3804083 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やっほっほ~

PR

プロフィール


てらま

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

お雛様・彼はどう思… New! 熊野の男前さん

本日は、ご法事のお… New! 料理長47歳さん

違う意味でマスクが… まっちゃんne.jpさん

2/18(火)実施:メ… 楽天ブログスタッフさん

レッドバロン マッハ… 上段タローさん

カモ類と里山の鳥観… MZSさん

まなママのドスコイ… manachin06さん
That’s dang Yah!! ひつじ雲zzzさん
メロンとマーチとき… mellonmarchさん
元気の源 y.y.micaさん

コメント新着

てらま@ Re 熊野の男前さんへ お返事遅れてごめんなさい。 こちらこそ、…
熊野の男前@ Re:2020年 明けましておめでとうございます(01/01) おはようございます 昨年同様、今年もよろ…
てらま@ Re 名無しさんへ 確かに平成ライダーから令和ライダーへの…
名無し@ Re:『仮面ライダージオウ』【特撮】楽しみありまくりの1年でありました(09/29) 20年続いた仮面ライダーを一旦打ち切るに…
てらま@ Re tetsu8672さんへ コメントありがとうございます。 確かに…
tetsu8672@ Re:凄すぎる台風(10/13) 風の被害が少なかったのは意外でした(良…
てらま@ Re tetsu8672さんへ コメントありがとうございます 内容は…(…
てらま@ Re tetsu8672さんへ 私もしばらくしてなくて、最近またちょっ…
tetsu8672@ Re:楽天ポイント 当たりました~~!!(09/12) 当たるんですね(笑 楽天ポイントはやって…

日記/記事の投稿

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

  

   

   

    

      

       PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天カード

全225件 (225件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >

小説(高校生~)

2019年10月17日
XML
テーマ:小説(468)
カテゴリ:小説(高校生~)

帰還 [ 堂場 瞬一 ]


「あいつに何があったか、俺達は知っておくべきじゃないかな」

入社して30年――
工場夜景の撮影中に、四日市市局長の藤岡裕己が水路に転落して死亡。
警察は事故死と判断したが、本当なのか。

藤岡とともに新人時代を三重県で過ごした同期三人が、
真相究明に乗り出す。

編集委員の松浦恭司、
初の女性役員になりそうな高本歩美、
何故か出世ルートをはずれた本郷太郎は、

それぞれ家族の問題でも悩みを抱えていた……。


仕事か、家族か、それとも……。


三重県が舞台なんですよ。
厳密に言うと
四日市市と津市が舞台。

主人公たちは関東方面の方々なのですが

彼らが新人の頃三重支局で勤めていて、
事件(?)が三重県で起こって
三重県のあちらこちらで取材しながら事件を追うという・・・



作者の堂場瞬一さんが
三重県まで足を運んで綿密に取材されてらっしゃったんだと
ひしひしと感じた訳であります!!

この方の作品には
舞台となるその土地の
街の様子や
名物(食べ物)の話なんかが
いつもしっかり描かれていて
想像の手助けになっていたのですが

まぁ、ここまで
現実に即しているとは!!!

あの角を曲がると
この駅を降りると
あんな感じの風景が・・・

全部その通り過ぎて
ワクワクしてしまいます!

どんなご褒美でしょうか!!!

もちろんそれ以外にも
三重県民だからこその楽しみ満載でして

知っている町が舞台になるって
とっても楽しいものだと知ったのでありました。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ






最終更新日  2019年11月08日 02時20分43秒
コメント(0) | コメントを書く


2018年10月27日
テーマ:読書(3341)
カテゴリ:小説(高校生~)

マスカレード・ナイト (マスカレード) [ 東野 圭吾 ]

若い女性が殺害された不可解な事件。
警視庁に届いた一通の密告状。

犯人は、コルテシア東京のカウントダウンパーティに姿を現す!?


「マスカレード」シリーズ第3弾

いやぁ~お久しぶりの東野圭吾作品ですが
読みやすい!!!

で、おもしろい!!!


