6013613 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

ランキング市場

お気に入りブログ

<画像有>にゃお~… New! ぴぃ1122さん

IKEYA 長久手店、オ… New! 広海163さん

風船はいけない★ New! Fugu-chanさん

全361件 (361件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >

保護・啓発・活動日誌

2017年10月12日
XML
テーマ:動物愛護(548)
明日の講演会のため、今日は大分県日田市に来ています。



講演会の場所、聴衆の方々、人数によって、

いつもお話する内容を変えています。

今回は、色々な作業事が重なり、講演会前日にやっと

準備が終わりました。



今回は、20年間宮崎の犬たちのために

保健所職員として尽力してきた

今は亡き「メタル」の事も、お話したいと思いました。



動画がやっと仕上がりました。

作りながら、メタルの事を思い出していました…

涙しながらの作業でした。



大分県日田市は、始めて来ましたが、

食べ物も美味しく、人も温かく、景色も素晴らしく、

今度はプライベートで家族と一緒に行きたいと思いました。



旅館の窓から見える屋形船。

太鼓の音を聞きながら、明日の準備をしていました。



保護家では・・・

着々と工事も進んでいるようです。

スタッフが写真で報告してくれました。



工事を依頼した安藤さん事、通称アンディー。

生粋の頑固さと、俺様キャラが

保護家の老犬達とかぶってしまい、

保護家のスタッフからも大人気のアンディー♪

トレードマークの麦わら帽子で、

暑い中頑張ってくれています。



私が出す色んな無理な注文も、

「あぁ~?」と言いながらも、

一生懸命受け入れて下さるアンディーなのです(^^)




いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年10月12日 00時26分39秒
2017年10月03日
テーマ:動物愛護(548)
↓前半はココから↓
​「三年間考え続けた半身不随犬への想い」​
https://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/201710020000/


前半からの続き・・・

メディア関係の有志は、片言のタイ語なら喋れる方でした。

​「保護家の今後の活動に役立てるのであれば…​
バカンス気分で視察してくるので遠慮なく!」
そう言って、有志は自腹を切ってタイに飛んでくれました。
もう…本当に、有志には何度頭を下げても足りません。



なぜか、今は「犬の家」は撮影禁止となっていますが、
有志がメディア関係という事で、写真撮影も許可が下りました。



「犬の家」は、バンコク中心部から車で
60分位の所にあり、(東京よりも渋滞している)
​保護している犬は、犬400頭、猫100匹だそうです。​





スタッフは40名。皆さん給与頂いているそうです。
獣医師も常駐しているそうでした。

日本語はもちろんですが、英語はほとんど通じず、
タイ語のみで、片言のタイ語が分かる有志も、
細かい説明は聞けなかったそうです。

運営費は、国からの補助金もなく、
寄付金だけでの運営ですが、
金額はオープンにしていないそうです。



保護施設は、3つのゾーンに分かれており、

※A、治療ゾーン
98個のケージ?スペース?があり、検疫スペースでもあるそうです。
Aゾーンの子達は、失明した犬、骨折してる犬、癌の犬達がいます。
病院のような独特の雰囲気と匂いで、施設の中で
一番重さを感じたそうです…


​※B、リハビリゾーン​
障害が一生治らない犬達のゾーン。



​※C、リハビリゾーン​
Bゾーンより比較的軽く、
活発な犬達がリハビリを行ってるゾーン。


​※レッドゾーン​
ここには、健常の犬達のゾーン。
レッドゾーンという名所は、危険なわけではなく、
清掃が簡単なように赤いレンガをゆるやかに敷かれている事から
その名前がついているようです。

しかし、このゾーンが一番問題となってきている。
というのも・・・
「犬の家」に収容される犬が年々増加傾向にあり、
その数は5000頭!

