345289 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

べいつんの中国・北京があるでないで~

PR

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

雲南省編

2007年01月26日
XML
カテゴリ:雲南省編
本日はいよいよ北京へ戻る日びっくり
成都(四川省)経由が100元(約1500円)安いということで、
また今まで搭乗したことない航空会社に搭乗できるということで、
私、飛行機飛行機ヲタクの血が騒ぎ、成都経由で帰ることにしましたうっしっし

まず昆明から成都へは、
朝9時55分発の(新興航空会社!?
EU2210便(鷹聨航空)にて成都(四川省)へ飛行機

まずここで緊急事態発生!!
目的地の成都空港が霧(スモッグ)による天候不良で、
昆明空港の出発ロビーにて天候回復待ちぷー
(成都で、乗り換えするのに間に合うかなぁ・・・と思っていたら、)

60分後、ご搭乗のアナウンスが!
結局、75分遅れで成都空港に到着飛行機
しかも、ゴーアランド(着陸やり直し)を体験しましたびっくり


EU2210便(鷹聨航空) 機材:A319

ちょっとVIPっぽくないですか!?
それとも中国の山奥より無事帰還した旗日本人!?泣き笑い

EU2210便


成都空港(四川省)
成都空港


そして北京行きの四川航空の搭乗手続きにも間に合いました
(あえて、時間を開けて航空券予約しといてよかったと思いました泣き笑い

北京行きの四川航空はほぼ定刻通りに離陸しました飛行機

3U8887(四川航空) 機材:A321

3U8887便


機内では離陸前、客室乗務員紹介があったり、
飛行中には、エコノミークラス症候群を防ぐ、
簡単なストレッチ法を紹介していましたスマイル

機内は3-3列の座席配置で、
私は当然窓側ウィンク
そして間は客がいなくて、通路側に中年小太りの中国人男性。

飛行機飛行機が搭乗スポットから離れ、
私の最悪なフライトもテイクオフ下向き矢印

滑走路へタキシング(走行)中に、
かすかに「ペッ」という音が数回聞こえ、
隣を見ると、その男性が微妙なタンを吐きまくっていて、
しかも、その間ん中の客がいない座席の床下にびっくり

はぁ~!? マナーなさすぎ泣き笑い
そこらへんの道路とちゃうねんぞムカッ 神聖なる機内がぷー
私、慌ててその人に機内備え付けの紙袋を手渡しました泣き笑い

そしてフライト中、どこかで臭ったことのある、
あの香ばしい!?が臭いがして、
また隣をみると、
彼、靴脱いでたびっくり 
(やはりあの匂い!?だったか泣き笑い

で彼、続けさまに靴下まで脱いでしまった雫
めっちゃくつろいでるびっくり

で、シメは、
滑走路に着陸後、スポットへ航空機が移動中飛行機
私は窓の外を見ていたんですけど、何やら近くで鼻息が聞こえ、
チラッと振り向くと、その彼の顔が私の目の前に雫
(シートベルトして席におとなしく座っとけやぁムカッ
おかげで首を振り戻すことができない下向き矢印
顔を振り返ると、その彼が私の顔の前にいるから泣き笑い
航空機飛行機がスポット(搭乗口)に着くまで、
ある意味、かなりの密着感でムサムサ・ラブラブぶりでしたよ泣き笑い
ホントある意味で貴重なフライト体験をしましたぷー



今回の旅で、4回航空機に搭乗しましたが、
昆明~麗江間の東方航空の客室乗務員が自分のタイプでした目がハート
あと成都空港で北京行きの出発ゲートにてチケットをチェックしていた女性も目がハート

あっ、本題に戻りますが雫

16時半過ぎに北京空港に到着して、
今回の雲南省旅行も無事終わりました上向き矢印
こっぱ良かったです音符
マジでまた行きたいと思いますきらきら
今度は夏かなうっしっし








