000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

在職しながら仕事を探す方法の特徴とポイント

PR

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

バックナンバー

2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2017.01.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

看護業界での転職をするとなると、選択肢は2つになります。まず1つ目は、在職中にどこかの病院の仕事を探す方法です。それともう1つは、退職後に探す方法となるのです。そして多くの方々は、1つ目の方法を選んでいる傾向があります。

1.収入がなくなるデメリット

まず病院の退社後に仕事を探すのは、じっくり探せるメリットはあります。なぜなら基本的には仕事をしていない訳ですから、ある程度時間的な余裕があるからです。それに対して在職中に探すとなると、働く時間を割く必要があるので、ちょっと時間も限られる一面があります。

ところが退職後に探した場合は、当然収入源が途絶えてしまう事になるでしょう。それで生活に関して、ちょっとして不自由が生じる事も珍しくありません。すなわち、その収入が退職後にお仕事を探すデメリットになります。

2.収入が途絶えないメリットがある

それに対して在職中に探す方法の場合は、少なくともどこかの病院で勤務する事になるのですから、収入が途絶えることはほぼ無いでしょう。ですので生活の安定性を確保した上で、お仕事は探せる訳ですね。それだけにある程度資金的な余裕をもって、仕事を探せるメリットがあります。

3.時間的な工夫は必要になる

しかしどこかの病院で働く以上は、やはり前述のように時間の制約が発生するのも事実です。少なくとも昼間の時間帯などは、病院などで勤務をしている訳ですから、なかなかお仕事探しの時間も限られてくるでしょう。そのため、一工夫必要になってくるのです。

働きながらも効率良く仕事を探すことができるように、専門会社に依頼する事も必要なのですね。

4.紹介会社に代行を任せる

その方法の1つが、紹介会社です。そのサポート会社では、お仕事探しの代行というサービスがあります。その会社に登録をすると、まず自分の希望する仕事の条件などを、色々と伝達する事になります。

するとその話を聞いた会社担当の方々は、その希望の条件に合致する案件を色々紹介してくれるのですね。

登録者としては転職前の病院での仕事に集中する事ができます。病院で仕事をする間にも、お仕事探し担当の方が頑張って探してくれる訳ですね。この代行サービスが、紹介会社のメリットの1つと言えます。

5.引き継ぎは時間がかかる

それともう1つ気をつけるべきなのが、引き継ぎ手続きになります。病院を退職する事になる訳ですから、退職後の看護師の方々に対して、仕事を引き継ぐことになるのです。

そして、それが予想以上に時間がかかるのですね。最初は2週間前後で引き継ぎが完了すると思い込んでいたものの、実際には1ヶ月以上かかるケースも目立ちます。ある程度は期間的な余裕を見ておく事は必要でしょう。

在職中に探す方法の特徴

つまり在職中に看護師のお仕事を探す時の特徴としては、次のような点があります。
・退職後の方法と違って収入は途絶えない
・お仕事を探す為の時間の工夫は必要
・人材紹介会社の代行が便利
・引き継ぎは多少の時間が必要

総じて時間的な工夫が必要な事が多いですね。いかにして人材紹介会社を有効活用するかが、転職で成功するかどうかを左右するでしょう。

転職するならナースパワーの特徴から評判まで徹底解説します!を参考にするといいですよ。







最終更新日  2017.03.02 16:16:34
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.