000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

文房具や小物を愛する理由


ライブハウス店長と
文房具。


ライブハウス店長と
革小物。

もしくは、モールスキンでも万年筆でもいい。
絶対、結びつかない事と思う。


私が変わった人間・・・・であることはまあ否定しないけれども。


それにしても、皆さん、????が頭を飛び交う事でしょう!
余りにも、私をイメージしにくい事でしょう。


私が、文房具や革小物を愛するようになったのには経緯があるのです。


今の仕事の前。
とある、小さな小さなプロダクションにいました。
アーティストの現場マネージャーとして。

音楽の裏方の仕事をやるには、捨てるものが必要なのです。
休みもあってないようなもの。
いつ、仕事になるか分かったものじゃありません。


例えば、「友人たちに囲まれた日常」。

White


仕方ないのです。
でも、何かに満たされない毎日。

そんな時に出会ったのが、WhiteHouse Coxの革小物でした。
(ブログでは未登場ですが)

雑誌で見た、色が変わり、味が出ていく様子。
いわゆるエイジングに魅了されてしまいました。

クリスマスプレゼントに今の嫁から最初に買ってもらったのが、名刺入れ。
もうそれから7年間愛用し、そのほかのWhiteHouse Coxも大分増えました。

写真は、ちょっとマニアックなビンテージブライドルレザーという革を使った、かなりマニアックなもの。小銭入れと、札入れです。


自分にとって、大切な、長く使いたいと思うものは、まさに革命でした。
それまで飽きっぽい私は、ころころと使うものを変えていました。
それが、これ以降に買った

”本当に良いモノ”

は、今でも全て使い続けています。


それ以来、
「自分の身の回りで持ち歩けるもの」
にこだわるようになりました。


ただ、日常を過ごしているだけで。

財布からお金を払ったり。
名刺を差し出す時。
ノートにメモをする時。

なんとなく、幸せな気分になれた。

つらい事も沢山あったので。へんな話し、モノに癒されていたのでしょう。


昔から、こだわりが強い方だったので、それはどんどん飛び火していき、ノートや万年筆など、様々なものを入手しました。
しかし、それはいまでも、毎日第一線で活躍しています。
私の毎日を支えてくれているのです。

ライブハウスで働く今もそれは変わらない。
ただそれだけです。




・・・そこには、今でも変わらずに。

「ささやかな幸せ」

が存在するのです。




© Rakuten Group, Inc.