000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やぶろぐ。

PR

X

全417件 (417件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 42 >

2021年01月24日
XML
カテゴリ:音楽♪
 堀下さゆりさんのバックで演奏させていただき、早くも約2年がたちました😲リハーサルから考えるとそれ以上。。。
 縁あって、ライブやレコーディングをしておりまして。。。去年の初めから「へやおと」シリーズと題して、我が店、やぶ信にて録音♬



 本当は春夏秋冬、4枚を予定しておりましたが春からの新型コロナの蔓延で3作目は秋冬合作、3曲入りです。



曲や歌詞については堀下さんご本人、プロデューサーの佐藤さんから、ライブやブログなどでいろいろあると思いますので、ドラムやパーカッション担当としての徒然をば👀というか、さっきまさにヒロさんレビューがあがってました😆ちょっと被るかも、ですが。。。。。

今回は3曲ともドラム、リズム楽器を最初に録りました。クリックとガイドの鍵盤と歌です。リハーサルを何度か重ね、ヒロさんの監修のもと、パターンを決めていきました。


「東京」
3連シャッフル🎶ゆったりめ。シンプルなブラシの曲です。間奏のトライアングル△がみそ❤️
後半の盛り上がりは流石の展開力です👊歌の感極まりがグッと来ますね。

「elevator」
カバー曲。元ネタはノリの良い16な曲です。最初にデモでいただいた時に。。
「お、遅っ😭」
リズム隊(て、俺だけだけど)鬼門のBPM。。。
なんとか出来かけた時点で、ヒロさんにスネア、堀下さんにバスドラを一つづつ抜かれるという、かわいがりを受けました😅演奏はじまりの3/4もなかなかの。。。。

佐山亜紀をゲストにごり押しも、素晴らしいコーラスを聞かせてくれました👍

今までと少し違った雰囲気🌊ウィスパー佐山👍


後ろにかすかに入るシェーカーは、両面の皮を握ったり離したりするとワウのように音程が変わるモノ😲マイクに近づけたり離したりしながらぐるぐる回る🌀感じ??アナログなフェーザー🤗感をお楽しみください!
ミックス後の感じも洋楽的?

「金木犀の約束」
デモ、リハ段階からだいぶ変化していった曲でした。
70年代後半のポップスっぽく、から始まりまして、段々とあーでもなぁこーでもない。
リズム的にはだんだんと引き算?1のバスドラ、2.4のハイハット、3のスネア。。。バックビートも最初はもっと強めだったかな?
後にコンガを入れて、バランスを取るために引きました。
んで、コンガはヒロさんの意見もあり跳ねた感じに!。!。!コンガだけね。
だんだん重なるタンバリンとのポリリズムがミソ(苦心?)です。
ちなみにコンガやドラムをヒロさんが叩いてくれて全体リハで感じを作ったりも!!
鍵盤録音当日に音色をピアノからウーリッツァー(初めて聞いたけど😅)に変えてしまう、なかなかのびっくり😆
堀下さんとヒロさんの現場現場で変わっていく音作りの底力を痛感いたしました🙇‍♂️

あー、ニューソウルの香り??
と、納得。。。

随分前に入れてた多重録音アプリを使って、ガイド、クリックに自分のドラムやパーカッションをマイクから、ヘッドホンで聴きながら重ねて録音。

これを練習時に毎回やってみました。ほら、1人でやると感じがわからないのね。
体力と耳の消耗はかなりのものですが、とても勉強になりました!

ブラシ以外のドラム。スティックはコチラ。



ハイリーズドラム、という小口径ドラムのメーカーから出ている、菜箸スティック!!
Sすけに聞いて試しに使ってみたら、、、。
音量はかなり小さいけど、ライトで粒がしっかりした硬い音色!ブラシやロッドよりスティックに近くシンバルの音もよく鳴ります🙆‍♂️
アコースティックセットや、ボーズバーみたいな広さのライブでは使えますよ!コレ!!
買いすぎましたが🤣

やぶ信での録音、とはいえ本気のマイキング🔥
後で聞くとホントにいい音で録音していただきました!




録音2日めにはギターのゆーやも参加。
なんとか録音の8割方を土日で完了。パソコン不調問題もありましたが、、、、。

後日、2曲の歌入れ!てか、歌入れ、段々早くなってるような気がします😲



数ヶ月、かなりコン詰めてレコーディングに向かっていたため、すっかり腑抜けに、、、
なる暇もなく?発売記念ワンマンライブです!
いやー、久しぶりだわぁ。。。ありがたいソールドアウト👏
渾身の演奏をさせていただきます😼

今日の「s.o.k」
「さらに、おもしろい、計画も??」
へへへへ、乞うご期待👍






最終更新日  2021年01月24日 12時43分14秒
コメント(0) | コメントを書く


2021年01月21日
カテゴリ:ねこライフ
12月の初旬、急遽決まったおおはたさんのライブに向け、まつぼっくりを拾いに🚶‍♂️🚶‍♀️
って、なんでやねん😅
ドリンクチケットの代わりに、まつぼっくりを渡すという、女将のアイデア。。。。


12月というのに暖かい西公園にて、大量のまつぼっくりを拾いに、さて、国際センター駅でコーヒーでも飲みますか?
なんつって、橋を渡る。
「川に降りたい」と、女将。うーんと、西公園側は降りやすいけど、対岸の二高手前は民家が多くて面倒臭いんだよなぁ。
なかなか岸に出れず、やっぱ戻ろうか?なんて言いながら、やっとこさ川岸へ。

そりゃいますよね、野良猫さん。
はっきりさせときますが、自分、ノラちゃんに餌をあげることは絶対にしません。
可哀想とは思いますし、餌をあげている方への批判をするつもりもありませんが、これは自分への決め事のようなもの。
キリがないし、心を鬼にして👹👹

低木の植え込みのところにミケ猫発見👀
最初はいつものようにご挨拶(挨拶はします)なんか声にならない鳴き声?
よく見ると目も鼻もグジュグジュ、??や、痩せすぎてないか??
それでも、しょうがないよ、置いて帰るよ。。。
ノラちゃんなのに、女将に寄っていく、足元にすりすりしながら「かはかはー」と力なく鳴く。
女将、簡単に捕獲して持ち上げると、スカスカだったらしく
「軽すぎる。。。」
「病院連れてく!」
「やめとけって!」
しばし押し問答も結局病院に連れていくことに。。。。

