6951555 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

プロフィール


xxゆみxx

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

ランキング市場

お気に入りブログ

ついに妥協する。。… New! Fugu-chanさん

<画像有>走る走る… New! ぴぃ1122さん

8/4 フリマとたいけ… New! 広海163さん

全4件 (4件中 1-4件目)

1

保護猫カフェ

2019年07月26日
XML
カテゴリ:保護猫カフェ

この仔達を守る力を、施設を維持する力を…

全国の皆様のお力を貸して下さい。

お願い事ばかりで申し訳ございません。

どうか、ご協力をお願い致します…。

▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601
  動物たちの未来のために代表山下 由美

▼郵便貯金 17310-434961
  口座名義:イノチノハウスホゴヤ




ハンデのある保護猫カフェ

「オレンジルーム」は…

病気を乗り越え、完治した猫たち、

健康な子達のお部屋。



ここから引退したのが

「レオ」という猫だった。

■レ オ の 歴 史 ■



レオは「いのちのはうす保護家」

最年長でもあった。

レオをレスキューしたのは、

今から9年前…2010年だった。



電気も水もない更地からスタートした

「いのちのはうす保護家」誕生年だった。



レスキュー当初のレオは、

酷い猫風邪と皮膚病を抱えていた。


自宅で治療を続け、完治したものの…

すでに体は大きくなっており、

譲渡のチャンスを逃してしまった。



私の力不足だったと思う。

当時の「いのちのはうす保護家」は、

譲渡会を開催するにも人手が無かった。
(当時2名で回してた)

それがレオを譲渡出来なかった要因だと、

反省してもしきれない。



それから更に二年後…

今の施設に移動したものの、

初期の頃はどこもかしこも汚く荒れていた。

そんな時代からレオはここに居た。



「レオ」「チュパ」「サッチー」という

古株トリオが居た。

私の力不足が原因で

極度の人見知りに加え、

閉鎖的な性格にしてしまった。

レオ、チュパ、サッチー、

いつも三人で身を寄せ合っていた。



そんな中、サッチー、チュパに良縁があり、

保護家を卒業してようやく幸せの道へ!



レオは・・・



一人ぼっちになった。



あどけないレオの表情は、年月と共に



「ドン」にふさわしい顔つきへと

成長していった。



レオは絶対的王者となった。

私は私で・・・

己の動物的直感を信じた。

新入りから押さえつけられそうになると、

気付かれないようレオを持ち上げてきた。

「レオ以外のボスを絶対に作ってはいけない!」

よく分からない信念があった。



「オレンジルーム」のドンが変わると

悪い流れになりそうな気がしたから。

理由なんて分からなかったけど、

これが動物的直感だった。



レオ級のドライな猫は初めてだ!

レオが見せるのは、

喜怒哀楽の「怒」だけだった。

私たち人間側も、レオに対してだけは、

なぜか「猫」扱い出来なかった。

赤ちゃん言葉が出ないのはもちろんのこと、

敬語で話しかけてしまいそうになる。

なぜだろう・・・?

レオに敬意を払っているのだろうか?

いくら考えても答えが出てこない。



そんなドライなレオだけど、

自分を慕う猫たちに対しては、

一切拒否することなく、静かに受け入れる。

カメ先生と共通する何かを

レオも持っているのかもしれない。



そんな絶対的王者レオなのに…

どことなく違和感を抱くようになった。

気のせいかと思っていたが、

ボランティアさん達が撮ってくれた写真を

一枚一枚見せてもらってくうちに…

違和感は確信へと変わった。
レオの居場所が

確実に変わっていたのだ。

「えっ?レオはなんでそこに居ると?」

「えっ?この場所でレオが寛いでる?」

なんとなく過ごしてきたつもりの9年間は、

「なんとなく」ではなかった!

事細かく無意識に

レオを観察してた9年間だった!

そう気付かされた。



「レオを引退させたい」

私の突拍子もない申し出に、

スタッフ、ボランティアさん皆が驚いた。

「譲渡の道を閉ざしちゃうの?」

それは当然だと思う。

引退=レオの可能性を潰してしまうから。

それでも、私は退けなかった。


「…了解っ!

