199854 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ヨガ生活楽しみませんか♪

PR

全354件 (354件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 36 >

ヨガ

2011.05.31
XML
カテゴリ:ヨガ
HP新しくなりました。
こちらです。http://yoga-kafu.com/

そしてブログもそちらにお引っ越しすることになりました。
新しいブログhttp://yoga-kafu.com/blog/

長らく楽天ブログでお世話になりましたm(__)m

今度こそはまめに更新するようにしますので時々見に来てくださいね。






Last updated  2011.05.31 10:45:09
コメント(0) | コメントを書く


2011.05.09
カテゴリ:ヨガ
映画『100,000年後の安全』を観てきました。

放射性廃棄物からの放射線量がゼロになるには100,000年かかります。
フィンランドではこの放射性廃棄物の貯蔵用地下施設を建設し始めました。
10万年後の子孫のために、10万年後の地球のために。

オンカロ(隠された地)と名付けられたその施設は、しっかりとした岩盤を500m掘削して100年後に完成予定だといいます。
隠された地奥深くに使用済みウラン収め、10万年後まで間違えても扉を開くことはない。

その建設サイドの議論では、もう地球に人間はいなくなっていることさえ想定されていてます。
言語や文字を持ち合わせているか、掘削技術や科学技術がどの程度まで発達しているかなども考察された上で、埋設方法や看板を立てるべきかどうかを検討しています。

原子力を使うっていうのはこれぐらい壮大な時間を取り扱うという意味なのだと教えてくれる映画でした。

ちなみにネアンデルタール人から今までで1万年しかたっていません。
エジプトのピラミッドを造ったときから数えても5000年程度。
10万年後ってどれだけ壮大な時間なんだろう。
その頃の地球上には文明があるのだろうか?
それとも使用済核燃料を無害化できる技術が開発されているのだろうか。







Last updated  2011.05.09 20:49:15
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.19
カテゴリ:ヨガ
すっかり久しぶりの更新となってしましましたm(__)m

3月の末にお引っ越し&Kafu~の移転を行いました。
場所はJRおよび埼玉高速鉄道 東川口駅 徒歩7分です。

やっと一息つけたところです。
家族と仕事の引越しがいっぺんにやってくると予想外の小作業が多くて段取力が欠如していると反省するばかりでした。

さて、新しくなったKafu~はのんびりとした空間となりました。
皆さんのんびりとした顔して自分の家でくつろいでいるような様子でいらっしゃってくださいます。
そんなお顔を拝見すると本当にうれしくなります。

おいおい中の写真なども公開してまいりますね。
取り急ぎご挨拶まで~






Last updated  2011.04.19 16:30:51
コメント(4) | コメントを書く
2011.03.22
カテゴリ:ヨガ
地震、津波が落ち着いたと思ったら原発と穏やかならぬ日々が続いております。

皆さんおよびご家族の皆様はゆったりとした呼吸になりましたでしょうか?

私の住む街のスーパーでも一時は120人も開店前に並んでいる光景もありましたが、今日はさすがに落ち着いて20人程度になっていました。
買い占めてしまうのは不安感の現れ。
「この世は自分の心の写し鏡」
欠けた何かを埋めるべくスーパーに走ってたのだと思います。
それは主たる情報源のテレビでの情報が疑わしいと直感で感じているんでしょう。

私の所属する日本ヨーガ・ニケタンでは一昨年よりチェルノブイリ被害者に対するヨーガ療法を行っています。
被ばく障害を抱えた方に対してヨーガを行うと症状が改善するという成果が出ています。
ヨーガを行うと、正常に遺伝子が働きかけを行うようになり自然治癒力がUPします。

また、日本伝統食が長崎での被ばく者を救ったという本もあります。
 http://ameblo.jp/happybeauty-rice/entry-10831219402.html
玄米&お味噌はやはり素晴らしい。
コメのとぎ汁も少ないですし、腹もちよく小食で済むため、エコですよね。

ヨーガをして玄米&お味噌食していたら多少の放射能を恐れることもない身体になるんです。
原発事故が起こる前から、まったく放射能ゼロの生活をしてきたわけではありません。
それでも私たちの身体が正常に働いて、修復してくれているのです。


