3814032 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やっほっほ~

PR

プロフィール


てらま

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

手抜きでも、一応 … New! まっちゃんne.jpさん

今日から『あげきの… New! 料理長47歳さん

マスク不足いつまで 熊野の男前さん

アフィリエイト成果… 楽天ブログスタッフさん

尾鷲市行野浦海岸周… MZSさん

レッドバロン マッハ… 上段タローさん

まなママのドスコイ… manachin06さん
That’s dang Yah!! ひつじ雲zzzさん
メロンとマーチとき… mellonmarchさん
元気の源 y.y.micaさん

コメント新着

てらま@ Re 熊野の男前さんへ お返事遅れてごめんなさい。 こちらこそ、…
熊野の男前@ Re:2020年 明けましておめでとうございます(01/01) おはようございます 昨年同様、今年もよろ…
てらま@ Re 名無しさんへ 確かに平成ライダーから令和ライダーへの…
名無し@ Re:『仮面ライダージオウ』【特撮】楽しみありまくりの1年でありました(09/29) 20年続いた仮面ライダーを一旦打ち切るに…
てらま@ Re tetsu8672さんへ コメントありがとうございます。 確かに…
tetsu8672@ Re:凄すぎる台風(10/13) 風の被害が少なかったのは意外でした(良…
てらま@ Re tetsu8672さんへ コメントありがとうございます 内容は…(…
てらま@ Re tetsu8672さんへ 私もしばらくしてなくて、最近またちょっ…
tetsu8672@ Re:楽天ポイント 当たりました~~!!(09/12) 当たるんですね(笑 楽天ポイントはやって…

日記/記事の投稿

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

  

   

   

    

      

       PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天カード

全467件 (467件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 47 >

ドラマ

2020年02月19日
XML
カテゴリ:ドラマ



芝居の才能に恵まれた北島マヤ(安達祐実さん)は
ある日、公園で子供たちにひとり芝居を見せていた。

その様子を見ていたかつての大女優の月影千草(野際陽子さん)は、
彼女の才能を見抜き、
自身が上演権を持つ「紅天女」の主役候補として彼女をを育てるため、
劇団「つきかげ」に入るように誘う。

芝居に対して尋常でない情熱をもつマヤは、
月影のもとで女優の道を目指すことを決意する。


美内すずえ先生が
安達祐実さんが出てきたからドラマ化を許可したと
当時言われていたドラマ。

今見ても
安達祐実さんをどどど真ん中に据えて
構成?演出?されています。


とはいうものの
なんといっても見どころは

月影先生!

再現度が素晴らしすぎます!
原作そのまんま!!!


本ドラマでは
原作の第18巻くらいまでが描かれております。


ガラスの仮面(18) (花とゆめコミックス) [ 美内すずえ ]


で、このドラマ
過去に見ているはずなのに

里見くんっ!となるし

桜小路くん、よかったね・・・とつぶやくし

初見の気持ち満載になりました。


それにしても
ハラスメントやら
いじめのオンパレード
今ならあのお母さんは虐待を疑われるレベルの毒親(笑)

時代の移り変わりをつくづく感じました。

現在は
第2season放送中!

まだまだ楽しく見ています。


にほんブログ村 テレビブログへ






最終更新日  2020年02月25日 01時30分04秒
コメント(0) | コメントを書く


2020年01月25日
カテゴリ:ドラマ


≪第1章≫

3月。
史朗(西島秀俊さん)と賢二(内野聖陽さん)は
小日向(山本耕史さん)に超高級焼肉店へ呼び出される。
そこには航(磯村勇斗さん)の姿も。
さらに遅れてやって来たのは、史朗が大ファンの三谷まみ(宮沢りえさん)だった。


≪第2章≫

4月。
史朗と賢二の家に憔悴しきった表情の小日向が訪ねて来る。
俳優の誘いで潮干狩りへ行った小日向が
大量のアサリを抱えて帰宅すると、
約束をキャンセルされてもともと機嫌が悪かった航が
「アサリが苦手」とさらにヘソを曲げたと言い…。


≪第3章≫

5月。
忙しい史朗に代わり料理や家事をしていた賢二だったが、
1週間で予想以上に浪費したことが発覚。
さすがに買い物を工夫しなければと反省する。
三宅レイコ(奥貫薫さん)からチラシアプリに登録するといいとのアドバイスもあり、
賢二は次第に予算が抑えられるようになっていく。
だが史朗とのすれ違い生活も3週間が経過。

ひとりの食卓、
食べてもらえない夕食の食器
賢二は寂しさで押しつぶされそうになっていた。



念願の続編がこんなに早く叶うとは!

どう考えても
あちらこちらで見かける
もの凄くお忙しいとお見受けする
4人の俳優さんが
そう簡単に揃うことなどないと思っておりました。

熱望のスペシャルは三本立て

始まったその瞬間から
主演の御二人があまりにも自然で
これがお芝居なのか
それとも素が出ているのか
さっぱりわかりません。

わかりませんが、
ちゃんと史郎さんと賢二に見える訳です。

ジルベールのお料理なども
登場して
原作を読んでいないものですから
何やらもう楽しい楽しい。

それでいて
そんなに楽しそうに生活しているけど
そんな状況を作るまでは
凄まじく大変だったんだな…と感じさせても貰い…

とりあえず
20日以上過ぎた今でも
ハーゲンダッツを見る度に
「ハーゲンダッッツゥゥゥゥゥ!」と心が騒ぎます。

大変楽しゅうございました。


にほんブログ村 テレビブログへ






最終更新日  2020年02月25日 01時29分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年01月23日
カテゴリ:ドラマ


義母・亜希子(綾瀬はるかさん)の再就職から1年後、
2019年秋。

亜希子は大阪、娘・みゆき(上白石萌歌さん)は東京と、離れて暮らしていた。
亜希子は、大手コンサルタント会社でバリバリに活躍し、
10年間のブランクを感じさせない目覚ましい成果をあげていた。
女子大生になったみゆきは相変わらずな愛すべきマイペース。
サークルにバイトにほっこりとした日々を送っている。

ちなみに、幼なじみのヒロキ(井之脇海さん)との関係は
相変わらずの模様。


そんなある日、
突如クビを宣告され帰京することになった亜希子は、
久しぶりにみゆきのアパートを訪れる。

すると、みゆきのアルバイト先である
ベーカリー麦田の店長・麦田(佐藤健さん)が、
裸にタオル1枚の姿で風呂場から出てくるのに遭遇!