各種推理物を読み倒し、見倒しているので
ついつい犯人を考えながら読んでしまう
私なのですが

見事でありましたグッド

これ、映像化して欲しいです~~~

ものすごく見たいです~~~


先日
第1作目

マスカレード・ホテル [ 東野圭吾 ]

映画化が、発表されましたが
シリーズ化しますかね???



それにしても

この読みやすさ!

このワクワク!

このトリックの衝撃!


どれほどの準備とどれほどの考察、配慮がなされているのか!!
心より尊敬するのであります。







最終更新日  2018年11月01日 00時50分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月01日
テーマ:読書(3341)
カテゴリ:小説(高校生~)

真贋 [ 今野 敏 ]

 窃盗事件の報に臨場する萩尾と秋穂。
その手口を見て、常習窃盗犯・ダケ松の仕業だと見抜く。

やがて、ダケ松が逮捕される。
面会した萩尾は、その供述に疑問を持つ。

どうやらダケ松には弟子がいるらしい……。
国宝が展示される陶磁器展が絡み、二転三転する捜査。

果たして真犯人は?


萩尾警部補シリーズの第2弾・・・厳密に言うと第3弾になるのかな???

もの凄く久しぶりの読書で
読み進めるのが少し辛かったけど

「これ、どうなる?」に引っ張って貰って読みました。

登場人物の言葉のやり取りが多めで
そこからいろいろ想像させられるのですが

もうちょっと自分自身の引き出しが多かったらな~~
などと
思ったりも致しました。

陶磁器、よくわからない・・・

前作と比べて
2人の関係が微妙に変わっているのも
興味深かったし

将来
秋穂がどんなふうに成長していくのかも
気になりました。

1冊だけで終らず、シリーズで読んだ方が
いろいろ見えてきて面白いですね

今野作品。








最終更新日  2018年10月11日 00時53分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年05月07日
テーマ:読書(3341)
カテゴリ:小説(高校生~)
SCS ストーカー犯罪対策室 上 [ 五十嵐貴久 ]

白井有梨が所属する新品川署ストーカー犯罪対策室(SCS)に、
35歳の専業主婦から相談が寄せられた。
2カ月も無言電話が続いており、
ついには動物の足先と『殺してやる』と印刷されたコピー用紙が
ポストに入れられていたというのだがー。

一方、実は有梨も
「S」と名乗るストーカーから、無数のメールを送りつけられ続けている。



SCS ストーカー犯罪対策室 下 [ 五十嵐貴久 ]

「必ず君を守る。S」白井有梨はSCSに復帰した。
彼女を負傷させたストーカーは追い詰められて死亡したものの、
「S」からは「無事でよかった」というメールが届いた。

死んだのは「S」ではなかったのか!?
依然正体のわからないSとは、いったい何者なのか?

そんななか、現職の少子化担当大臣・小原雅代に
大量の脅迫状が届くという事案が発生。
有梨は本庁警備部から派遣されてきた岸川とともに
捜査にあたることになったのだがー。


久しぶりの小説です

ストーカー事件の様々なパターンが登場します。

これでもか、これでもかと別パターンがやってくるので
途中からいろいろ考えながら読むようになりましたが
にもかかわらず
犯人が当てられない時もあって
読み物としては満足。

でも本当にこんなことがあるんだったら・・・
ゾッとします。

入り口はストーカー事件だけど・・・


もちろん「怖さ」という観点で言ったら

この人

リカ【電子書籍】[ 五十嵐貴久 ]
には
叶いませんが…


短編集のような形をとっていますが
最初から最後まで続く一つの事件もあって
そちらも読みごたえありです!







