。



まだ軽いうちに、

手術をしてあげれたらと…

正直に書きます。

手術費用の目途は立っていません。

今の私…、保護家には…。



だけど・・・

書かずにいられませんでした。



後日ご報告しますが、

早急なレスキューを必要とする猟犬も、

愛護センターにいます…。



​​今、私の出来る事とは?

​「レスキューSTOP」​

それが妥当な答えでしょう…。

ですが、私のスイッチを
​​​​​​​​​​ONに切り替えてくれた​仔達、

それは、未来の仔達へと繋がる

大事なスイッチでもあったからこそ、

​今、私に出来る事とは…?​

「​レスキューSTOP」

ではなく、

この仔達の「いのち」と向き合う事、

そう思ったんです。

私達には、動ける体があります。

保護する場所も確保できました。

ですが・・・

1匹1匹に必要とする

大きな医療費。


その資金を工面する力が、

もう残っていません。

分不相応だと分かっています。

厚かましいお願い事だと分かっています。

ですが、

1匹のいのちが繋がることを


願わせてください…

どうか、どうか、

医療費のご支援ご協力を

お願い致します…。

​​

​​宮崎銀行 加納支店 普通口座104601
動物たちの未来のために​​​代表山下 由美​​​​​


郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ


〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家
090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)


「いのちのはうす保護家」HP
https://hogoya.com/

「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP

http://hogoya.nyanta.jp/

お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

​​​​​






最終更新日  2019年04月13日 02時15分25秒
2019年04月12日
テーマ:動物愛護(584)
嘘、ごまかし、強がり、

そんな自分に嫌気がさした。

​​
​​​​​


​だから、もうやめた!



​​​完全復帰に向かう道のり、

​本当は・・・​

​「大丈夫」じゃなかった!​


​​苦しみしかなかった!




​​「みんなに迷惑かけたくない」
そんな想いをあざ笑うかのように、

体はついてきてくれなかった。



施設に引きこもりの状態が、

ほぼ3ヶ月続いた。

「長期休暇を取って欲しい」

スタッフみんなが、

私の体調を心配してくれた。



でも、私の居場所は、

ここしかないから。

私がここを離れるときは、

使命を全うした時。



だから、
​​まだ離れるわけにはいかない!


だから、
復帰に向け、荒療治に入った。



視察、



勉強会、


一ヶ月かけて、

少しずつ、少しずつ動き出し、

自分を奮い立たせていった。




​​

​​​​いよいよ、ラスボス!​!​​​


残るは「愛護センター」復帰のみ。

4月11日、

やっと・・・やっと!




​​​​
私が、一番の目標にしてた復帰の場所。





私が、一番に帰りたかった場所。





​​​​​ここに辿り着くまでに、

4ヶ月もかかってしまった。


愛護センターの扉をくぐったとき、

職員さんが、思い切り抱きしめてくれた。

私も泣いた。

この4ヶ月、愛護センターでは、

どんな生死があったのか、

私は知らない。

知る権利すらなかった。

だけど、職員さんのその涙が、

全てを物語っている気がした。




だから、何も聞かなかった。

過去は変えられないから。




「ずっと来れなくてごめんね」

職員さんに謝ることしか

できなかった。



愛護センターの奥に進むと、

完全復帰に向けたスイッチが

​on​に切り替わった。



大事なことだから、

愛護センターのことは、

正確に伝えたいです。


今から少し、部屋を出ます。

外で深呼吸した後、

書きたいと思います。

本日4/12、23:00位、

更新できると思います。









最終更新日  2019年04月12日 21時28分33秒
2019年03月21日
「保護家なんて起ち上げなきゃよかった」​​

​​「過去の自分に起ち上げるなと言いたい」​​

​​「最初から無かった事にしたい」​​




​きっと驚かれた事と思います。​
​​




ですが、裏を返せば、

判断能力が失われるくらい、

心が限界に達してしまい

​​「追い詰められてた」​​

ということでした。




​左道が「いばらの道」



​​​きれい事は言いません。​​​

​ゼロからの再出発って、​

​そういうものですよね?



「痛い」思いをしながら、

共に通ってきた

​「いばらの道」​




でも!

「いばら」って、

​花が咲くんでしたよね!​


歩んできた道を振り返ると、

「いばら」よりも

「花」の方が多くて、

​​​​​もう「いばら」なんて

見えないんです。



もちろん、前を見ると

「いばら」しかありませんが、

「過去を振り返るな」

ではなく、時と場合によって

「過去を振り返る」

大切さもあるんだなと、

そう思えました。



「いばらの道」への選択は、

私にとって人生最大級!

