3777027 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

All The Things You Are

全1884件 (1884件中 341-350件目)

< 1 ... 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 >

December 28, 2008
XML
テーマ:Jazz(1898)
カテゴリ:Jazz Memorandum
【ジャズ理論の基本:4】

音階(おんかい)、スケール(scale)

音階は、英語でスケールという。
以下、スケールという言葉を優先する。
スケール(音階)とは、音を高さの順に、1オクターブ以内に並べた音列(おんれつ)をいう。
スケールの構成音(スケール・ノート)は一定の秩序によって配列され、
メロディーやコード(和音)などの多くの音楽的要素は、何らかのスケールに基づいて作られている。

スケールには様々な種類があるが、ジャズやポピュラー音楽で使われるスケールの基本は、
1オクターブが7音からなる七音音階(ななおんおんかい)(heptatonic scale)というもの。
この音階は、クラシック(西洋音楽)でも基本的に使われ、現在の音楽の主流となっている。
なかでももっとも一般的なのが、全音(ぜんおん:半音2つ分)5つと半音(はんおん)2つから成る
ダイアトニック・スケール(全音階:ぜんおんかい)。

ダイアトニック・スケールには、
長音階(メジャー・スケール)と自然的短音階(ナチュラル・マイナー・スケール)の2種類があるが、
そのうち、1オクターブの一番低い音を基音(きおん=基の音)として高い方に順に、
「1:基音」、「2:全音」、「3:全音」、「4:半音」、「5:全音」、「6:全音」、「7:全音」、「8:半音」
の順に音を並べた長音階(メジャー・スケール)というものが、もっとも基本になる。
これは、コード(和音)の構成音を考える上でも、もっとも重要なもの。

言葉で表すと難しくなってしまうが、ピアノの鍵盤で見ると簡単にわかる。
「ド=C」の音を1オクターブの一番低音側(左側)の音=基音とすると、
高音側(右側)に順に並んでいる白鍵盤(白鍵)の部分がこの長音階(メジャー・スケール)になる。
要するに、ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ドのこと。

これは「ド=C」を1番目(基音)にしているので、「C(シー)メジャー・スケール」という。
いわゆる「ハ長調(ちょうちょう)の音階」というもの。
そして、この音列を全て半音ずつ高音側(上)にずらして、1番目の音である、
一番低い(下の)音=基音を「ドのシャープ=C♯=レのフラット=D♭」にして並べたものを
「C♯メジャー・スケール」または「D♭メジャー・スケール」という。
そして、またそれを高音側(上方)へ全て半音ずつずらし、
一番低い(下の)音=基音を「レ=D」にして並べたものを「Dメジャー・スケール」という。
同じように高音側にずらしていくと、半音の数だけスケールができることになるので、
全部で12種類のメジャー・スケールがあることがわかる。

そして、その基音(1番目)から3番目と6番目と7番目が半音下がった音階、
「1:基音」、「2:全音」、「3:半音」、「4:全音」、「5:全音」、「6:半音」、「7:全音」、「8:半音」
の順に音を並べた音階を自然的短音階(ナチュラル・マイナー・スケール)といい、
これは暗い雰囲気を表す「短調」(たんちょう)というものの基本的音階として重要なもの。
このマイナー・スケールも、メジャー・スケールに相対しているので同じように全部で12種類ある。

そして、音名の次に覚えなければならない重要なことは、基音から順番についている名前(呼び方)。
それは、基音を1としてスケールの低音側から高音側に順番に数字で示し、
その単位は「度(ど:ディグリー:degree)」というもので呼ぶ。

Cのスケール(ハ調音階)と度数の関係
(他のスケールは半音ずつ移調すること)
スケール下の度数は基音からの音程を示すが、説明は次回参照のこと。

音程1
 
スケールの一番低い(下の)音=基音=1度(prime)
スケールの低い方から2番目の音=2度(second)
3番目の音=3度(third)
4番目の音=4度(fourth)
5番目の音=5度(fifth)
6番目の音=6度(sixth)
7番目の音=7度(しちど)(seventh)
8番目の音=1オクターブ上の基音と同じ音=8度(octave)

【注意点】
音名は、どんな場合でも変わらない固定されている決まった呼び方だが、
「度」で表す度数による音の呼び方は、スケールによって変わり、
それぞれ12コのスケールの一番低い(下の)音を1度として呼ぶ。
コード(和音)の構成音を考える上では、この度数の呼び方が重要になるので、
この度数をしっかり理解していないとコード(和音)の意味がわからなくなってしまう。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズ・フュージョンへ

