345491 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

べいつんの中国・北京があるでないで~

PR

全7件 (7件中 1-7件目)

1

大同編

2009年01月04日
XML
カテゴリ:大同編
22:59分発のK606次に乗車し北京へ戻ります電車

大同の旅行もあっという間でした上向き矢印

大同駅
大同駅


大同駅の電光掲示板
大同駅2



帰りは、硬坐(ベンチシート席)です雫
私たちの車両には若い軍人さんがいっぱいびっくり
春節前なので、休暇許可がでたのでしょうか!?
おかげで奴らの荷物が満載、絶対持ち込みすぎ下向き矢印

で、私たちの斜め前のクソガキ軍人がいきなりタバコを吸い始めて、
私ブチ切れムカッ

私:「ここでタバコ吸うなよムカッ
彼:「大丈夫、大丈夫」
私:「お前は大丈夫でも、こっちは嫌なの、連結部の喫煙喫煙場所に行けよ」
彼:「お前には関係ない」
私:「車内の鉄道警察呼ぶぞ、軍人のくせして最低限のマナーも知らんのかムカッ
彼:「何やと、(後は方言使って聞き取れない)」

と、ちょっと険悪なムード怒ってる
これやから、中国の一人っ子世代(80後)はワガママなんですよねムカッ
彼は人の気持ちを理解というか、相手の言葉を受け入れないタイプですブーイング
一人っ子で甘やかされて育った二十歳前後のクソガキですねムカッ
軍隊教育受けていても、こんな秩序も守れないクソガキに、
軍人という職業は無理なんではないでしょうか?
この話はここでおいといて。

K606次列車の全走行距離は651km (大同~北京間は374km)
途中の停車駅は、
大同右矢印陽高右矢印天鎮右矢印柴溝bao右矢印張家口南右矢印沙城右矢印北京西右矢印高碑店右矢印保定右矢印定州右矢印石家荘


そして、ちょっと定刻より遅れて、05:15分頃、
無事に北京西駅に到着して、そして家に帰りましたきらきら

北京も寒いですが、まだ大同よりは暖かいと思いましたうっしっし
空気も、まだ北京の方がキレイ(北京も汚いですが雫)かなと思いました泣き笑い







最終更新日  2009年01月10日 23時56分39秒
コメント(2) | コメントを書く


2009年01月03日
カテゴリ:大同編
懸空寺を見学した後は、最後のスポットであり、大同旅行の一番の目玉!
世界文化遺産にも登録されている「雲崗石窟」へ車

雲崗石窟の手前にある、観音堂に寄りました車
そして、結局、観音堂の中には入らず、
入口の三龍壁だけ写真を撮りましたカメラ

そして、雲崗石窟へ向かおうとしたら、
後部席の右のドアがきちんと閉まらないびっくり
で、そのまま右のドアが閉まらない状態で雲崗石窟へ雫
左カーブはGがかかりすぎないように慎重に車

目的地の雲崗石窟は3分くらいで到着上向き矢印
私たちが観光している間に運転手が自分で修理するみたいです泣き笑い

そして、私たちは雲崗石窟へ足跡

雲崗石窟
雲崗石窟


雲崗石窟2


雲崗石窟3


雲崗石窟見学後、車のドアは直ってましたが、
右のドアは触らないように左のドアから乗り降り要請泣き笑い

最後、大同駅前の紅旗大酒店で降ろしてもらい、1日チャーターも終了です上向き矢印

そして、そのホテル内のレストランにて、晩飯を食べて、
駅前は何もないみたいなので、ホテル内の喫茶店にて、
発車時刻近くまで、UNOしてました雫




雲崗石窟・・・
  大同といえば誰もが思い浮かべるのが、世界に名だたる芸術宝庫のひとつ雲崗石窟武周山断崖の砂岩を切り開いて築かれた石窟は、東西1kmに延びている。おもな洞窟は53窟、彫像は高さ数cmのものから17mのものまで5万1000個もある。ユネスコの世界文化遺産にも登録されており、国内外から多くの観光客がここの石窟を見るために大同を訪れる。
  雲崗石窟は、460年(北魏の和平元年)の開削され、494年の洛陽遷都の前には大部分が完成した。その後も造営が続けられ、遼金時代に最大規模になった。
  北魏が鮮卑族による異民族王朝であった影響か、秦漢代の芸術的伝統に加え、中原以外の遊牧民的エッセンスを融合させているところに雲崗石窟の特徴がある。








