346998 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

べいつんの中国・北京があるでないで~

PR

全14件 (14件中 11-14件目)

< 1 2

四川省編

2007年07月21日
XML
カテゴリ:四川省編
せっかくの九塞溝なのに、朝から雨雨でコンディション最悪下向き矢印
7時半の開門に合わせて、九塞溝の入口へ足跡

入場券とバス券を購入。
九塞溝風景区は、
遊歩道を歩いて行く(果てしない距離)or場内専用バスバスにて移動のこの二つ。
入場券220元(約3300円)&バス券90元(約1350円)
学割がきいて、そこから50元(約750円)引き。
それにしても、この料金は高すぎる雫

入場券は券売所の横で、デジカメに顔写真を撮ってもらい、
それを入場券にプリントアウトしてもらうと、2日間入場可能ウィンク
バス券は当日有効のみ。また買い直さないといけません。(ちょい面倒ぷー


ちょうど、ここ九塞溝は入口からY字の形になっています。
九塞溝地図


それでは、ここからは画像でカメラ
雨だったのが残念です・・・失敗
それと、私のデジカメカメラもうガタがきていて、
で、撮影者(私)が撮るの下手だから・・・泣き笑い


九塞溝場内の専用バスバス
九塞溝場内専用バス


遊歩道
九塞溝遊歩道


箭竹海近くの遊歩道
九塞溝 箭竹海付近の遊歩道


珍珠灘滝
九塞溝 珍珠灘滝


諾日朗センター
九塞溝 諾日朗センター


ここはY字のちょうど分岐点に位置し、食事・土産屋などがあります。
ここ以外、昼食を取る場所がありません。
ここは40元・60元・80元と値段別のバイキングがあります。

40元(600円)のバイキングのおかずごはん
九塞溝 40元のバイキング料理


これで40元は、ぼったくりでしょムカッ
北京やったら10元もあれば普通にこれくらい食べれるし怒ってる

観光地プライスにはホント驚きですびっくり


五彩池
九塞溝 五彩池


五彩池にて
九塞溝 五彩池2


鏡海
九塞溝 鏡海








最終更新日  2007年07月29日 13時03分24秒
コメント(4) | コメントを書く


2007年07月20日
カテゴリ:四川省編
朝、交通青年旅舎の隣にある、
新南門バスターミナルへ行き、九塞溝行きののバスに乗車バス
朝7:45分に出発で、料金は121元(約1815円)で、所要時間は約10時間

夕方には、九塞溝に着くだろうと思っていたら、
渋滞にハマる雫

九塞溝までは山道で、その山道に観光バスや大型トラックが行き交い、
狭い場所では片側一方でないと通行できない狭さなので、警察が立ち誘導していましたびっくり

おかげで渋滞にハマると一歩も動きませんぷー

で、一日中バスバスの中で、
夜の23時頃、やっと九塞溝に着きました雫
実に約16時間バスに乗車していましたぷー
こんなの初体験でした泣き笑い


交通青年旅舎ホテル
交通青年旅舎


バスの車窓から
九塞溝へ


九塞溝までの高速道路を建設中みたいです。
来年までにはできるとか・・・!?
これができたら便利になると思いますが、
多くの観光客が九塞溝のあの山奥まで観光に行くと思うとゾッとしますねびっくり
ただでさえ、すごい観光客だらけなのに・・・。