最終更新日  2018年09月13日 01時50分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年01月21日
カテゴリ:小説(高校生~)


【楽天ブックスならいつでも送料無料】ラプラスの魔女 [ 東野圭吾 ]


円華という女性のボディガードを依頼された元警官の武尾は、

彼女の不思議な《力》を疑いはじめる。


同じ頃、2つの温泉地で硫化水素事故が起きていた。

検証に赴いた研究者・青江は双方の現場で円華を目撃するーー。


「空想科学ミステリ」

「これまでの私の小説をぶっこわしてみたかった。」

などと

紹介されているので

何となくハードルが高かったのですが


読み終えてみると

確かに

「空想科学」ではあるけれど

全然許容範囲。


それより

冒頭

語り部が全然無関係なところから

乱立(な印象)だったので

そこについていく方が

難しかったかもしれません。


彼らは一つの物語の関係者であるけれど

最後まで

殆ど関係なく終わっていく人もいて

ま、初めに読みにくさを感じても、やむを得ないかも

思った次第です。


個人的には

主に描かれている能力よりも

物語の発端になった

「愛情」の話の方に

何と言うか、空恐ろしいものを感じて

印象深く残っています。








最終更新日  2016年01月22日 09時37分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年12月23日
カテゴリ:小説(高校生~)


【楽天ブックスならいつでも送料無料】マインド [ 今野敏 ]


ゴールデンウィーク明けのある朝、

出勤した警視庁捜査一課・碓氷警部補の元に

都内で起こった二件の自殺と二件の殺人の報が入る。


発生時刻はすべて同じ日の午後十一時だった。


関連性を疑う第五係は、

田端捜査一課長の特命を受けて捜査を開始する。


その後、

さらに同日同時刻に都内で

その他に未遂等あわせて三件の事件が起こっていたことが判明。


一見関連性がないように見える各事件は、

実は意外な共通点で繋がっていた。


様々な職種の専門家とコンビを組んで事件を解決する

碓氷弘一シリーズ第6弾


今回は


【楽天ブックスならいつでも送料無料】エチュード [ 今野敏 ]

コンビを組んだ

藤森紗英心理調査官、再登場!


ずっと初めて会った人物とコンビを組んできた本シリーズで

初めての再会コンビ


今までとは違い

相手を探るような経緯は無く

以前と違って自信を持っているように・・・などと

肯定的な記述が多くて

読んでいても前向きな感じ。


不要なものは全てそぎ落としたかのような文章ですが

肝心のところはしっかり残っている訳で

少々唐突感を持って出てくる記述にも

ちゃんと意味あり。


広げたものは

見事にきっちり回収されている安定感。

嬉しくなります。


過去のコンビが出てくるパターンを見てしまったからには

過去のコンビ複数登場!なんてのも

つい期待してしまうのでありました。








最終更新日  2016年01月13日 19時24分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年12月06日
カテゴリ:小説(高校生~)


【楽天ブックスならいつでも送料無料】アンフェアな国 [ 秦建日子 ]

不可解な異動で、

新宿署組対課勤務となった雪平にかかってきた一本の電話。

 

危険ドラッグ常習者によって

外務省職員が轢き逃げされたその事件には、

あまりにも多くの謎が残されていた。

 

新宿署の杜撰な捜査。

杳として行方が知れないもうひとりの被害者。

奇妙な行動をとる新任署長。

韓国から来た男。

 

やがて、

真相に迫る雪平とかけがえのない仲間に

悲劇が襲いかかる。

 

仲間への思いを胸に海を渡った雪平を待つ哀切な真相とは?

 

刑事・雪平夏見シリーズ第5弾

最後に

「差別的表現がありますが、文脈から意図を読み取って…」

といった

記述がありますが、

それとは別で作者の偏見を感じる部分があり

少々不愉快に・・・

想定内であったし

ノンフィクションの作品ですし

スルーの気持ちで読み進めました。

映像版では

ずいぶん昔に死んでしまった安藤が

小説版ではぴんぴんしています。

今作を読んでいて

安藤が

菊田と重なりました。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】ストロベリーナイト [ 誉田哲也 ]

おかげでついつい

そこを中心に読んでしまった

私なのでした。








最終更新日  2018年09月13日 01時52分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年11月30日
カテゴリ:小説(高校生~)


【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】十字の記憶【電子書籍】[ 堂場 瞬一 ]


新聞社の支局長として

20年ぶりに地元に戻ってきた記者の福良孝嗣は、

着任早々、殺人事件を取材することになる。


被害者は前市長の息子・野本で

後頭部を2発、

銃で撃たれるという残酷な手口で殺されていた。


一方、

高校の陸上部で福良とリレーのメンバーを組んでいた

県警捜査一課の芹沢拓も同じ事件を追っていた。


捜査が難航するなか、

今度は市職員OBの諸岡が同じ手口で殺される。


やがて福良と芹沢の同級生だった小関早紀の父親が、

20年前に市長の特命で地元大学の移転引き止め役を務め、

その後自殺していたことがわかる。


早紀は地元を逃げるように去り、

行方不明になっていた……。


過去に囚われた二人の

後悔との戦い


といった感じでしょうか?