【ジャズ】人気blogランキングへ






Last updated  December 29, 2008 10:15:19 AM
コメント(0) | コメントを書く


December 27, 2008
テーマ:Jazz(1898)
カテゴリ:Songwriter
ジャズの超有名スタンダード・ナンバーになっている「スターダスト」、「ジョージア・オン・マイ・マインド」などを作曲した、
アメリカの偉大なソングライター、ホーギー・カーマイケルが亡くなった日。

ホーギー・カーマイケルは、ピアノも弾き、自ら歌も歌うという自作自演をしており、
偉大なシンガー・ソングライターともいうべき人でしょう。

Hoagy Carmichael

●ホーギー・カーマイケル(Hoagy Carmichael)

1899年11月22日、アメリカ、インディアナ州ブルーミントン生まれ。
1981年12月27日、カリフォルニア州パーム・スプリングスで、82歳で死去。

----------

ホーギー・カーマイケルは、数々の名曲を残したアメリカのポピュラー音楽の作曲家で、
日本でも「スターダスト」や「ジョージア・オン・マイ・マインド(我が心のジョージア)」といった彼の曲は、
だれもが耳にしたことがあることでしょう。

ホーギー・カーマイケルは1899年生まれで、これはデューク・エリントンと同じ年の生まれです。
1920年代、カーマイケルは弁護士になるつもりでインディアナ大学の法科に入りますが、
この頃から友達とバンドを作り、作曲も手がけていました。
そのとき、作曲した曲がアーヴィング・ミルズの経営するミルズ楽譜出版社から出版されました。
彼はピアノを演奏し、大学のダンスバンドに参加することでジャズに夢中になりました。

1926年、カーマイケルはブルーミントンのインディアナ大学で法律の学位を取得して卒業、
1927年、弁護士になるためにフロリダの法律事務所に就職しました。
しかしそのころ、ミルズ楽譜出版社からも誘いがきていました。
そこでカーマイケルは音楽か法律か、どちらの道に進むべきか迷っていましたが、
そんな時に、街のラジオ店の蓄音機から流れてきた曲の演奏を耳にしたことで、
音楽の道に進む決心をしたのでした。
そのとき流れてきた曲とは、自分が作曲しミルズ楽譜出版社から出版されていた曲で、
それはジャズのアレンジがされていて、その素晴らしさに雷に打たれたようなショックを受けたと言います。

そして、その年(1927年)の夏、故郷ブルーミントンの母校インディアナ大学を訪れ、
かつての恋人のことを思い出していて浮かんだという曲が、かの有名な「スターダスト」です。

その後、1930年に「ロッキン・チェアー」、1931年に「ジョージア・オン・マイ・マインド(我が心のジョージア)」、
1940年に「ニアネス・オブ・ユー」、1942年に「スカイラーク」といった名曲を世に送り出しました。

そしてこれらの曲は、ナット・キング・コールやレイ・チャールズなど、数多くの人が歌い、
ジャズ・プレイヤーにも好んで演奏されるスタンダード・ナンバーとして、現在よく知られています。

ホーギー・カーマイケルは歌も歌い、彼のピアノの弾き語りによる録音など、彼の歌声も多く残っています。

また、彼は俳優としても活動し、
日本でも1960年代に放映されていた「ララミー牧場」というテレビ番組に、
「カーマイケル爺さん」という役で出演していました。

コール・ポーターとジョージ・ガーシュウィンが都会のサウンド・トラックを書くならば、
ホーギー・カーマイケルはアメリカの中核地帯の声と言えるものでしょう。

*****

[代表作]

Stardust (「Star Dust」の曲名で歌詞なし登録1928, 歌詞付き楽曲登録1929)

Rockin' Chair (1930)

Georgia On My Mind (1930)

Lazy River (1931)

Heart And Soul (1938)

Two Sleepy People (1938)

I Get Along Without You Very Well (1939)

The Nearness Of You (1940)

Skylark (1942)

Baltimore Oriole (1942)

How Little We Know (1944)

In The Cool Cool Cool Of The Evening (1951)

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズ・フュージョンへ

【ジャズ】人気blogランキングへ






Last updated  December 28, 2008 11:43:37 AM
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:Jazz(1898)
カテゴリ:Jazz Memorandum
【ジャズ理論の基本:3】