最終更新日  2009年01月10日 18時49分27秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:大同編
木塔を見学した後は、懸空寺へ車
しかし、ここで車に問題発生ぷー
先ほど、木塔に到着時にちょっと上り段差のところに車を止めたのですが、
私たちが下りて、運転手がバックで下がろうとしたときに、
マフラー??を擦ったみたいで、
修理をするとのこと・・・雫

「馬上就好(すぐにできる)」

言うと、悪いのですが、
中国人の「馬上」は使い方間違ってると思う下向き矢印
結局、30分くらい待ちましたほえー
運転手がいつも客を待ってる間に、利用している食堂にて、
山西省名物の刀削面を食べましたラーメン

で、修理も完了して、懸空寺へ車

平野から、いきなりスモッグの中から山が見え始めました富士山
懸空寺までもうすこし上向き矢印
懸空寺


懸空寺
まさしく壮観泣き笑い
懸空寺2


懸空寺の入り口
懸空寺3


崖ずたいの狭い桟道を歩くのですが、スリル満点泣き笑い
高所恐怖症には厳しい~~雫
懸空寺4

懸空寺5

懸空寺6


崖の上のポニョならぬ、崖の上の懸空寺でした泣き笑い

奥はダム!?みたいで、
ダムから流れてくる水?は全部凍ってました上向き矢印
懸空寺7




懸空寺・・・
  懸空寺は、北魏の末期(6世紀)に険しい崖の上に建てられた仏教寺院。各建物が崖にぶら下がるように建っているのでこの名が付いた。
  楼閣間の移動には崖の上の狭い桟道を通らなければならないので、高所恐怖症の人には酷かもしれない。高低が入り乱れ曲がりくねったこの独特の空間は、桟道の石碑に書いてある「公輸天巧(伝説の名工匠魯班の腕によるごとくすばらしい)」という表現がそのままあてはまる。








最終更新日  2009年01月10日 16時10分43秒
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:大同編
前日に宿泊しているホテルホテルから紹介してもらっていた、
車チャーター会社に電話していて、
今日は、その車を1日チャーターして、大同郊外を周る予定で、
私たちは5人なので、箱バンタイプの車を準備してくれる予定でしたが、
8時にロビーで運転手と対面すると、フォルクスワーゲンのサンタナが2台車
彼ら曰く、その予定していた箱バンタイプは調子が悪く、
今日は私たちの他に、別に3人組も予約していて、
私たち5人が1台に乗るか、一人だけもう1台の車に乗るかの究極の選択雫
昨日あれだけ、念を押したのに、この結果ムカッ
旗日本じゃあり得ない、話だけど、
ここは中国そんなこと言ってもどうしようもないほえー

結局、昨日の大同初タクシーもサンタナに5人乗りしたので、
今回も1台で私たち5人一緒で泣き笑い
もちろん体格上、私がずっと助手席独占上向き矢印
そして大同郊外へ出発車

そして、まず先に向かった場所は、
中国最古の木造建築物「木塔」

木塔
木塔


清代に落ちてきたという隕石
木塔2


塔に登る階段部分は暗くて急でした泣き笑い
ちょうど、塔の奥に新しく寺院!?を建設中でした。
そんな金あるんだったら、
階段に電球の1つひらめきでもつけてもらいたいな・・・ぷー
結局、1層目だけ登れて、その上は入場禁止となってました泣き笑い