入れるものもないので、自分の肩掛けバックに。なんの抵抗もない、スカスカに軽い。うずくまるミケ猫。
手を入れて撫でながら動物病院へ。(お世話になってる病院は大町、西公園のすぐそばなのです)



正直、この時点でこの猫とは関わりをもってしまったのです。ウチで飼うか?病気なら??いろいろな事をぐるぐる🌀考えながら病院へ。
ウチでの受け入れをするために1人先に帰宅して、隣の実家の使ってない部屋に猫ケージ、トイレ、水などを用意。姉と母には本当に申し訳ないけど。。。。


病院では、極度の脱水症状、栄養失調、熱もあるよう。瀕死の状態😢体重は1キロちょっとしかなく、この体長にしては痩せすぎのガリガリ😢😢
あとは血液検査して💉


少しずつ水を飲んだり、ご飯も食べている。かなり汚れているけど、まだ身体を洗うには弱りすぎていました。

それでも日に日に元気になっていく。マルゲ。
あ、初めて行ったポルトガル はリスボン 。初日の夜に食堂であった三毛猫がふと、頭をよぎりまして😁

マルゲリータ、と店員さんによばれ、お客さんの間を行ったり来たりの看板猫でした!
なんで、名前は「マルゲリータ」に決定👍👍

家族会議も真剣に、病気がなければビッカニーナと一緒に飼おうかなぁ、とか。猫エイズなら実家か事務所か?とか。

そんな時、知り合いから飼ってもいい!というオファーもあったり、、、しましたが。

猫エイズと感染症腹膜炎のダブルパンチが判明😭😭😿😿猫エイズはまあ、最初のブルーズがそれで亡くなったのですが、発症しない場合もあるので。。。。
腹膜炎はかなり厄介な病気。調べるほどに絶望感が😢

もちろん里親探しも出来ず。
実家や事務所を行ったり来たりしながらでもマルゲの猫生をどうにか幸せに全うさせよう、と思いました。
先ずは沢山ご飯をたべて、暖かい場合で、たくさん遊んで。普通の飼い猫の幸せを。と。

事務所兼楽器部屋に新たに猫ケージ。泊まり込めるようにクッションベッド。寒さ対策でオイルヒーターなどなど。おい、すっかり猫部屋か😅練習どーすんの。。


実家では姉が献身的にお世話してくれてますが、母の介護もあるので、マジ、感謝🙇‍♂️
かなり遊んでくれてるみたい😁

一緒に昼寝したり



空き店舗に遊びに行ったり


姉とまったりしたり


食欲はかなりのもの。。。






軽いから動きも素早い!



事務所では何度か寝泊まり。沢山のお客様にもご挨拶。

病院では、春に生まれたぐらい、とのこと。
最初の人への寄り方、そして誰が来ても愛想良く遊び、キャリーやケージにもすんなりはいります。うーむ、飼われてたかなぁ。人に。
どういう経緯でノラになったかはわかりませんが、自分で餌にありつけず、ガリガリに痩せていき、感染症にもなったのかなぁ?と。


さてさて、とはいえ、今は薬も効いているようで、すっかり元気。てか、元気すぎて実家の姉、母もてんてこまい🤣何故か2.1キロから太らないんですが、、、。軽いからすばしっこいし、高いとこも臆せず攻めます。病気を忘れるくらい!!

今後、どうなるかはわかりませんが、週に1.2回は事務所にお泊り。の、つもり。なんで、皆さま、やぶ信ついでにぜひぜひ会いに来て下さい!ま、どっちがついでだか。。。😅






今日の「s.o.k」
「師走に、思いもかけない、こんなねこ」
普段の年末なら忙しくて会ってなかったかなぁ。。。。






最終更新日  2021年01月21日 18時33分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年11月09日
カテゴリ:音楽♪
10月31日土曜日、見事な秋晴れのなか、無事
「vo'groove祭り」が開催されました🎉

コロナで世界中が混乱、自粛、不便ななかvorz barとgroove councilの3人が立ち上げたレーベル。密密を避けて野外でのフリーライブを敢行🤗

やぶ信では飲食店の出店と、個人的には堀下さゆりトリオで演奏させていただきました👏

現場での調理が出来ないとのことで、数日前から綿密な計画も、まさかの玉こんにゃく入荷未定で急遽違うものにしたり、イレギュラーはあったけどなんとか、なんとか。。。打ち上げの料理も仕込み完了!





フリーライブという事で少しでも経費削減!なんで、テントや椅子、テーブルなど、機材と合わせると結構な大荷物😭
当日は二台の車で運びました🚐🚙どーちさんのお迎えが予定より1時間も早くてあせったけど😅

設営も順調に、1発目の出番に向け、リハーサル🥁
あ、音よくて叩きやすいなぁ♫てか、ステージからの景色、最高👍


飲食ブースに列が出来ているのをちょっと気にしながら、「堀下さゆり」いざ出陣です👊


福島テレビ収録のライブでのトリオ編成も、冬で2年になります。


へやおとシリーズのレコーディングがコロナとモロかぶりしてしまい、ライブは2月以来。。。それでもその間リハーサル、酒飲みを重ねておりました😁🍻😁

秋晴れの昼の空と紅葉🍁さわやかなオープニングで堀下さんの歌声が響きました🎤
ゆーやも演奏から裏方の仕事までおつかれさん!!

2番目はvo'groove第一弾でミニアルバムを発表した、歌姫「佐山亜紀」


今回は急遽大阪から参戦の押谷さんとの共演。イベントのオープニングに続きです。
押谷さんは以前ご一緒したこともありますが、情感あふれるピアノが素晴らしいアーティスト🎹
佐山ちゃんの歌をガッチリ引き立てる、さすがの演奏👍
応える佐山ちゃん、vo'grooveに携わってから、また一段と実力をつけてんだなぁ。。。
これからの彼女の行く道が本当に楽しみです。

うってかわってゴリっと男祭りへ!