最終更新日  2007年02月01日 15時59分52秒
コメント(0) | コメントを書く


2007年01月25日
カテゴリ:雲南省編
夜は、ノート地球の歩き方を見て、レストランを選びました食事
そして「1910火車南{立占}」に決定上向き矢印

雰囲気がとてもよかったです。(セピア色にて撮影カメラ
雲南の晩餐1


注文した料理食事
雲南の晩餐2


外にあった銅像!?
雲南の晩餐3


食後は、大通りのバス停まで散歩足跡
ライトアップされたストリートにてカメラ
アホ顔しちゃいましたうっしっし
雲南の晩餐4


こうして雲南省旅行の最後の夜が過ぎていきましたうっしっし


1910火車南{立占}・・・
  20世紀初頭ぼフランス様式の建物を利用したレストラン。ここで食べられるのはなんと雲南料理。どれも本格的な味付けで、値段も手ごろ。ウェーターやウェートレスは鉄道員と同じ青い制服を着用している。鉄道に関するパネルや資料も多く飾られており、目でも楽しめる。







最終更新日  2007年02月01日 03時11分42秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:雲南省編
朝、ユースホステルホテルで、
石林風景名勝区に行きたくて、
行き方を尋ねていたら、
とある外国人男性も、今からそこに行きたいとのこと。
で一緒に行くことに決定上向き矢印
(「英語でしゃべらナイト」やんけぇ~泣き笑い

彼はイギリス人男性で名前は『ボブ』
現在、大連の某大学で英語教授らしいびっくり

タクシーに乗り合い、昆明バスターミナルまで行き、
そこから高速バスに乗り石林にて下車足跡

彼は中国語ほとんとできないので英語での会話雫
こんなに一日中、英語を聞いたり話したりするのは、
初めてかも雫 しかも中国でうっしっし

英語の先生ということもあり、
ボブの発音は聞き取りやすかったし、単語も比較的簡単だったので
彼の言ってる意味は、ほぼ理解できた音符

しかし、私から英語が出てこないぷー
意味は分かるのに、何て言ったらいいのか単語がでてこない下向き矢印
本気で英語学びたいと思った失敗

しかも、私の日本語的英語発音もきちんと聞いてくれた泣き笑い
(Mr.ボブ、意味不明な用法・単語の英語でソーリー雫


石林風景名勝区
石林1


石林風景名勝区(季子園)
石林2


右でカメラを構えてるのが、ボブ
なんか、学術調査団みたいでしょ上向き矢印うっしっし
石林3


ホント、ボブは英国紳士的男性でした!
また気さくでとても楽しかったです音符



石林風景名勝区・・・ 
  石林風景名勝区は、昆明から南東へ100キロメートルほど行った石林イ族自治県にある一大景勝地。2001年に中国国土資源部から中国国家地質公園に認定され、さらに2004年2月、ユネスコが取り組むプロジェクトのひとつ世界地質公園(世界遺産と比べると認知度はかなり低い)に認定された。
  総面積は1000キロ平方メートルあまり、そのうち保護面積は約350キロ平方メートルで、石林風景区黒松岩風景区長湖風景区飛龍瀧風景区の4つのエリアに分けられている。この景勝地は、後期古生代にできた炭酸岩塩のカルスト地形で、石柱に代表される奇観が特徴で、それは後期古生代の地殻変動により海が隆起して石灰質の岩面が地表に露出し、その後風雨による侵食や地震によって岩山が削られたことで出現した。その鋭い石山が石の森林のようなので石林という名が付けられた。
  毎年、陰暦の6月24日には周辺に住むイ族の人々がここの集まり、火把節という有名な火祭りが行われ、闘牛や民族歌舞を披露する。また、中国映画「阿詩{王馬}(アシマ)」(1963年)の舞台となったため、中国国内での知名度も高い。







最終更新日  2007年02月01日 00時25分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年01月24日
カテゴリ:雲南省編
夜9時の夜行バスにて昆明へバス
乗車時間は約5時間半で料金75元(約1125円)
バスに乗車するときに、運転手に地味に外国人アピール
『ニーハオ上向き矢印(少しイントネーションを変える)』

って、私の見た目がすで完全に外国人なんですけどね泣き笑い
イスラム系!?

