6023963 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

カレンダー

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

ランキング市場

お気に入りブログ

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

宮崎市保健所

2017年01月24日
XML
カテゴリ:宮崎市保健所
現在、宮崎市保健所に保護されている成猫達です。



メス 推定1歳 避妊手術済 ワクチン2回済

職員さんのお話では、多少の人見知りがあるようですが、

威嚇する事は全然ありませんでした。

猫同士とは仲良くできるそうです。





オス 推定5ヶ月 ワクチン2回済

この子は、交通事故で宮崎市保健所が保護しました。

保健所が手術に出して下さり、両足にプレートが入ってます。

今後も、プレートを抜いたりの手術が必要となってきます。



少し人見知りがあるようですが、威嚇はありません。

この子は、病気も抱えていたので、

保健所に収容されてからもこれまで三度位、

命を落としそうになったとの事・・・

それを乗り越えて、この子はこうして生きています。

物凄い強い生命力を持っている子です。

ただ、ずっと保健所で暮らすわけにはいきません。





メス 成齢 



通称「ギバちゃん」。

左下の犬歯が飛び出ています。

食べる事には支障はないようですが、

今後抜歯が必要となってくるかもしれません。

人見知りはあるようですが、慣れたら抱っこを要求してくる

甘えん坊さんになるそうです。



ギバちゃんには、後ろ左足先がありません。

歩行には問題はないようですが、

動き回る事が多くなると、傷がつきやすいので、

テーピング等の管理が必要となってくるのかもしれません。





性別未確認 1歳前後位だと思います。

命名カトちゃん。

「名前がついていた方が、もらってもらえそうな気がして…」

との事でした。

「カトちゃんはオテとオカワリが出来るんですよ~♪

カトちゃん、ほら、山下さんに良い所みせてやろうよ!」

無表情でオテをするカトちゃん、

それがまたとても愛らしい子でした。

カトちゃんは、多頭飼育の家で産まれた子でした。

写真に写りこんでいるフリーペーパー「もふもふ」表紙の子猫、

この仔のお母さんと同じ家で産まれ、

そして、同じように飼育放棄された仔です。

表紙の子は、生後数時間後にオス犬(写真の犬)が、

母親代わりとなって愛情を受けて育ち、

無事譲渡された仔です。

カトちゃんにはぜひ・・・カトちゃんにもぜひ・・・

新しい飼主さんがみつかり、

幸せになって欲しい…。



譲渡希望の方は、直接宮崎市保健所に行かれるか、

県外の方は、私達の方にお問合せ下さい。

一日でも早く、温かなお家へと行けますように・・・





管理所や保健所には、直接引き出しされる方以外、
お電話は絶対にしないでください。
会のアドレスにお問合せ下さい。
hogoya310★gmail.com

※「★」を「@」に変えて下さい。
折り返し担当スタッフよりお電話いたします。

お名前、
所在地(都道府県名のみ)、
お電話番号、
気になっている犬、
必ずこの4点のご記入をお願い致します。

出来る限りのサポートはさせて頂きます。


~お願い~
ブログ内の写真を無断で加工したり、
文字を入れたり、
里親募集サイトに無断で投稿する事は
どうかお止め下さい。


いのちのはうす保護家」HPリニューアルしました。
 メールアドレスも変更となりました。
新しいお問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 
 
 

※「ひまわりの家」と山下由美は、一切関係ございません。

2009年に辞任後「いのちのはうす保護家」として独立しています。 

 

 皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。
 
宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美
 
郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ
〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






最終更新日  2017年01月24日 16時09分10秒

2016年07月10日
カテゴリ:宮崎市保健所

右目が衰退した子猫と、顔面骨折の子猫、

20160708l.jpg

20160708o.jpg

2匹レスキューしました。

現在検疫5日目ですが、感染症は何もなさそうです(^^)

ケガと心のケアが終わったら、

飼主さんの募集をかけたいと思います。 

訳ありのチワワのリリー。女の子。

歯はボロボロですが、そんなに高齢ではないかと思います。

性格も、凄く良い子で、人間に対しても犬に対しても 

とてもフレンドリーです。 

20160708h.jpg 

 

 

宮崎市保健所は、日曜日に保健所前にて譲渡会開催したり、

譲渡への努力も一生懸命されてますが・・・

やはり、病気の猫やケガ猫は、なかなか一般の方への

譲渡ができません…。

 

 

この子は、斜頸の子猫です。現在宮崎市保健所に居ます。 

20160708k.jpg 

 

 

この成猫は、交通事故による半身麻痺です。

宮崎市保健所に居ます。 

自力で排泄できないので、圧迫排尿が必要です。

怖がりですが、圧迫排尿は問題なくさせてくれるそうです。 

20160708n.jpg

 

 