「show441」さすがのビート感♬♬♬
もう、ボーズの家族として長い彼の歌、ギター、そして足リズム🦶
カバーメドレーの雑食感も、おっ!?てかんじで面白かったなぁ。打ち上げでも久しぶりに話が出来て良かったよ🤗



「kudanz 」ゲンくんにはまだボーズがオープンした頃に会ったのかな?東京に行く前。
彼の歌は、ストレートに入ってくるんだよなぁ。仕事ほっといて客席で1人で堪能させて頂きました。マジ、泣きそう😢
神経質な音作りも、ゲンくんっぽくて笑えた😁
ヒロさんとのアルバム作りの一端が見えたようで、、、。
打ち上げでもいろいろ話聞けたし、なんか抱き合った気がします🔥次のアルバム、待ってます👅

さあ、「山口洋」問答無用。のっけのギターからトップギア🎸この日のために9時間かけてバイクで来仙🏍前日にはやぶ信によっていただきました🙇‍♂️ルーパーからのスライドギターで、観客を魅了😁です。
てか、出演時間、30分、4曲。ウチ最後の曲はセッション😅あっという間でした。。
前日もやぶ信、smoke、vorz barの3サイズをキメたし!飲みに来たのか。。。。いやいや。

個人的に、何度か書きましたが19歳くらいで初めて聴かせてもらったHEATWAVE。smokeのママや女将に。
満月の夕べ、は、二日前にセッションするのを聞いており、心しておりましたが、、、、。まさかのその前の呼び出し😵😵😵




エプロンをかなぐり捨て、行かせていただきました😤いや、ここで行かなきゃ😤

あの頃のオレ、みてますか??
堀下さんの演奏から3時間半。秋の西日と光る紅葉🍂🍁🍂山口さんの背中とギター、帽子🧢
一生忘れない、それは美しい風景でしたよ。
1人で打ち上げしたいくらいでしたよ。

最後のセッションも楽しく。
皆さま満足気🤗


やぶ信で出した、はらこ飯、芋煮、玉こんにゃくは全て完売🎉あてにしていたお客様には売り切れでご迷惑をおかけしました。またなんかの折に!
感謝です👍

片付けも速攻で🌪関係者打ち上げもやぶ信です!
ので、車に荷物を詰め込んですぐ戻りました。
山口さん、ゲンくん、441くん、この人たちマジ料理プロなんだもん。簡単なつまみも気合い抜けないの。。。。

早い時間は楽しいもので?
ボーズで三次会🤗🍺🤗
ゲンくんや441くん、佐山ちゃん。ミュージシャン同士の話が盛り上がって、面白かった😁



あ、山口さんは歌姫3人に囲まれ、下ネタ、、、いや、楽しそうです😅

自分、演奏の余韻?うーむ、元々いちファンなんで、乾杯以外でお話ししませんでした。。。いいんです!それで!!あと、廃業はしませんし!

続々とお客さんも舞い戻るボーズバー。
多分その日のうちに帰ったと、思う。

気づけば朝のおにぎりと打ち上げ前に詰め込んだサンドイッチしか食べてない😹
先にあがった女将からスパゲティのプレゼント🍝
マジ、助かった。すぐ、寝た💤😪

SNSにも書きましたが、、、
最高の音響とこんな素敵なイベントを引っ張ってきたヒロさん。
当日はまるで子供(いや、孫か?)の運動会を見ているようなボーズバーの2人😅
3人のこれまでの音楽への情熱、人との繋がり、バイタリティ。いろんなものが詰まったイベントでした!
もちろんスタッフやお客様も!
ありがとう&ご苦労様でした🎉🎊🎉


さて、意外にも二日酔いもなく、前日早いのといつもより早く寝たせいか8時に起きて朝ご飯🥣
えー、全身筋肉痛😱です。

昼まで二度寝して、機材のお片付け。kudanz 大音量😆で。

あ、ちなみに散歩で勾当台公園に行ってみました😆寒かったです🤚

ここからは怒涛の打ち上げ🍻
先ずは松田さん1人ボーズで、ゆーやに会う😆

月曜日、もちろんsmokeのママとムトーさんにご挨拶。


と、思ったらどーちさんや足利くん来店😅


足利くんは荷物から物販まで裏MVP🏆

なんで火曜日は足利くん、これまたお手伝いしてくれたケンちゃん、全く関係ないけど打ち上げに欠かせない真由美さんと焼肉🥩


からのボーズ🍻
こちらでマッシュさんや佐山ちゃん、お客様らとばったり🤗
打ち上げの打ち上げの打ち上げの打ち上げ。。。


いい加減にしなさい😾

さあ、余韻に浸る間もなく週末はレコーディングを控える堀下さゆりトリオのリハ♫っす!!

決まってないけど、またライブやイベントでお会いしましょう!!!

今日のs.o.k
「しつこく続けた、音楽、これからも!」
続けててよかった😭

写真は皆様のSNSなどからいただきました!






最終更新日  2020年11月09日 18時21分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月27日
カテゴリ:旅行
二度目のポルトガル日記 6 月 14 日 さあ、帰国です!

この旅も終わりです。

イヤー、遠かった😂赤丸がロシア、シェレメーチェボ空港。韓国からアシアナ航空で直通が出来たそうですが、コロナさん後、調べても出てきませんね。。。ただ、途中一回ぐらい降りた方が楽かも??

右上赤丸が巨石の村、モンサント。右下青丸がモンサラーシュ。ほぼスペイン。

地図じゃわからない高低差。点々は、階段ですね。Googleマップより。
やはり地球の歩き方は地図も秀悦でした!


ちょっと部屋見せ。オール電化のキッチン。貧弱な調理器具の割に、ミキサーやら電気調理器具は充実。まず、フライパンが死んでましたー。
電子レンジも、洗濯機もよくわからないけど使えたな。
洗濯物はすぐ乾くし!

ゴミは早朝、そこら辺にあるゴミ箱に入れて大丈夫!って、ペドロ、ホントだったのか?

寝室はさらに上の階。そこからベランダへ。

ありったけの防寒。俺の顔よ、、、、。
途中から寝室のライトがつかなくなったのと、部屋のWi-Fi不安定で、持っていったWi-Fi使ってましたね。狭いけどこ綺麗なアパートでした。

危険な角度と狭さの階段です。気を抜くと大惨事。

とても古い建物、内装や鍵だけ最新式。なんで扉の縁とかは壊れかかってました。トナンサッシ、仕事ありそう😁

朝 5 時台、3 つのスーツケースを 1 つづつ、この狭い階段ともおさらばだなぁ・・・という感傷もあまりないまま運び出し、ガラガラと石畳を下って車が来るであろう小さな教会前へ。





しかし、Uberアプリで見るとタクシー、やはり街の下までしか来ていない。ううん?
他の車停ってるのにな。

女将とスーツケースを置いて一人タクシーへ。運ちゃんに挨拶もそこそこ、道順を教えながら女将のもと行くことに。しかし!カテドラルから折れてすぐの道には通行できないように柱が!??えーーー!結構調べてここにしたのに!!
結局着いた時同様、細い路地を重いスーツケースをもって下りました・・・・。ま、下りだからましだけど、腕、もげそうです。
朝日でキラキラのテージョ川沿いを北上しながら空港へ。少し早めに呼んでおいてよかった。