で、バスの中を見た瞬間驚愕しましたびっくり
棺おけ!?バス・・・バス

3列シートの2段ベット。
しかも最後部席は5人同じベッドの上雫

で私たち3人の席番号は・・・
その最後部だった泣き笑い

隣は親子連れ地味に最後部席は6人雫
私は真ん中に。
めちゃくちゃ狭い下向き矢印
左に寝返りをすると、中国人のおっちゃんの顔がリアルに至近距離泣き笑い
ホント、数センチ雫 
見ず知らずの中国人のおっさんと、(同じベットの上で)
極限の至近距離で寝るなんて初体験ぷー

で、出発直前、運転手が
あまりにも窮屈さを見かねて、
たまたま空いてた前方の席を私に教えてくれました雫

バス内部
大理→昆明1


でも、体の大きい私は全然寝返りがうてない、
ホントただ寝そべってるだけ雫
しかも後方席なのでバスバスに振られるし下向き矢印

バス車内での自分泣き笑い
大理→昆明2


一番強烈だったのが臭いです雫
中国人おっちゃんの独特の足の臭いとか、
いろんな車内での臭いがブレンドされて
素晴らしい匂いのハーモニーを奏でてました泣き笑い
人間って不思議な事に、その臭いにも慣れるんでねぇびっくり
って、寝返ったらまた臭うんですけどぷー 
また臭い慣れてしまうショック
ホント不思議なもんです泣き笑い

何はともあれ無事、約1週間ぶりの再び昆明到着上向き矢印

利用した夜行バスバス
大理→昆明3


運転手のおっちゃん、あくびかまして眠たそう眠い..
って危険度大泣き笑い

まさしくこれぞ、死のドライブでした雫


そして、宿泊予定の昆明大脚氏国際青年旅舎ホテル足跡
(KUNMING CLOUDLAND INTERNATIONAL YOUTH HOSTEL)
8人部屋で一人一泊20元(約300円)でした。

このユースホステルが総合的に見て一番良いホステルでした音符

昆明大脚氏国際青年旅舎ホテル
昆明大脚氏国際青年旅舎








最終更新日  2007年01月31日 13時59分44秒
コメント(4) | コメントを書く
カテゴリ:雲南省編
朝、ユースホステルホテルの10元(約150円)バイキング朝食を食べ、
(とても良かったきらきら
大理崇聖寺三塔へバス

「え~、これが大理三塔で~すスピーカ
大理三塔1


熱(ムサ)いキスキスマークをしてあげちゃう~ダブルハート
大理三塔2


そういえば、左右の小塔は、
ピサの斜塔のように少し傾いていたように思いますびっくり


午後からは、まず※アル海公園へ。 ※{サンズイに耳}
そして遊覧船乗り場へ

閑散期ということもあって、地味に交渉して、
私たち3人だけで船を出してもらった船


これがアル海。ホント、海でしょ!?
でもここ湖なんですよ上向き矢印
(なんか地元・橘湾or椿湾に似てないですか!?
アル海1


途中、この湖に浮かぶ小島に立ち寄り、自由時間。

なんか海の島の雰囲気泣き笑い
湖の島なのに雫

その島の船着場
アル海2


利用した船船 
名は「明星号」
アル海3

この船、めっちゃ速度遅く、
この遊覧船にその島へ往復2時間半乗船してました泣き笑い
逆にそれだけアル海が大きいってことですねびっくり



崇聖寺三塔(大理三塔)・・・
  崇聖寺三塔は、大理古城の中心から北西に1.5キロメートルほど行った所にある仏塔。崇聖寺は、唐の開元年間に建てられた仏教寺院で、唐宋時代には南紹国と大理国の王室の菩提寺となった由緒ある寺院だが、清時代に三塔を残して仏閣は焼き払われてしまった。近年三塔の建つ西側の広大な敷地に新たに崇聖寺が再建された。
  三塔の主塔はまたの名を千尋塔という。16層の方形密えん式レンガ製仏塔で、高さは69.13メートル。南紹の勧豊佑時代(824~859年)に建てられた。主塔の南北に建つふたつの小塔は、大理国(12世紀頃)に建てられた10層の八角形密えん式レンガ製仏塔で、高さは42.19メートル。1978年には国家規模の補修工事が行われたが、その際に塔頂部分から680以上の文化財が発見され注目を集めた。

  

※アル海 ※{サンズイ+耳}・・・
  アル海の面積は251平方キロメートルで、湖の長さは128キロメートル。湖の容量は28億立方メートル。雲南第二の高原淡水湖。大理市民は「母なる湖」と称える。







最終更新日  2007年01月31日 06時40分36秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年01月23日
カテゴリ:雲南省編
石鼓の散策を終えて、
そのまま麗江のバスターミナルまで送り届けてもらいました。

