169164 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

自宅でのんびり +本と映画+

2021.09.17
XML
カテゴリ:読書日記

心淋し川 [ 西條 奈加 ]

心をうらと読ませて、ずっと引っぱっていくあたりが読み応えあり、と納得。
心町に不似合いな茂十の過去が一番辛いのかな、と薄々思いながら読み進められるところも面白い。
📖
「誰の心にも淀みはある。でも、それが人ってもんでね」
江戸、千駄木町の一角は心町(うらまち)と呼ばれ、そこには「心淋し川(うらさびしがわ)」と呼ばれる小さく淀んだ川が流れていた。川のどん詰まりには古びた長屋が建ち並び、そこに暮らす人々もまた、人生という川の流れに行き詰まり、もがいていた。






最終更新日  2021.09.17 01:37:28
[読書日記] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.