レッドゾーンの混雑は、犬の心理状態や衛生面、
更には隣家に対する騒音問題も起こっていますが、
スタッフが医療面、心理面、懸命にサポートをしているようです。

身体障害も多いけど、精神障害の犬猫もいるそうです。
多くは交通事故で、道路上で保護された仔が多いそうです。
バンコクは東京よりも車が多いそうなので…。



日本と同じように、飼主から遺棄された仔もいるとの事…。



ちなみに・・・施設は、1人の女性とその家族が1981年に
ケガをした犬を保護したことがきっかけとの事でした。
たった一人でスタートした保護活動は…
今では、世界中から見学者が来るくらいの
大きな施設になっています。

譲渡方法を聞いてもらったのですが、
タイ在住の人にしか譲渡はしないそうです。
世界中から視察や見学が来ているのに…
もったないないなと思うけど、
それだけ1頭1頭に、深い愛情があるのでしょうね…。



訪問したら、先ず事務所に案内され、
寄付をして下さいと言われるそうですが、
タイでは、「寄付する事で来世の功徳を積む」
という文化なので、寄付は日常的に普通だそうです。



バンコクの隣県、ナコンパトムにも保護施設を作り
健康になった仔をナコンパトムの施設に移動。



​ここには、現在600頭の犬が居るそうです。​



常駐の獣医師は居ないけど、

月2~3回獣医師が回診に来るそうです。



スタッフは8名だそうですが、ここもまた8人皆さん給与頂いてます。





「犬の家」視察した有志の感想としては・・・

「臭いが全くしなかった。
ケージ等の床がかさ上げされていて
その下がコンクリートなので、水がそのまま流せる。

大量の水を引いているようなので、非常に衛生的。

管理所や愛護センターよりも衛生状態は良かった。
スタッフは、それぞれの子について熟知していたので、
プロだなと感じました。」

との事でした。



英語が通じず、片言のタイ語だったので、
リハビリの方法、スタッフの想い、
詳しいことが聞けなかった…との事でしたが、
ここまでの道を切り開いてくれた有志に心から感謝しています。



私一人では、「犬の家」で、学びたいけど学びにすら行けないと
三年間くすぶっていただけなので…。



話を聞きながら思ったのですが、
タイの文化は分からないけど、
「犬の家」という施設は、
「かわいそう」という思いはなく、
決して可愛い可愛いと甘やかすのではなく、
対等の位置に居る感じがしました。
お互いを尊重している…そんな感じがしました。



半身不随の子達が、どのようなリハビリで歩き出すのか、
半身不随犬達の心に触れてみたい!
マールたちとの違いは何なのかを知りたい!



なぜ、日本の半身不随犬は、
半身不随になったら直ぐ、今の自分を受け入れるのか、
本能ってなんだろう…



今すぐにでもタイに行きたい!
「犬の家」のこの子達から感じ取りたい!
スタッフの皆さんから学びたい!
今の私には何が足りないのか、何がダメなのか、
言葉ではなく、第六感で、心で、感じたい!



私はまだまだだ・・・
自分の未熟さを突き付けられました。







ワントゥワンズ代表のクラウドファンディング、

どうか、ご支援、応援、よろしくお願い致します。





いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年10月03日 22時14分39秒
2017年10月01日
神戸の有志が、ブリーダー放棄のプードルレスキューに奮闘し、

少しでもサポートが出来ればと、

11頭保護家で受入れる決心しました。



宮崎空港に到着!



みんなお疲れ様!



今までよく頑張ってきたね!



でも、これからが本番だよ!



これから一緒に、新しい飼主さんを探していこうね!



仕事を有給取ってサポートに来てくれたスタッフ、

休み返上してかけつれてくれたスタッフ、

空港で3手に分かれ、病院とトリミングに向かいました。



​保護家のボランティアさんでもある

ドッグサロンパピー​の志風オーナーが、

トリミングして下さいました。

詳細は後日ブログにて書きたいと思います。

取り急ぎ、本日はこの子達の紹介です。



2キロ~10キロのプードルです。

トイプードルとミニチュアプードルのようです。



中には、コッカーが入ってるのでは?

ミニピンが入ってるでは?