この子猫は、衰弱していました…

宮崎市保健所に居ます。 

職員さん達が、一生懸命お世話して下さっていました。

保護期限がまだ残っているので、

それまで生き延びてくれれば… 

20160710.jpg 

気になる子が居たら、会の携帯かメールにて

ご連絡ください。

保健所に直接引き取りに行ける方は、

直接行ってみてください。

宮崎市には、

「宮崎県中央保健所」「宮崎市保健所」と二か所ありますが、

宮崎駅裏の「宮崎市保健所」の方になります。

※この子達の性別未確認です。

 

システムトイレ用の砂のご支援、

ありがとうございましたm(__)m

とても助かりました。

いつもご協力本当にありがとうございます。 

 

 

皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。

 宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美

 

郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ

〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165

※mail hogoya777☆yahoo.co.jp
☆を@に変えて下さい

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村   







最終更新日  2016年07月10日 13時42分15秒
2016年04月22日
カテゴリ:宮崎市保健所

先日の記事に書いた脱臼と骨折のこの仔…

20160422i.jpg

保護期限が切れ、行き場がみつからなかったので、

レスキューしました。

頭部打撲も、良くなってきたそうですが、

心臓肥大しており、手術は厳しいとの事でした。

20160422n.jpg

脱臼もこのままで良いとの事でした。

痛みはもう無いようですが、

まだもうしばらくは安静にしてて欲しいので、 

群れデビューはまだまだ先です。

現在は、老犬ホスピスにて静養中です。

20160422l.jpg

やっぱり、太陽の下がよく似合う!

卒業生「よっちゃん」にソックリだったので、

「やっちゃん」と名付けました。

やっちゃんが保健所に収容されていた時、

よっちゃんが管理所に収容されていた時の事を

思い出していました。 

よっちゃんとやっちゃん…表情が同じだったんです。

20150313g.jpg 

20160413c.jpg

あのときもそうでした・・・

「助けたい」ではなく、「生きて欲しい」という気持ちの方が、

大きかったんです。

心から笑って欲しいと望んでいました。 

 20160422m.jpg

やっちゃん・・・

子犬のようにあどけなくて可愛い笑顔です。

生きててくれて本当に良かった!

やっちゃん・・・ありがとう!

 

宮崎市保健所には、猫も沢山いました。

20160422o.jpg 

負傷猫、子猫、乳飲み仔・・・

20160422a.jpg

20160422b.jpg

20160422c.jpg

この日、乳飲み子猫5匹レスキューしました。

20160422e.jpg

生後3日位の小さな仔達・・・

この子達が離乳するまで預かりのできる方を探しています。

宮崎県が、ミルク等飼育にかかる物資の支給を開始した

「ミルクボランティア」制度は、現在モデル地区のみで、

正式なスタートは来年度からです。

そして、これは「県」の制度なので、

「宮崎市」は対象外となります。

私達は、ミルク等の物資や医療費や譲渡は、

現在も変わらず実費で行っています。

これからどんどん授乳が必要な子猫達が出てくると思います。

どうか、ミルクや医療費のご支援、よろしくお願い致します。

毎回お願い事ばかりでごめんなさい…

そして、私達スタッフも、授乳が出来るスタッフは

現在1~2人しかいません。

3~4時間置きの授乳が可能な方…

どうかご協力よろしくお願い致します。

へその緒がついたまま捨てられる子猫、

人間のエゴで、初乳すら飲ませもらえず、

母猫から引き離される子猫・・・

1匹でも多くの子達に手を差し伸べられるよう、

離乳するまで預かりのできる方、 

どうか、どうか・・・よろしくお願い致します。

 

 

お願い事ばかりで申し訳ございません…

保護家では、成犬フード、老犬フード、成猫フード

の在庫が残り少なくなってきました。 

厚かましいお願いで申し訳ございません。

どうか、どうか…ご支援よろしくお願い致します。

 

皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。

 宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美

 

郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ

〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165

※mail hogoya777☆yahoo.co.jp
☆を@に変えて下さい

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村  







最終更新日  2016年04月22日 15時59分01秒
2016年04月13日
カテゴリ:宮崎市保健所

ご報告が遅くなり申し訳ございません。

大分県の仔になる予定だったこの仔・・・

20160327n.jpg

希望者さまも、とても楽しみにして下さっていたのですが…

病院での検査結果、いつ急性フィラリア症になっても

おかしくない状態で、大分県に連れて行く事は

難しいとの事でした。

出来るだけ動かさない方が良いと…。

皮膚も、酷い疥癬とマラセチアでした。

スタッフと相談し、この子は保護家で抱えて行こうと

決断しました。

20160413e.jpg

まだ8歳位だと思いますが、

老犬に見える位、体は中も外もボロボロでした…。

疥癬が完治するまで、検疫室で隔離です。

 

