199837 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ヨガ生活楽しみませんか♪

PR

全804件 (804件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 81 >

2011.05.31
XML
カテゴリ:ヨガ
HP新しくなりました。
こちらです。http://yoga-kafu.com/

そしてブログもそちらにお引っ越しすることになりました。
新しいブログhttp://yoga-kafu.com/blog/

長らく楽天ブログでお世話になりましたm(__)m

今度こそはまめに更新するようにしますので時々見に来てくださいね。






Last updated  2011.05.31 10:45:09
コメント(0) | コメントを書く


2011.05.18
カテゴリ:ひとりごと
縁は不思議なものです。

ひょんな繋がりからであった豆粒人魚さんにヨガ教室Kafu~のHP制作をお願いしています。

これまでのは飲食店向けの簡単にできるものをアレンジしたものだったので、予約ページなどがなかなか使いにくい感じだったのですが、今度のはそのあたりのストレスをすべて解消してくれました。

デザインもKafu~らしい雰囲気でとってもいい感じです。
ブログもそちらのページ内に埋め込みになるのでもうしばらくして楽天ブログとはお別れになります。ちょっとさみしい。。。

サーバーの移行などのため近く現HPは「しばらくお待ちください」になります。
ご了承くださいませm(__)m


引越しをしてもう一か月半。
これまでの都内の生活では近所づきあいはあっさりとしていたけれど、新居近くはとても温かい。
ご近所さん同志が「雨降ってきたよ~洗濯物!洗濯物!!」なんて声掛けあっていたりして、そんななんでもない日常が幸せなのだとしみじみ思っています。






Last updated  2011.05.18 10:53:32
コメント(2) | コメントを書く
2011.05.09
カテゴリ:ヨガ
映画『100,000年後の安全』を観てきました。

放射性廃棄物からの放射線量がゼロになるには100,000年かかります。
フィンランドではこの放射性廃棄物の貯蔵用地下施設を建設し始めました。
10万年後の子孫のために、10万年後の地球のために。

オンカロ(隠された地)と名付けられたその施設は、しっかりとした岩盤を500m掘削して100年後に完成予定だといいます。
隠された地奥深くに使用済みウラン収め、10万年後まで間違えても扉を開くことはない。

その建設サイドの議論では、もう地球に人間はいなくなっていることさえ想定されていてます。
言語や文字を持ち合わせているか、掘削技術や科学技術がどの程度まで発達しているかなども考察された上で、埋設方法や看板を立てるべきかどうかを検討しています。

原子力を使うっていうのはこれぐらい壮大な時間を取り扱うという意味なのだと教えてくれる映画でした。

ちなみにネアンデルタール人から今までで1万年しかたっていません。
エジプトのピラミッドを造ったときから数えても5000年程度。
10万年後ってどれだけ壮大な時間なんだろう。
その頃の地球上には文明があるのだろうか?
それとも使用済核燃料を無害化できる技術が開発されているのだろうか。







Last updated  2011.05.09 20:49:15
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.22
カテゴリ:ひとりごと
先日、鎌仲ひとみ監督『みつばちの羽音と地球の回転』を観ました。


「持続可能な発展とは何か?」とは20年も前に、指導教官のお手伝いをさせていただいたシンポジウムのタイトルです。
それに伴い授業の中で一年がかりで取り組んだ内容でした。
その中で討議したことが頭の中によみがえります。


内容は山口県祝島に26年前から起こっている原発建設に対する反対運動のドキュメンタリーとスウェーデンでのエネルギーシフトの現状。
祝島はとても自然豊かな島。
海は生物の多様性を持ち、島民は漁業やひじきなどの海藻を生活の糧としています。
また農業もおこなわれており、無農薬びわや水稲も行われています。
島だけで自立して経済活動が循環出来ているところに原発建設。
勝手に島に億単位のお金を振り込んだり、海に勝手にブイを浮かべ埋め立てを始める中部電力。
こうして55基も原発が日本に作られたのかと思うと悲しくなります。


福島原発がこうなった以上、私たちは持続可能な発展を問いかけられています。
スウェーデンでは太陽や地球が与えてくれるエネルギーだけで生活しようとし始めています。
日本ではどうする?
化石燃料や原子力に頼り続ける?