これで学割料金とはいえ、(大人60元)
30元(約450円)はちょっとぼったくりっしょ下向き矢印



木塔・・・
  大同市の南70kmの応県のある木塔は、もとの名を仏宮寺釈迦という。創建は、1056年。現存するこの高さ木製の塔としては、かなり古いことで知られている。
  高さ67.13mの塔は、外側から見ると8角5層の塔に見えるが、内部には9層の暗層となっている。塔の高さ4mの2層の台の上に築かれており、内外2本の柱と梁によりがっちりと組み上げられていて強度を高めている。
  この塔が建てられて200年あまりたった元代の順帝のとき大地震が起きたが、この塔だけはびくともしなかった。
  各層の塔心部には、塑像が安置されている。
  また、敷地内には1875~1908年に落ちてきたという巨大な隕石も置かれている。






最終更新日  2009年01月10日 01時44分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年01月02日
カテゴリ:大同編
九龍壁を見た後は、そのまま歩いて、華厳寺へ足跡

華厳寺の前が、古い町並みを再現した通りになってて、
そこを歩いて、その先にあった、ケンタッキーにて、小休止コーヒー
ちょうど、ケンタッキーで、学生割引カードが発行中で、さっそく申請し、
(無料で)学生割引カードを作りました音符

夕方、辺りは暗くなり、大同市内のスポットは見つくしてしまったので、
大同のボーリングしてみよう~ってことになり、聞き込み調査をしましたが、
どうやら、以前はボーリング場があったみたいだけど、
現在はボーリング場は大同にはないみたいです下向き矢印

それで、大同の繁華街を歩き、ちょうどカラオケが目にとまり、
皆で大同のカラオケへマイク

気持ち旗日本の曲が少しありました上向き矢印
あとは、中国でカバーされている旗日本の歌を入力し、
漢字のピンイン読み&難しい漢字歌詞部分は旗日本語で歌いました泣き笑い


大同のカラオケの後は、
永和食府という、大同で有名!?なレストランで晩飯食事

店でお勧めの前菜
大同料理


山西省といえば麺料理 これも麺料理の一つらしいです。
大同料理2


大同の地ビール
大同料理3




華厳寺・・・
  華厳寺は、遼金代の仏教の一宗派、華厳寺の重要な寺院のひとつ。元代に焼失したが、明の1426~1435年に再建され、明代の中期にあたる15世紀末に寺は上寺、下寺のふたつに分けられ、各各に山門が設けられて現在にいたっている。
  遼代に建てられた下寺は薄伽教蔵殿を主殿とし、遼代の塑像が保存さえている。高名な歴史家である郭沫若をはじめ誰もが絶賛するのが脇侍菩薩像。安らぎを感じさせるその面立ちは東洋のビーナスと呼ばれている。
  また院内には大同からの出土品が歴史順に並んでいる博物館も併設されている。











最終更新日  2009年01月08日 17時44分04秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:大同編
大同の高速バスターミナルからタクシーにて、ホテルへ移動車
私たちは5人雫
フォルクスワーゲンのサンタナのタクシーに5人乗り泣き笑い
体格上、私が助手席上向き矢印 残り4人が後部座席泣き笑い

宿泊したホテルは、「嘉和商務酒店」いわゆるビジネスホテルホテル

ホテルに荷物を置いて、早速市内散策へ足跡

まずは、善化寺へ足跡
あっという間に見終わり、隣にあった中華系ファーストフードで、
遅めの昼食タイム食事
魚香兎肉飯を頼みましたが、
兎の肉はちょっとだけで、しかも魚香味がきつく、ただ噛んで終わりでした雫

食後は、鼓楼を見ながら、
中国三大九龍壁の一つの九龍壁へ足跡
ちなみに残り二つの九龍壁は北京にあるみたいです上向き矢印

チケットを買おうとしたら、
ちょうど、車内で同じだった、インドネシア人グループができてて、
「微妙やで」と一言・・・
まぁせっかく大同に来たんやし、学割(5元)で入れるから、
記念にと思い入ったのですが、
入ったとたん、意味が理解できました泣き笑い

