3815374 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やっほっほ~

PR

プロフィール


てらま

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

給水装置 New! 料理長47歳さん

アクセス100万越え 熊野の男前さん

手抜きでも、一応 … まっちゃんne.jpさん

アフィリエイト成果… 楽天ブログスタッフさん

尾鷲市行野浦海岸周… MZSさん

レッドバロン マッハ… 上段タローさん

まなママのドスコイ… manachin06さん
That’s dang Yah!! ひつじ雲zzzさん
メロンとマーチとき… mellonmarchさん
元気の源 y.y.micaさん

コメント新着

熊野の男前@ Re:マスクとエタノール(02/26) New! おはようございます ほんとマスク、消毒液…
てらま@ Re 熊野の男前さんへ お返事遅れてごめんなさい。 こちらこそ、…
熊野の男前@ Re:2020年 明けましておめでとうございます(01/01) おはようございます 昨年同様、今年もよろ…
てらま@ Re 名無しさんへ 確かに平成ライダーから令和ライダーへの…
名無し@ Re:『仮面ライダージオウ』【特撮】楽しみありまくりの1年でありました(09/29) 20年続いた仮面ライダーを一旦打ち切るに…
てらま@ Re tetsu8672さんへ コメントありがとうございます。 確かに…
tetsu8672@ Re:凄すぎる台風(10/13) 風の被害が少なかったのは意外でした(良…
てらま@ Re tetsu8672さんへ コメントありがとうございます 内容は…(…
てらま@ Re tetsu8672さんへ 私もしばらくしてなくて、最近またちょっ…

日記/記事の投稿

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

  

   

   

    

      

       PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天カード

全67件 (67件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

その他の本

2018年10月08日
XML
カテゴリ:その他の本
東京の
国立科学博物館で開催中

特別展「昆虫」


それはもう行きたくて行きたくて
開催が決まった時から
身もだえしていた訳ですが

東京まで、そう簡単に行けるはずもなく

柔軟剤などの香りで
喘息発作を起こすようになってからというもの
公共交通機関が恐ろしく…

ということで
涙ながらに諦めていたのですが


図録が購入できるんですよ
通販で!!!



本当にありがたいです。

一昨年東京に行った時に思ったんですよ。

東京って
見たい「本物」が
山のようにある!!!(博物館、美術館、劇場etc・・・)って。

見たい!見られない!

でも
図録の通販のおかげで
ちょっと触れられる!!!

ということで
喜んでおりますスマイルスマイル


より一層見に行きたくなる危険性もありますけどねあっかんべー








最終更新日  2018年10月11日 01時03分07秒
コメント(0) | コメントを書く


2018年10月03日
テーマ:読書(3357)
カテゴリ:その他の本

声優 声の職人 (岩波新書) [ 森川智之 ]

心惹かれたあの声もやっぱり森川智之だった。

多彩な声を演じ分け唯一無二の存在感を放つ人気声優でありながら、
自ら声優事務所の社長も務める稀有な存在。

アニメから洋画の吹替え、ナレーション、
ドラマCDまであらゆるジャンルで活躍し、
「帝王」とも称されるプロフェッショナルが語る、
声優という職人芸の秘密。


新書の棚をさまよっていて見つけた1冊。

最近ぼちぼちと読み始めた新書
たくさん並んでいる本屋さんだと、思いもよらない人が書いていたり
思いもよらないテーマがあったりして
中々面白いのですが

この本を見つけた時も
思わずへぇ~~~でした(笑)


森川さんのファンにはもちろんですが
声優を志している人、憧れている人には必読の1冊です!


新書には兎に角
「難しい」ってイメージが染みついています。

楽しそうなテーマでも
読んでみると「読みにくい」って現象満載です。

でも
本書はかなり読みやすかったです。

興味がある内容だったというのも
知った名前がチラホラ出てきたっていうのも
あるかもしれないけれど

何よりも文章が読みやすかったです。
はい。


声優という仕事の厳しいところや
やりがいのあるところなんかが満載で

大変読みごたえがありました。







最終更新日  2018年10月11日 00時59分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年04月06日
テーマ:読書(3357)
カテゴリ:その他の本

雑談力 ストーリーで人を楽しませる (PHP新書) [ 百田尚樹 ]

多くの人は、雑談について
「相手が興味を持ちそうな話をすればいい」と思っているが、
それは大きな勘違い。

じつは本当に面白い話題とは、
「話し手が一番興味がある話題」である。

そしてその話の構成を工夫しさえすれば、
誰もが引き付けられる話になるのだ。


百田尚樹さんの名前に釣られて読みました。

雑談力

っていうよりも

百田さんの持ちネタのオンパレードに
大笑いしたり感心したり

さすが毎回違うネタで小説を書き
1作書くために300冊くらいの本を読むという話もあったりする
百田尚樹さん!

知識(ネタ)がてんこ盛り!!!

