271010 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

とどろき伝説(楽天版)

PR

X

プロフィール


とどろき仁

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

お気に入りブログ

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

チャンネル登録者数… 山田真哉さん

伝説のアラキ:)気… 気合・気愛:)さん
いいこと探検家の人… いいこと探検家さん
Nakao Yuusuke.com 中尾ゆうすけさん

コメント新着

Hide@ Re:高畠真由美さんの思い出(03/23) 海外駐在を終えて帰国し、お世話になった…
和子7445@ Re:カラタネ・オガタマ(04/09) 気が枯れてしまったのですね でも、新しい…
お見合いキューピー@ Re:スノボ初体験(01/28) お疲れ様でした^^ スクールに行く前…
よびりん♪   @ Re:明けましておめでとうございます(01/01) 誕生日のメッセージありがとうございまし…
とどろき伝説@ Re[1]:明けましておめでとうございます(01/01) >まっく さん 明けましておめでとう…

フリーページ

2008年08月14日
XML
カテゴリ:スポーツ
開会式少女の口パク(北京オリンピック小話)


Yang Peiyi & Lin Miaoke(left)


★北京オリンピックの開会式で、歌を歌った少女が実は歌は別人であったことが
話題になっている。

Beijing Olympics: Faking scandal over girl who 'sang' in opening ceremony

・今月8日の北京五輪開会式で、歌の場面に登場した少女(9)が本当の歌い手でなかったことが明らかになった。地元メディアが12日、実際の歌い手の少女の外見が「国益」にかなわなかったための措置だったなどと伝えた。

つまり、開会式に出たLin Miaoke (林妙可 写真左)は、口パクで歌うふりをしていたわけだね。
実際に歌ったのはYang Peiyi(楊沛宜 同右)だったわけだ。


ようするに、歌い手(写真右)は器量が悪かったというわけだね。(笑)
私には、ごく普通の外見だと思うが。


ああ、

Yang Peiyiちゃん(7歳・中国北京市出身・小学校1年生)は、

中国当局によって、


不美人(ブス)だと認定されてしまいましたあ。(爆)


しかし、


歌唱力は抜群であることを10億人の観衆の前で証明したわけだね。(^^)

大人になったら、美人になって戻っておいで~。


開会式「微笑みの天使」は口パク、容姿でふるいに非難続出(読売新聞)

>北京=杉山祐之】中国紙「信息時報」(電子版)などは13日、北京五輪開会式で、入場する中国国旗を9歳の少女が革命歌を歌って迎えたシーンについて、少女は実際には「口パク」をし、世界に流れた歌声は別の少女(7)のものだったと報じた。


口パクするのは、自分の声なら、日本の芸能界なら不思議ではないのだが、
他人の声でやるとは、演出のやりすぎといえる。


ようするに


偽装しているわけだ。(笑)


★どうしてこんなことをやっているかというと、原因は2つあると思う。

1つは、中国共産党の体質。

なんでも、ごましてでもかっこだけつけようとしているわけだね。

これについては、あちこちで言われているので、そちらを見てもらうことにして、
ここでは、もう一つの問題を取り上げたい。


★幼女で、歌が上手くて、美人などどいう発想が
そもそも無理な注文なのである。

そもそも、歌手は肉体が楽器なのである。

だから、本当は、大人であっても、歌手が、現代的なスリムな美女にな
るというのは、無理があるのだ。(笑)

それはなんとかクリアーするとしても、
少女、というより小学校低学年で歌が上手いというのは奇跡である。

その上美人でなければなどというと、
中国中を探しても、見つからないことになってしまう。


あげくの果ては、「容姿のきれいな子」と「歌が上手い子」を
組み合わせるということになる。(笑)


・もし17歳であれば、

中国四千年の美容術と、
現代医学の粋をこらした美容整形術と
世界一のスタイリストが束になって、

ヤンちゃんを美人にしてしまうのだろうが、、、

相手が7歳では通用しない。(笑)×2


歯並びの悪さを隠せないであろう。


そして、それは仕方がないのである。

なぜなら、

小さな子供の場合、歯は間が空いている必要がある。

小さい時に歯がきっちり生えていると、
成長によって、歯が重なり合って、歯並びが悪くなるのである。

だから、そもそも子供を出させるのが間違いなのである。



★さらに、今回の開会式は他にも偽装の話がでている。

花火はCGが入っているとか。

五輪開会式の映像、花火など一部は事前制作による合成(ロイター)

> [北京 12日 ロイター] 世界的に高い評価を受けた北京五輪の開会式だが、花火などの映像の一部は事前に制作されていたものだったことが分かった。北京五輪組織委員会(BOCOG)の関係者らが12日に明らかにした。

>花火や華麗な踊りで観衆を魅了した開会式の様子は、世界中で約10億人が視聴したと推定されている。

>BOCOGの王偉副会長は記者団に「一部の映像は、演出効果のために開会式の前に制作されていた」と説明。事前に制作されていた映像には、北京の上空に浮かび上がった花火による「足跡」なども含まれているという。



■情報統制もすごい。

開会式の途中で、コンピュータのリセット画面が出てしまった
(聖火ランナーが空中をつり下げられて走っている時)とか、
日本ではほとんど伝えられないようだ。



さて・・・


こういうことからでも、教訓を引き出すことはできる。

それは、多くを望みすぎないということである。

現代は豊かになって、なんでも手に入ると思ってしまう。

例えば、母親になって、しかもスタイルがよくなりたいなどどいう
以前では考えられない欲望である。

その結果、体に無理な負担をかけたりするというリスクを抱えてしまうのである。

見栄をはって、その反動がくるというのは注意しておくべきことである。


***************************************************************

よびりん人生大学(よびりんさんの日記)
生きる勇気を与えてくれる素晴らしいブログです。


☆私のブログ

【FC2ブログ】とどろき伝説
自己啓発と能力開発の本質について語ります。

【ライブドアブログ】とどろき塾代表 梶川信夫の教育・政治談義
日本の教育と政治について語ります。






最終更新日  2009年03月13日 17時26分41秒
コメント(0) | コメントを書く
[スポーツ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.