空港ではすぐに荷物を預け出国手続き。女将は免税店でポルトガル最後の買い物。ナタ(エッグタルト)とかね



あ、ポルトガル。おおむねトイレはキレイです。

SU2607 リスボン 8:35-モスクワ 16:10 (5:35)
SU0262 モスクワ 19:00-成田 10:30 (9:30)

ロシアの空港ではラウンジで少し軽食をつまんだり、ほんとは違う広いラウンジ使いたかったけど、やはりわからずじまい。

ボルシチ、美味かった!アジア系の方はカップラーメン食べてました、好きねー。



そうそう、帰りはこうやってバス移動から乗ったので、ロシアの地を踏みました!前回のドバイも帰りはタラップ使用でした。

ロシアの空港、攻略はできなかったなぁ。プーチンの T シャツとか買っちゃった。たけしに。

成田までは寝ずに、踊る大捜査線の映画を 2 本見た!アマゾンアプリで日本でダウンロード、iPad で。
女将も映画三昧で寝てないね。機内食も成田までのコンフォートクラスは美味しかったし、行きよりも楽に感じました。なんでしょう、毎回帰りって、不安感とか期待感ないからかなぁ。

ロシアからは行きと同じくコンフォートクラス。



順不同ですが。


ロシアの料理かな?



到着!!!
成田に着くなり、湿気がすごい!日本は旅行中に梅雨入り。あっちでは暑くても汗かかなかったけど、着くなりじっとり。
スーツケースは各カードに付帯する宅配サービスで 3 つとも仙台へ。コレ、大事です!次の日の午前中には着くし。

Wi-Fi も空港にて返却。君がいないと成り立たなかったよ!現地でsimカード付け替えと迷ったけど。安いから。
小さめな予備バッテリーと共に常に携帯。

余ったユーロも円に両替。ペットボトルのお茶が美味しいのは海外から帰ると毎回です。

成田エクスプレスあたりでかなり睡魔が襲います。女将も何度か痙攣してます。

さあ、新幹線で仙台へ!!崎陽軒のシュウマイ弁当。


味、濃いな。仙台!!雨です・・・・。

長い土曜日、中央通りもなんかのんびり見えるのは、日本についた安心感か??

おやおやー、ビッカ&ニーナに会えますよー!おかんと姉が猫とともに出迎えてくれるはず・・・


え!??ビッカ!??に、逃げて隠れた・・・・さらに警戒して鳴かれた・・・うう。





長い間ごめんなさい。夜にはなれたし、2 匹とも女将にはびっくりするぐらい甘えてました。よかった。

姉が毎日の食事と、排便と、遊びを記録してくれました。オブリガード!

次の日の朝届いた荷物を開け、お土産物を部屋に並べる。人にあげていくとだいぶ減りますがどれも買った場面や人の顔が思い出されます。
今回のポルトガル。美味しさ、人の好さ、美しい景色や空気感。そして音・・・・。
すべてが大切な思い出になりました。

キッチンがあるアパート、慣れると現地の食材を調理できる!初めてだけどとても良いです!

さあさあ、、、、終わっちゃった😭
コロナの影響でいつになったら海外旅行にいけるやら。そんななか、自分の日記、備忘録の意味もあって毎日の生活を写真とともに載せてみました。相変わらず推敲せずに書き散らしで。。。。

調べるとしっかりした情報や地図を載せたブログやHPもいくつかあります。生きた情報、大切👍
なんで、気になった方は色々調べてみて下さい!


長文、最後まで読んでいただいた方々。ありがとう!ムイント オブリガード!!

帰国してs.o.k
「そろって健康、おとうさんおかあさんは、こんなに嬉しいことはありません」
お前たちが元気だから任せていけたんだよ!!







最終更新日  2020年08月29日 01時20分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月23日
カテゴリ:旅行
二度目のポルトガル日記 6 月 13 日 最後の 1 日、お城やタコや荷造り


明日の朝は早朝に出なければならないので、実質最終の 1 日だ。昨晩(朝)は 4 時まで爆音、にもかかわらず結構寝れた・・・適応してるのね。
朝ごはん。残りのハンバーグは初日以来の大根おろしで。チーズ、ごはん、野菜スープ。食材も使い切りました!

早朝のアルファマ。



午前中のうちに軽―くサンジョルジェ城へ。実はいつも行ってた PingoDoce。サンジョルジェ城の手前まで行けるエレベーターが併設しております。ホント、目立たないけど使い勝手がいいので城に行く方はぜひ!黒い丸、上の方がサンジョルジェ白です。
アパートから城は近いですが、地図ではわかりませんが、急勾配、鬼坂なんでいったん西側に出てエレベーターに乗りました。帰りはいいけどねー。

ま、それでも少しは昇ります。4 年ぶり!いい景色といい天気。前回四年前は猛暑の中汗だくで、女将、アイス食ってたなぁ。







んで、今回暑くはないけどやはりアイス食べてました。城壁には登らず、孔雀(放し飼い多数)見物。のんびり 1 周して終了。








朝だから、空いてましたね。テージョ川や西側の丘が広がる眺めの良さはさすがお城。

城を出ると、バカリャウコロッケ専門店や、前回とは違ったお店。おお!ここの土産物屋、今までとはちょっと違うな。前回来た時はなかったかも?

リスボンの土産物屋は、1、中央アジア系(バングラデシュとか)の人がやってるいわゆるザ・土産物屋。種類が多く安い。大体どこも同じもの。2、ちょっとおしゃれでポップな地元の人(と思われる)が店員の店。3、アート系。値段はそれなりだけどモノは良い。4、織物、缶詰、コルク製品などの専門店や、そんなものを集めたしっかり土産物屋。。。って感じですね。

さあ、だいたい買い物も終了!部屋に戻って荷造りだ!!3つのスーツケースに今まで買ったものを詰めます。
ワインやお皿は布や鍋つかみ、服で梱包。結構余裕だ!1 つは小さいの、または機内持ち込みサイズでもよかったかな。
すんなり終わっちゃった。。。。。

ここで「持って行ってよかったもの」「使わなかったもの」「あればよかったもの」「現地で買って置いていくもの」 を書き留
める。ずーっと健康体でよかったけど、薬とかはやはり持っていくしね。
包丁やフライパン、自炊旅行では持っていくか迷うところ。。現地のアパートの揃えにもよりますが、いくつかは置いていきました。ベランダ用のサンダルも置いてったな。。

さあ、まだ昼だし、もう一度歩いて「リべイラ市場」のフードコート「TimeOut」まで行こう!