というmixかな?という子も3匹居ます。



年齢も、ハッキリわかりませんが、

3歳~5歳位の若い子もいますし、

10歳位の仔もいます。



大きな病気を持っている子は居ないようです。



本日からみんな譲渡可能なので、

是非、飼主希望者さん、保護主希望者さんは、

国富町にある「いのちのはうす保護家」までいらしてください。

午前中は、清掃で手が離せないため、

午後からのご案内となります。

スタッフのスケジュール調整があるので、

必ず、前日までにご連絡宜しくお願い致します。
090-4484-5165(担当・藤井)


電話に出れない事もあるので、

その際、ショートメールにて履歴を残して下さると

スムーズにご連絡できるかと思います。






ワントゥワンズ代表のクラウドファンディング、

どうか、ご支援、応援、よろしくお願い致します。





いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ









最終更新日  2017年10月01日 13時23分41秒
2017年09月28日
テーマ:動物愛護(548)
広告様、個人サポーター様、もふもふを置いて下さってる店舗様には、

封書やメールにてご連絡してありましたが…

​​​フリーペーパー「もふもふ」10月号は​​
​​​休刊させて頂きます。​​​



体調不良で記事が書けなかったこともありましたが、

毎月発行は、私自身何度も徹夜をしての原稿書きで、

体力的に限界に来ておりました。

その事を、発行者​「ワントゥワンズ」​代表に打ち明けたところ、

​ワントゥワンズも、同じ苦しい状況にあった事を知りました。​

出納帳を確認すると・・・

よくこの予算状況の中、発行を頑張ってくれてたね…と、

弱音を一度も吐かなかったワントゥワンズ代表に、

頭を何度も下げました。



​私の体力面、ワントゥワンズの資金難・・・​

​これらの事があり、急遽、発行を二ヶ月に一回に減らす決心をしました。​

広告様や個人サポーター様にご迷惑をかけないよう、

その分、発行部数は増やそう!という事になりました。

私は、原稿が二ヶ月に一回に減ったので、

私自身の問題はクリアーしたのですが・・・

​もふもふを発行しているワントゥワンズ代表の問題は、​

​解決に至っておりませんでした。​



​広告様と個人サポーター様には、

返金という形で​廃刊​にするべきではないのか…?
という所まで、話は行っていたのですが、

ちょうど私がクラウドファンディングをしていた事もあり、

ワントゥワンズ代表に、その方法を勧めてみましたが、

​「私の努力が足りなかったから資金難になったのに…」​と、

なかなか首を縦に振ってくれませんでした。

「自分の頑張りが足りないから…それで今以上に頑張ると?
​私はそれで倒れたんだよ?貯金も底をついたんだよ?​
​ワントゥワンズ代表まで倒れたら、​
​保護家ももふもふもお終いやん!​
​もふもふは廃刊しても良いよ。​
​でも、やる事をやってから、廃刊にするかしないかを決めようよ!」​

何度も何度も、そう説得してきました。

だって、私は、ずっとワントゥワンズ代表の頑張りを見て来たから…



二年半、頭を下げて営業に回っている事も知ってたから…



いつも側から私を支えて来てくれた人…



もうこれ以上頑張ったらいけないよ…そう思ったから。

自分と同じ目にあわせちゃいけない…そう思ったから。

​「頑張りが足りないからだと批判されるかもしれんけど、​
​その批判もちゃんと受け止めるよ。​
​クラウドファンディングに挑戦してみる!」​

やっと首を縦に振ってくれたのです!

これは、ワントゥワンズの挑戦ではなく、

私の挑戦でもあります。



​一人でも多くの方に伝えていきたい!​


​フリーペーパーもふもふを廃刊にしたくない!​



​そのための挑戦です。​




皆さんにお願いがあります。

ワントゥワンズ代表のクラウドファンディング、

どうか、ご支援、応援、よろしくお願い致します。





いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
 






最終更新日  2017年09月28日 22時55分37秒
8月上旬から始まった挑戦、クラウドファンディング、

皆さんのシェア、402名の心優しいご支援のおかげで、

​「老犬デイサービス」「ハンデのある猫達の保護猫カフェ」​

​二つの「夢」が、今、夢ではなく実現する事になりました。​

今まで応援下さり、本当に本当にありがとうございました。

まるで「夢」のようです・・・。

この間私は二度、顔面神経麻痺と過呼吸で倒れてしまいましたが、

今は回復へと向かっております。

取り返しのつかない最悪な事態にならなかったのは、

この「夢」が力となっていた事、希望となっていた事…

シェア下さった皆さん、402名の皆さん、スタッフのみんな!