少しは役に立つかも・・・ジャズ理論の基本は、まず英語で音名を覚えることから始まる。
英語の音名が、コード・ネーム(和音名)の基本にもなってくるので重要なこと。

音名(おんめい)、(pitch name)

音それぞれに付けられた固有の名前(呼び方)を音名という。

音名には半音の変化のないピアノの白鍵の音にあたる音名の幹音名(かんおんめい)(natural tone name)と、
変化記号が付き半音変化したピアノの黒鍵の音にあたる派生音名(はせいおんめい)(alteration name)に分けられる。

ここで注意が必要なことは、音名は国によって名称が異なるということ。
ジャズはアメリカで創られた音楽なので、音名は必ず英語読みを使うこと。
まぎらわしくなるので、特にドイツ語読みとは混同しないように注意すること。

***

ここまで、1回目と2回目で説明しました。

とにかく、音名は英語でわかるようにすることがジャズ理論の基本になります。
これは学校の義務教育では教わらないことなので、新たに勉強しなくてはなりません。

日本の義務教育の音楽では、音名は「ド」、「レ」、「ミ」・・・で教えられますが、
ジャズやポピュラー音楽では「C(シー)」、「D(ディー)」、「E(イー)」・・・になります。

音名は全部で21コ。
そのすべてを、瞬間的にピアノの鍵盤などで認識ができるようにすることです。
そうしないと楽譜(ジャズではリード・シートという)に示されているコード(和音を記号で表したもの)が理解できないので、
スムーズに演奏ができないでしょう。

●ドから高音側(上)へ半音ずつの音名

01.ド=C(シー)
02.ドのシャープ=C♯(シー・シャープ)=レのフラット=D♭(ディー・フラット)
03.レ=D(ディー)
04.レのシャープ=D♯(ディー・シャープ)=ミのフラット=E♭(イー・フラット)
05.ミ=E(イー)
06.ミのシャープ=E♯(イー・シャープ)=ファのフラット=F♭(エフ・フラット)
07.ファ=F(エフ)
08.ファのシャープ=♯F(エフ・シャープ)=ソのフラット=G♭(ジー・フラット)
09.ソ=G(ジー)
10.ソのシャープ=G♯(ジー・シャープ)=ラのフラット=A♭(エー・フラット)
11.ラ=A(エー)
12.ラのシャープ=A♯(エー・シャープ)=シのフラット=B♭(ビー・フラット)
13.シ=B(ビー)
14.シのシャープ=B♯(ビー・シャープ)=ドのフラット=C♭(シー・フラット)


1オクターブ上の同じ音名の繰り返し
「ド=C(シー)」

***

A(ラ)が音の高さの基準

ちなみに、アルファベット最初の文字である「A」は「ラ」の音で、「ド」でないのは、
Aの音の高さが基準になっているからです。
世界共通で、ピアノのほぼ中央のA(ラ)の周波数を、440Hz(ヘルツ)に定めています。
(近年では441~442Hzにすることもある。)
この440Hzの2倍の周波数880Hzは、1オクターブ上のAの音、
また、440Hzの半分の220Hzは1オクターブ下のAの音になります。
1オクターブの間は均等に12分割されていて、その1つが半音です。
半音が12コ積み重なると1オクターブになります。

ピアノのC(ド)から1オクターブ上のC(ド)の間には、鍵盤が白鍵、黒鍵あわせて12コあります。
その鍵盤1コの隣同士が半音の関係になります。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズ・フュージョンへ

【ジャズ】人気blogランキングへ






Last updated  December 29, 2008 09:58:52 AM
コメント(0) | コメントを書く
December 26, 2008
カテゴリ:カテゴリ未分類
結婚式場T&Gベイサイド迎賓館・静岡の忘年会。

コスプレプランナーさんたち

コスプレプランナーさんたち

場所は静岡街中のアメリカン・レストランバー「ブロンクスチェア」。
どこかと思ったら、この店になる前、演奏で入っていた「スコッチバンク」のところだった。
入り口はレンガ作りで変わりなかったが、内装はまるで変わっていた。

プランナーさんたちが、なんとコスプレで楽しかった。
みなさん仕事では髪の毛を束ね黒のズボン姿なのが、今日は過激なコスプレですごかった。
ベイサイドの美人支配人はミニスカのブラック・キャット姿が素敵。
ほか、セーラー服(自前らしい)、チャイナドレス、スッチーにメイドカフェ嬢、女医に扮していたが、
とにかくみんな若くて美人さんぞろいだ。