川沿いの道も慣れたモノ、すごく混んでたけど最後の外食。メニューを吟味して、翻訳アプリも使って、、、


「タコのグリル」と「バカリャウのグリルがのったチーズグラタン(の、ようなもの)」




う、最期にして、タコのグリル、美味い!!やわらかっ!!衝撃だよ。ラストバカリャウも!

あ!前に会ったチョコ屋のイケメン君だ!支店で働いてたので女将と写真撮影!

メチャ親切。もしかして?と、思うくらい。。。。

2大ビールメーカーのsagresとsuper bocがお祭りを彩ります。全部欲しかった。

最後のビーニョヴェルデを買って、28E の路面電車で帰ろう!!・・・・と、思いきや、全然来ない?
1 時間近く待ったかな??どうやら一緒に待ってたおばさまが近くで聞いてきて「休日だから・・・」
みたいなこと言ってます。たぶん。・・・ちっ、歩くか。

歩いてアルファマまで帰って納得。聖アントニオ教会前は人だかり!交通規制でトラムなんて走ってないよ!!そういうことか・・最後に落ちがついたし、結構歩いたけど、これもリスボンのいい思い出だ。と、しておこう。

ココがメインのサン アントニオ教会。

そういえば、またも中に入らず、、、カテドラル。

夕暮れには早いけど、シャワーを浴びてベランダで少し飲もう!



ベランダ飲みもこの景色も。まるで日常になってたなぁ。。
明日は早朝に迎えに来るようにUber を予約した。ちゃんと来いよ!!重いの持つぞー!

さすがにこんなに長い滞在で名残惜しい反面、久しぶりの日本も楽しみです。

ポルトガルでs.o.k
「最後の夜、思い切って、結構酔っちゃえ」
ちなみに日本では週3くらいはお酒抜くので、こんなに毎日飲むことも、非日常ですねー。






最終更新日  2020年08月23日 16時38分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月19日
カテゴリ:音楽♪
堀下さゆり へやおと・夏2020
8/22発売ですよ!!

収録曲「拝啓、POPMUSIC」「without friends」2曲入り
CD ¥1,000(税込)
VGR-0002 / vo'groove records

そうです、ボーズバーとマッシュ佐藤さんの共同レーベルから出ます。

レコーディングや曲の詳細は佐藤ヒロユキ氏や、堀下さん本人のブログなどに任せるとして。。
https://ameblo.jp/higemodern/entry-12615488997.html
http://lilylife.net/
今回のレコーディングに参加するにあたって、拝啓pop musicには2つ、自分にキーワードがありました。
1、技術的な話。
拝啓〜はドラム!!と指令をいただきました。
前回はパーカッションと、ピアノ(2曲めはウクレレ)バッキングのアコースティックギターを3人で一緒に録りましたが、今回、ドラムだけ先録り。つまりガイドピアノ、歌、そしてクリックに合わせて一人で叩く。。。。

こういうことから100m11秒台で、逃げ回ってきた自分、俊足ドSプロデューサーから逃げられるわけもなく、高校以来のメトロノームさんにお世話になりました。

また、やぶ信での録音というコトと当初ベース無しの予定から、ブラシ?弱いな。スティック?強いな。。。と、ナイロン製のロッドを使用することに。

ドラム録りは土曜日夜から1人寂しく?と、思いきや、お二人が後ろで見守る、公開処刑で進みます。マッシュ氏のマイキングのおかげさまで、良い音でとっていただきました!


後半のボンゴやタンバリンは、、、そうです、あの頃のあんな感じ。。。ネタバレ注意!

2、哲学。
そもそも、pop musicって?pop starって?
自分の聴いてきた音楽を紐解き、例えば50's聴きあさったオールディーズ。60'sのソウルミュージック。70年台のロック。日本ならベスト10や夜ヒットを兄弟みんなで見たり。バンドブームの終わり頃にハマった曲。それからの様々な音楽との出会い。
なるほど、この曲は堀下さんだけでなく、演者、リスナーそれぞれのポップミュージックだ!!
と、思いました。
んで、思い切り今まで聴いたり、叩いたリズムやフィルのニュアンスをちりばめてみました✨ベタ、上等で。

もちろん楽曲の良さありきですが、夏らしい爽やかな(コーラスは1匹のおじさんではなく、頭に描く1番爽やかな人を想像してください)pop musicになったと思います。


さて、without friends。前回レコーディング時に録ったミディアムナンバー。
コチラはうってかわって、憂いと湿気、気怠くなんか寝れない夜?ってイメージですかね?
間奏の展開力は堀下さゆり、真骨頂。


アコギが切り裂く熱帯夜はボーズバーのゆーやを彷彿。。。


自分的には3人の呼吸感と薄〜く入ってるシンバルがミソです!


実は前回のへやおと・春 発売ライブがコロナさんで流れてしまい、もつもつと練習、リハ日々。
だけど、おかげですごく深いところまで突き詰める事ができました。ので、よしとしよう!
あ、ケンカはダメよっ。

マッシュさんの音づくりを間近で見ることができ、改めて、愛してます❤️
落ち着いた音づくりのなかにもさまざまな工夫。ぜひ大きな声や、時にはヘッドホンなんかでも聴いてみて下さい!

でもね、やっぱりライブ、したいなーー。って。
いや、やりますよ!!

やぶ信でも販売します!ぜひぜひお聴きください!!






最終更新日  2020年08月19日 01時03分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月18日
カテゴリ:旅行
二度目のポルトガル日記 6 月 12 日 街歩きとお祭り
ゆっくりめの朝ごはん。数日前に買ったミートボールでハンバーグを作った。固くなったパンをおろしてつなぎにし、玉ねぎを入れる。ソースはバジルと醤油。付け合わせの目玉焼きと残り野菜のスープ。


そして日本から持ってきておいたサトウのご飯にやっと手を付けたよ!ウチら、どうやら日本食への渇望がないらしい・・・。
まあ、ポルトガルは米も食べるし何より新鮮な魚介があるからね。普段はやれ米だ麺だ、のお仕事なのに、、、、。