チャーターした車(箱バン)と
ガイド役!?(ただ、乗ってただけ)の謎のおっちゃん
麗江チャーター車


今年完成したての麗江バスターミナル
麗江バスターミナル


ちょうど、大理行きのバスが出るということで、
急いでチケットを購入してバスに乗り込みました。
ちなみにミニバスでしたバス
料金は40元(約600円)でした。
道中、麗江~大理間の鉄道工事をしていました。
将来的には鉄道でも結ばれるのでしょうびっくり

大理への道中

大理への道中

なんか地元(山口・桑野・長生付近)の風景と似てる気が・・・泣き笑い
スケールをでかくした感じ!?
窓を少し開けていたのですが、大理に入った辺りから、
何か春の匂いがさくら
地味に、私の地元の春の匂いと似ていたうっしっし

そして大理古城で下車し、宿泊予定のユースホステルホテル足跡

大理古城四季青年旅舎(四季客桟)
四季客桟


私が宿泊したのは、4人部屋で一人一泊20元(約300円)でした。
ペー(白)族の伝統的建築&庭園を意識した造りでしたホテル
雰囲気が良かったですウィンク


夜は、古城内を散策足跡

大理古城南門
大理古城南門



大理・・・
  大理市は、雲南省の西部に位置する大理ペー(白)族自治州の中心地。年間平均気温が15.1℃と穏やかな気候。
  大理はペー族の居住エリアで、彼らの伝統文化が色濃く残っている。使用言語はペー語。白色を最も貴い色としているため衣装も白色をベースにしている。大理ではペー祭りがある。
  また蒼山と澄んだ水をたたえるer海を中心とした風景は、山水如画と称される。
  大理を中心とするこのエリアは、古くから中国とインドを結ぶ交易路の要衝として発展を遂げてきたが、その本格的な歴史は8世紀になって唐朝の後押しを受けた蒙舎紹が6つの権力グループを統一して南紹(8世紀~902年)という地方政権を樹立したことから始まる。その後を受けて建国された大理国(938~1253年)まで合わせると、500年もの間、独自にこの地方を統治したのだ。
  大理には、大理古城下関というふたつの中心がある。大理古城は昔の中心地で、下関は新しく造られた行政・交通の中心地。








最終更新日  2007年01月31日 05時09分47秒
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:雲南省編
本日は車をチャーターして、石鼓へ行くことにしました上向き矢印
朝、いつもの旅行社で待機していると、
ロングコートを着た謎!?のおっさんが迎えに来てくれて、
古城の入り口付近まで行き、
車がまだ来てないとのことで、またしばし待機・・・。

そして車が道路を左折して、私たちの前に到着!
乗用車かと思ったら、箱バンでした泣き笑い
しかもこの車、普段は麗江の乗り合いタクシーっぽいうっしっし
ちなみに運転手はおばちゃんでしたウィンク
(あのおっさんは何やねん!?

で車に乗り込んでいざ、出発しようとしたら、
警察官登場びっくり

どうやらさっきの左折!?が道路交通法に触れたらしい雫
数十分たって二人が戻ってきた。
(朝からめっちゃ時間のロス雫
これぞ中国、物事が完全スムーズに進まない下向き矢印
結局、点数減点&罰金だったらしい。

で、腑に落ちない、怒り心頭の運転担当おばちゃん!
誰かに電話携帯電話

どうやら、その警察官の名前を通話先に伝えてるみたいだ・・・びっくり
ヤキでもいれるのかな!? 
おばちゃん、黒社会と通じとるんかな?
この国で警察官するん怖いわぁ~ショック
まぁ方言だったんで、何を言っているのか真相は定かではないですが、
逆にその分、怖いですわぁ~泣き笑い

道中(この道は、ツアーでよく通ったと思い出した)
石鼓へ


そして石鼓の手前の『長江第一湾』に到着
地球の歩き方に書いてあった、公衆トイレの横から登ろうとしたら、
運転担当のおばちゃんに引き止められた

で、集落手前からある、山に登る道を勧められた
そしたら、歩いていたおばぁちゃんが、
高台まで連れて行ってあげるということで、後を付いて行く。
そして、登る途中で「ここが私の家、少し待っといて」
待つこと数分、案内役のおばぁちゃんからおっちゃんにバトンタッチ
そのおっちゃんが連れて行くとのこと。
(おばぁちゃんが連れて行ってくれるんとちゃうんかいな泣き笑い