 

サブロウは・・・ 

20160330f.jpg

四国の方が、保健所に引き取り希望のお電話を入れて下さり、

連休にお迎えに来て下さるそうです。

代理引き出しの方が、それまでの預かり先を

探して下さっているとの事でした。 

 

 

 

現在、保健所に収容されているこの仔。

20160413f.jpg

推定5歳以上 推定18キロ位 オス

20160413a.jpg

交通事故だと思うのですが、

左股関節脱臼、右前足手根骨骨折、そして、

頭部打撲があり、今は麻酔は使えないとの事でした。

保護期限は4月18日で、判定は21日です。

怪我してる子は、判定に合格は出来ません…。

20160413c.jpg

今の状態では、動かすことも出来ません…

もし、この子の引き取り先が見つかれば、

完治するまで怪我の治療、リハビリ… 

元気になってからのお届け等、 

私達も出来る限りの事はさせて頂きます。

今の段階では、この子の本当の性格等は分かりません…

正直なお話をすると、犬歯が削られていたように見えたので、

過去に何かあったのかもしれません。

小型犬、猫、と一緒になれるのかは、

正直言って、危険なのかもしれません(現在の判断では)

発信している私自身が、あまりに分からない事が多すぎるので、

またこの子に会いに行ってみます。

申し訳ございません。

 

※引き取り希望以外の場合には、

日常業務の妨げになってしまいますので、

絶対に保健所にお電話されないようお願い致します。

 

お願い事ばかりで申し訳ございません…

保護家では、成犬フード、老犬フード、成猫フード

の在庫が残り少なくなってきました。 

厚かましいお願いで申し訳ございません。

どうか、どうか…ご支援よろしくお願い致します。

20160413b.jpg

20160413a.jpg

20160413c.jpg

 

皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。

 宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美

 

郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ

〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165

※mail hogoya777☆yahoo.co.jp
☆を@に変えて下さい

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村  

 

 







最終更新日  2016年04月14日 11時44分31秒
2016年03月26日
カテゴリ:宮崎市保健所

宮崎市保健所には、乳飲み子猫がいました。

20160326e.jpg

保健所職員さんたちが、一生懸命いのちを繋いで下さっています。

20160326j.jpg

今、うんざりする猫ブームですが、

もし、まわりで猫を飼いたいという方がいれば、

ペットショップやブリーダーに行く前に、

是非、保健所に足を運んで下さいと、

お伝えして頂ければと思います。

私がレスキューしたのは、

この成猫達でした。 

20160326f.jpg 

下の子は、おばあちゃん猫です。

衰弱しているところを、保健所が保護しました。

20160326c.jpg

とても怒りん坊のおばあちゃんで、

診察中も怖い声でずっと怒っていました。

20160326a.jpg

命名「バーバ」。

もう足もフラフラしてますが、

まだまだ長生きしてくれそうな気がします。




そして・・・

まだ私の手で抱き上げていない茶トラ。

20160326d.jpg

この子は、骨折と、皮膚が大きく裂けていました。

折れた骨が、腸を圧迫し、便が出ないようだったので、

手術となったのですが・・・

20160326b.jpg 

念のためにと、全身のレントゲンを撮ったときに、

「肥大型心筋症」と、診断されました。

保健所の獣医師さんのお話の中で・・・

もう手遅れに近い状態だと感じました。 

20160325n.jpg 

「動脈血栓塞栓症」を引き起こした時には、

想像を絶する痛みと苦しみが、この子に襲うそうです。

保健所の獣医師さんは、同じ病気で我が子を亡くしたと言います。

だからこそ、管理やケアーの大変さ、高額な薬が必要だという事、

そして・・・その子に苦しみを与える事・・・。

全て、経験して分かって要るからこそ、

「このまま安楽死を考えている」と、おっしゃっていました。

20160325o.jpg

私は、安楽死にストップをかけました。

獣医師さんと私の判断は、

どちらが正しいのか間違いなのかは分かりません。

いいえ…

答えなんてどこにもないのかな…。

骨折の手術の際、麻酔に耐えられないかもしれない。

このまま目を開ける事がないのかもしれない。

失礼な言い方かもしれないけど・・・

20160326h.jpg 

この子の生命力に賭けてみたいんです。

 これからこの仔と、向き合っていきたいんです。

皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。

 宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美

 

郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ

〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165

※mail hogoya777☆yahoo.co.jp
☆を@に変えて下さい

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 

 

 