今日の昼は近所をぶらぶらして、夜のお祭り、パレードを少し見に行くことに。とはいえ毎日鬼坂含めて2万歩オーバーになってるんですけど。

なんと 6 月いっぱい、1 カ月もの間続く「いわし祭り」本当は、リスボンの守護聖人をまつる「聖アントニオ祭り」が正式名称です。カテドラル近辺にある聖アントニオ教会へぞろぞろ集まりカーネーションを供えるるらしい。そして、夜はリベルタ―デ大通りを各地区の人々が思い思いに着飾り、踊ったりしながらパレードをします。
しかしながら、今年は新型コロナの影響で全面中止になりました。世界的に仕方ないですね。。。。大丈夫か?リスボン っ子。




有名な観光地、カテドラルも大きな旗でお飾り。
コルメシオ広場からテージョ川沿いまで。途中の缶詰屋は健在だったが、手前にあったはずの雑貨屋は無くなって、最近はやりの缶詰チェーン店になっていた。西暦が描いてある派手な缶詰屋。テレビでも見ました。自分の西暦のを買うのかな??中身はみんな一緒みたいですが、、。


特に興味はないから、古くからやってるほう「Conserveria de lisboa」で買い物。実は今年のネコネコ音楽祭でここのパッケージを拝借!えへ。


流しのチェロって。マキさん??

え?




ちょうど昼時でかなり直射日光が厳しかったが、ジンジャー二(さくらんぼのリキュール)のスタンドがあったので、キュッと 1 杯!うん、なんか元気出るわ!



夜に向けて準備に余念がないアルファマの街。この前食べたおばちゃんのビファナを食べたかったけど、混んでたので向かいの屋台で軽めの昼食。タコサラダとビファナ。もう何回でも、どこでも食べたいよ!ここのタコサラダは、タコばっかり!!味もシンプルで美味しい。







少し飲んだ勢いで、いわゆるお土産物屋!ってとこでバラマキ系土産を買う。
もう明日 1 日しかないなぁ、と、いうことなんでやっぱりベランダ飲み!


4 時くらいは日差しも少し逃げられるし、最高だ。厳かな祈りや行列が鐘の音とともに街に見える。やはり今日は特別な日なんですね。昼酒からの昼寝ももう少し。



パレードの日だけあって、人もたくさん!

アルファマ満席です。

暗くなる前に街へ!ん?パレードに出演する集団に遭遇。なんかわからんけどついていこう!いつもの PingoDoce あたりで大きなバスに気合の掛け声とともに乗り込んでいった!
教会の前は人だかり!歩きながらグロリアのケーブルカーでサン ペドロ デ アルカンダラ展望台へ。






祭りのポスター、欲しかった。。。。
軽いつまみとビール。暗くなってだいぶ寒くなってきました。そしてパレードを見ようと街は人であふれてきたよ!


リベルタ―デ通りでは柵の両側は人垣。30 分くらい待ってパレードを少し見ます。ううむ。い、意外としょぼいな。。。。ま、子供たちは楽しそう。寒いのでそこそこで帰りましょう。

命名、リスボンの伊藤ゆーや。

前回の旅でよく行った酒屋と食べ物、へんな雑貨が売ってる店を再訪。おお、懐かしい!しかし、スーパー慣れしてると、ワイン、高っ!8.5€!?

まったく身動きが取れないような通りを何とか抜け、アルファマへ。どこも爆音でいつもより多く屋台が出てます。



これ、アパートの入り口前のレストランです。激混み。

部屋の窓から、真下。これが1か月、、、。
パレードの写真、撮ってないな。。。

いやあ、日本でもこんなトコ歩かんわ!!今日は部屋飲み!明日は荷造りだ!

リスボンでs.o.k
「せっかくだからと、遅くまではしゃぐ、高級客船の人達も」
数日寄港してた大型客船、多い時で3つくらい?ぞろぞろとアルファマへ向かう方々。そりゃ、はしゃぐわな。






最終更新日  2020年08月18日 18時58分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月16日
カテゴリ:旅行
二度目のポルトガル日記 6 月 11 日 満喫モンサラーシュをあとにただいまアルファマ

今更ですが

コチラ、ポルトガル の地図です。左下リスボン から、右上の赤丸がモンサント、左下の赤丸がモンサラーシュ。すぐに国境ですね。

5:40 分に起きて日の出を拝みに外へ。女将は昨日買った、この地方の特産品である厚手の織物を巻き付けている。


寒いからね、ふきっさらしで。





城壁にも登りました。
東のスペイン側からの日の出。街は貸し切り状態だよ。うん、これも最高だ!!

上の写真は女将が前日買った織物や布製品のお店。街の入り口付近、オランダ人の店主さんでした。

少し休んで、8 時の朝食。パンっておいしいねぇ。ハム、チーズ、ジャム。シンプルだったけどあたたかなオーナーの人柄が(ってオーナー自ら準備と給仕。モンサントのジョアンといい働き者だなぁ)うれしい朝食でした。

午前中からまたツアーの仕事らしくここで清算。カードが使えなかったけど、ま、大丈夫。鍵は入り口にかけて、荷物はここに置いてって!なんて、治安がいいのね。。。だって、だれでも入ってこれるもん・・・。
もう少し朝寝をむさぼり、16:00 のタクシーまでくまなく、ほんとにくまなく街をぶらぶら。





アレンテージョ地方の食器類は柄物の他に、働く人物や鳥、動物なんかが可愛らしい色合いで描かれています。女将相当迷いましたが、いくつか購入です。




お、ミニだ。


街から少し出ると、駐車場下の広場や遺跡、そして有名(らしい)おっさんの合唱隊のオブジェ!眼下には無数の湖。




すぐそこはスペインだって!!モンサントの「晩酌岩」に続く「晩酌砦」でのんびり。いや、晩酌
はしてないな・・・。


お土産物屋を見つつ、昨日城壁跡にのぼったり、ぐるぐるぐるぐる。昨日のカフェで昼食をとることに。




お目当ての鶏肉料理はないとのことで、またもビファナ!


そして鴨の炊きこみごはん!


ガスパチョ。ビファナはパンが固くて耳、残しました。味は良い。あれ?鴨ご飯はうまいなぁ。ポルトガル のガスパチョは、スペインと違い野菜を濾さないらしく、ゴロゴロと具沢山。パンのミミもイン。
なんか街で一番軽食系の店だけど、あなどれんな。ぽっちゃりお兄さんはニコニコしてたけどねえさんは塩対応・・・。ちなみに英語が通じなかったかも。向かいの土産物屋もおなじ名前でしたね。城のふもとの店でした。
ちょっと食べすぎたなぁ。そしてほとんど回ったなぁ。。。





この辺りの石畳や石壁は、古いものなのか鋭利な石で感じが違いますね。小さな街ですが脚にはくるな。。


休憩を挟みつつくまなく歩きます。

こちら街のはじにある城壁から







少し早いけど日陰の椅子(のようなもの)がある街の入り口で、預けた荷物を勝手に引き上げ(いや、だから誰でも取れちゃうよ?)タクシーを待ちました。おお!早めの到着!兄さんナイス!