大変興味深く、楽しゅうございました。



今まで
新書はなかなか読んでこなかったけれど
本屋さんで背表紙を眺めていたら
気になるタイトルが多くて
ただ今興味津々でございます。

問題は私の知識がついていけるかどうか・・・

楽しく読んでお勉強って感じになりたいな
です!







最終更新日  2018年04月20日 06時29分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年05月30日
カテゴリ:その他の本

camcam

買いました。

 

ファッション雑誌の

camcamです。

 

目的はただ一つ!

 

付録の

スマホにつける自撮りライトです!!

 

とはいうものの

その用途は

「自撮り」ではなくて

「標本撮影」

 

attachment2

 

昆虫博士丸山宗利さんの推薦文が

しっかりまぎれています!!

 


【楽天ブックスならいつでも送料無料】きらめく甲虫 [ 丸山宗利 ]

 

スマホで写真を撮ることは

殆どありませんが

 

これを機会に

覚えようかな~

ワクワクしています。

 


ところで

我が家では

本誌にまったく需要がないんですが

どうしたらいいでしょう…


 







最終更新日  2017年07月27日 22時35分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年06月16日
カテゴリ:その他の本

「読書離れ」改善に向けて

もう1冊読みました。


デヴィッド・ボウイ氏の本

デビッドボウイ 表紙.jpg


こちらも

前回読んだ

story - コピー.jpg

同じく1980年代前半までの氏の物語


とはいうものの

こちらも

ご本人が書いてらっしゃるわけではなく

ご本人や周囲の人々へのインタビューを検証したりして

まとめた内容。


複数人に尋ねると違う答えが返ってくることがあったり

そもそも、ご本人の言うことがコロコロ変わったりする

デヴィッド・ボウイさんですので

様々な証言より

もっとも信ぴょう性が高いと感じたものを繋げたのかな?


ある人はAと言っているが、別の人はBと言っている

などと言う記述はなく

ひとつの物語にまとまっていました。


前半は出来事が中心。

後半、世界的に注目されるようになってからは

どうしても楽曲の説明が増えがちになりましたが

この曲はこの時の体験をもとに書かれたといった話や

その曲やアルバムが叩きだした記録や

活動を共にしたアーティストとは?

といった内容が多かったです。


ま、理解不能部分がたっぷりではありましたが

興味があるんで仕方がない。


前に読んだものよりはずっと読みやすくはありましたが

翻訳の文章「らしい」文章。


しかしそんな文章も

楽しんで読めた気が致しました。


読書習慣の復活

できる・・・かな???








最終更新日  2016年07月14日 18時52分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年05月12日
カテゴリ:その他の本

「読書離れ」してしまってから

約4か月


特に「読みたい」と思うことはなかったのですが

なんだか読んだ方がいいような気もして


「デヴィッド・ボウイ ロス」も延々と続いているので

この際

選んだ本です。


story - コピー.jpg


懐かしい懐かしい本。


80年代辺りに、様々なミュージシャンの名前で

シリーズ化していました。


とはいえ

当時読んだ時、思いっきり挫折した本であります。


その時の率直な感想

「こんなこと知らないと洋楽って聞けないのか?面倒くさい」

鮮明に蘇りました(笑)



タイトルに「ストーリー」とあるように

デヴィッド・ボウイ氏の幼少時からの物語になっています。

一応。


が、それ以上に作品解説満載。

で、それが当時の音楽にそれなりに詳しくないと、

訳が分かりません。

なので、上記の感想が湧いて出た訳です(苦笑)


挙句の果てに

作品解説を優先させた都合なのでしょうか?

時系列が微妙に変・・・

(ここでも当然ある程度分かってないと混乱必至)



また、当時は「超訳」以前。


 ゲームの達人 新超訳 上/シドニィ・シェルダン【後払いOK】【1000円以上送料無料】


 ゲームの達人 下 新書判/シドニィ・シェルダン/天馬龍行/中山和郎【2500円以上送料無料】


「訳」が、なのか

「原文」が、なのかは定かではありませんが

どうやったらこんなに面白くない文章にできるんだろうって

感心するほどでして…


そういえば昔の翻訳ものって軒並みそうだったよなぁ・・・

などと

読んでいる間中

ついつい過去を振り返りまくったのでありました。



頑張って読みました。

ただし

内容には興味あれども、読書習慣復活のリハビリには

ハードルが高すぎでした(笑)








最終更新日  2016年05月26日 08時32分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年02月24日
カテゴリ:その他の本


TVドラマ「トリック」でおなじみ上田次郎教授が、

今まで解決した事件を詳細に分析

(自身の自慢話に終始しているという説もあるが)。

田教授の生い立ちや教授になるまでの道のり、

「トリック劇場版」の情報も。


山田奈緒子ら関係者の証言集付き。


まさか本当に出版されているとは!?