ただの壁があるだけやん下向き矢印
これで、入場料とるんかいムカッって感じでした雫
おそらく歴史的に威厳のある建物かもしれませんね下向き矢印

九龍壁
九龍壁





善化寺・・・
  善化寺は、唐の713~741年に創建された。俗称南寺。幾度かの改修が施され、1445年に現在の名前となった。当時の官吏はこの寺で立ち居振る舞いや儀礼を学んだという。
  主要な建築物は中軸線上に建っており、三聖殿は金代の建物だ。大雄宝殿は遼代の建築物。院内ではさまざまな塑像を見ることができる。なかでも金代のものが佳作とされている。また、興国寺から移された五龍壁も見ることができる。



九龍壁・・・
  1392年、明の太祖朱元樟の第13代朱桂代の王府前の壁として建てられたのが九龍壁。その後、邸宅は兵火により失われたが、九龍壁だけは幸いにも残った。北京の故宮内にある九龍壁、北京北海公園にある九龍壁とともに中国三大九龍壁のひとつに数えられている。
  壁の長さは45.5m、高さ8m、厚さ2mで、中国に現存する龍壁の中では最も大きい。さまざまな色の瑠璃瓦で装飾された壁が以前の王府の威容を物語る。









最終更新日  2009年01月08日 15時16分43秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:大同編
正月早々、旅に出よう(旅に出たい病泣き笑い)と思いつき、
でも、5日から期末テスト(勉強しろって話ですが泣き笑い)があるので、
北京近郊で絞った結果、
世界文化遺産&中国三大石窟の一つ「雲崗石窟」がある、
北魏王朝の都だった、山西省の大同へ、
学校大学の旗日本人留学生らと行くことにしましたうっしっし

近所の交通部ビル内で、大同行きの高速バスを購入し、
大同からの帰りの夜行列車を購入し、パソコンc-tripでホテルを予約して、準備完了!

朝6時過ぎ、我が家に集合して、セブンイレブンコンビニで朝食を購入して、
家の前から、運通201路バスバス(終点がちょうど)、
六里橋長途高速バスターミナルまで移動バス


六里橋長途高速バスターミナル
六里橋バスターミナル


そして、08:20分発の大同行きのバスに乗車し、大同へバス
ちょうど、後ろの席が旗日本人ご夫妻で、
また同じ大学学校のインドネシア人のグループもいて国際色豊かで驚きでしたびっくり

北京右矢印大同の高速バスバス
高速バス4


北京から大同までは、約4時間
料金は119元(約1785円)でしたチケット

座席は1番前だったので、いろいろ景色も楽しめて、
またハプニング!?もありおもろかったです音符

まず、1列目だけに机があったのですが、
ジュースホルダーは穴が大きすぎてジュースを置くことができませんでした泣き笑い
高速バス


で、運転席のメーターを見ると、速度計が動いてないびっくり
(よくこれで、車検クリアしたなぁ・・・雫
高速バス2


八達嶺(万里の長城)高速を走り山西省へ向かったので、
車窓から万里の長城を見ることができました音符
ここでも運ちゃんは、大型バスで、上り道だというのに、
高速道路の路肩の非常帯を走り、抜きにかかる泣き笑い
渋かったです上向き矢印

山西省の料金所
高速バス


山西省は炭鉱で有名で、炭鉱成金も多くて有名です!
大同の街は、スモッグがかなりかかってました下向き矢印
炭鉱な街なので、街全体で練炭を使っているのでしょうか!?
大同に入ると、練炭の鼻にツーンとつく臭いと、喉がイガイガして・・・しょんぼり


そして無事に、大同高速バスターミナルに到着上向き矢印

大同高速バスターミナル
高速バス






最終更新日  2009年01月08日 01時26分03秒
コメント(6) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.