​最高の選択でした!


​​いわゆる異端児達との出会い、



絆、



​​支援者さんの優しさに

犬猫たちだけではなく、

私達人間も

どれだけ助けられたか。



この仔達が与えてくれる

「学び」「幸せ」「喜び」



私が歩んできた「いばらの道」には、

たくさんの花が咲いてたんだな~と。
​​​​
それすら、振り返る余裕がありませんでしたが、

2019年3月19日、
やっと、立ち上がる事ができました!​​

自分の選択した道は

決して間違ってなかったと

再確認した日です!
​​​​​​



正直言うと、

18日に過労で倒れ、

保護家から離れましたが、


​​「倒れて良かった~」

過労で倒れない限り、

とてもとても大切な事に

気付けないままだったから。



​こうして、ブログを書けてる・・・

という事は、私にとって物凄いこと!


「​再起」を意味します。​



「保護施設を作らなきゃ良かった!※ターニングポイント編」

あのブログを書くにあたり、

スタッフ、ボランティアさんにも

何も告げていませんでしたが、

スタッフは、直ぐに「いいね」ボタンを

押してきました。

「完全に心を見透かされてるな(笑)」

いいえ、言葉を交わさずも、

山下の信念が崩れるはずはないと、

信じてくれてたんだな…

黙って見守ってくれてたんだなと、

パソコンの前で「…ありがとうね」

涙が止まりませんでした。

​​






最終更新日  2019年05月06日 15時32分43秒
2019年03月20日
テーマ:動物愛護(584)
​​​​​​​
施設なんて作らなきゃ良かった!

団体なんて・・・

組織なんて・・・

​​​起ち上げなきゃ良かったよ!​​

この10年間、

赤字補填で

何百万使ってきただろう?

あえて計算はしない。

怖いから。

施設代表や個人活動家の

「あるある」話のひとつでしょうね。






本と映画の微々たる「印税」は、

​無職のおばちゃん1人、​

​生きて行くための唯一の​

​​「糧」でした。​​



よく10年間切り盛りしながら

生きて来れたな~と、

自分でも感心します。





1人の無職おばちゃんこと

私、山下由美の

生涯人生を決める​


​ターニングポイントの日…

​​​​2010年3月10日​​​


​あの日、右道を選択してたら?​

​当然、施設なんて起ち上げていなかった。​



洋裁の仕事へ復職してたかな?

某職アドバイザーに復職してたかな?

顔にガンガンヒアルロン注射。
若さへの執着心が再発してたかな?

お友達と優雅なランチの日々?



年に3~4回の家族旅行?


これが、

​​犬猫の現状を知る前​​​、

私、山下由美のライフスタイルでした。

​「そこに戻れる道は、右だよ!​​
​​​楽しい未来が待ってるよ!​​​
​​今ならまだ間に合う!
​引き返せるんだよ!」​​​​











​​2010年3月10日、

​​私が選択したのは、

​左道でした。​






​​​「迷い」はありませんでした。​​




当然、散々叩かれました。

バカにされました。

​でも、それって​正論​です。

​実績、地位、全て捨てて独立した人間に

​​待ち受けているのは…

​「地獄巡りの片道切符」​

それしかないでしょう(^^;​​​




「自分もリスクを背負わされるのかなぁ?

