050518 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

香美の民宿 鶴(kaku)ブログ

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


鶴4498

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

kaku@ Re:夏の準備!(07/10) さて、今年は何名の方が『佐津イッタ〜』…

フリーページ

ニューストピックス

2021年05月08日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は5月3日の月曜日です。
日本の憲法が制定されて74年。この憲法のおかげで我が国日本は平和を守られてきている。(らしい)
知らんけど。

ここ香美町の5月3日といえば、『三川権現大祭』が毎年香住区三川の三河権現社において執行されている。この時期はゴールデンウイークと重なり、毎年多くの参拝客で賑わうこの地区あげての一大行事となっている。民宿を営んでいる我が家は、例年お客様を迎え入れ多忙なため、この行事をなかなか見ることがなかったが、今年は幸にして?新型コロナウイルス蔓延による『緊急事態宣言』のため、休館としており、十数年ぶりにお参りさせていただいた。





まさに五月晴れ!陽光に青々と茂る木々の中に、藤の花が咲き乱れ美しい香りを漂わせている。
護摩壇には、ひのきの葉が堆く積み上げられ、その時を静かに待っている。
例年なら午前10時から執り行われるが、やはりコロナ禍のためであろうか1時間遅れの11時から行われる。法螺貝を奏でる行者姿の式衆入場や権現太鼓、火床三昧等もなく感染予防のため大幅に簡素化されている。



護摩を執行される僧侶衆。





護摩壇にて。執行される僧侶は、但馬七ケ寺の一つ、桔梗寺として有名な『紫雲山 遍照寺』の石部住職。普段はニコニコと優しい笑顔で声をおかけいただいているとても気さくな方です。

願文奏上の後、副住職が護摩壇に火点されます。





世界平和と新型コロナの終息の願いを込めて祈らせていただきました。
三川権現柴灯護摩法要。心が洗われる厳粛なお祭りでした。






最終更新日  2021年05月08日 13時50分19秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.