美人支配人さんと

美人支配人さんと

メイドカフェ嬢姿のプランナーさんと

メイドカフェ嬢姿のプランナーさんと

ネコの支配人

ネコの支配人さん

メイドカフェ嬢姿 のプランナーさん

メイドカフェ嬢姿 のプランナーさん

スッチーのプランナーさん

スッチーのプランナーさん

セーラー服のプランナーさん

セーラー服のプランナーさん

チャイナドレスのプランナーさん

チャイナドレスのプランナーさん

調子に乗って二次会まで行ってしまった。
二次会の場所は「ジャパニーズモンスター」。
ダーツバーらしい。

普段は一緒にならないピアニスト同士も、話ができてよかった。

帰りは電車がないので歩いて帰ってきた。
1時間ちょっとなので、ちょうどいい感じだ。
東京でバンドをやっていたころは、店が終わった時間に電車がないと、
赤坂や六本木あたりからは、当時住んでいた新宿まで1時間半ぐらい、
毎日歩いていたものだ。
しかし、やっぱりもう歳だ、足が痛くなった。
足腰が弱っていることを実感した。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズ・フュージョンへ

【ジャズ】人気blogランキングへ






Last updated  December 28, 2008 02:50:29 PM
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:Jazz(1898)
カテゴリ:Jazz Memorandum
【ジャズ理論の基本:2】

少しは役に立つかも・・・ジャズ理論の基本は、まず英語で音名を覚えることから始まる。
英語の音名が、コード・ネーム(和音名)の基本にもなってくるので重要なこと。

音名(おんめい)、(pitch name)

音それぞれに付けられた固有の名前(呼び方)を音名という。

音名には半音の変化のないピアノの白鍵の音にあたる音名の幹音名(かんおんめい)(natural tone name)と、
変化記号が付き半音変化したピアノの黒鍵の音にあたる派生音名(はせいおんめい)(alteration name)に分けられる。

前回、幹音名をやったので、今回は派生音名。

これも国によって名称が異なるので、ジャズの場合は必ず英語読みを使う。
ドイツ語ではそれぞれ固有の名称がついているが、
英語の場合は、幹音名に変化記号の♯(シャープ)または♭(フラット)が、
それぞれ付いた読み方になるだけ。

たとえば、「C」に♯が付いた場合は「C♯」で「シー・シャープ」と読む。
「C」に♭が付いた場合は「C♭」で「シー・フラット」と読む。

派生音名

派生音名

日本・・・嬰ハ えい・ハ        変ハ へん・ハ
英・・・C-sharp シー・シャープ     C-flat シー・フラット
仏・・・ut diese ユト・ディエーズ   ut bemol ユト・ベモル
伊・・・do diesis ド・ディエシス    do bemolle ド・ベモール
西・・・do sostenido ド・ソステニード do bemol ド・ベモール

原語名の略
英:英語
独:ドイツ語
仏:フランス語
伊:イタリア語
西:スペイン語

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズ・フュージョンへ

【ジャズ】人気blogランキングへ






Last updated  December 29, 2008 09:57:57 AM
コメント(0) | コメントを書く
December 25, 2008
テーマ:Jazz(1898)
カテゴリ:Jazz Memorandum
【ジャズ理論の基本:1】

少しは役に立つかも・・・ジャズ理論の基本は、まず英語で音名を覚えることから始まる。
英語の音名が、コード・ネーム(和音名)の基本にもなってくるので重要なこと。

音名(おんめい)、(pitch name)

音それぞれに付けられた固有の名前(呼び方)を音名という。

音名には半音の変化のないピアノの白鍵の音にあたる音名の幹音名(かんおんめい)(natural tone name)と、
変化記号が付き半音変化したピアノの黒鍵の音にあたる派生音名(はせいおんめい)(alteration name)に分けられる。

ここで注意が必要なことは、音名は国によって名称が異なるということ。
ジャズはアメリカで創られた音楽なので、音名は必ず英語読みを使うこと。
まぎらわしくなるので、特にドイツ語読みとは混同しないように注意すること。

たとえば、ジャズでは「C」は「シー」であり、「ツェー」とドイツ語で言ってはいけない。
「G」は「ジー」で「ゲー」は不可。
「A」は「エー」で「アー」は不可。
「D」は「ディー」で「デー」は不可。
「B」は「ビー」であり「ベー」と言うと「B♭」のことになってしまうので不可。
「H(ハー)」は絶対使わない。
この辺は特に注意を要する。
クラシックを勉強した人は英語に切り替えること。