ありがとう、来てよかったよ。

エヴォラまで 45 分、電車時間の 10 分前に到着!どうやらバスターミナルから昨日乗ったため、そっちに行こうとしてましたが、、、バスターミナルじゃなくて電車の駅だよ!と、気が付いてよかった・・・。荷物おろして運賃の端数もまけてくれました。オブリガード!!

さて、なれたもんだよ CP にてオリエンテまで約 1 時間半。隣のドイツ?オランダ?おばさまたちがかしましかったけど、無事到着。
もちろんヴァスコダガマ SC の大きなスーパーへ!
この旅最後ということもあって、夜ご飯や飲み物のほかに日本に持ち帰る猫ラベルのワインや、
冷凍のバカリャウなんかも購入。モンサントで買ったものも含めて結構な荷物になったので、得意の Uber を利用!ま、運ちゃん初心者だな、アルファマ入って途中で断念。「ここ下ってねー!」って降ろされたよ。残念!チップは無しです。


ただいま、アルファマ。もうただいま、って気持ちだね。うるささも、ただいま!
ベランダからは豪華客船「INDIPENDENCE OF THE SEA」すげーーー!でけーー!川、見えねーよ!ほかにも客船があったけど、ほんとにデカい!今夜のベランダは風も強くて寒かった。


さあ、残りもあとわずか、ビッカ&ニーナ、もうすぐ会えますよ!!

今回の旅の直前に、カメラをウチに2台つけました。Wi-Fiが繋がってればいつでも猫達が見れます。
夜は赤外線カメラに切り替わるし、なんとこちらからマイクを使って話しかけることも!
たまたま見てたら姉が来てご飯あげてたり、話しかけると猫がふりむいたり。。。。
ま、普段はいらないんですけどね。

そろそろ終わるよs.o.k
「そういえばどこでも、おいしかったよ、鴨の炊き込みご飯」
ビファナもですがファストフードや屋台、スーパーのパックものですら美味かったなぁ。。。。
日本に帰ってからもつくってみました!






最終更新日  2020年08月16日 16時38分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月15日
カテゴリ:旅行
二度目のポルトガル日記 6 月 10 日 モンサラーシュへ
この旅も終盤戦。モンサントに続いて電車とバスを乗り継いでの 1 泊旅。
東の国境近くの街「モンサラーシュ」とても小さい城壁も街だ。


慣れたもんです。電車空いてましたね。
サンタ・アポローニャ駅からオリエンテで乗り換え、エヴォラまで。




エヴォラも世界遺産になっている城壁都市ですがここは素通り。バスターミナルを目指します。が、ちょうど正午近く。暑い中結構遠いです。20 分くらいは歩いたかな?

大きなバスターミナルがやっと見えてきました。んで、チケットカウンターで「モンサラーシュまで 2 枚」と告げると「今日はない!明日ならある!」って???は??
レゲンゴス・モンサラーシュで乗り換えでしょ?日本で散々調べたもん!食い下がります。なんか乗り換えの話とかしたら
「ああ。」みたいな感じだったのでとりあえず軽食をつまんでからバスを待つことに。


・・・でも掲示板にも出ないから、来たバスの運ちゃんに聞いてみると「これじゃないよ」そしてさっきの塩対応じゃないほうの係員さんに聞くと、「今日はないよー」どうやら本日、ポルトガルの休日らしい。
ので、調べていった時刻表ではなく月曜日ですが祝祭日の、つまり運休の日だったらしい。えーー、ポルトガルに旅行の方、6/10 は気をつけなはれや。

だいぶ細かく日本で調べたんですけど。。

じゃ、しょうがない。併設するタクシー乗り場からタクシーで行くことに。少々高くついたが(6.7千円くらい?)45 分程で到着。
そりゃ、気もよくなるよね。「帰りはどうする?よかったら迎えに行くよ!」って。まあ、そのほうが楽なので(もともとモンサント同様帰りはタクシーも選択肢だったし)16:00 に迎えに来てもらうことに。ちなみに帰りは少し安くなった。メーター使ってるから変わらないと思うんだけど??でもね、飴くれたり、なんか気使ってくれるいい運ちゃんだったよ。

さて、モンサラーシュの街。小さくて分かりやすすぎ!入り口から城跡まで細長く数百メートル。




真ん中の通りを挟んで全部で 3 本の道。のみ!城壁から降りる道や手前の駐車スペースが街の外だとみなせば、ほんとこれだけ!3,4件の土産物屋と 5 件くらいのレストランやカフェ。真ん中に教会。以上!でもこの時間は日帰り観光客が結構いました。



チェックインまでぶらぶらして、レモネード飲んだり。暑いから土産物屋で涼んだり。




本日の宿は「Casa Dona Antonia-Cottage」気のいいおばちゃんとおじちゃん。

こちらも日本から予約。
ここでも日本から「オランダせんべい」のお土産!「日本人は世界一親切な国だよ!」って、照れるがな。土産効果
か??
部屋を出ると大きな共同ベランダ。地平線!





そしてレモンとオレンジがたわわに実った中庭の、奥の階段から、宙に浮いたような小さなベランダ!!どうやら今日の宿泊は自分たちだけだったようであとは家族がいただけのようでした。贅沢にも独り占めだよ!洗濯してたもん。風が心地いい。




燕もたくさんおったよ。
さっきのカフェぐらいしか水やビール、ワインを置いてる店がナイようで(なんか日用品の店があるようでした、日本に帰ってから知りましたが、わかりづらいようです)少し買い物して部屋に戻る。


ちなみにコチラの本で後半に泊まってた部屋と同じようです。
ああ!バスタブ!!最高です。水やお湯の出もよく、キレイで厳かな部屋でした。











さあ、夕食!と、思ったのですがレストランが開かない??きゅ、休日だからか??教会の前でたむろしてるおじさんたち、どうやら近くのレストランのスタッフみたいです。だって店のロゴ入りシャツ来てるし。
一向に店を開けようとしないのでぐるりと街を一周。





あ、あいてますかー??
飛び切りの笑顔で「もちろんだよ!」って・・・。こういうとこ、なんかポルトガルっぽい。
その後 3 組くらい入ってきました。




ここでの食事は「バカリャウ・ア・ブラス」前にも食べたけど、干しだらとじゃがいもと玉子の炒め物です。
「あさりと豚肉のアレンテージョ風炒め」は食べ比べの意味も含めて。