感謝の気持ちでいっぱいで、どう言葉にして良いのか分からない位です。



実は・・・クラウドファンディング終了日でもある明日、

​ブリーダー放棄のトイプードルが、​

飛行機に乗って​11頭、保護家入りします。​

私がお世話になった活動家の方が、

懸命に繋いで下さった11頭の命です。

ネクストゴール達成後の24万円(手数料引かれた金額)は、
​先日レスキューし残っているプードル達の医療費と、​

​明日到着する11頭のプードルたちの医療費に​

​大切に使わせて頂きたいと思います。​



実は、ネクストステージで「ハンデのある猫達の保護猫カフェ」

選んだ写真、両手麻痺の「バトン」…。

きっと、保護猫カフェの看板ちゃんになるだろうなと思っていました。

そのバトンが・・・



​トライアルに入ったのです!​​

私は、何度も何度もトライアル先の後藤さんに確認しました。

毎日のリハビリ、トイレの失敗もある事、

体が大きくなった時に左手に負担がかかる事、

色んな覚悟がいる事も…

ですが、一度も躊躇することなく、

ハンデがあって可哀想だからではなく、

バトンが可愛くて仕方ない…

そんな可愛いバトンだから、何でもしたい!

そんな素晴らしい方でした。



なんだか・・・後藤さんとは不思議と、

これからもご縁があるような気がしました。

後藤さんのような方と出会わせてくれた「バトン」、

やはり名前の通りの仔でした!

​ありがとう!バトン!​



今、クラウドファンディングの自分のページを開くと、

カウントダウンが始まり、時間が動いています。



この減っていく時間を眺めながら・・・

「この挑戦は終わるんだな…」と、

色んな思いがよぎってきます。

いよいよ明日、29日のAM11:00に、

クラウドファンディング終了を迎えます。

https://readyfor.jp/projects/xxhogoyaxx


いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
 









最終更新日  2017年09月28日 20時09分21秒
2017年09月18日
テーマ:動物愛護(548)
プードル多頭飼育崩壊は、ブリーダーではありませんでした。