そのおっちゃん、しかもトーク好き雫
「この集落で子供を大学までいかせたのは、
このおっちゃんの家ともう一軒だけ」とか、
「トラック運転手を30年間してた」とか、
高台に着いてからは、アングルまでわざわざ伝授してくれるし泣き笑い


これがその高台から望む『長江第一湾』
長江第一湾


高台から望む『石鼓の集落』
石鼓集落


その後、石鼓の集落入り
ここも、かちんこ『千里走単騎』のロケ地だったらしい

ロケ地で使用された、石鼓完全小学校学校の校庭から
石鼓完全小学の校庭


石鼓のストリート
石鼓のストリート



長江第一湾・・・  
  金沙江(長江の上流)がV字形に大きくカーブする長江第一湾。その眺めは壮観だが、川沿いにある展望所からでは、川自体が大きいため、実感できないかもしれない。わかりづらいが、停車場そばの公衆便所の横に高台に上る道があり、そこを少し上れば素晴らしい景色を見ることができる。



石鼓・・・
  石鼓は麗江の西50キロメートルのところにある町で、チベットとの交易における中継地として栄えたところだ。この町にはいくつかの見どころがあり、麗江観光の目玉にもなっている。
  町の中心部にある古亭紅軍長征渡江記念碑。古亭には石鼓のシンボル、石製の鼓のかたちをした漢柏玉という石碑がある、これは西から攻めてきたチベット軍を撃退したことを記念に造られたもの。
  また、紅軍長征渡江記念碑は、1936年に賀龍将軍率いる紅軍第二軍と第六軍が長征の過程で、ここから川を渡って北上したことを記念して建てられたもの。石碑は高台に建てられており、ここから石鼓鎮の全体を見渡すことができる。








最終更新日  2007年01月30日 14時21分06秒
コメント(6) | コメントを書く
2007年01月22日
カテゴリ:雲南省編
本日は朝6時半にモーニングコール電話があり、
7時に朝食、
7時半に出発という中国ツアーならではの朝の早さだったびっくり

ホテルホテル星星つ星。 マジで微妙だったしょんぼり
ただベット下に電気カーペットが敷いてあって睡眠時は暖かかったうっしっし

冬はオフシーズンなので、
複数の旅行社が共同でツアーを行ってるみたいで、
ダーマオが申し込んだ旅行社とダーマオ側でトラブルがあったみたいで、
今から向かう普達錯国家森林公園の入場料が自費だったらしい
それでダーマオは「その公園には入場しない!」と一点張り。
で、結局学割で入場料を買った、ダーマオ。
気がついたら彼があの寒空の下、一番はしゃいでいた・・・雫
早朝の、ふてくされていたダーマオはどこへやら泣き笑い
(麗江に戻ってから、その旅行社に直談判すると言っていた。
さすがダーマオ泣き笑い

話に戻って、一行は普達錯国家森林公園へバス
冬以外だと碧い湖が見えるらしいけど、着いたら全部凍っていた泣き笑い
おまけにめちゃんこ寒い下向き矢印

属都湖にて
属都湖1


サントリー・ウーロン茶のCMみたいでしょ~うっしっし
属都湖2


ビタ(碧塔)海という一番きれいな湖も一面氷だらけ・・・雫
ビタ海


この普達錯国家森林公園最寄の高速道路料金所のすぐ横に、
ノノ(農農)運転手の家家があると聞き、
鄭州のおっちゃんが「ノノの家家に行こう上向き矢印」と音頭をとり、
皆を鼓舞し、急遽、ノノの家庭訪問することになったうっしっし

ノノの家家
画像真ん中の青いジャージを着ているのが、あのダーマオ青年うっしっし
ノノの家1


ノノとノノの娘さんとノノ宅にて
ノノの家2


そして、昼食を食べた後は、このツアーも終わりで麗江に向けてひた走るバス

途中、トイレ休憩で立ち寄った場所から
トイレ休憩所前


最後、麗江で晩飯タイムもあったが、
その晩飯が含まれている人、含まれていない人がいた。
これも旅行社の違いだろう。(ちなみに私たちは含まれていたスマイル
で、晩飯をキャンセルすることもできるらしくて、
キャンセルする人には10元(約150円)返金とのこと。
10元だったら食べておこうと思い、
私たちはそのまま晩飯を食べることにしましたあっかんべー