幹音名

幹音名

原語名の略
英:英語
独:ドイツ語
仏:フランス語
伊:イタリア語
西:スペイン語

***
派生音名は明日。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズ・フュージョンへ

【ジャズ】人気blogランキングへ






Last updated  December 29, 2008 09:57:14 AM
コメント(0) | コメントを書く
December 24, 2008
テーマ:Jazz(1898)
カテゴリ:Jazz Memorandum
東京タワー

1958年に完成した東京タワー(東京都港区)は23日、開業から50年を迎えた。

これは、ボサノヴァ誕生50年と同じだ。

東京タワーは小学校の修学旅行で行ったが、東京に住んでいるときには一度も行ったことがなかった。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズ・フュージョンへ

【ジャズ】人気blogランキングへ






Last updated  December 24, 2008 11:29:44 AM
コメント(0) | コメントを書く
December 23, 2008
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日電話がかかってきて、四日市会場のピアニストが肺炎になってしまったということで、
急遽「ガーデンクラブ迎賓館・四日市」に行くことになった。

午後3時30分からのパーティーだが、人前式なので、12時45分入り。

静岡から行くと交通費が1万4千円くらいかかってしまうが、
京都・大阪方面にはいないのかな?

しかも、リクエストありで、ハワイアン・ソングをやってほしいということだ。

●急遽ファックスで楽譜を送ってもらったハワイアン・ソング・リスト

1.ハワイの結婚式の歌

2.ダヒル・サ・ヨ

3.ブルー・ハワイ

4.南国の夜

5.アロハ・オエ

6.ワイカプ

7.フラ・オ・マケエ

8.小さな竹の橋で

9.恋人よアロハ

10.ハワイアン・ウォー・チャント(タ・フ・ワ・フ・ワイ)

11.ハワイアン・サン・セット

12.ハワイアン・パラダイス

13.カイマナ・ヒラ

14.ハワイ(1966年ユナイト映画「ハワイ」主題歌)

15.ワイキキの浜辺で

16.南国の魅惑の島

17.ハワイのわらぶき小屋

18.サーフィンU・S・A

ほとんど初めて演奏する曲だったが、テーマのあとはアドリブの展開で、
さらっと目立たないようにジャズ・アレンジにしてしまった。

***

交通費
古庄~新静岡(静岡鉄道):\130
静岡~名古屋(新幹線):\3,260(乗車券)+\2,410(特急券)=\5,670
近鉄名古屋~近鉄四日市(近鉄名古屋線):\610
近鉄四日市~市立病院口(バス):\200
片道合計:\6,610
往復合計:\13,220

長距離を移動すると、交通費は高い。
それに、時間や労力もかかるので、
本当は交通費だけではなく出張費もプラスされなければ、割りは悪い。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズ・フュージョンへ

【ジャズ】人気blogランキングへ






Last updated  December 27, 2008 09:13:11 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 22, 2008
テーマ:Jazz(1898)
カテゴリ:Jazz Memorandum
静岡センチュリー・ホテル 5Fセンチュリー・ルームで行われた、
「静岡青年会議所の家族クリスマス・パーティー」で、ジャズ演奏を依頼された。

編成は、ピアノ、サックス、ウッド・ベースの指定。
普通ジャズバンドには特定のグループ名はないのだが、
紹介するため名前を決めてくれというので、急遽考えた。

「大関敏夫・スタンダード・ジャズ・トリオ」

演奏時間は20分間1回ステージ。全5曲。
拘束時間は、セッティングやリハーサルがあるので、6時間くらいになった。
PAはホテルの従業員がやっていたので、ひどくてまいった。
リハーサルで指示したのに、本番では全然できていなかった。

数年前まで12月は、ほとんど毎日パーティーで忙しかったというのに、
今年は、この1本だけだ。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズ・フュージョンへ

【ジャズ】人気blogランキングへ






Last updated  December 27, 2008 08:25:12 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 21, 2008
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日、浜松へ行ったので、ちょうどガソリンがエンプティ。
日曜日は60ポイントなのでガソリン給油。

\4000分。
@99x40.4L=\4000
10円引き券を使って今日はリッター\99になった。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズ・フュージョンへ

【ジャズ】人気blogランキングへ






Last updated  December 25, 2008 05:13:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1884件 (1884件中 341-350件目)

< 1 ... 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 >


© Rakuten Group, Inc.