4292319 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やっほっほ~

PR

X

プロフィール


てらま

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

早くも今年45組目の… New! 料理長49歳さん

アルコールと脳 New! tetsu8672さん

お魚屋 熊野 熊野の男前さん

中森明菜 :『YOU ARE… まっちゃんne.jpさん

野鳥観察報告 MZSさん

なんと!祝・12周年 上段タローさん

まなママのドスコイ… manachin06さん
That’s dang Yah!! ひつじ雲zzzさん
メロンとマーチとき… mellonmarchさん
元気の源 y.y.micaさん

コメント新着

てらま@ Re[1]:tetsu8672さんへ ついつい「女帝」で検索してしまいました…
てらま@ Re:オンライン授業(04/22) 今うちの子が受けているのは 先生の配信を…
tetsu8672@ Re:オンライン授業(04/22) オンライン授業というものが、今一つイメ…
てらま@ Re[1]:熊野の男前さんへ 新年おめでとうございます クリスマス時…
熊野の男前@ Re:2021年 明けましておめでとうございます(01/01) 明けましておめでとうございます コロナが…

日記/記事の投稿

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

  

   

   

    

      

       PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天カード

2008年12月10日
XML
カテゴリ:小説(中学生~)


Kー20

第二次世界大戦を回避した日本・・

その中心・帝都は極端な格差社会となり、

富は一部の特権階級に集中していた。

 

そんな富裕層のみを標的に、

美術品や骨董品を魔法のような手口で盗む

怪人二十面相が現れ世間を騒がせている。

人は彼を「K‐20」と呼ぶ-。

 

「違う、俺は二十面相じゃないって!」

謎の紳士に騙され、

K‐20に仕立て上げられたサーカス団の曲芸師・遠藤平吉は

汚名を晴らすため、

婚約者の羽柴葉子をK‐20に狙われた名探偵・明智小五郎とともに、

K‐20との闘いに挑む!

 

映画の脚本を小説化した1冊。

原作の「怪人二十面相・伝」とは違い

全く架空の日本を舞台にした作品。

 

映画をより楽しむためにと、少々迷いながら手に取った。

読まなきゃ良かったかも・・・

 

「脚本を読みやすくしました」だけ感でいっぱい。

一気に読み終えてしまいました。

 

映画の世界観を崩さないため、

小説化というのはこんな書き方をするものなのでしょうか??

 

映画の「ビックリ」を先に読んでしまった残念感が一番の感想・・・

 

読んだけど、映画が楽しみ・・・と

言うよりは

 

読んじゃったけど、映画は楽しめるの?

ってな状況下の私です泣き笑い


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村






最終更新日  2011年02月10日 23時26分12秒
コメント(0) | コメントを書く
[小説(中学生~)] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.