最終的には、皆がそう言ってくれた。

本当にありがたい…(:_;)

私は・・・



未来よりも「今」のレオを大切にしたかった。

レオは…疲れ切っていた。

オレンジルームには、

どんどん若い猫たちが入ってきて、

その活気ある波にレオは乗れなくなっていた。



過集中できる私のパソコン部屋…

レオご隠居部屋に最適な環境だと思い

私はこの部屋から撤退する事にした。



パソコン部屋を確保する度に、

なぜか犬や猫に追い出される。

「集中用の個室?お前には分不相応だ!」

そう叱られているのかもしれない(^^;

納得納得!



レオが引退して二ヶ月程経っただろうか…

10才という年齢なのか、

ストレスに気付く事が遅かったせいか、

レオは…

カメ先生と同じ難治性口内炎悪化だった。



レオもカメ先生同様、

全臼歯抜歯…となる。

レオの引退は、

そういう意味だったのかもしれない。


「レオと一緒に私も連れて行って!」



二ヶ月前・・・

そう申し出た一人がアートだった。

■ア ー ト の 歴 史 ■



保護猫カフェでのアートは、

誰かを待っているかのように、

窓からいつも外を眺めていた。

お客さんをお出迎えするアートの姿は、

保護猫カフェの名物となり、

アートの譲渡を迷う方も多かったけど、

不思議と、ゴールに(譲渡)には

辿り着けないアートだった。



アートにとって…

外へと繋がるこの窓は

とてつもない厚い壁を意味してたんだね…。

気付けなくてごめん…

そんな思いが込み上げてきたのは、

5年前にアートをレスキューした日のことを

鮮明に思い出したから。

レスキュー当初のアートは…



容赦なく両手で足を抱え込み、

爪を思いっきり食い込ませてくる!

容赦なく噛みついてくる!

それは攻撃ではなく「甘え」だった。

アートには、脳障害があったため、

力加減がいまいち分からなかったのだ。

頭を強く強打したのか、

先天性のものなのか、

原因が分からないまま

アートとのリハビリがスタートした。



「痛いっ!!」

「イ・タ・イっ!」

「痛いって言いよるやろ!」

「イタイ」という単語を連呼しながら、

その都度アートの体を押し戻した。



リハビリ後のアートはいつも、

「やっと甘えるのを許してもらえた~」

膝に顔をうずめてグッタリだった。

この寝顔を見る度に

「冷たくしてごめんね」

スパルタ式リハビリに罪悪感が重くのしかかった。



それはまさしく・・・

我子を叱った後、我子の寝顔を見て

「厳しく叱りすぎたかな…ごめんね」

胸が締め付けられてたあの時と

全く同じ感覚だった。

保護した仔達にいつも感謝している。

「私を母ちゃんにしてくれてありがとう」と…

そんな夜が半年位続いたろうか…

アートが足に食らいついてきたリ、

甘噛み行為は少しずつなくなり、

猫部屋へデビュー!



なぜアートは、レオと一緒に

カフェ引退を申し出たのか…

今となって気付かされた。

今まさに、どのような治療を受けるか

アートにも選択肢を迫られるところにきたから。



「レオと一緒に私も連れて行って!」

あの日、申し出たのはアートだけではなかった。



ハチもその一人だった。



■ ハ チ の 歴 史 ■



ハチは、てんかんを持っていた。

最近ハチも体調が思わしくないことを

皆知っていたけど、

目の行き届くこの場所を離れさせることに

抵抗を抱えながらも、私たちは、

ハチを尊重するという選択をとった。

ハチが保護家に来たのは、

今から二年前、2017年の冬だった。



てんかんの発作は、ハチの体には負担が大きく、

薬と一生付き合っていく道を選択した。

発作をゼロにする事はできないけど、

発作の回数を減らす目的の薬。

あれから二年・・・

ハチは、長毛美形男子へと成長した。



性格も穏やかで「高貴」という言葉がピッタリ。

この二年間、気にかけて下さる方は大勢いたが、

やはり最後には「てんかん」が左右する。

ハチを真剣に思って下さるからこそ、

それは当然の判断だと思う。



現在、ハチは・・・

色んな病気を併発している。

恐れていた副作用に苦しんでいる。

獣医師さんと一緒に最善方法を

慎重に探している段階にある。

頻繁に血液検査をしながら、

「今」のハチに合った薬を探している。



これで何度目の採血だろう…

いつか必ずストップをかける時期が来る。

それがいつなのかは分からない。

もう少しだけ、可能性に賭けてみたい…



ハチは・・・

まだ2年しか生きてないから。



ハチにはまだ可能性は残されている!