この度の災害は悲しみも沢山生み出しています。
けれどもそれを無駄にしないように、この気づきを忘れないようみんなで協力して日々を大切に過ごしましょう。


※お知らせ
 Kafu~ではヨーガ・ニケタンを通じて義捐金とし送金いたします。
 http://yoganiketan.jp/earthquake.html

【参考】
放射能被害について参考になるサイト
http://takedanet.com/

原子力以外の発電方法に本気で取り組みたいと考えさせられるサイト
http://www.iam-t.jp/HIRAI/index.html#about
我が家も節電頑張ってます♪







Last updated  2011.03.22 12:32:47
コメント(0) | コメントを書く
2011.03.13
カテゴリ:ヨガ
幸いにも我が家族は、夫が徒歩で帰宅した土曜日の朝に三人揃う事が出来ました。
青森の実家も一日停電だった程度で両親と連絡が付きました。


報道されるニュースを見ると、現在寒さに凍え避難されているかた、御家族を失なわれた方、お家を流された方、本当に心が痛みます。
多少なりと、お手伝い出来る手段を考えるあまりです。

亡くなられた方のご冥福を祈ります。

そして今私たちに出来ることを考えましょう。
みんなで手を繋ぎ、助け合いましょう。

ヨガではあらゆる起こる事には意味が在ると教えてくれます。
乗り越えられない困難はないと、教えてくれます。
皆で少しずつ自我を制御すれば、もっと穏やかに人々が繋がれば、そう願うばかりです。






Last updated  2011.03.14 01:08:09
コメント(2) | コメントを書く
2011.02.08
カテゴリ:ヨガ
幼いころ繰り返し読んだシェル・シルバヴァスタイン著『おおきな木』という絵本を見て懐かしくなり購入しました。

村上春樹さんが翻訳した新しい版になったというので平積みされていたので目にした方もいらっしゃるかも知れません。

お話はおおきなリンゴの木と少年の関係が、少年が育つにつれて要求は変わるけれど木は無償の愛を与え続けるというお話。読み手によって受け取り方が変化する内容でもあります。

息子に読み聞かせをしながら、思わず涙。。。


ちょうど先日、新居への引越しなどの費用が必要だろうと母が通帳を送ってくれた。
記憶にない通帳を開けて見ると、夫との結婚式の翌月から新たに始められた積み立ての通帳。

いくつになっても親は親。

本人は独立した気持でいてもこんなに心配をかけていたのだと反省。
気持ちが一杯になって、冷静に「ありがとう」と電話をする自身がなく一週間ほど間を開けてやっと電話でお礼を言えた。


息子にもそんな無償の愛を与えられているのか。。。
振り返る今日この頃。

子育てはまさにカルマ・ヨーガの実践。
見返り求めない愛ってどれだけ大きなものかを知りました。






Last updated  2011.02.08 06:03:53
コメント(4) | コメントを書く
2010.12.29
カテゴリ:ヨガ
吉村医院という産婦人科を御存知でしょうか。

「自然なお産が幸せな日本を作る」をスローガンにし、徹底した江戸時代の家事労働を行う映像はテレビなどで見たことがあるかもしれません。

12月1日には吉村正さんの講演会に、先日は河瀬直美監督の『玄牝(げんぴん)』という映画を見てきました。

1932年生まれの御歳78歳とは思えないほどの血気盛んさに会場もヒートアップする講演会。
江戸時代のままの運動量なら今ほどの異常分娩は起こらないはず、というあたりは納得。
産婦人科学会が100%安全な出産を目指したために、安全策として安静を推奨したことの弊害を繰り返し杖を振り上げて熱弁。

私自身も自然分娩の助産院で出産し、その用意のために毎日毎日今では信じられないほどの量を歩いていました。
おそらくかなり軽いお産だったらしい(本人的には必死でしたが・・・)

映画のほうではもう少しトーンダウンしていて、吉村医院で出産をした方々のドキュメンタリー。自然分娩にこだわりすぎることもなく、近代医療を上手く利用することをしつつ自力での出産を努力すべしのメッセージも。

