2436034 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

All The Things You Are

November 29, 2005
XML
テーマ:Jazz(1617)
カテゴリ:カテゴリ未分類
『It's Been A Long, Long Time』(イッツ・ビーン・ア・ロング、ロング・タイム)
【お久しぶりね】

この曲は1945年に、サミー・カーンが作詞し、ジュール・スタインが作曲したもので、
映画やミュージカルとは関係のないものです。

1945年は、8月15日に日本が降伏して第2次世界大戦が終った年で、
この曲は、コール・ポーターが作曲した「You'd Be So Nice To Come Home To」と同じように、
戦争によって、愛する人とはなればなれになっていた人たちなどの、
愛する人を想う心に響き、大ヒットしました。

フィル・プリトーがラジオで歌ったのが最初でしたが、
終戦後約2カ月たった、この年の10月ごから数枚のレコードがチャート入りしてきました。
レス・ポールのギター・トリオの演奏でビング・クロスビーが歌ったものが1位に2週いて、チャートには16週入り、
ハリー・ジェイムス楽団でキティー・カレンが歌ったものは1位に3週いて、チャートには17週入り、
そのほかにも多くのものがチャート入りして、大変なヒットになりました。

以後、映画にも使われたり、広いジャンルで非常に多くの人が歌うスタンダード・ナンバーになりました。

この曲は、歌詞に泣けるというものです。
しかし、激しく燃える愛などの感動で魅了させたり、悲しくて切ない感情で涙を誘うというものではなく、
ほのぼのとした、暖かくやさしい幸せな気持ちなのに泣かせるというところが、
まさにサミー・カーンの魅力と言えるでしょう。

普通の曲は、1コーラスが32小節のものが多いのですが、この曲は16小節と短いものです。
ある記者がカーンに「最も収益の多かった曲は何か?」と訊ねたので、
それはこの曲で、収益は75’000ドルだと答えると、この曲の語数が約75語だったために、
「サミー・カーンは一語で1’000ドル稼いだ」という記事を書かれたと言います。

*****

●イッツ・ビーン・ア・ロング、ロング・タイム
It's Been A Long, Long Time
【お久しぶりね】

作詞:サミー・カーン
作曲:ジュール・スタイン
1945年


《ヴァース》
あなたがここに
私のそばに立っているなんて想像も出来なかったわ
言いたいことや思っていることはたくさんあるのよ
でも、言葉はほかの日にあとまわしにしてもいいわ

《コーラス》
とにかく一回キスしてちょうだい
それからもう一度
そしてもう一回キスしてちょうだい
本当にずいぶん永かったわ
こんな気分味わってなかったわ
どれほどたくさんあなたの夢を見たことか
そしてあなたなしの夢がどれほどむなしかったか
あなたにはわかってもらえないでしょうね
だから一回キスしてちょうだい
それからもう一度
そしてもう一回キスしてちょうだい
本当に、本当に永かったわ・・・






Last updated  November 29, 2005 12:10:03 PM
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.