この作者の作品の常として

事件の真相に

近づいた実感がなかなかありません。


しかし

もしかしたら…という不安が満載。


どうするんだ?

わからない・・・


一体何回この問答があった事か…


実際

大きなことでも、些細なことでも

そんなことって多いって気がしますから

主人公たちの逡巡はよくわかるのです。


わかるのですが


読んでいて

スカッとはしない訳で


今回は

少々、苦しく感じる部分はありました。


感想には

読み手のコンディションも大いにかかわりますから

私の問題もあったかもしれません。


とあるシリーズの主人公が登場!?ってサプライズがあって

そこはかなりワクワクしました(笑)








最終更新日  2016年01月13日 19時23分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年11月20日
カテゴリ:小説(高校生~)


【楽天ブックスならいつでも送料無料】高速の罠 [ 堂場瞬一 ]


先の事件で負傷し、

長野県佐久市の実家で療養していたシングルファーザーの大友鉄ー


父を訪ねに高速バスに乗った優斗は、

移動中に忽然と姿を消してしまう。


誘拐か、何らかの事故か!?


優斗が行方不明のさなか、

さらにバスの大事故が発生する。


アナザーフェイスシリーズ第6弾



【楽天ブックスならいつでも送料無料】凍る炎 [ 堂場瞬一 ]

次というより


【楽天ブックスならいつでも送料無料】刑事の絆 [ 堂場瞬一 ]

次な気が致しました。


大けがの後だからなのか

凍る炎で

復帰に向けて、ちょっと変わった感があった鉄でしたが

本作ではもっと変わった印象を受けました。


今度は将来に不安を抱く方向かな・・・


そのせいなのか

ずっと私の頭の中に

徳山秀典さんの姿があり続けた本シリーズ

今作では徳山秀典さんの登場はありませんでした。

だからと言って

ドラマで主演した仲村トオルさんが登場するでもなく

竹野内豊さんや反町隆史さんのお顔が浮かんでは消え・・・


今回被害に遭う息子の優斗は

大人の階段をどんどん登っている感じですが

小6にして

ちょっと強過ぎ感も否めません。


とにもかくにも

次巻が楽しみなシリーズであります。









最終更新日  2016年01月13日 19時22分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年11月11日
テーマ:お勧めの本(5060)
カテゴリ:小説(高校生~)


レインツリーの国 新潮文庫 / 有川浩 アリカワヒロ 【文庫】


きっかけは「忘れられない本」。


そこから始まったメールの交換。

やりとりを重ねるうち、僕は彼女に会いたいと思うようになっていた。

だが、

意を決して出したメールの返事はつれないもの。

かたくなに会うのを拒む彼女には、

そう主張せざるを得ない、ある理由があった――。


図書館戦争シリーズの


【楽天ブックスならいつでも送料無料】図書館内乱 [ 有川浩 ]

登場する

作中小説


聴覚障害のある女の子の恋愛小説


主人公であるふたりが

交代で語り部になりますが

そこに違和感はなく


それぞれの心情を

理解しながら読んでいけるような構成になっていました。


この作者の作品は

特別な境遇にある人の恋バナが多いのですが

その恋バナを通して

特別な境遇にあったって普通だよって訴えがあり

その特別な境遇の詳しい説明があったりして

作者からの様々な愛を感じるのです。


この作品もそんな物語


そして

今月21日に

映画が公開です。



あ、映画はLINEになってる…








最終更新日  2016年01月13日 19時22分43秒
コメント(0) | コメントを書く

全225件 (225件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.