それは持続可能な発展をもたらすものでしょうか??
いずれは破たんする未来を知りながらどうしてその生活を続ける選択をするのでしょうか??






Last updated  2011.04.25 18:11:24
コメント(5) | コメントを書く
2011.04.19
カテゴリ:ヨガ
すっかり久しぶりの更新となってしましましたm(__)m

3月の末にお引っ越し&Kafu~の移転を行いました。
場所はJRおよび埼玉高速鉄道 東川口駅 徒歩7分です。

やっと一息つけたところです。
家族と仕事の引越しがいっぺんにやってくると予想外の小作業が多くて段取力が欠如していると反省するばかりでした。

さて、新しくなったKafu~はのんびりとした空間となりました。
皆さんのんびりとした顔して自分の家でくつろいでいるような様子でいらっしゃってくださいます。
そんなお顔を拝見すると本当にうれしくなります。

おいおい中の写真なども公開してまいりますね。
取り急ぎご挨拶まで~






Last updated  2011.04.19 16:30:51
コメント(4) | コメントを書く
2011.03.22
カテゴリ:ヨガ
地震、津波が落ち着いたと思ったら原発と穏やかならぬ日々が続いております。

皆さんおよびご家族の皆様はゆったりとした呼吸になりましたでしょうか?

私の住む街のスーパーでも一時は120人も開店前に並んでいる光景もありましたが、今日はさすがに落ち着いて20人程度になっていました。
買い占めてしまうのは不安感の現れ。
「この世は自分の心の写し鏡」
欠けた何かを埋めるべくスーパーに走ってたのだと思います。
それは主たる情報源のテレビでの情報が疑わしいと直感で感じているんでしょう。

私の所属する日本ヨーガ・ニケタンでは一昨年よりチェルノブイリ被害者に対するヨーガ療法を行っています。
被ばく障害を抱えた方に対してヨーガを行うと症状が改善するという成果が出ています。
ヨーガを行うと、正常に遺伝子が働きかけを行うようになり自然治癒力がUPします。

また、日本伝統食が長崎での被ばく者を救ったという本もあります。
 http://ameblo.jp/happybeauty-rice/entry-10831219402.html
玄米&お味噌はやはり素晴らしい。
コメのとぎ汁も少ないですし、腹もちよく小食で済むため、エコですよね。

ヨーガをして玄米&お味噌食していたら多少の放射能を恐れることもない身体になるんです。
原発事故が起こる前から、まったく放射能ゼロの生活をしてきたわけではありません。
それでも私たちの身体が正常に働いて、修復してくれているのです。


この度の災害は悲しみも沢山生み出しています。
けれどもそれを無駄にしないように、この気づきを忘れないようみんなで協力して日々を大切に過ごしましょう。


※お知らせ
 Kafu~ではヨーガ・ニケタンを通じて義捐金とし送金いたします。
 http://yoganiketan.jp/earthquake.html

【参考】
放射能被害について参考になるサイト
http://takedanet.com/

原子力以外の発電方法に本気で取り組みたいと考えさせられるサイト
http://www.iam-t.jp/HIRAI/index.html#about
我が家も節電頑張ってます♪







Last updated  2011.03.22 12:32:47
コメント(0) | コメントを書く
2011.03.13
カテゴリ:ヨガ
幸いにも我が家族は、夫が徒歩で帰宅した土曜日の朝に三人揃う事が出来ました。
青森の実家も一日停電だった程度で両親と連絡が付きました。


報道されるニュースを見ると、現在寒さに凍え避難されているかた、御家族を失なわれた方、お家を流された方、本当に心が痛みます。
多少なりと、お手伝い出来る手段を考えるあまりです。