図書館で見つけた瞬間に爆笑!

してしまいそうなのを必死で我慢しながら

急いで貸出手続きをして

退館しました(笑)



【楽天ブックスならいつでも送料無料】劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル【Blu-ray】 [ 仲間由紀恵 ]

ついついこの作品の時の

佐藤健さんが演じた役の発音で言ってしまうこの本


読んでいて

腹が立ってくること、この上ない(笑)


当然劇中のあの上田教授なので

やむを得ないと言えばやむを得ないのですが

こどもは

大笑いしながら読んでいました。


私も精神的に大いに余裕がある時であれば

心穏やかに読めるでしょうか?


でも、もういいや…(爆)








最終更新日  2016年03月08日 07時55分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年10月25日
カテゴリ:その他の本


【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】「人権派弁護士」の常識の非常識【電子書籍】[ 八木秀次 ]


世に「人権派」と呼ばれる人たちがいる。

「人権」という言葉は今日ではヒューマニズムに満ちたという趣きも若干あってか、

これに正面から異論を唱える人はそう多くない。


しかし多くの人たちは、

裏では「人権」にいかがわしさを感じている。


何しろ「人権派」が顔を出すのは、

死刑廃止論、犯罪加害者の権利、子供の権利、女性の権利、

外国人の参政権、国旗・国歌反対、自衛隊違憲、戦争責任、

従軍慰安婦、戦後賠償などといった問題が論じられるときであり、


その主張の仕方も妙に戦闘的、エキセントリックであって、

やはり「人権派」とは「特殊な人たち」だと思われてならないからである。


本書は「人権派」の中でも

とりわけ法律論を駆使して「人権」を振り回す「人権派弁護士」に焦点を当てて、

そのいかがわしさを明らかにしたものである。


光市母子殺人事件

あの時が一番違和感を感じ

疑問を感じた初めだった訳ですが


あれ以降

「人権」関係の事柄で

突き詰めていくと、どうにもすっきりしなかったり

誤魔化されている感があったり


大切なものとしながらも釈然としないものを内包している感から

脱せられないことが出てきたのですが

いろいろと

謎が解明された気がする1冊でありました。


後半では

まだまだ自分の知識が足らず

完全な理解が出来ていない感が凄かったのですが


いろいろと腑に落ちることが

あって

勉強になったのでありました。


怖い怖い・・・








最終更新日  2015年11月13日 08時18分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年08月31日
カテゴリ:その他の本


【楽天ブックスならいつでも送料無料】三重の法則 [ 三重の法則研究委員会 ]


津駅の駅名標は遠目だと「?」に見える

F1開催日には鈴鹿サーキット周辺には近付かない

注連飾りは1年中飾っておくものだと思っていた

明日⇒明後日⇒ささって⇒しあさって

やんやんやんやん言っている

今をときめく西野カナ!


三重県民がうなずく、あるあるネタ&うんちく300を一挙掲載!

これで、あなたはもっと三重を好きになる!


300ものネタを書いているため

それぞれのネタに対する説明は極端に少ない。

説明などないものが殆ど。


そのため

そのネタに関しての知識がない場合

なんのこっちゃ

さっぱりわからない

いうことも起こる。


私も数個ありました・・・



また

全ページが3色印刷。


3色の中でメインとして使われているのが

赤っぽい色なので

はっきり言って

見にくい。


どうしてそんな配色にしたのか

謎。



しかし

簡単に読めるので、こどもも読みました。

ほぼ一気読み。


読破にかかった時間は

名探偵コナン1冊よりも少なかった模様です。



三重を知る人に楽しい1冊かな


 






最終更新日  2015年09月02日 19時47分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年07月27日
カテゴリ:その他の本


先生、ワラジムシが取っ組みあいのケンカをしています! 「鳥取環境大学」の森の人間動物行動学 / 小林朋道 【単行本】


黒ヤギ・ゴマはビール箱をかぶって草を食べ、

コバヤシ教授はツバメに襲われ全力疾走、

そして、さらに、モリアオガエルに騙された!


 自然豊かな大学を舞台に起こる動物と植物と人間をめぐる、

笑いあり、涙ありの事件の数々を

人間動物行動学の視点で描く


先生シリーズ最新刊


登場する動物の中にもの凄くマニアックなものが出てきて

少々おののきました。


相変わらず

先生の行動や感想に笑えたりするのですが

何気なく出てくる

研究と考察の中に、やっぱり先生は研究者でらっしゃる

確認する回数が増えていくような・・・


いや、先生のことを

単なる面白いおじさんと思って読んできたわけではないので

それでいいんですが


何だか、再確認・・・


ツバメに関する記述があり

ちょうどツバメだらけの時期に読んだので

ついついツバメの巣に接近してしまうようになった私でありました。








最終更新日  2015年09月02日 19時17分19秒
コメント(0) | コメントを書く

全67件 (67件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.