はずだから…。



レオ、ハチ、アート、+@(?)

なぜかくっついてきたクリリンの4匹は、
(クリリンはまだ答えが出ない)

「ご隠居部屋」へと移動したが…

結果的に「静養部屋」になった。



知らぬは人間のみ?

レオ、アート、ハチ、なぜかクリリン(^^;

静養ルームの4匹には、

最初から分かっていたのだろうな~と、

そう考えると全てつじつまが合う。





どうか、ご協力をお願い致します…。

▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601
  動物たちの未来のために代表山下 由美

▼郵便貯金 17310-434961
  口座名義:イノチノハウスホゴヤ

▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家

090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)

▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram

お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ








最終更新日  2019年07月26日 01時24分20秒
2019年07月24日
カテゴリ:保護猫カフェ
​​​​​​​​​​​今日は、皆様にお願い事があり

このブログを書かせて頂きました。

ご賛同頂けましたらで構いません。

長文になりますが、

お話させて下さい・・・。





ハンデのある保護猫カフェ、

「いちごルーム」

このお部屋は、

身体に障害のある猫達の部屋。



ここに居る​カメ先生​は…



本来ならば、居るべきお部屋は

「いちごルーム」ではない。



この部屋に居る理由は、

​カメ先生の「使命感」だった。​





​~…逆のぼること2年前…~​







カメ先生との出会いは、

愛護センター設立開所式だった。



おめでたいムードの中で行われた内覧会は

違和感や気持ち悪さを感じた時間だった。

まるで存在すらしていないかのように

スルーされていく姿が

そこにはあったから…。



この子達を平気で跨いで歩ける…

そんな現代から先の未来に、

絶望しか見えなかった。



全身麻痺のカメ先生。

首は大きく傾いたまま固まり、

手足も全く動かせず、

寝たきりの状態だった。

カメ先生は・・・

宮崎県愛護センター譲渡第一号となった。

これから続く愛護センター歴史の1ページに

カメ先生はその名を刻んだ。



麻痺が完治する確率は、

絶望的だと診断結果が出た。

首一つ動かすことのできないカメ先生。

激しい威嚇が続いた。



私たちは「奇跡」を信じ、

カメ先生のリハビリを続けた。



向き合うことで、

徐々に性格も穏やかになり、




リハビリを続けた結果、首が動くようになり、



指先に力が入れられるようになり、

手をギュッと握り返せるようになり、



立ち上がり、歩けるようになった!