巻き込まれたくないなぁ」


​怖がられて距離を置かれるのも当然です。

こんなバカなおばちゃんに

大切な人生賭けようなんて

​​​異端児がいるでしょうか?​






​​あれから10年・・・

全国の支援者様のお力添えで、

保護家はここまで大きくなり、

多くの命を救う場所へと成長できました。



​そして、
​10年間ずっと側に居てくれた

​「異端児」​がいました!
保護家に足りなかった

​「コミュニケーション」能力。​

これを4年かけて築き上げた副代表。



副代表に続くように、

続々といのちのはうす保護家は、

スタッフやボランティアさん達が

支えてくれる施設へと変化していきました。





私は、起ち上げて8年間、

ずっと気を張り続けてきました。

​私が倒れたら崩壊してしまう。​

​この仔達を守れる人が居ないから…と。​



今では、スタッフも成長し、

犬猫のお世話等、

任せきれるまでになりました。

安心した瞬間・・・

保護家を起ち上げて8年目。

​​​​張りつめてた糸が​​​​

​​​​プツンっと切れたんです。​​​​




​​​「今、生きてる仔達に集中しなきゃ!​​

​​​だから、だから、今は、​​

​​​忘れなきゃいけない!」​​​

この封印してた過去への扉が開き、

毎晩襲い掛かってきました。



​​​「偽善者!」

​「どれだけの人に迷惑かけた!」​

​​「どれだけの犬猫を不幸にした!」




自分を「罪人」としか思えなくなったんです。







​「発信しなきゃいけない」​
この大事なことすら、

出来なくなっていました。



私が「発信」する時間。

それは・・・

ブログを書ける「空き時間」ではなく、


「あんたは罪人だ」と、

自分を責めていない

唯一の時間帯だったんです。




「山下は​​罪人で​​​​悪い奴!」

​​​​​自分を責める時間は、​​​

​​​​少しずつ少しずつ、

​増えていきました。

​​​​​ゆっくりゆっくり…​​


​気付かないスピードで。




2019/2/17

​キーという猫が、

私を動かそうと必死になっていました。
(非科学的な話で申し訳ございません。それは次に書きます)



キーの気持ちに応えなきゃと、

2/28やっとブログを書けました。



だけど・・・

また動けない。
​​↓​​
そんな自分を責め続ける。

悪循環から抜け出せませんでした。





発信がないから、

当然ご支援も無くなります。

​​流れ的に当たり前の事です。

私がやるべき義務を怠ってる結果でした。



気持ちばかりが焦る日々。

​​​医療費が、維持費が・・・​​
​​​徐々に追い詰められていく。​​



心と体が「助けて!」悲鳴を上げている。

考えれば考える程、

繰り返す嘔吐する姿すら、

まるで他人事のようでした。

なぜか、第三者として

自分を眺めていました。




​​「施設なんて起ち上げるんじゃなかった」



​​なぜ、私はいばらの道を​​

​​迷うことなく選択した?​​



可能であれば・・・

2010年3月10日に戻って、

左道に向かおうとしてる自分を

引き止めたい。

​「そっちに行くな!
右道に進め!」
…と。




​​​​






最終更新日  2019年03月20日 20時02分50秒
2019年02月28日
テーマ:動物愛護(584)
カテゴリ:猫ホスピス
ブログを開くのも書くのも、

約一ヶ月半位…でしょうか。



なかなか時間が取れず、

申し訳ございませんでした。



今年に入り、ようやく未来に向けて

動き出したのですが、

課題が山ほどあり、

自分の知識の無さ、頭の鈍さ、

こんなにも時間がかかるものだとは…



​​以前暴露されたので、

もう隠す必要ないのかな…(^^;
(暴露しやがったスタッフ鳥越!​​
誤魔化し続けた事を捨てられた事により、
気が楽になったので削除はしませんでしたよ~
逆に暴露してくれてアリガトッ(笑)

保護家にある私の仕事部屋には、

「やるべき事」のメモを貼り、

自分を追い込んでいる日々。

​もう、自分との戦いでした。

私の寝姿がいつも異常なので、

写真を撮られるのですが…

この日は、

急に意識が飛んだんでしょうか(^^;

後にそのまま倒れて爆睡したのでしょうか?

猫のトイレの横で、猫水の中には髪の毛…



さすがに自覚しました(-_-;)

​「このままではいけない!」​と(-_-;)

​​​今月は、イベント後に3日間の

静養期間に入ろうと、

静養所も予約完了!