個人で飼っていた6頭のプードルから始まったようでした。

2005年、宮崎市のある地区で、大きな台風被害がありました。

1階に完全に水が押し寄せ、床上浸水。

飼主は、プードル6頭と一緒に2階に避難したそうです。



2階には、6畳一部屋しかありませんでした。



​この部屋で、不妊去勢手術をしていない6頭から、​

繁殖が始まったのです…。



一時期は、80頭まで増えたそうです。



今回、レスキューした43頭、なぜみんな高齢なのか

とても不思議だったのですが、その謎も解けました。

若いプードルや譲渡できそうなプードルは、

某動物病院の先生が、40頭レスキューして

それぞれの子達に新しい飼主さんを見つけて下さっていたのです。

きっと、不妊去勢手術の話もされたと思いますが、

その前に、心臓の悪い子達の治療や薬代等、

飼い主は先生の善意を裏切り、約200万円ふみたおしたのです。



台所のテーブルの上には、

数年前のワクチン接種証明書が置いてありました。

その証明書の写真は、

綺麗にトリミングされた姿で写っていました…。



飼い主は、お手伝いさんも雇える程の経済力があったようです。

それがどう今になったのかは分かりませんが…



部屋には、無造作に置かれた沢山の表彰状、

おそらくお孫さんの写真、

娘さんが着てたであろう服や靴、

壁に書かれた娘さんの楽しそうな落書き…

いつからどう変わったのか、家族が楽しく住んでいたはずの家は、

床も壁も全て、「犬屋敷」仕様に変わっていました。

とても一般家庭の家ではありませんでした。



群れは相性で三つに分けられ、

繁殖を止めようとしていたのでしょうか、

サークルの子と、フリーの子で分かれていました。



確かに、汚いし臭いし現場は凄い状態でしたが、

多頭飼育崩壊の中では、まだ綺麗な方だったと思いました。



サークルの床には、一枚一枚バスタオルが敷かれ、

バスタオルが動かないよう、床板にクリップで留めてたり、

サークルの回りをタオルで囲ってたり…



汚れた感じでは、数日前に変えたんだろうな…と思いました。



最初は、普通の愛犬家、プードル好きの家族が、

一体いつから、こんなに変わっていったのでしょうね…



食べさせるだけ食べさせ、

この子は、プードルで10キロありました。



太りすぎて、自分の足で歩く事も出来ません。

そんな身勝手な飼主の犠牲になるのはいつも

罪のないこの子達…



あなた達にとって、飼主が一番だったでしょうに…



信じてた人から、ある日突然置いてけぼりにされ、

ずっと待っていたのでしょう…



これから、本当の幸せってどんな事なのか、

保護家を卒業した時に、生まれて初めて

経験していくのでしょうね…



この子達は、国富町にある「いのちのはうす保護家」に居ます。

飼い主さん希望、保護主さん希望、の方のみ

ご案内をさせて頂いておりますが、

9/19、9/20の二日間は、手が足りないため、

お休みとさせて頂きます。



クラウドファンディングご協力お願いします
​​​
NextGoal→ハンデのある猫達の保護猫カフェを!​​​

https://readyfor.jp/projects/xxhogoyaxx


いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年09月18日 05時28分26秒
2017年09月15日
テーマ:動物愛護(548)
プードル多頭飼育崩壊レスキューから4日目。

現場に踏み込んだとき、この家から色んな事が見えてきました。

またその状況は、後日落ち着いてから書きたいと思いますが…


レスキュー初日は、何もわからないまま

現場に向かったので、とにかく乗れるだけ乗せようと。



衰弱してる仔を中心に。



電気も水も止められていて、

とにかく先に持参した水を…。



スタッフと二人で黙々と作業。

​そこには、もう感情はありませんでした。​

​感情すら出てくる暇がない…​

そんな現場の悲惨さだったのです。



初日連れて出れたのは、

​犬15頭。​

​猫5匹。​





比較的元気のある子は、

バルーンが子育ての時に使用してた奥の部屋。

部屋と言っても、半分は外です。



性別と首輪で、個体を識別できるよう、

写真撮り。



心を捨てた淡々とした作業が進みます。



衰弱している子は、私の作業部屋兼、子猫部屋に4頭。



ペットショップるんるん​岡オーナーに連絡。

​「参ったよ~こんな状況になってしもた~」​

「お店閉めたらトリミングセット全部持って行くわ!」

ルンルントリマーさんを二人連れて来てくれました。



そして、保護家ボランティアグループLINEで、

トリミング介助に来れる方いませんかー!と、

よびかけたところ、6名のボランティアさんが、

仕事を終えて保護家入りしてくれました。



みんな仕事でくたくたな体に鞭打って、

深夜二時までのトリミング。

6時間ずっと立ちっぱなしで汗だくでした。

みんなの優しさに感謝しかありません…




翌日、現場に残してきた子達のレスキューへ。

高原の​「咲桃虎」​さんと手分けしての作業でした。



猫がまだ4匹、残っていたのですが、

​「みやざき動物のいのちを守る会」​小倉代表から

朝方連絡がありました。

残ってる猫はうちが引き受けるから…と。



小倉代表も猫の保護でいっぱいなのに…




感謝の気持ちでいっぱいです…。





そして・・・

二日目もまた、ペットショップるんるんチームが

トリミングに来てくれました。



保護家からは、スタッフが居残りしてくれ、

トリミングの介助に入りました。



事務所組の「カムカム」「サンバァ」「マール」「しげる」「テイ」「れい」は、

邪魔にならないようにと、

お利口さんに見守っててくれてました。

うちの藤井副代表はというと、

電話窓口やボランティアさんの振り分けや、

病院管理で多忙な人なので、

体力温存のため、夕方には即帰らせ自宅待機させてます。​

今、彼女が頼りなのです!



うちのスタッフ、薫母さん(年は変わらないけどお母さんキャラ)が、

トリミング中に、カルテ作成用のデータを

いつの間にか書き上げていました。



みんな凄いな・・・頭が働くな・・・効率よいな・・・

横でぼーっと見る事しか出来てない私です。

​​​​​みんなの協力もあり、完璧なカルテが作れました!