ここ、量は多かったけど、味は美味しかったです。迷った肉の煮込み系は隣のご夫婦が頼んでましたが、こってり骨付き肉がごろごろ・・・なんという量!?こりゃ無理だったわ。ガッツあったのでここではワインにはいかず、部屋に戻って飲みながら日の入りを待つ。

日が傾いてきました。


ベランダから見る日没。






広大な平地と遠くの山々。思えば遠くに来たもんだわ。西からの強風もあり陽が沈むと結構な寒さだ。燕もいつのまにかいなくなり、ごうごうと風の音だけが聞こえます。


モンサントの反省を踏まえ、星空も観たいのでお酒もそこそこに 2 度目のお風呂。最高!!
あ、昼間買ったワイン。開けるのがナイ!下のロビーから食堂らしき場所をうろうろしていると
オーナーご夫婦が灯りをつけて出てきました。昼間の老夫婦はオーナーじゃなかったのね!?
このおじさん(50 代中盤くらいかな?)昼間は近くの湖での観光案内をしていたらしく、不在だったようです。ワインを開けてくれ、ついでに明日の朝食の時間、チェックアウトの確認、タクシーをピックしたことを告げると、それまでの荷物も預かってくれるとのこと。そして「日没は見たかい?日の出も最高だよ!」と笑顔。とてもいいオーナーさんでした。


ちびちびやりながら(寒いので)ベランダと部屋を出たり入ったり。月明りとオレンジ色の街灯がまぶしく感じてしまうほどの星空だよ!この街もまた、忘れられない景色を見せてくれたと思います。本当に沈黙の音の中熟睡出来ました!

モンサラーシュでs.o.k
「静けさの中、おやすみなさい、心ゆくまで」
アルファマの喧騒をはなれ、朝日を見るため早め就寝。モンサントに続き、ぜひ1泊して欲しい場所でした。






最終更新日  2020年08月15日 15時24分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月02日
カテゴリ:旅行
二度目のポルトガル日記 6 月 9 日 対岸の街セトゥーバル

果物とヨーグルトのサラダ、ポトフとパンの朝食。今日は 4 月 25 日橋を通って対岸の街へ。

ちなみにうちのネコ、ビッカ&ニーナは保護猫ですが 4/25 を誕生日に定めております!


地下鉄ブルーラインでスペイン広場。そこから「TST 社」のバス「561」で 45 分です。
駅を出て少し歩いた先のバスターミナル。「TST 社」のバス路線や時刻表は日本からでも詳しく見ることができました。





セトゥーバルについてから市場までは、キレイでこじんまりした街を歩いていきます。




活気のある市場だなぁ!!

ちょっと怖い。。。。

女将お目当てのチーズ。フレッシュな「ケイジョフレスコ」を作るときの前段階(?)「リケイジャオン」も売り切れ寸前!

あ、これ、うまっ!豆富?さっぱり!売り切れ直前でゲット!まず先にいただきました。

市場では見慣れた魚や貝類、新鮮な野菜がたくさん。夕食は脂ののった大きなサーモン!チーズやハーブも買いました。



野菜も色とりどり。





カジキやタチウオ、その場で豪快にさばいております。

こりゃ旨そう!買いました。保冷バックと保冷剤ももっていきましたよ!

さて、海岸沿いを歩いて、こちらの名物「ショコラ・フリット」モンゴウイカのフリッターを食べに。



いくつかあるレストランへ。いやー、早めに来てよかった。ぞくぞく客が並んできたよ!!





フリッターともう一つは海老の串焼きグリル!前菜のイワシのマリネも絶品。
美味しくいただきました。
しかしガンガンと炭火で焼いてたおばちゃん。イワシもうまそ。



見た目よりもアッサリ食べれましたが、こりゃビール、ワインがすすむわぁ。。。

モンゴウイカさんと女将。



小さくキレイな街をてくてく。

セトゥーバルのバス停。終日1時間に1、2本の間隔で運行してます。あ、トイレは有料(値段忘れた)で、おじいさんが使い方を教えてくれました。




リスボンには 2 時台に帰ってきました。まだまだ元気だったので地下鉄を青―赤―緑と乗り継いで街の北東部へ。
「アルミランテ レイス通り」
「A Vida Portuguese」はポルトガルの伝統的な製品や、アートな作品などを取りそろえた店。ポルトやリスボンにあるお店で、どちらかというとバラマキ系ではなくしっかりした品質とお値段。店もしゃれてる!東京の家族などにもここで買います。

一度登って南に下るこの通りは、初めて通るな。大きなホテルやアジア系の食品店もいくつか。
GoogleMap で確認していたのでこの道がいつものスーパー横を通るのを確認済み。ワインとビールの補充。カテドラル近くにある「A Arte de Terra」ここもいいモノおいてます。自分への買い物。



コルクの財布を購入。ポルトガルといえば、コルクの名産地です。値段も高くないしいろいろ見たけどシンプルで使いやすそうなものに。(写真は1年使用) また、母へのお土産もここで。

海外旅行のお金問題は様々ですが、この辺りで成田で両替したユーロが 100€とかの高額紙幣しかなくなっておりました。たいていの店では 50€すら嫌がられます。いや、じゃ、100 とか作んなよ!!って。
なのでこういったきちんとした店や大きな店、または高額の支払い時しかくずせない。。。
でも大きいのはカード払いが主ですからねぇ。指定ができるので、両替の際は細かいの多めにしましょう!!20€がいいです。マジ。
あ、きちんとしたホテルとかでもやってくれる(らしい)です。

今日も歩きましたねぇ。夕酒で決まってしまい、起きたら 10 時!市場で買った超ヴォリューミーな鮭を焼きました。


ありものの調味料と買ってきたスイートバジル。にんにくマヨネーズバジル風味のソースで!

明日のモンサラーシュも朝の出発なので、夕飯も寝酒もそこそこに・・・
ああ、「沈黙の音がする街」で静かに眠りたい!!

今日のs.o.k
「シーフードが、美味しいと、困らない」
肉も好きですが、海が近い街、そして市場はやっぱりいいですね!調味料や調理器具は貧弱ですが、、、
料理するのも今回の楽しみでしたので!






最終更新日  2020年08月02日 15時43分48秒
コメント(0) | コメントを書く

全417件 (417件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 42 >


© Rakuten Group, Inc.