でも、ほとんどの人がキャンセルしたいで、
最後、ツアーの晩飯を食べたのは、
私たち3人とアメリカ人と中国人の計5人だけびっくり
皆、含まれた人はキャンセルして10元返金してもらったんでしょう泣き笑い
まさかそんな事は知らなかったので、
晩飯を食べる人だけ指定の中華料理屋で降ろされ、
それ以外は古城のツアー出発点まで帰りました。
最後は、あっけない皆との別れでした雫
(まさか5人だけとはびっくり

印象深いシャングリラの旅でした。
オフシーズンで客が少ないという点は、良かったんですが、
かなり寒かったですぷー
また景色も冬以外がシャングリラの場合はオススメだと思います!

最後に、
『ヤーショッ・ヤーショッ・ヤーヤーショッ!!
これはチベット語で『とても良い』『非常好』『very good』
という意味だそうです音符







最終更新日  2007年01月30日 03時10分28秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年01月21日
カテゴリ:雲南省編
本日から、シャングリラ(香格里拉)一泊二日ツアーに参加。
25人前後のツアー客で外国人は私たち3人とアメリカ人1人いて、
後はもちろん全員中国人。

このツアー客で印象的だったのが、

ダーマオ(大毛)という若者で、キャラが私のいとこそっくりうっしっし
陽気な(ドラえもんの)ジャイアン系。

おしゃべり好きの鄭州(河南省)出身のおっちゃん。

ビデオカメラビデオをやたら回し続け、ポーズまで指定してくる、
これまた鄭州(河南省)出身のおばちゃん。上のおっちゃんの知人らしい。

チベット族で今回のバス運転手だったノノ(農農)
ちなみに「ノノ」というのは、
チベット族での呼び名で本当は別に正式な中国語の名前があるそうだ。


朝、麗江古城からバスが出発し、
ガイドは麗江とシャングリラの境界付近で、
乗り合わせるということで
それまではガイドなし。
なので静かな時間が流れるかなと思った矢先、

まずダーマオが一人ハイテンション状態泣き笑い
バスの前席の客から自己紹介していこうと提案したら、
鄭州コンビがそれに呼応びっくり
で、前席から一人ずつ自己紹介していくことにうっしっし
(ちなみに私たちは後方に座っていました)

そして私たち三人組が(一応)中国語ができる旗日本人と知ってから、
時折、その鄭州コンビからキラーパスが突然飛んでくるびっくり

そんなこんなで、まず『長江第一湾』に到着。
でも全然遠くてまた木が邪魔したりで見ることができない・・・わからん

その後は、『虎跳峡』へ。
その途中で、またまたダーマオが、
今度はなぞなぞゲームだと言い始める。
そんな中国語でなぞなぞなんて・・・ショック

そしたら案の定、あの鄭州コンビから、
「じゃあ旗日本語の歌を歌ってよ」ってキラーパスびっくり
三人で「もみじ」を合唱しましたマイク

結局、気がついたら、なぞなぞゲームもいつの間にか終了してて、
言いだしっぺのダーマオったら爆睡してやがる眠い..

そんなこんなで、やっとガイドが乗り合わせ、一路『虎跳峡』へバス

虎跳峡荒波
虎跳峡1


よく見ると虎の銅像がびっくり
虎跳峡2


昼食後、いよいよシャングリラ(香格里拉)へ上向き矢印
麗江~シャングリラ間はバスバスで約4時間半くらい
シャングリラ(香格里拉)の海抜は3300メートル。
旗富士山富士山だとだいたい8合目に相当びっくり

シャングリラに到着後、そのまま大亀山公園へ

シャングリラ(香格里拉)の街が一望
大亀山公園


そして夜は、チベット族のショーを観賞。
で、そこはどうやら別料金で自由参加らしくて、
出来る限り参加してとのことで、ほぼ全員参加。

で、130元・160元・200元の料金設定があり(料理が違うらしい)
私たちツアー団は地味にケチなので130元コースをセレクト。
(もしこれが旗日本人ツアーだったら間をとって160元コースだったかもうっしっし