病院運搬ボランティアの皆さん、

本当にありがとうございました。



ただ・・・やはり医療費の問題があり、

みんなに完璧な検査すらさせてあげれてないのが

悔しいです・・・本当に・・・。



スタッフからは、​「これはみっともないから載せたらいかん!」​と、

ストップされたこの写真、あえて出します。

​このテーブルの散乱具合・・・​

​実は、月曜日からプードルたちの管理で​

​日常業務が全く手が付けられていない状態です。​

頂いている支援物資の開封もままならず、

お礼状のはがきも書けず、

スタッフもみんな遅くまで残ってくれてます。

私が静養中なので、スタッフが交代で深夜勤まで…。

ボランティアさんは、保護家に深夜勤に入り、

そのまま保護家から仕事場に出勤している状態です。



今、人手が足りていません。

ありがたいことに、ボランティア希望のご連絡は頂くのですが、

正直申し上げてしまいますと・・・

保護家の衛生管理はストイックで、

猫部屋は毎日が大掃除並みの清掃手順なんです。

朝の清掃中は、和気あいあいもなく、集中してやって頂いています。

そういう事もあり、初めてのボランティアさんが来てくれた時は、

スタッフが必ず一人ついて手順や物の場所を教えたりとあるので、

​人手が足りていない今、新しいボランティアさんを​

受け入れる事すら出来ない状態です。

なので、今、皆さんにお願いしたいのが、

・ごみの持ち帰り(毎日大量の汚れた毛布やトイレシートが出ます)

​・病院運搬​

​​・猫の爪切り&ブラッシング

・プードルのお部屋掃除(11時~)

​・プードルの預かりさん(後日詳細を書きます)​​​


です。

今、このような状態なので、電話にもあまり出ることが出来ません。

出来れば、ご連絡はショートメールか、

会のfacebookからメッセージ(コメント欄ではなく)か、

会のメールアドレスまでご連絡お願い致します。

その際には、お名前とお電話番号をご記入よろしくお願い致します。

​​​​​
​「プードル多頭飼育崩壊part3に続きます」​
「プードル多頭飼育崩壊part1」


クラウドファンディングご協力お願いします
​​​
NextGoal→ハンデのある猫達の保護猫カフェを!​​​

https://readyfor.jp/projects/xxhogoyaxx


いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年09月15日 09時57分32秒
2017年09月14日
テーマ:動物愛護(548)
Facebookでは、ご報告を続けて来たのですが、
ブログではどこからご報告して良いのか分からず…
Facebookされていない方に、
一連の流れのスクショを貼ります。
(もしかしたら抜けているのもあるかも…)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ご報告第二弾は、本日中に必ず・・・



クラウドファンディングご協力お願いします
​​​
NextGoal→ハンデのある猫達の保護猫カフェを!​​​

https://readyfor.jp/projects/xxhogoyaxx


いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年09月14日 12時10分09秒
2017年09月08日
私は・・・全て正直にお話すると、

