2968925 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

All The Things You Are

December 9, 2006
XML
テーマ:Jazz(1691)
カテゴリ:カテゴリ未分類
For Sentimental Reasons

フォー・センティメンタル・リーズンズ / リンダ・ロンシュタット
For Sentimental Reasons / Linda Ronstadt With Nelson Riddle & His Orchestra


オリジナル盤発売日:1986年
レーベル:Elektra / Asylum

1.When You Wish Upon A Star 星に願いを
2.Bewitched, Bothered And Bewildered 魅惑されて
3.You Go To My Head 忘れられぬ君
4.But Not For Me バット・ノット・フォー・ミー
5.My Funny Valentine マイ・ファニー・ヴァレンタイン
6.I Get Along Without You Very Well あなたなしでも
7.Am I Blue アム・アイ・ブルー
8.I Love You For Sentimental Reasons アイ・ラヴ・ユー・フォー・センティメンタル・リーズンズ
9.Straighten Up And Fly Right ストレイトン・アップ・アンド・フライ・ライト
10.Little Girl Blue リトル・ガール・ブルー
11.Round Midnight ラウンド・ミッドナイト

----------

“ミス・アメリカ”と呼ばれたアメリカン・ロックの女王リンダ・ロンシュタットの、
1986年リリースのスタンダード・ナンバー・アルバム。

ネルソン・リドル・オーケストラとの、スタンダード曲集3部作の完結編となるアルバム。

第1作の『ホワッツ・ニュー』、第2作の『ラッシュ・ライフ』は、ともに大評判になり、
どちらも200万枚を超えるセールスを記録しました。

このアルバムも前の2作と同じく、
ピーター・アッシャーのプロデュース、ネルソン・リドルの編曲と指揮で、
1985年7月10日から1986年5月16日にかけてロサンゼルスで録音されました。
録音に長くかかったのは、リドルの体調に問題があったようで、心臓が衰弱し、
このアルバム製作の途中、1985年10月6日、ロスの病院において他界してしまいました。
このアルバムは、彼の最後の作品になりました。
そのため、「アム・アイ・ブルー」、「センティメンタル・リーズンズ」、「ストレイトン・・・」の3曲は、
リドルのかわりにテリー・ウッドソンが指揮をしました。

バラード中心の美しいスタンダード・ナンバーを歌う、
リンダの成熟した女性の魅力がここでも聴かれます。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズ・フュージョンへ






Last updated  December 9, 2006 08:14:44 AM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.