「他者を想いやる気持ち」

カメ先生から強く伝わるようになった。


それは、さり気ない優しさでもあった。

ケージに入ってる子猫達の側に

わざわざ移動してゴロンと

寝ころぶカメ先生の姿を

何度も目にしてきた。
​​​​​​​​


いつもいつも・・・

カメ先生はお世話をしていた。

心のケアをしていた。



カメ先生から伝わるのは「使命感」だった。

それは、優しさからきてるものだと感じた。



そのさり気なさは、時にドキッとさせられる。



カメ先生にはとうてい敵わない。

なのに・・・

そんなカメ先生が、

お仕事を放棄するようになった。



診察の結果、「難治性口内炎」だった。

内科治療も考えたが、

早く痛みを取ってあげたい…

という思いと、

薬によるリスクを考えたときに、

外科治療「抜歯」を選択した。​
​​​​​​​

私は・・・

カメ先生に甘えすぎたのだろうか。

カメ先生は私たちと同じ立ち位置にいると

勝手に思い込んでいたのではないだろうか。



「いちごルーム」

この部屋に入居する猫は、

生と死の狭間にいた猫たち。



猫と人間には、明らかに違う部分がある。

猫は「生命維持」に危機を感じたとき、

「恐怖」という感情を生じる。

その「恐怖」は想像を絶するストレスで、

「ショック死」する犬猫を

私は目の当たりにしてきた。



医学的に証明されてるのか分からないが、

骨折しただけでショック死する猫もいる。

人間には想像を絶することも

事実起きているが、

私は学者でも獣医師でもないし、

医学を全く知らないから、

ここまで深い話をスタッフ以外に

話したことはなかった。



私が口癖のように発する言葉

​「よく頑張ったね」​

言葉の裏にある真実は、

このような意味があったからだった。



​「心のケア」​とは、​

淡々とリハビリするわけではない。



全身全霊をかけて、

細部に五感を集中させ

メニューを判断していく。



それが「ケア」であり「リハビリ」だと

私は身をもって学んできたはずなのに、

その大役をカメ先生1人に押し付けていたのだ。



それがカメ先生の免疫力低下へと繋がり

難治性口内炎になったのか

本当の原因は分からないし、

年齢的なものかもしれない。

だけど、

カメ先生に大役を押し付けていたのは

まぎれもない事実。



2年前の私は、

長年蓄積された疲労が溢れ出てしまい

病に伏せた。

そんな私自身とカメ先生が

重なったのかもしれない。



今のスタッフ、ボランティアさん達は、

「一人で抱え込もうとするな!」と。

この二年間皆に助けられた。

だから、こうして復活した私がいる。
​​​​​​​


​​​​​​​今更遅いのかもしれないけど、

今度は私が、

カメ先生が元気になれるよう

カメ先生を支えていきたいと思った。



莫大な手術費用、大手術、

問題は山積みだったけど、

それでも、今後のリスクを考えたときに、

外科手術「全抜歯」の選択をした。

もう一度・・・

カメ先生としっかりと向き合いたい!



私の判断がこのような

結果にしてしまったのかもしれない。

それなのに、全国の皆さんに

「私と一緒にカメ先生を守って下さい」

こんな呼びかけをするなんて

虫が良すぎるのかもしれない。



身勝手なお願いだと重々承知しております。

だけど・・・

どうか、呼びかけさせて下さい!

カメ先生の手術費用のご支援を

お願いできないでしょうか…

「私と一緒にカメ先生を守って下さい」

どうか、どうか!宜しくお願い致します…




▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601
  動物たちの未来のために​​​代表山下 由美​​​​​​​

▼郵便貯金 17310-434961
  口座名義:イノチノハウスホゴヤ

事情があり、
今回はご支援金の呼びかけを
させて頂きました。
事情は次のブログにて書かせて頂きます。






▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家

​​090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)​​

▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram

お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ


​​​​​​​






最終更新日  2019年07月24日 16時04分08秒
2019年01月08日
テーマ:動物愛護(584)
カテゴリ:保護猫カフェ
2018年11月17日と18日、

二日間に渡り、

​児童養護施設「さくら学園」の子供達を、​

​「保護猫カフェ」にご招待しました。​



実は・・・10年前、

​​​驚いたのは、本当に丸10年!

2008年​11月18日​、​​​​


​私が、児童養護施設「さくら学園」に​

​犬の譲渡で下見訪問した日でした。​

ですが・・・

色々な事情があり、

「さくら学園」と携わる事はありませんでした。



ある日、スタッフとの何気ない会話の中で、

スタッフの旦那さんが、

仕事で「さくら学園」と

繋がっている事を知りました。

「ん?10年前のさくら学園の理事長?
一年位前かなぁ~もう辞めていないよ!
今の理事長は、すっごい良い人でね~」


それを聞いて、心臓バクバク!


スタッフに、10年前の出来事、

全部話しました。



この10年間、

何も出来ずにきた自分を、

ずっと責め続けたきた事を…。


そして!!スタッフにお願いしたんです!

​​「子供達を猫カフェに招待したい!​​

​​理事長にお願いしてみて!」​​

どこでどう、ご縁があるか分かりませんね…



猫も子供達も、凄く楽しんでる~( *´艸`)

そこには・・・

​「10年前のさくら学園」は、​

​どこにも感じませんでした。​

今のさくら学園は、とてもオープンで、

理事長も職員皆さんも、素晴らしい方々です。

子供達がこんなに生き生きしてますから(^^)



児童養護施設「さくら学園」の

子供達と繋がりたい!
​10年間そう思い続けたのは、

「同情心」ではありませんでした。



当時の私は「ひまわりの家」施設長。



と同時に、

隣接する「動物保護管理所」で

1匹でも多くの仔を殺処分から守りたいと、

個人活動との並行しながらの日々。



そんな環境に置かれている私に、

「さくら学園」の子供達に何ができる?