半年程前から「鬱」の扉の前に立っていた状態だったそうです。

半年位前から、みんなに頻繁にこう口にしていました。

「私、いつ死んでも良いと思ってるんだよね」
「もし、私が死んだらさ~」
「ねぇ、私が死ぬときは交通事故やろか?」

もちろん、自ら命を絶ちたいという気持ちは

全くありませんでしたが、

やたらと「死」のキーワードが出て来るようになり、

スタッフは危機感を覚えていたと、今、聞きました。

自分の体に鞭打ち続け、過労からそれは「心」の破壊へと

自ら向かっていたのです。

​まだまだ頑張りが足りない、まだまだ頑張りたい!​

この時が一番、正常な判断が出来ない状態だったと思います。

とうとう「鬱」の扉の前に来てしまい、

その扉へ手をかけたときに、

「老犬デイサービス」「ハンデのある保護猫カフェ」

夢だったものが、どんどんビジョンが固まっていき…

と同時に「鬱」への扉を開ける事無く、

どんどん離れていったのだと

今となってはそう感じました。

私は、この子達を守っていたようで、

実は、この子達から守られていたような気がしました。



​私は、「夢」に助けられたのです。​

ただ、「まだまだ頑張りたい」という思いは、

更に強くなり、ますます体に鞭打つ一方だったので、

過労へのストレス性から「左顔面神経麻痺」になったのは

事実なので、今後は休むときはちゃんと休み、

睡眠もちゃんと取ろうと思えるようになりました。



まだ復帰は早いと、怒られそうですが…

​6日の深夜勤から、保護家に戻ってまいりました!​

聴覚障害が治ったと書きましたが、

すいません…また再発してしまいました。

聴こえ難さや軽い痛みはありますが、

​​​​​犬猫達のお世話等の活動には何の支障もありません。



​​みんな!ただいまっ!​​


保護家の作業は、もちろん、私が欠けてても、

スタッフ、ボランティアさん達が回してくれる。

確かに、まだ静養は必要な時期だと分かっています。

でも・・・

私が、復帰したかったんです。

トミーには、もう時間がないから…。



トミーと一緒に、まだまだ色んな事を共有したいから…。



だから・・・

​​トミー!​​

​母ちゃん帰って来たぞっ!​





そして・・・私が一日でも復帰したかったのは、

​腎不全のテイの存在もありました。​



テイは、何年も何年も飼主からの虐待に耐えてきました。

この写真は、レスキューする前の写真です。

ここに閉じ込め、棒で突いていたのでしょう…

飼い主の怒号と犬の叫び声が、

頻繁に響き渡っていたと聞きました。



やっと地獄から抜け出せ、これからというときだったのに…

​テイに残された余命は、​

​奇跡が起こったとしても僅か2年。​

​もしかしたら…数ヶ月かもしれない。​

そんなテイが、「おもちゃ」で遊ぶことを覚えました。

​「母ちゃん、これなに?」​



​​「・・・???」​​



​​「バクっ!」​​



​​「母ちゃん!これ、キュッキュッ音するよ~♪」​​



テイは、6歳になってやっと、沢山の事を経験し始めました。

最近では、色んなおもちゃを引っ張り出してくる始末。

猫のおもちゃまで(;'∀')



しかも、ドッグランまでコソコソと運び、

誰にもとられないように

穴を掘ってコッソリ隠す事も覚えました。



でも、メモリーに見つかっちゃったね(笑)





テイは、床とコンクリートのひんやり感も覚えました。

譲渡会でも、人間よりもコンクリートに夢中で、

もうこうなったら周りが何も見えていないのです(笑)

テイの残された時間は、あと僅か・・・。

私が、テイとの時間を優先したかったのです。

​「え?もう復帰出来るの?」​

スタッフも驚いていましたが、それ以上は何も言いませんでした。

私がなぜ、復帰を急いでいたか知ってたのだと思います。



復帰して冷蔵庫を開けると、

ボランティアさんが、私の大好きな甘いコーヒーを

用意してくれていました。

私の留守中、事故が起きないようにと、心配かけまいと、

藤井副代表を筆頭に、スタッフボランティアみんなが

ピリピリ緊張してたと知りました。



藤井副代表は、何度も私にLINEしてきました。

「由美さん、保護家には素晴らしい仲間が沢山いるよ!
だから…保護家は大丈夫!心配ご無用!
思い切って自分の時間を過ごして来~い!」



私には・・・嬉しくもありがたくも面白くも、

​「由美さんの事は、私が守る!」​

​「俺の母ちゃんは、俺が守る!」​

藤井副代表とカムカムが、
山下由美の相棒の座を奪い合ってくれている(笑)



二人とも、ドジくさいし暴走しやすいし口うるさいけど…

私にとって、とても大きな存在です。必要な大切な存在です。

クラウドファンディングのNextGoal「ハンデのある保護猫カフェ」

目標額まで遥か遠く、残念ながら実現できないかもしれませんが、

この子達の幸せの為にも、ギリギリまで諦めずに

自分が今出来る事をやりたいと思います。


​(今月レスキューした半身麻痺のサラ)​



愛護法改正を宮崎県でも署名活動したり、

フリーペーパー「もふもふ」に記事を書いたりさせて頂いている身なので、

自分自身、まだまだ学ぶことがあり、

今回、シンポジウムの参加を決めました。



ちなみに、まだ参加者募集はしています。
http://www.eva.or.jp/2017sympo

もちろん、もう私は頑張り過ぎませんっ!

翌日には、浅田美代子さんの舞台を観に行きます!
​​​​​​

学びながら、発信しながら、犬猫達と向き合いながら、

その中で自分の自由な楽しむ時間も、

入れていきたいと思います。

だから・・・山下由美はもう大丈夫です!