130元コースは、羊一匹とヤク(牛)一匹の丸焼きでした。
チベット族ショー


右側のが子ヤク(牛)。左側が羊。
ちなみに左側でナイフを持っているのが、あの鄭州中年男女コンビうっしっし
右側の天津出身の僕ちゃんも、
始めは目の前に出された丸焼きに驚いていたが、
「おいしい」と食べていたうっしっし

で、チベット族のショーがスタート
チベット族ショー2


チベット族のナイナイ・岡村隆史に激似を発見!!
いやぁ~ここシャングリラ(香格里拉)でナイナイ・岡村さんに会えるとは(笑)
チベット族ショー3


地元の日本酒白酒!?
皆、堪能しホロ酔い気分の時、
また鄭州のおっちゃんがキラーパスぷー
「え~今日、この中に旗日本朋友(日本の友達)もいます、
彼らに一曲歌ってもらいましょうマイク

素晴らしいキラーパス、謝謝(ありがとう)だぜ!
ちゃんとそのパスに反応させてもらうぜ上向き矢印
ってことで、即興でドラえもんを歌うことにしましたうっしっし
これまた即興でウエストポーチをポケットに見立て、
中に入ってた軍手をタケコプターにみたて、
私がドラえもんを演じました。

ドラえもんというより西郷隆盛ですな(笑)
チベット族ショー4


最後は全員でチベット族ダンス音符
私はどうしても阿波踊りor島の踊り!?になってしまう泣き笑い
チベット族ショー5


ちなみにダーマオは、意味不明なダーマオ的ブレイクダンス
(といういうか体全体でシャカリキってました泣き笑い


こうして楽しい一日目が過ぎていきました音符



虎跳峡・・・
  虎跳峡は、麗江の玉龍雪山とシャングリラ(香格里拉)のハーバー雪山の間を流れる金沙江沿いに延びる全長20キロメートル、高低差3000メートルの大峡谷。このエリアでは金沙江の川幅は非常に狭くなっており、虎がこの峡谷を飛び越えたという伝説が名前の由来。最も狭い所では、30メートルしかなく、川の流れも激しい。
  展望台はかなり水面に近い場所に造られており、轟音で話し声は聞こえず、水しぶきを浴びるほど。



シャングリラ(香格里拉)・・・
  シャングリラ(香格里拉)は昆明から約710キロメートル、雲南省の西北端にあるdi慶チベット族自治州の中心地(標高3276メートル)で、この民族自治州はチベット自治区および四川省と境界を接しており、古くからチベットの影響を強く受けてきた。この町から北西に進めばチベット自治区に入り、北東に進めば四川省西部のチベット族居住区にいたる。
  なお、チベット語での呼び名はギェルタン。また、自治州の名であるdi慶はチベット語で吉祥如意の土地を表す。
  映画化された小説『失われた地平線(ジェームス・ヒルトン著)』も舞台になった理想郷シャングリラは、このエリアがモデルであると地方政府が主張し、2002年に中dianという名前を改称して現在の香格里拉(シャングリラ)となった。
  自治州内には、雲南省最高峰・梅里雪山(標高6740メートル、チベット族はカワ・カルポと呼ぶ)を中心に高峰が多く、平均海抜は3380メートル。これらの高峰の間を縫うように、金沙江とlan蒼江という二つの大河が流れ、すばらしい景観を造り出しており、その豊な自然は、自治州の西を流れる怒江と合わせ、2003年ユネスコの世界自然遺産に登録された。



大亀山公園・・・
  旧市街にある大亀山(ここが市街地で最も高い場所)を中心に整備された公園。麓には井戸があり、旧市街地に暮らす人々の飲み水となってきた。
  入り口から階段を上った所にあるのが朝陽楼。この後ろに進むと、巨大なマニ車に達するが、そこからは旧市街を一望できる。








最終更新日  2007年01月29日 23時33分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年01月20日
カテゴリ:雲南省編
本日は、まず黒龍譚(ホントはサンズイへん)公園に行きました。

そして園内にあるトンパ文化研究所にも寄りました。

トンパ文字の時計!?
ちなみに十二干支らしいですびっくり
トンパ文字時計


その研究所内で20元で自分の名前をトンパ文字で書いてもらいましたえんぴつ
(まぁなんか胡散臭いおっさんでしたが・・・雫

そして、黒龍譚公園と隣接するトンパ文化博物館にも寄りました。
ちょうど旗日本の観光客ツアーがおり、
旗日本語の説明が聞けると思い一緒について見学耳

博物館内
トンパ文化博物館


で見学後の最後に、
現在トンパ文字の最高権威者のトンパ先生に、
謁見できると言い、奥の部屋に案内されました歩く人

そのトンパ先生
トンパ先生


そのガイド曰く、

「普段は会うことができません、
今日は旗日本からお越しくださった皆さまのために特別です!