きっと、中途半端な事しか出来ない。
それは、逆に子供達に失礼な行為かも。

逆に子供達を傷つけてしまうだろうな…



​私は、子供達に背を向けてしまったんです。​

それが、2008年11月18日の出来事でした。


この10年間、多くの小学校に

講演会でまわりました。

「この子はネグレクト受けてる」

苦しんでいる子供の存在を、

知る事もありました。

​​「どうしたらお母さんに愛されますか?」​​

遠回しに聞いてくる子供もいました。

お母さんが愛してくれないのは、

自分が悪いせいだと、

母親ではなく、自分を憎む子供…。



​​​​​​講演後、教室に戻る背中を見て、

​「この子を抱きしめたい!」​

そんな衝動に駆られる事もありました。



児童養護施設だから

「かわいそう」ではなく、

親と一緒に暮らしながらも、

家のドアを開けた瞬間、

苦しみを虐げられてる子供もいます。



確かに、酷い親もいます。

でも・・・

虐待やネグレクト、

そこに至るまでに、

どんな背景があったのかな…

そう考えてしまうんです。




衝動を自分では抑えきれず、

我子を守るために、

施設に預ける母親もいます。



生活が苦しくて、

施設に預ける親もいます。



「施設に預ける親」=「酷い親」

「施設の子供達」=「不幸な子」

一括りにしたらいけないんだな…

私はそう思います。



今の児童養護施設「さくら学園」の

子供達を見ていたら、

職員さん達に大事に想われている、

大切にされている…そう感じました。​

引率の先生とお話をしてても、

そう感じました。

​​​​​​​​​​​​​

引率の先生も一緒に楽しんでいる姿が、

全てを物語ってくれました。

10年前の「さくら学園」ではない事も。



犬猫と人間を一緒にしたら

怒られるかもしれませんが、

飼主さんの下で暮らしている犬猫でも、

決して「幸せ」な犬猫ばかりではありません。



​「どうか!飼主さんに
見つかりませんように…」​




保護期限が切れる日まで、そう願った犬猫が、

うちの施設に居る子達です。



そして、

飼主のいないうちの保護施設の犬猫達は、

決して「かわいそう」犬猫ではありません。



「不幸な犬猫」でもありません。



飼主さんはいません。その他大勢の1匹と、

一括りに言えばそうかもしれませんが、



集団生活しているうちの施設の子達は、

スタッフ、ボランティアさんの愛情を受け、

支援者様の温かいご支援があり、

美味しい食事、フカフカな毛布。




もちろん、優しい飼主さんのお家で

生きる事が、一番の幸せだと分かっています。

でも・・・



児童養護施設「さくら学園」の子供達も、

うちの施設の犬猫と同じものを感じるんです。



​「可哀想だと思わないで!」​

とは、言えませんが、

​​「感情」の先にある​「行動」​​​

そこに繋がって下さればと切に願います。



それは、10年間思い続けるだけで

行動に移せなかった

私の勇気の無さ、失敗=私の「貧しい心」

これを子供達から気付かせてもらったので、

そう書かせて頂きました。



施設によって違うのかもしれませんが、

「施設の子供」=「貧しい」

この先入観を一度抜いて頂き、

例えば「お菓子」にしても、

施設の子供達のおやつや食事管理も、

職員さん達がちゃんとされいます。



「文房具」にしても、子供達それぞれに

「好み」や「こだわり」があると思います。

子供達1人1人を尊重するためにも、


施設職員さんに直接聞かれるのが

良いかな?と思います。



「施設外での体験」も良いかなと思いました。

もし、飲食店をされている方ならば、

テーブルマナーを教えながらの楽しいランチ。



ダンス教室の先生ならば、スタジオに招待しての

楽しいダンス体験。



コンサートやイベントの主催される方なら、

コンサートやイベントへのご招待。



だから、私に出来る事は

「猫カフェ」のご招待でした。

今度は、中高生の子供達を

ご招待したいと思っています。



人間には手厳しい私の相棒カムカムが、

子供達に黙って触られてる姿に、

ビックリしました。

波長が合ったんでしょうか・・・

ここで子供達とお別れの時間。

副代表の「今日は楽しかった人~!」

の問いに、皆元気よく手を上げてくれました(^^)
​​​​​​​​​​​​​
​​​​​​​私が10年間なぜ「さくら学園」の子供達への

想いを引きずっていたのか・・・

そこには深い事情がありました。

このお話の続きは、

「会員様限定非公開Facebookグループ」

にて書かせて頂きます。



​~未オンライン会員様へ~​

会員様には、facebookより
「招待状」を送信しています。




多分、鈴のアイコンに招待状が

届いているかと思いますので、
ご確認よろしくお願い致します。




「賛助会員」「ファンクラブ」