亡くなられた方のご冥福を祈ります。

そして今私たちに出来ることを考えましょう。
みんなで手を繋ぎ、助け合いましょう。

ヨガではあらゆる起こる事には意味が在ると教えてくれます。
乗り越えられない困難はないと、教えてくれます。
皆で少しずつ自我を制御すれば、もっと穏やかに人々が繋がれば、そう願うばかりです。






Last updated  2011.03.14 01:08:09
コメント(2) | コメントを書く
2011.02.26
カテゴリ:食べ物
以前ヨガ講座&写真講座をさせて頂いたつくばにある自然食教室Cocochiに行ってきました。

「食べた物から身体は作られる」という自然の摂理から考えると、食を重視しないわけにはいきません。
ただ運動すれば健康でいられるわけではないのです。
プロテインをとってるから大丈夫~なんてのは浅はかな考えです。

習ってきたのは健全なベトナム料理。
健全というのはうまみ調味料なしって意味です。
中国~東南アジアではうまみ調味料を多用する習慣があるのですが、そこを抜いても現地並みの味に出来るというメニューでした。素晴らしい!!

 作ったのは
  鶏肉のフォー
  ハノイ風揚げ春巻き
  ベトナム風サラダ
  牛肉とセリの炒め物
  温かい白玉のチェー

という五品。フォーや春雨の水戻しの技など、先生の知恵満載のレシピでした。

ベトナム料理はカンボジアで仕事をしてた時のなじみのメニュー。
なんだか懐かしい気持ちになります。
カンボジアは内戦の所為で独自の食文化は残っておらず、心はタイ、食はベトナム北部のという複雑な心意気の文化の国。ベトナムの帽子をかぶってたら命の保証がないくらいの複雑な価値観を持った地域なのを思い出しました。

今回のメニューは、普段はユルくベジタリアンしている身体にはお肉多めのメニューでしたが、沢山のパクチー(香菜)ですっきり浄化された品々でした。

同席した方々との会話もとても癒された一日。
つくばって不思議な土地な気がします。






Last updated  2011.02.27 00:08:41
コメント(0) | コメントを書く
2011.02.08
カテゴリ:ヨガ
幼いころ繰り返し読んだシェル・シルバヴァスタイン著『おおきな木』という絵本を見て懐かしくなり購入しました。

村上春樹さんが翻訳した新しい版になったというので平積みされていたので目にした方もいらっしゃるかも知れません。

お話はおおきなリンゴの木と少年の関係が、少年が育つにつれて要求は変わるけれど木は無償の愛を与え続けるというお話。読み手によって受け取り方が変化する内容でもあります。

息子に読み聞かせをしながら、思わず涙。。。


ちょうど先日、新居への引越しなどの費用が必要だろうと母が通帳を送ってくれた。
記憶にない通帳を開けて見ると、夫との結婚式の翌月から新たに始められた積み立ての通帳。

いくつになっても親は親。

本人は独立した気持でいてもこんなに心配をかけていたのだと反省。
気持ちが一杯になって、冷静に「ありがとう」と電話をする自身がなく一週間ほど間を開けてやっと電話でお礼を言えた。


息子にもそんな無償の愛を与えられているのか。。。
振り返る今日この頃。

子育てはまさにカルマ・ヨーガの実践。
見返り求めない愛ってどれだけ大きなものかを知りました。






Last updated  2011.02.08 06:03:53
コメント(4) | コメントを書く
2011.01.21
カテゴリ:写真
最近じっくりヨガの話をかけずにいて反省しております。

そんな今回も、写真の話。

こんな写真を『女子カメラ 3月号』の広告に使っていただきました。

062.jpg

息子と友人たちとで遊んでいたときのシーンです。
子供を撮るのは難しいけれど、思う写真になるとうれしいです。






Last updated  2011.01.21 17:24:04
コメント(4) | コメントを書く

全804件 (804件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 81 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.