最終更新日  2016年03月26日 18時44分49秒
2015年11月23日
カテゴリ:宮崎市保健所

宮崎市保健所サイト「犬猫保護情報」より。


20151123a.jpg

このお話は、以前保健所から相談を受けておりました。

ですが、私は動く事はありませんでした。

場所も時間もお金も・・・私には、保護家には、

もうどこにも残っていないから・・・。




宮崎市保健所に収容される猫、

前年度は82匹殺処分になっています。

どんなに限界超えて頑張っても、

この82匹すら救えなかった現実があります。


飼育崩壊の20匹助けて欲しいと言われても・・・

昨年82匹を助けられなかった私達に、

何が出来るというのでしょうか・・・


力が足りるはずがありません・・・

私はこの相談が来た時に、

「それは難しいご相談ですね」

そうお答えするしかできませんでした。



保健所もそうとう悩みながらも、

もう引き取るしかなかったのでしょう…

以下写真の子達は、保健所に現在収容されている猫達です。

102-1shirohai.JPG

憶測ですが・・・

通常、持込みの猫には保護期限はありません。

なのに、HPで呼びかけるという行為は、

スムーズにいったとは思えません。

20匹という頭数、人慣れしていない、成猫、

健康状態も不明(飼育状態でエイズや白血病も考えられます)・・・

という事もあり、職員さんの中には「殺処分」の声もあった事でしょう。


それが悪いとは決して言いきれません。

どこで一線引くか・・・それも当たり前の判断です。

102-3mike.JPG

職員さんの1人が私にこう教えてくれました。

「上司が、この子達のお世話は自分がすると言ったんです。

手をかければかけるほど、触れ合えば触れ合うほど、

この子達への情が深くなっていくんです。

上司は、それを一番に分かってるから・・・

殺処分になった時に、私達部下が苦しまないようにと、

全部自分一人で、苦しみを背負うつもりなんです。」

102-2shirohai.JPG

私を含め、宮崎の愛護団体はどこもキャパがなく、

受入れることすらできない事は保健所も分かっていたはず・・・

それなのに、どうするつもりだったのかと、

私は少し意地悪な事を聞いてしまったのかもしれないのに・・・

「この子達を助けようとするのは間違っているのかもしれない…

でも、今生きているいのちを、邪魔になったからという理由で

簡単に消してしまう…それは嫌なんです。

出来る限りの事をやってみたかったんです」


宮崎市保健所は、この職員さんは・・・

どんなに可能性がゼロに近くても、それを分かってても、

奇跡を信じ、奇跡を起こそうと、頑張ってきてたんだ・・・

102-4shirohaioya.JPG

「人慣れしてない成猫、健康状態不明の成猫」のネットでの呼びかけは

私自身が無責任だと思い、ブログにも載せませんでした。

・・・背を向けたんです。

この職員さんとお話した時に、

心が震えました。

涙が止まりませんでした。

それは・・・

何もせずに背を向けていた自分を

恥じていたからなのかもしれません。

102-5mikekiji.JPG

この呼びかけは、間違ったやり方かもしれません。

ですが、1匹でも生きる事が出来たら・・・

生きる道が出来れば・・・という思いで、

今回ブログで呼びかける事を決めました。

102-6shirohai.JPG

この写真の子達以外にも、あと14匹います。

その子達も少しずつ・・・保健所に収容されていきます・・・。

今掲載している猫達に関しては、引取り希望以外のお電話は、

「どうなりましたか?」「気になります」「殺さないで」や、

アドバイスも含めどうかご遠慮ください。

これから収容されていく14匹の子達の「いのち」に影響が出てきてしまいます。



代理引出しなど、出来る限りのお手伝いはさせて頂きます。

お問合せは、引取り希望者様のみとさせてください。

 お電話が繋がらない場合は、

 ショートメールにてお名前ご用件を入れて下さい。

どうか・・・どうか、よろしくお願いします。


090-4484-5165 担当・フジイ


保健所や管理所には、ご自身で引き取る場合以外は
絶対にお電話されないでください。





皆さまのご支援で、犬や猫たちの現実を伝えるための
啓発イベント費100万円を達成することができました。

本当にありがとうございました。

250万円に到達することができれば、
当施設で保護している半身不随の犬達、半身不随の猫達が、
安全に過ごせる専用の部屋を作ることができます。

どうか、もう一度皆様の温かいご支援を、お力を、貸して下さい。

本当に本当に・・・厚かましいお願い事ばかりで申し訳ございません。
どうか、どうか・・・お願いします。
「クラウドファンディング」
※宮崎で保護される犬猫3800匹の命をつなぐ愛護センター設立を!
https://readyfor.jp/projects/hogoya

hima11.jpg


 

皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。

 宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美

 

郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ

〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165




にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村



FB
FB開設してます。個人的な内容の記事も多々ありますが、
保護活動のリアルタイムな記事を載せています。



「いのちのはうす保護家mailお問い合わせ






最終更新日  2015年11月24日 00時44分26秒
2015年11月14日
カテゴリ:宮崎市保健所

先日、レスキューした衰弱した成猫3匹ですが…

一向に快復する兆しはみられません。

鼻からの流動食は、この子達も辛いようだったので、

首に穴を開けて管を入れ直してもらいました。

20151114c.jpg

なんとか自力で食べてくれるまでに

快復してくれると良いのですが…

20151114d.jpg



一番状態の悪かったこの仔ファンは、

レスキューするときに、保健所の獣医師さんから言われました。

この仔にはもう看取りしか残されていないかも…と。

20151105a.jpg

覚悟はしていましたが、ここまでだったとは・・・

右顔面の骨は、溶けてなくなっていました。

ここまでくるのにこの仔はどんなに痛かったか…

膿を出していくために、頬の皮膚は開けたままにしています。

20151114b.jpg

レスキューして即入院だったので、この仔はまだ保護家を知りません。

抱く事もできません。



この仔はかなりきついと思う。

苦しみから解放させてあげる事も選択肢にあるのかもしれない。

安楽死という選択を・・・。



面会の日、この仔は私の声に反応しました。

いいえ…安楽死を考えていた私への反応だったのかもしれません。

顔を何度も動かし、「母ちゃん…?」と確認してきた。

「ファン、偉いね。頑張ってるね。凄いね。」

耳元で声をかけると、右手を必死に伸ばしてきた。

その手に触れると、ファンの指先にキュッと力が入った。

20151114a.jpg

ファンは・・・

生きようとしてました。

生きたいと望んでいました。


その選択が正しいのか間違っているのか、

・・・分かりません。

ですが、まだファン自身が諦めていない事は、

あの面会の日に、強く感じたんです。



もう少し・・・

もう少しだけ・・・

ファンの気持ちを優先する事にしよう・・・。

必ず元気になる日が来ると信じて。





ファン、ニンニン、みどり、三匹をレスキューした時に、

残して来てしまった半身不随の2匹。


20151104e.jpg

20151104b.jpg

この子達は、宮崎市の猫達をいつも気にかけて下さっている

Sさんの元へ…関西へと旅立ちました。

この仔は、「ケンちゃん」と保健所で呼ばれ、

職員さんから大きな愛情を注いでもらっていました。

20151114f.jpg

20151114e.jpg

完全な麻痺ではなかったので、

職員さん達のリハビリの効果で、

足を庇いながら上手に歩けるまで回復していました。

宮崎市保健所の職員さん達には、

本当に心から感謝の気持ちでいっぱいです。





皆さまのご支援で、犬や猫たちの現実を伝えるための

啓発イベント費100万円を達成することができました。

本当にありがとうございました。

250万円に到達することができれば、

当施設で保護している半身不随の犬達、半身不随の猫達が、

安全に過ごせる専用の部屋を作ることができます。

どうか、もう一度皆様の温かいご支援を、お力を、貸して下さい。

本当に本当に・・・厚かましいお願い事ばかりで申し訳ございません。

どうか、どうか・・・お願いします。

「クラウドファンディング」
※宮崎で保護される犬猫3800匹の命をつなぐ愛護センター設立を!
https://readyfor.jp/projects/hogoya

hima11.jpg

〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

FB
FB開設してます。個人的な内容の記事も多々ありますが、
保護活動のリアルタイムな記事を載せています。



「いのちのはうす保護家mailお問い合わせ








最終更新日  2015年11月15日 02時53分32秒
2015年09月13日
カテゴリ:宮崎市保健所

宮崎市保健所は、猫ケージの山でした…

20150913b.jpg

ここにいるほとんどの猫は、保護期限が切れています。

20150913a.jpg

それでも・・・

20150913q.jpg

保健所の職員さん達は、管理所に連れて行きません。

20150913c.jpg

乳飲み子猫も数腹いました。

職員さんが夜は自宅に連れて帰り、授乳しているのです。

「この保護頭数は…いよいよもうダメだろう…」

職員さん達は何度もつぶやいてきたと聞きました。

それでも・・・

「私が授乳します!」

その都度、1人の職員さんが、誰かが、手を差し伸べてきました。

20150913e.jpg

でも・・・誰の目から見ても、この頭数で限界でしょう…。



宮崎市は、1998年に中核市となり、宮崎市保健所を設立しました。

2001年~2005年度、宮崎市は7名の獣医師を採用し、

2006年には、4名の獣医師が退職した…という過去があります。

当時、全国の動物愛護の方から叩かれました。

「何のために獣医師になったんだ!現状から逃げるのか!」と。

20150913f.jpg

動物愛護活動家が、「自分がこの現実と向き合うのは辛いから」と、

活動をやめたり、方向転換すると、みんなはその方を労います。

「現状と向き合うのは辛いよね。人間関係で苦しんだね。

ゆっくり休んで下さい」
と・・・。



それが行政の立場だと、なぜ叩かれるのでしょうか?