九塞溝・・・
  九塞溝は成都の北約450kmに位置し、総面積720平方km。四川省の北部チベット族チャン族自治州の北東部に位置する景勝地で、正式には、九塞溝国家級風景名勝区という。九塞溝の魅力は、峡谷に沿って海子と呼ばれる大小の湖と周囲の自然が織り成す景観。特に濃い青をした湖水に代表される色彩が人々を魅了している。
  Y字に形成された3つの渓谷に沿って、チベット族を中心とした人々が9つの山塞に分かれて暮らしていたことから九塞溝と呼ばれるようになったが、標高2000~4500mの高地にあって、交通の便も非常に悪かったため、昔から一部の人しか知らない隠れた風光明媚な場所にすぎなかった。
  しかし、1992年にユネスコの世界自然遺産に登録されると、徐々にその特異な景観が知られるようになり、21世紀に入ると、ホテルの建設や空港、道路の整備が凄まじいスピードで進められ、国内外から多くの観光客を迎えるようになり、中国西南部では最高の観光地となった。
  九塞溝の観光は1年を通して可能で、春の新緑、夏の強い日差し、秋の紅葉、冬の雪景色と四季折々で景観を堪能できるが、7月から10月がおすすめ。
  則査窪溝日則溝樹正溝の3つの峡谷(総延長で50kmにも達する)を中心に、宝鏡崖景区樹正溝景区日則溝景区則査窪溝景区原始森林生態景区の5つのエリアに区分され、そこには114の高山湖沼(海子と呼ばれる)、47の泉、17の滝、5つの湿地、11の急流が点在し、その透明度の高い水面に周囲の緑や雪山の白が映える様は、とても見事な景観。
  入口は標高約2000mだが、最も置くにある長海は3100mになる。(入口から長海までは全長31.6km)。









最終更新日  2007年07月28日 10時34分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年07月19日
カテゴリ:四川省編
エアポートバスバスに終点で降り、
その後、交通青年旅舎(ユースホステル)ホテルを歩き探しました歩く人

15分くらい歩いて、なんとか発見!
チェックイン後、隣接している、新南門バスターミナルへ行き、
翌日の九塞溝行きのバスチケットチケットを購入ウィンク


その後は、市内バスバスに乗り、成都市内を散策しました足跡


春xi路。北京の王府井といった感じでしょうか?
春xi路


イトーヨーカ堂を発見虫眼鏡
北京の「華堂商場」とは違い「伊藤洋華堂」と書くみたいですねぇびっくり
伊藤洋華堂


西武!?も発見!!
北京に西武はまだ出店してないのに・・・雫
西武







最終更新日  2007年07月28日 09時45分09秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:四川省編
本日から四川省へ旅行へ上向き矢印

ギリギリまで格安航空券を狙ってたんですけど、
出発日(19日)が迫るにつれて航空券が値上がりびっくり

結局、1280元(約19200円)の4割引の航空券しか買えませんでしたわからん
もっと早めに値上がりを見極めて航空券買えばよかった下向き矢印

私が搭乗したのは、12:55分発のCA422便飛行機
この便、なんと旗全日空との共同運航便でしたびっくり
機内には1名の旗日本人客室乗務員がいましたきらきら
後で知ったのですが、このCA422便は、「東京右矢印北京右矢印成都」なんだそうです。


たまたま待合室で、旗日本人のおじさん・おばさん集団と遭遇うっしっし
話をしていると前日、オーバーブッキングをくらって,
なぜか数人だけ、このフライトに振り当てられたんだそうです。
ほかのツアーの方やガイドは、前日もう成都入りされたみたいで雫

中国国内線で旗日本人スッチーに旗日本語で、
サービスを受けられるなんて思ってもいませんでしたうっしっし


CA422便・ANA5709便 (使用機材B757-200)
c


飛行機飛行機の影を利用して三角座りで休んでいる空港職員びっくり
CA422便2


機内食食事 鶏肉をセレクトウィンク
CA422便3


そして飛行機飛行機は、16時前に成都(双流)空港に到着しました上向き矢印

その後は、エアポートバスバスにて、成都市内へ。




成都・・・
  中国西南エリアの商業、貿易、金融、農業の中心となる都市で、交通の要衝でもある。
  この都市は日本人にとっても、三国時代に活躍した劉備玄徳と諸葛孔明が活躍した場所であること、パンダの故郷、そして激カラの四川料理と、中国の中でも身近なイメージを抱くことができる町、いや中国のイメージそのものといえるかも知れない。
  成都は、天府の国と呼ばれてきた肥沃な四川盆地の中心地であり、歴史は古く、2500年前にはすでに城壁で囲まれた大規模な町が造られた。そして、現在の成都の町の形となったのは、清(17世紀中期~18世紀初期)に清城が築かれて以降。







最終更新日  2007年07月28日 00時12分11秒
コメント(0) | コメントを書く

全14件 (14件中 11-14件目)

< 1 2


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.