「この一室にある商品は旗日本円でもお買い求めいただけます賞金

「皆さまの名前を、トンパ先生が実演でトンパ文字でお書きいたしますえんぴつ
もちろんこれは商売のためではありません!!
しかしこのトンパ文字に使ってるいる用紙は特殊な紙質です。
なので紙代として1枚200元(約3000円)頂戴いたします賞金
ホントこれは商売ではありません! ただの紙代です賞金


って、めちゃめちゃ商売やん!!
まぁうまい具合に乗せられた旗日本のおっちゃん・おばちゃんの団体様泣き笑い

あちゃ~びっくり誰か一人が買うと、皆が釣られて購入していました泣き笑い
旗日本人の心理を熟知されていらっしゃることびっくり

で、私たちだけ先に部屋を出ようとしたらドアに鍵がかかってる雫
出られへんやん雫

こういう手法は北京でもあると聞いたことがあります。

まぁガイドへの臨時収入にもなりますしね雫
それにしてもさすが旗日本の団塊世代!
皆さまお金に裕福なようで・・・びっくり
少し私への旅行資金として頂きたかったですわうっしっし


午後は、3人それぞれ個人にて買い物タイム足跡
私はTシャツオタクとして、トンパ文字Tシャツを買い漁りましたうっしっし
汗かきムサ男なのでTシャツ消費は人一倍激しいので雫

古城内の通ってない道を散策(開拓)し、木府にも寄りましたウィンク


古城内にあった小学校の横壁学校
トンパ文字(小学校)



黒龍譚公園・・・
  市街地の北に位置する公園で、池の水が玉のように碧いのでこう呼ばれるようになった。1737年に玉泉龍王廟として造られたのが始まりで、そう呼ぶ市民もいる。
  また、この池とトンパ教の聖地、シャングリラ(香格里拉)の白水台はつながっていて、白水台の水が枯れると黒龍譚も枯れるという伝説もある。
  弓形をした周囲約6キロ平方メートルの玉泉という池を中心としていて、その周囲には、しだれ柳が植えられている。大理石で造られた玉帯洪橋の向こうには雪の帽子を被った玉龍雪山がそびえ、晴れた日に美しい水面に映る玉龍雪山は本当に美しい。
  このほか、1601年創建の五鳳楼と、彫刻が美しい3層の楼閣・得月楼も見逃せない。



トンパ文化博物館・・・
  黒龍譚公園の北側にあり、ナシ(納西)族の伝統工芸や名人の手によって書かれたトンパ文字などを閲覧することができる。また、それらの中には販売されているものもあり、トンパ紙に書かれたトンパ文字などは、旅の記念になるだろう。


木府・・・
  元、明、清の3つの王朝に22代470年にわたって麗江エリアの統治を委ねられた木氏が暮らした館。正式には土司木氏ガ署という。
  木氏は白沙を中心に勢力を築いたナシ(納西)族の豪族だったが、南宋末期に獅子山の東側に本拠地を移し、元朝以降の王朝とうまく付き合い、チベットとの交易(チベットから馬を、雲南からお茶を運んだ)で富を蓄えていった。
  忠義坊は4本の石柱で造られた牌坊で木府の入り口にあたる。議事庁は木氏が政務を執り行った場所で、万巻楼は曲阜の孔廟を参考にして建てられた書庫。護法殿は木氏の私事的な話し合いがもたれた場所で、光碧楼は接客に用いられた建物、玉音楼は歌舞を観賞した所、一番奥にあるのが道教の創始者とされる3人を祀った三清殿。現存する建物は、世界遺産申請時に修復、再建されたもの。







最終更新日  2007年01月29日 19時38分07秒
コメント(2) | コメントを書く

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.