7420960 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

オンラインショップ

2020年05月26日
XML
テーマ:動物愛護(597)

5/4に​OPENしたオンラインショップは、
​施設存続を賭けたプロジェクト​の一環でした。


http://xxinunekoxx.cart.fc2.com/


愛護センター設立に伴い
毎週木曜日の朝に行われていた
「殺処分」も廃止されました。



もちろん殺処分が廃止されたのではなく、
ルーティーンが廃止されたというだけですが、
できるだけ生かす方向で…という
愛護センターの頑張りが、
私たちに新たな挑戦のきっかけをくれました。



それが…
「介護と看取り」



余命短い末期症状の犬猫中心とした
保護活動の幕開けでしたが…

​レスキューできる頭数も限られるようになり、
譲渡活動も徐々に後回しになってしまい
「社会貢献してない団体」
レッテルを貼られるようになりました。

​人間の手、スペースの確保、医療費等…
これまで以上にかかるようになったのに、
社会の役に立ってないとされた
私たちの保護活動は、
徐々に存在感を失っていきました。



毎月毎月、
運営資金繰りに苦しむ私の姿を心配するあまり、
「活動の優先順位を元に戻すべきではないか?」
そんな提案もありましたが、
全て却下してきました。

地味な活動だろうが、
存在感がなくなろうが、
運営が苦しくなろうが、
私たちがやるべき事は、
​「行き場のない子達に新しい道を作る」​
何があっても軸を曲げてはいけないと。



「いのちのはうす保護家」は、
確かに活動内容は変わりましたが、
変わって当然なんです。

施設を起ち上げたときに誓った信念
「行き場のない子達に新しい道を作る」
一番大切な守るべき信念だから。



それが…時代の流れと共に
「介護と看取り」だったんです。



介護と看取りを中心とした活動は、
介護や看取りで苦しんでいる
飼主さんや犬猫を笑顔にしてきました。



すごく地味な活動だけど、
これも社会貢献の一環になっていると
自分の活動に自信と誇りを持っています。​
​自画自賛ではありますが…(´;ω;`)

私たちはオワコン(最近覚えた言葉(笑)
だろうがなんだろうが

自信と誇りをもって
底辺で這いつくばろう!
こんな無謀で頑固な私を
見放さずについてきてくれた
スタッフやボランティアさん、
支援者の皆さんには、
感謝しかありません。



ここにいる犬猫だけではなく、
そんな皆さんのためにも
絶対、崩壊の道を避けなければ…と
肝に銘じています。

どう肝に銘じているのか?
ならば、どう動いていくべきか?
「施設存続Project」は、
まだまだ頭の中が散らかってる状態で
いきおいでスタートしました。

支援者さんたちに「助けて下さい」
お願いするばかりの10年でしたが、
いつまでも支援者さんに頼ってばかりの運営では
いつか崩壊してしまうだろう…
そんな危機感を抱くようになりました。

時代の流れとともに、
私たちも変化していかなければ!…と。



安定した運営を可能にしてる
全国の保護施設と保護猫カフェを
3年かけて視察してきましたが…



私と違って代表みなさん頭が良くて、
社会的地位や経済力があります。
底辺の私にマネできるものは
何もみつかりませんでした。
あまりにも代表皆さん偉大すぎて…



でも・・・

卑屈にはなっていません!
諦めてもいません!

底辺ならではの私にだからこそ
できることがあるはず!

・・・根拠のない自信ですが、
3年間学んだ知識をヒントにしながら
私らしい「答え」を探し続けてます。



いのちのはうす保護家が、
自走式保護施設に成長できるまで
何年、何十年かかるか分かりませんが、
私が生きてるあいだに必ず!
そこにたどり着きます!

その日まで皆さんのお力に
頼ってばかりの運営が続いてしまいますが、
どうか…応援をよろしくお願いします。



​今回も大変心苦しいのですが、
応援Projectを起ち上げてしまいました。



一方通行ではなく、ご支援下さる皆さんに
何かお礼ができれば…と、
画像のステッカーを作りました。



各応援Project毎にデザインを変えてみました。

​​
こんなお礼しかできませんが、
ご支援下さった皆さんに発送させて頂きます。

どうか、ご支援ご協力よろしくお願いしますm(__)m

​↓施設存続プロジェクト↓​
​​




レスキューした子達、
今、レスキューを待ってる子達を、
私たちと共に、
守っていただけないでしょうか…。

▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601
  動物たちの未来のために代表山下 由美

▼郵便貯金 17310-434961
  口座名義:イノチノハウスホゴヤ

▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家

090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)

▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ







最終更新日  2020年05月26日 19時38分15秒


2020年05月23日
先日の記事でチラッとご報告しましたが、

「保護施設継続プロジェクト」の一環として

オンラインショップを起ち上げました。
(プロジェクトのご説明はのちほど…)



私は細かい作業がキライだったので、
アクセサリー作りは未知の分野でした。
それでも「作るしかない!」と思ったのは、
アクセサリーは小さいから
●場所を取らない
●空き時間に作れる
…二つの単純な理由からでした。



なぜ「作るしかない!」だったのか…
それは、いのちのはうす保護家を
存続していくため…でした。



「いのちのはうす保護家」を起ち上げて10年。
これまでずっと続けてこれたのは、
全国の支援者さんのお力です。

全国の皆様から「ありがとう」
声をかけて頂きますが、私にはもったいです。
「ありがとう」という言葉は、
私が一番、口にすべき人間なんです。
私が一番、感謝すべき立場なんです。

「私に出来ない事をやってくれてる」
…支援者さんたちはそう言って下さいます。
だけど、私も同じ気持ちなんです。
私には動ける体があります。
だけど、収入がゼロなので、
施設維持するお金も、医療費も、フードも、
支援者さんに全て背負わせてる状態です。
ずっと、ずっと、10年間も…。



支援者さんに頼りっぱなしではなく、
少しは自分でも医療費を負担したい…
それがオンラインショップ計画の始まりでした。

※売上金は、材料費を差し引いた全額を
犬猫の医療費に充てさせて頂いてます。

本当は、アクセサリー作りの経験も浅いので、
オンラインショップ起ち上げは、
もう少し先の予定だったのに…
先日のブログで書きましたが、
資金難で苦しい状況だというのに
29匹の乳飲み子猫をレスキューしてしまいました。



手を差し伸べるのはとても簡単した。
だけど、現実問題として、
ワクチン接種、ウィルス検査、避妊去勢…
子猫1匹に最低限かかる費用5万円。
27匹×5万円=135万円なんです。

ひとまずの第一段階が、
6月10日までに54万円の準備…
という冷や汗もののミッション。



1匹でも多く、子猫のワクチン代と
ウィルス検査費用の確保ができればと、
まだまだクリエイター修行中の身でありながら
見切り発車してしまった
オンラインショップでした。

まだまだセンスのかけらもありませんが、
いつの日か魅力的な商品が作れる
作り手さんになれたらと思います。
これが出来たときこそが、
スタッフとボランティアさん達や支援者様への
本当の恩返しだと思ってます。
まだまだ長い道のりですが…




子猫たちをモデルにしたアクセサリーは、
「みんな無事に育ちますように!」
祈りのような神頼みのような
重い想いを抱きながら
作ってると、
不思議と1つ1つにテーマがついちゃうのですが…



今年産まれたこの子達29匹は、
存在を知ったからこそ、
今、こうして生きています。



去年の悲劇が起きなければ、
今、きてる29匹の子猫たちも
死んでいたでしょう…



去年のこの時期…
この世に生を受けながらも
死んでいった子猫たちの「死」は、
決して無駄死にではありませんでした。



今年産まれた29匹の命を繋ぐ
大きなきっかけを与えてくれたのだから…。




そう考えてキーホルダーを作ってると、
昨年生きれなかった子猫たちへ
追悼の意を込めてる私がいました。

知らない子猫たちだけど、
涙がどうにもとまらない状態で
泣きながら夜な夜な作った物もありますが…



こんな重い想いのキーホルダーが
今回は多くなっちゃったので
飼って下さる方がいるかとても心配しながらの
更新作業でした。

5/4にopenしたオンラインショップ
現段階で、材料費と送料を差し引くと
約4万円の売上がありました。
2匹分のワクチン代&ウィルス検査代です…
本当にありがとうございました。

もしよろしければ、オンラインショップを
チラッとのぞいて下さると嬉しいです。









レスキューした子達、
今、レスキューを待ってる子達を、
私たちと共に、
守っていただけないでしょうか…。

▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601
  動物たちの未来のために代表山下 由美

▼郵便貯金 17310-434961
  口座名義:イノチノハウスホゴヤ

▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家

090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)

▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ








最終更新日  2020年05月23日 11時26分12秒
このブログでよく読まれている記事

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.