上京まで顔面神経麻痺がどこまで回復しているか分からず、

この顔で東京に向かうのは不安がありますが(;'∀')




クラウドファンディングご協力お願いします
​​​
NextGoal→ハンデのある猫達の保護猫カフェを!​​​

https://readyfor.jp/projects/xxhogoyaxx


いのちのはうす保護家」
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年09月08日 02時36分12秒
2017年07月18日
テーマ:動物愛護(548)
7/16、橘通り交差点、山形屋デパート前で
署名活動しました。

フリーペーパー「もふもふ」石塚編集長の呼びかけで、

個人活動家さん達が集まり、
11時~16時まで街頭で呼びかけました。

真央捜索の一週間、合間合間に
初めて作ったプラカード…



あえて、入りやすい感じで可愛く作ってみました。

宮崎市の街は…人通りが少なく大変でしたが、



わざわざ信号の向こうから、走って署名に来て下さる方や、
自転車から降りて、署名して下さる方や、
ジュースの差し入れを持ってきて下さる方や、
支援物資を届けに来て下さる方…



皆さんの温かい気持ちに感謝の連続でしたが…

中には、「犬嫌いだから」と拒否されたり、
「犬猫より人間の子供を助けてやってよ」

犬猫の「いのち」の位置が
とても低いことにも気付かされましたが、
まだまだこれからの課題だなと、
とても良い経験にもなりました。



色んな思いが込み上げて来て、涙を流しながら、
署名をお願いしますと声を出して頑張ってくれた
ボランティアさん、

バイトが終わったその足で、自転車で駆けつけてきた
高校生のボランティアさん、

大きなプラカードを持って、必死に呼びかけてくれてた
小さな可愛い兄妹ボランティアさん、

「咲桃虎」さん、「Animalbond」さん、「チームひまわり」さん、

みなさん、本当に本当に暑い中お疲れ様でした!

あと・・・
ボランティアさん達にと、スタバを差し入れしてくれた
いのちのはうす保護家のボランティア、スワンさん、
優しさを本当にありがとう!

署名は、これまで保護家で集めて来た分と合わせ、
1,610名の署名が集まりました。
責任もって、浅田美代子さんにお届けします。


ご協力くださった皆さん、本当にありがとうございます。

と、
このご報告で終わりたかったのですが・・・・




自転車で声をかけて来た一人の男性。



厚手の布袋を振り回し、
その袋から取り出したのは・・・1匹の子猫。
その次は、首根っこ掴んでグルグル振り回し、
「この遊びが好きな猫なんだよ」



炎天下の中、袋に詰めて公園で遊ばせた帰りだと言います。
呼吸が浅く、脱水症状が出ていました。

こんなことをしてたら子猫が死んでしまうと、
皆で説得するも、自分の猫だから良いんだと…
グッタリしてるこの仔を、「眠ってるだけ」だと…

このおじさんは、猫が好きな人。
自分なりの可愛がり方なのでしょうが、
虐待、ネグレクト・・・結局は、
中途半端なこのような犬好き、猫好きが
起こしている事なんです。

交番のお巡りさんを呼んでも、

「飼い主に返しなさい。あなたが窃盗罪になりますよ」


「お巡りさんが虐待の承認になれるよね?」

「動物愛護法はよく分からないので、
本署に本があるから、本署が虐待にあたるのか判断します。」


「猫を見てない本署がどう判断できるの?」
咲桃虎チームがお巡りさんに詰め寄ります。



「この仔、私の猫やったわ(笑)」

「冗談抜きで、窃盗罪になりますよ?」

「なってもいいわ!そう言わなきゃ子猫は
飼主に戻されるわけでしょう?」

保護家の藤井副代表も頑として引きません。

お巡りさんも面倒くさくなったのか、

「所有権放棄させるよう持って行くので…」

おじさんも面倒くさくなったのか、

「もういらんわ!」

無事、所有権放棄で引き取りに成功しました。



お巡りさんから書かされている「念書」。
なんだよもう!クソ忙しいのに面倒くさいな!
と、藤井副代表。



引き渡し完了後、ボランティアさんが直ぐに保護家まで
連れて帰ってくれました。



夜も少し脱水が残っていましたが、
点滴をしたら無事元気になりました。

やっぱり法律の改正は絶対だ…
そう思えた日でもありました。



いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年07月18日 03時08分36秒
このブログでよく読まれている記事

全361件 (361件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.