「命を生み出すために本気で向かいなさい」という吉村先生のお話には共感。
お医者さん任せの治療が当たり前になっている現代で、ヨーガ・セラピーを取り巻く状況と吉村先生の話はリンクするところも多いのです。

自分の身体(命)は自分で分かるようにすることが健康への第一歩。
そのためには、自分で自分の身体をいろいろと操作してみないと分からないのです。
身体能力1割程度で日々を過ごしていたら、分からないんです。
もちろん個人個人で身体能力の大きさは違うので自分に合った程度と強度を行うこと。それを知ることが大切。

吉村医院で行われているのも同じことをしているのだと思います。
もちろん、安静してでも命を守ることが必要な場合もある。
それは身体能力の違いなのだからこだわり過ぎてもしょうがないんですよ。

結局自分に最適な身体能力を知るというのが難しいのですが、やってみなくちゃわからない。
まずは生活に運動する習慣を取り入れましょう、となるのです。

さあ新年から運動を頑張りましょうね♪






Last updated  2010.12.29 21:14:02
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ヨガ
あっという間に12月も末になりました。
そんな中、紆余曲折あった我が家もやっと完成し引き渡しとなりました。

1階にヨガの出来るスペースのある3階建てののっぽさんです。
完成

家自体がパワースポットのように皆さんを癒せるように、玄関下と家の中心に埋炭法を施しています。

そして床は天然木を使用した足に心地いい空間となりました。

気軽に皆さんが遊びに来れるような場所になれるようにこれから少しずつ場を作っていきます。

我が家のお引っ越しとKafu~の移転は春になる予定。
詳細決まりましたらまたご報告いたしますね。






Last updated  2010.12.29 18:25:26
コメント(4) | コメントを書く
2010.11.07
カテゴリ:ヨガ
宮西達也さんの絵本、『おまえうまそうだな』は息子の大好きな絵本です。

それが映画化されたというので観に行って来ました。

肉食獣のティラノサウルスが草食獣のアンキロザウルスの子どもを育てるというお話なのです。
アンキロザウルスに「おとうさん」と慕われ、食べるわけに行かず育てるけれどそのまま育て続ける訳にはいかない。
人類愛、親子愛、兄弟愛、そして母の愛と様々な愛を考える内容でした。

母の愛は人間の根底にあるもの。
アニメながら深い内容だからこそ、幼児から大人までファンが多い絵本なのだと納得しました。
本当に泣ける絵本です。


間もなく終了しちゃうので、DVDなどで手に取って頂けたらと思います。


映画『おまえうまそうだな』公式サイト
http://www.umasoudana.com/








Last updated  2010.11.08 00:26:32
コメント(2) | コメントを書く
2010.10.27
カテゴリ:ヨガ
葛西臨海公園にピクニック&撮影会に行きました。
今回は5家族そろって、大人9人子供11人!!

あいにくの曇り空くもり。そして最後は雨雨
本当は写真を撮らなくちゃならなかったんですが、天候も天候だったので子供たちと目いっぱい走り回って楽しめたので良かったウィンク

子連れなので時間はゆるゆると集合。
始まる前にセッティングしていたら、ちゃっかり息子に食べられてしまった。
ピクニック
たまに主婦まじめにやりました。一の重は稲荷ずし、二の重はハンバーグにエビマヨ、三の重は温野菜のサラダ、おまけでリンゴりんごでウサギ作り、人数分のマドレーヌを焼いちゃいました。みんな喜んでくれるかな??とちょっとワクワク。

子供たちはお弁当タイムもそこそこに走り出す。
ピクニック2
遊びだす。じっとしててっていうのが無理ですものね。
ボールで遊んだり、縄跳びしたり、遊具エリアに行ったり盛りだくさん汗だくさん。
突然降りだす雨で解散となりました。

予想通り帰る頃には電車の中で眠い..
荷物沢山でさらに寝た息子を抱えて雨の中~けれどもなんだか幸せ気分。

ちなみに前回の撮影会の成果は『女子カメラ12月号(←10月号は間違いでした・・汗)』目次前の広告として使われています。
書店で見てみてくださいね。






Last updated  2010.11.01 16:08:11
コメント(2) | コメントを書く

全354件 (354件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 36 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.