私たち動物愛護家以上に、保健所の職員さんは現状を知っています。

現状と向き合っています。

保健所を退職した獣医師さんはこうおっしゃっていました。

「殺すために獣医師になったんじゃない。

少しでも自分の手で変えられたらとこの世界に入ったのに…

限界を感じました」


当時、それだけ宮崎の動物行政は、最悪な環境だったのです。

私は、あのとき退職した獣医師皆さんに頭を下げたい気持ちを

今も抱えています。



宮崎市保健所には、このブログを読んで保健所に就職された女性が居ます。

「現状を変えたい」

このブログで、保健所の現状や苦悩を知りながら・・・

彼女は、あえてその道を選んだんです。

井戸の中に子猫がいるとの通報があれば、

真っ暗で小さい井戸の中に自ら降りて、救出します。

ですが、彼女が懸命に救出した子猫には、

彼女が抱き上げた瞬間から、

「いのちの期限」に向けて、時間の針が動き出すのです。


彼女は、その事を知りながら、今、「生」と「死」の狭間にあるいのちを、

一切の迷いなく救っているんです。

今、目の前のいのちと真剣に向き合っているからです。

20150913g.jpg

宮崎市保健所は、ギリギリまで私達愛護団体にSOSを出しません。

「山下さんがキャパ超えながら保護しているのは知ってます。

甘える事ができないんです…」
と。

私は「・・・すいません」という言葉しか、返す事が出来ませんでした。

成猫の部屋も満室で、これ以上頭数を増やすと、

猫達にストレスを与えてしまうため、

今、危険な立場に立たさせている3匹の猫すら、

手を差し伸べる事ができないんです・・・。

職員さん達の治療、介護で、元気に回復したこの子達・・・

現在、一番厳しい状況にたっているのは…

譲渡率の低い成猫三匹でした。






※管理番号38-55 白キジ メス 7/22宮崎市大島町保護

20150913k.jpg

交通事故だったのでしょうか…

道路にうずくまり、動けなくなっている所を、

市民の通報により、保健所が保護しました。

保護当時、下半身が麻痺していましたが、

治療後、歩いたり走ったりできるようにまで回復しました。

20150913l.jpg

左目の視力はありませんが、生活には何の問題もありません。

人慣れしてて、人見知りもなく、とても甘えん坊の仔です。

20150913m.jpg





※管理番号38-58 白キジ オス 7/24宮崎市村角町にて保護

20150913o.jpg

衰弱している猫が居ると、市民から通報があり、

宮崎市保健所が保護しました。

虐待なのか事故なのか分かりませんが、

お腹に穴が開いてて、その穴からはウジ虫が沢山いたそうです。

保護があと数時間遅れていたら…この仔は息絶えていたでしょう…。

懸命に治療を続けて下さった職員さんには、

本当に頭が下がる思いでした。

20150913p.jpg

そして・・・

あの状態からよく頑張って生きぬいてくれたと、

この仔の頑張りに胸が締め付けられました。

20150913n.jpg

人慣れしてて、他の猫とも仲良くできる仔です。





※管理番号38-62 黒白ブチ オス 8/11大塚町にて宮崎市保健所保護

20150913j.jpg

民家玄関に、うずくまって倒れていた猫が居ると通報があり、

宮崎市保健所が保護しました。

保護当時、動く事も出来ないくらい激しい衰弱がありましたが、

宮崎市保健所が、懸命に治療を続けて下さり、この仔は元気に回復しました。

免疫力がなかなか上がらないようで、

目と鼻が少しグシュグシュしていました。

職員さんは呟きました・・・。

出来る事なら、許されるならば、回復したこの子達を、

不妊去勢手術をして、元の場所に帰してあげたいと…


その言葉の意味は・・・私にはこう聞こえました。

「殺すために、この子達の治療をしてきたんじゃない!」と。



衰弱していたこの子達を生かすために、苦しみを取るために、

保健所の職員さん達は、本当に本当に頑張ってきました。

そうして元気に回復した子達を・・・

次は自ら手をかけなきゃいけない日もあるかもしれません・・・。



前に保健所の獣医師さんが言いました。

「治療の要る猫を自宅に連れて帰ると、

娘が言うんです。お母さん、この仔を殺さないでねって・・・」


娘さんは、お母さんの仕事を知っています。

お母さんが連れて帰って治療をしている仔にも、

命の期限があるという事も・・・。



私自身、力不足で、猫一匹すらレスキューできない環境で

本当に恥ずかしく、申し訳ないです。

遠方の方には、代理引出しもさせて頂きますので、

どうか・・・よろしくお願いします。


電話が繋がらない場合は、一言で構いませんので、
ショートメールにて履歴を残して頂けると助かります。
どうか・・・どうか、よろしくお願いします。

090-4484-5165 担当・フジイ


保健所や管理所には、ご自身で引き取る場合以外は
絶対にお電話されないでください。


bana10.jpg
保護家ブログ

皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。

 宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美

 

郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ

〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165




にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村



FB
FB開設してます。個人的な内容の記事も多々ありますが、
保護活動のリアルタイムな記事を載せています。



「いのちのはうす保護家mailお問い合わせ









最終更新日  2015年09月13日 19時24分22秒
2015年06月24日
カテゴリ:宮崎市保健所

シーズーの子達は、メール、電話、

全国多くの希望者様からご連絡を頂きました。

直接会いに行きますという方が、三名おられましたので、

ほぼ100%大丈夫だと思います。

皆様、シェアを本当に、本当に、ありがとうございました。





一方で…




この子は、お問合せが一件もありませんでした。

20150622f.jpg

この仔は、高速道路の宮崎西インター付近を

ウロウロしていたそうです。

通報があり、捕獲に来た職員さんがエサを見せると、

一瞬だけ警戒したものの、直ぐに食べ始めたそうです。

どれくらいの期間、この仔は食べていなかったのか…

そんな食べ方だったそうです。

大量に流していたよだれも、あまりの空腹でだったかもしれません。

首輪に輪っかがついていたので、もしかしたら鑑札が

着いていたのかもしれない…との事でした。

人間が大好きな仔です。

きっと、それなりに愛情を注がれていた仔だと思います。

捕獲した職員さんが、管理所に来たとき、

この仔の目が明らかに変わりました。

私に向ける目とは、違うものでした。

どこに行って良いのか分からない・・・

お家に帰れない・・・

不安や恐怖心を抱えながら、この仔は放浪していました。

20150624e.jpg

何も食べれずに、空腹に苦しんでいた時に、

美味しいご飯を食べさせてくれた職員さん、

不安や恐怖でいっぱいの中、優しい声、優しい手で、

この仔に触れてくれた職員さんの事を、

ほんのわずかな時間だったかもしれないけど、

この仔は、ちゃんと覚えていた…。

20150624d.jpg

「6番」の文字を見上げると、この檻に入ってた子達の事を思い出した。

でんでん、のっぽ、大和・・・

20120808e.jpg
20150624g.jpg

20150624h.jpg
20150624i.jpg

あんたたちは、この檻から出たんだよ。

そして、

カンチ・・・タイコさん・・・

多くの仔達が、この6番から出て笑顔になりました。

ひとつひとつの檻の前に立つと、どこに誰が入っていたのか、

鮮明に思い出される。

そして・・・

20140217f.jpg

この檻から隣のガス室に行かせてしまった子達の事も…

忘れる事は出来ません。

どうか、どうか・・

20150624f.jpg

笑顔で「6」番の扉を出てきて欲しい・・・。





この仔にも、お問合せがありませんでした・・・。

20150622e.jpg

この仔は、墓地に居たそうです。

ガリガリに痩せた体で、放浪していたそうです。

その付近で畑をしている男性が、

あまりに不憫に思い、白米をあげたら、

物凄い勢いでたいらげたそうです。

できれば飼ってあげたいけど、奥様が犬嫌いだったため、

それもできなかったそうです。

20150624a.jpg

ですが、「ごはんをあげて!」と旦那さんに頼んだのは、

犬嫌いの奥様だと聞きました。

犬嫌いだから冷たいわけではないんです。

犬に対して酷い事をするわけではないんです。

私達が強く訴えていくべき人間は・・・

中途半端な自称「犬好き」の飼い主達なんです。


とても臆病な仔で、捕獲にも時間がかかったそうです。

無理矢理リードで捕まえ、車に乗せた時は、

恐怖心からか、激しい部分も出て、嘔吐してたそうです。

ただただ、怖かったからだと思います。

20150624b.jpg

この子達の推定年齢は分かりませんが、

5才前後だと思って下さると良いかと思います。

もうタイムリミットまで6時間しかありませんが、

きっと、きっと、奇跡はあると信じています。

どうか、どうか、皆様のご協力をお願いします。


20150624c.jpg


問合せ番号 090-4484-5165(担当・藤井)

全国でも、希望者からのキャンセルが多くあるようです。

どうか、感情的にならずによくお考えの上、

お電話頂けると助かります。



bana10.jpg
保護家ブログ

皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。

 宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美

 

郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ

〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


   