システムの違いを作成しました。








宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601

​口座名義:動物たちの未来のために 代表山下 由美​​​

郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ

〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      いのちのはうす保護家 
090-4484-5165(担当フジイ)


「いのちのはうす保護家」HP
http://pawstamp.com/hogoya/

「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP

​​http://www.hogoya.nyanta.jp/

お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ


​​​​​​​









最終更新日  2019年01月09日 10時46分49秒
2018年05月29日
テーマ:動物愛護(584)
カテゴリ:保護猫カフェ
​うちの主人​(言い慣れないので以下旦那と書きます)​が、​
子猫を3匹保護しました。
旦那と言っても、私がどんな事をしているのか、
おそらく、ブログ読んで下さっている皆さんよりも
分かっていない人です。

なので、全部説明しました。

当団体は、保護主のいないセンターや保健所の犬猫しか
レスキューしない事。
スタッフもボランティアさんも、
個人で保護した犬猫は、自分達でお世話するか、
医療費も全部自己負担だという事。

1匹にかかるワクチン代、ウィルス検査代、
フード代、不妊去勢手術代、病気した時にかかる医療費・・・
1匹を譲渡するまでに5万円はかかるんだよと。

​「3匹分の費用15万円を払う」​
旦那がそう言い切ったので、
施設で保護する事にしました。



​さー、キミら病院に向かおう!​

そう思い、準備してた矢先・・・



保護猫カフェの前に大きな段ボール・・・



​​やられたー!!
​子猫が捨てられていました。​

月曜日はカフェが休みだと知ってる人物でしょう。
でも、保護家と隣接しているから、
パッと車で来て、サッとこの子達を降ろしたのでしょう。

怒りで体が震えました。
なんて無責任!なんて卑怯!!

直ぐに手分けして、警察署に届け出を出し、
近所を聴き取り調査しました。

私達の施設は、国富町の田舎にあります。
特に、(月)(木)はカフェ定休日なので、
この曜日に知らない車が通るだけで目立ちます。



直ぐに車の色、車種、運転者の特徴を
割り出す事ができました。

遺棄が犯罪だと知らないのでしょうか?

100万円以下の罰金だという事を知らないのでしょうか?



絶対諦めません!!
この子達同様、泣き寝入りしません!

直ぐに病院に連れて行き、ワクチンとウィルス検査。
1匹1万円、5匹で5万円です。
これを、赤の他人に丸投げした人って、
どんな人間なんだろう…?



赤の他人の時間を奪い、お金を奪い、
今頃はのうのうとお風呂入ってご飯食べて
普通に時間を過ごしている神経。
理解できないと同時に、そんな無神経さだと
さぞ幸せだろうなと羨ましくも思った夜でした。



みんなよく頑張ったね!


よくあのお粗末な段ボールから出なかったね!

無事で本当に良かった!



まだ施設内の子達と同じ場所には置けません。
現在、検疫期間中です。
https://camp-fire.jp/projects/view/66119#menu
​​​​​​​フィットネス×動物愛護​
「クラウドファンディング」
とても厳しい現状です…
一歩を踏み出した
「本田ともこ」さんのイベント!
サポートよろしくお願い致します!

​​​​​​
お願い事ばかりで申し訳ございません。
医療費のご支援を、呼びかけさせてください。
どうか、よろしくお願い致します…。
​​宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
​口座名義:動物たちの未来のために 代表山下 由美​​​



郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ

〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      いのちのはうす保護家 
090-4484-5165(担当フジイ)

​​

いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

 






最終更新日  2018年05月29日 16時26分19秒
このブログでよく読まれている記事

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.