003666 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

サクラマスよりも、イワナが好き。

2019.11.07
XML
カテゴリ:ロッド
BS釣りビジョンで「TROUT QUEST」という番組をやっている。
ルアーフィッシングでストリームのトラウトを釣る企画だ。

主演のY氏は、よくバラす。僕の観た感覚だと、5匹掛けて1匹ランディング、あとの4匹は途中でバイバイ。つまりランディング率は20%程度だ。
これはもう、サクラマスのランディング率である。ストリームトラウトで捕獲率2割というのは、ちょっとヤバい。アングラーのY氏は確実にイップスだ。打開策は知っているのだろうが、スポンサーとの関係もあって、あの仕事は命懸けなのだ。そこは解かる。
Y氏のロッドはハードストリームス。6フィート台から、長くても7フィート半。バッキバキに硬いサオだ。しかもラインが太ぇ!

このクソブログを観た方の中に、Y氏のようにトラウトをよくバラす・・・でも効率的にランディングしたい!という人はいるだろうか。

とっても簡単である。ストリーム(渓流)の釣りでは、長いライトロッドを使うのだ。
私はUFMウエダの「スーパースティンガー SSS-82」を使っていた。あのサオは最高だった。20~40cmのトラウトを釣るためだけに作ったような、まさしく小型専用機だった。大石川、高根川で、15~25cmのヤマメを何十匹とモノにした。
もちろんラインは、PEラインなんて御法度である。バリバス・ゲームの4ポンド。リールはダイワのトーナメントZ2000iAを使っていた。近年のハイギアリール、特にシマノだと、Y氏のようにバレまくるので注意。

そういえば・・・村田基さんも、この3年くらいバラしまくりだ。堀田光哉氏も、やはりこの3年でスランプ、イップスになっている。シマノ勢はちょっとヤバい。シマノ・ステラは年を重ねるごとに、魚を釣るための性能が落ちている。2014・2018ステラ、あれはこの25年間で最悪のリールだ。僕が修業時代に使っていたシマノ・ナビやリョービ・ザウバーの方がマシだ。だって、逆転ストッパーがないリールなんて、リールじゃないもの。

話を戻す。
SSS-82でサクラマスをモノにしたのは2回だけ。サクラマスは長竿、しかもパラボリックなアクションだと、なかなかいう事を聞いてくれない。
つまり、小型のトラウトはパラボリックな長竿がバラしにくく、大型のサーモンはスティフなショートロッドがバラしにくく、サーモンをコントロールできる。

フライでキングサーモンをやるとき、地元の連中で8フィートの13番を使っているのがいた。メーカーがキング用として売っているシングルハンドロッドは、9フィート~10フィート。キングなんてあんなの日本のコイと同じ。目の前にフツーにいる。短いサオでテンポよくやった方がいいに決まっている。
もう、対大型=ショートロッドは、グローバルスタンダードなのだ。

そしてその逆・・・小型はダルダルの長竿。

以上でした。



にほんブログ村 釣りブログへ
サクラマス釣りランキング​​
釣り・フィッシングランキング

にほんブログ村







最終更新日  2019.11.07 20:12:23
コメント(0) | コメントを書く


PR

プロフィール


矢口 遼

バックナンバー

2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07

日記/記事の投稿

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

はじめに

(2)

コラム

(2)

サクラマス

(8)

シーバス

(0)

ブラックバス

(1)

ロッド

(1)

ランキング市場

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.