↓会のHPはこちらからです↓
bana2.jpg
http://xxinunekoxx.web.fc2.com/



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村



FB
FB開設してます。個人的な内容の記事も多々ありますが、
保護活動のリアルタイムな記事を載せています。



「いのちのはうす保護家mailお問い合わせ







最終更新日  2015年06月25日 03時46分06秒
2015年06月22日
カテゴリ:宮崎市保健所

写真が下手でごめんなさい。

実物はもう少し可愛い顔をしています。

推定15キロ位の中型、男の子です。

20150622g.jpg

この仔は、捕獲されたときに、大量のよだれを流し、

とても緊張していたとの事でした。

不安だったのでしょう…本当は怖かったのでしょう…。

ですが、捕獲職員さんの温かさに気付いたのか、

よだれまみれで、子犬のように職員さんに甘えてきたとの事でした。

20150622t.jpg

なんとか助かって欲しい…

お家に帰してあげたいと、お忙しい時間の中、

職員さんが作ったポスターです。

人間が大好きな仔です。

犬舎に居る間、ずっとこの仔の声が響き渡りました。

20150622f.jpg

「ここから出たい」と…。





シーズー、どちらも男の子です。

年齢はいってると思います。特に白黒の仔は…。

20150622a.jpg

この子達は、木花運動公園に二日間居たそうです。

雨でびしょ濡れになりながら、ずっと二頭で寄り添っていたそうです。

いつから放浪し、木花公園に居たのか分かりません。

何度も何度も雨に打たれ、乾き、その繰り返しだったのでしょう…

皮膚はベタベタし、匂いはとてもきつかったそうです。

それでも…

20150622b.jpg

体型も丸々してて、カットもされていたようだったので、

必ず飼い主がお迎えに来てくれると…

保健所もお家に帰れることを信じていたとの事でした。

ですが…

20150622c.jpg

時間は刻々と過ぎて行き…

24日に保護期限は切れてしまい、

翌日の25日に判定を受ける事となります。






写真では子犬のように見えますが、

推定17~18キロ位の成犬、男の仔です。

20150622d.jpg

この仔は、とても頭の良い仔のような気がしました。

少し怖がりですが、基本は人間が大好きな仔です。

この仔を捕獲した職員さんが檻の前に座ると、

とても不安な表情と声を出しました。

「怒ってるよね・・?私があなたを捕獲したんだもんね・・」

職員さんは言いました。

「違いますよ」という言葉を、私は出す事が出来なかった…

なんだか、とても軽い言葉のような気がして…

この仔は、捕獲した職員さんを見て、

放浪中に怖い思いをした事が、頭に過っただけでした。

決して、捕獲した職員さんを怒っていたわけではありませんでした。

20150622e.jpg

この職員さんは、ご自身が捕獲した犬達の檻をまわり、

檻の前に座って、犬達に話しかけていました。

犬達も、職員さんの事をしっかり覚えていました。

優しくしてもらった事を、しっかり覚えていました。

市民から通報があり、どうしても捕獲に向わなきゃいけない。

捕獲しなければいけない。それが「仕事」なんです。

ですが、職員さん達は、捕獲して終わりではありません。

お家に帰してあげたいと、最後まで決して諦めていません。

20150622u.jpg

この職員さんは、私と同じ年の、子供を持つお母さんです。

宮崎の犬猫の現状を知り、この現状を変えたいと大きな決心をして、

今年の四月から保健所に勤務する事となりました。


私なんかより、凄く凄く苦しんでいるんだろう…と感じます。

捕獲も判定も、私達愛護活動家よりも、職員さん達の方が

苦しんでいるんだという事を、どうかご理解下さい…。




とても悔しいのですが、今の「いのちのはうす保護家」では、

医療費、施設維持費、犬猫のお世話できる方、全てが不足しています。

力不足だと言い続け、もう10年目に入りました。

一体いつになったら、力不足だという言葉を出さなくなるの?

前進したい…情けない…

・・・申し訳ございません。




出来る限りのサポートはさせて頂きますので、

もし、気になる仔が居たら会までご連絡ください。

絶対に、管理所や保健所に「どうなりましたか?」のお電話はご遠慮ください。

会の電話が繋がらなかったら、また時間を置いてかけ直して下さるか、

ショートメールか留守電に入れて下さると助かります。

電話担当スタッフが、仕事中は電話に出れない事もありますので、

どうか、ご了承ください。


090-4484-5165(担当・藤井)


bana10.jpg
保護家ブログ

皆様のご協力ご支援どうかよろしくお願い致します。

 宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
口座名義:動物たちの未来のために 代表 山下 由美

 

郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ

〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      山下 由美

090-4484-5165


   

↓会のHPはこちらからです↓
bana2.jpg
http://xxinunekoxx.web.fc2.com/



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村



FB
FB開設してます。個人的な内容の記事も多々ありますが、
保護活動のリアルタイムな記事を載せています。



「いのちのはうす保護家mailお問い合わせ




 







最終更新日  2015年06月23日 10時21分53秒
このブログでよく読まれている記事

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.