静養所で美味しいご飯食べたり、



読書をしたり、



​目の前にある海をボーっと眺めたり、​



​森林浴しながらお散歩したり、​



ちゃんと体と心をリセットしようと

すごく楽しみにしていました♪


​​​
2月17日のイベント、

それが終わった翌日から・・・と。



2月17日のイベント会場は、

日南市の「Softbank日南店」でした。

御挨拶を兼ねて、

会場の下見に行ったとき、気付いたんです。

「Softbank日南店」は、

​​「日南保健所」の道路向かいだという事に。​​​



施設内では、私がやるべき仕事内容が、

ここ2年の間、大幅に増えた事により、

普段、私はイベントには行きません。

スタッフの方がイベント能力に

長けてるのです。
​​​​​​
逆に私がイベント行っても

役には立たない位、

保護家はスタッフの質が

高くなっていたんです。



笑顔とお笑いとトークで、

落ち着きのないように見える副代表。

実は、周囲に気付かれないように

​こうしていつも周りに目を配ってる人。​

なので、17日のイベントも安心して

「私は施設お留守番」。

その予定したが…




​​​「17日のイベントに行け!」​​​

確かに背中を押されたような…
そんな気がしました。

​​​​​​​​「日南保健所」​真ん前の譲渡会場所。​​​​​​​​
​​​これが、心が奮い立たされた
理由でしょう…​​​


​​~~今から6年前の出来事~~​​

​「日南保健所に、猫エイズの成猫が​
​飼主から持ち込まれ、今週殺処分になる」​

という情報が耳に入ってきました。



イヤな言い方ですが…

​​​​​この活動をしていると、よくある話です。



6年前のちょうど今頃、

私は、当時のブログに、

こう書き残していました。




「可哀想な犬猫がいます!
助けてあげてください!」

​いいえ、逆に私からあなたに
お願いします!​
​​​​​​​​​​​​​​​​​
「​​その仔を助けてあげてください!」

「いのち」を助けるというのは、
簡単な事ではありません。

​一晩二晩寝ない覚悟。​

お金がないなら、
二~三日自分が絶食して
​医療費に充てる覚悟。​

​24時間車を走らせて​
​現場に向かう覚悟。​

体、お金、時間、
自分が持っている「物」
何一つ手放さずに
「命」を救えるはずありません。

​「命は尊い」「命は重い」​
だからこそ、簡単ではないんです。

「いのち」を助けるというのは、
そういう事だと思います。

私は…多分、
​犬猫好きではありません。​

私にとって、
犬猫は特別な存在だというだけです。

だけど、私は一線引いています。
冷たい…と罵られても構いません。

自分が抱えている保護家の仔達に、
管理所に居る命の期限のある子達に…
全身全霊かけて、
向き合っていきたいから。

​​​「日南保健所に殺処分される猫がいる」​​​​

この情報を耳にする約10日前、

私は、管理所の檻の前に立っていました。

​​これから「殺処分」執行…​​
ガス室に向かう犬5頭の前に、
私は立ちすくんでいました。

ご飯7日間食べず、
それを理由に殴る蹴るされ、
飼主から捨てられたこの子。
長期間のリハビリが
必要だと感じ、
​この仔のレスキューを決断しました。​



​​ですが・・・​​

ひとつの「いのち」を

救うという事は、

他の「いのち」を

見捨てる事にもなるんです。



一頭一頭の「いのち」の前に立ち、

この子達の目を見ながら、

心を込めて謝罪して回りました。

「ごめんね」の言葉以外に

​何があるのでしょうか…​



​その数分後、​

​この子達は、​

​ガス室へと入っていきました。​


​​2013/3/21 AM11:00​​

​尊い4つの「いのち」の
​幕が下ろされました​



「いのち」を助けるって…
犠牲を出す事なんでしょうか…

目の前に居るのに、

手の届くところに居るのに、

「連れて帰ります」

私のこの一言だけで

助かる「いのち」なのに…

それだけなのに、

​私はその言葉を飲み込んだのです。​



このように、
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
私は「かわいそうな猫がいます」

そう聞いても動きません。



その都度レスキューしていては、

パンクしてしまうから。


10日前に、4匹の犬達を見殺した自分。

数日後に殺処分が決まった

「日南保健所」猫エイズ子の話も

「そっか~…」で終る予定でした。

でも…その日一晩中、

話に聞いた猫エイズの仔が

頭から離れる事がありませんでした。



翌日、2013年4月3日…

私は、日南保健所に向かっていました。​


・・・・後半に続きます。






「いのちのはうす保護家」は、
犬猫専用ホスピス、大病、大ケガの犬猫が
中心の保護施設です。

1匹1匹が、ストレスなく過ごせるよう
部屋も小分けにしているため、
医療費や施設維持費等に
毎月80万円~の支出があります。
その部分が安定さえすれば、
レスキューやサポート等、
活動の幅も広がります。

「今」施設で頑張って生きている犬猫達、
ハンデや病気や大けがや高齢で、
殺処分される子達へのレスキュー、
全国の皆様のサポートを必要としています。

どうか、私達とタッグを組んで
一緒に「いのち」を
守っていただけないでしょうか…

​「賛助会員」​​​​
http://xxinunekoxx.cart.fc2.com/

「ファンクラブ」
https://camp-fire.jp/projects/view/116947









宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601

​口座名義:動物たちの未来のために 代表山下 由美​​​

郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ

〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      いのちのはうす保護家 
090-4484-5165(担当フジイ)


「いのちのはうす保護家」HP
http://pawstamp.com/hogoya/

「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP

​​http://www.hogoya.nyanta.jp/

お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

​​​​​








最終更新日  2019年02月28日 09時17分39秒
このブログでよく読まれている記事

全1387件 (1387件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.