さらに麦田の腕には、なんと赤ん坊が抱きかかえられていた!


なんだかものすごく懐かしい!

一気に時が戻るというか
いろいろ思い出せるのは
さすが、綾瀬はるかさん!

いうところでしょうか?

お~~そうそう、そうだった!

蘇る記憶と共に
懐かしく
見始めました。


登場していきなり、
イケメン俳優の称号を持つ
佐藤健さんが
こんなにもおっさんっぽく見えるんだ・・・と
茫然とすることしきりW

お二方共に
大変見事なお芝居にございます!!


ネット上で話題になった
授乳シーンは
いただけませんでした。

だってあれって「病気」ですからね。

他にも下ネタを
散りばめていましたが
必要性は感じなかったなぁ・・・

それよりも
もう出てこないんだろうな…と思っていた
竹野内豊さん登場で

続編への期待が高まります。


にほんブログ村 テレビブログへ






最終更新日  2020年02月25日 01時28分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年01月17日
カテゴリ:ドラマ


ハッキングやサイバーセキュリティーをかいくぐる
ハイテク犯罪が当たり前の近未来。

探偵・明智小五郎(永山絢斗さん)は
大富豪・岩瀬庄兵衛(中村梅雀さん)から
誘拐予告された娘・早苗(福本莉子さん)の身辺警護を依頼される。

立ちはだかるのは
高価な宝石を巧妙な贋作とすりかえる謎の怪盗・黒蜥蜴。

早苗をかくまうと名乗り出たホテルオーナー・緑川婦人(りょうさん)こそ
黒蜥蜴と見破り誘拐を防ぐが、
ホテル全体に仕掛けられたトリックに阻まれ、取り逃がしてしまう。

しかしその時、怪盗と名探偵は密かに恋に落ちていた。

早苗を「人間椅子」のトリックで奪われながらも黒蜥蜴を追い詰めていく明智は
やがて黒蜥蜴の悲しい過去と驚くべき正体を知る。


近未来設定なんだけど
建物や服装など、風情は前時代。

そもそも何の前知識も持たずに見始めたので
大混乱

でも、そのせいだけとは言い難いあれやこれや
ありとあらゆる方面から、いろいろと、たっぷりとやらかし、
目一杯振り切ってました。

もともと江戸川乱歩先生の描き出す作品たちも
突拍子もないものが多いって気がするので、

グレートアップってことでよろしいのかもしれませんうっしっし


散々途方に暮れまくっていたのですが

妙な盛り上がりを見せた我が家なのでした✨

にほんブログ村 テレビブログへ






最終更新日  2020年01月22日 01時47分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年01月15日
カテゴリ:ドラマ



中学館文芸編集部で月刊『さらら』を担当する
編集者・佐々木幸子(高畑充希さん)。
新春拡大号の企画で幸子が担当する作家・美酒乱先生(村上淳さん)が
芥山賞にノミネートされたとの一報が入る。


そんな中、受賞発表の日に次回作の取材のため
美酒乱先生と神戸へ行くことになった幸子。
夜までには東京に戻らねばならないハードスケジュールの中、
幸子にはもう一つ、ある重要なミッションがあった。


そしてすっかり忘却したはずの俊吾(早乙女太一さん)が
まさかの形で幸子と再会するのだが…。



最近ずっと「サクラ」を見ていたため

食べている場面から入ったおかげで
きっちり一瞬でサチコさんでした。

あと、もしかしたらサクラの眼鏡の存在は
かなり大きかったのかもしれません。


相変わらず全力でお仕事なサチコさんでしたが
食べ物への興味関心具合が加速していて
尺の問題とは思いつつも
大変美味しそうでございました。


また、高速移動で紡ぎだした神戸グルメの数々

A級グルメもB級グルメも
一気に紹介という贅沢な内容

脚本の頑張りも感じましたが
ロケも大変だったろうと・・・しみじみ

ドラマの上では1日の出来事でしたので
ドラ○もんの超有名ドアを活用されたに違いありません。

お正月に相応しい贅沢さでございました。


ところで、個人的には
俊吾さんが何を考えているのかを
知りたい!

納得できる理由じゃなきゃ許さんぞ!

お願いだから、納得できる理由を!
の共存に
続きがあって欲しいなぁ~~
と長うのでありました。


にほんブログ村 テレビブログへ






最終更新日  2020年01月22日 01時48分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年01月11日
カテゴリ:ドラマ


天ノ真奈子(松雪泰子さん)は
とある一流大学の工学部教授で「失敗学」を立ち上げ研究中。

失敗の責任を追及するのではなく、
直接の原因と、背景的・社会的な原因とを究明して知識化し、
再発防止に役立てる学問だ。

日々起こるさまざまな事故は常に何かの失敗であり、
事故調査は真奈子の最高のフィールドワーク。

その活動は工学の枠を超え、
企業の不正や医療事故など、好奇心の赴くまま広がっていく。

性格はマイペース、わがまま勝手。

「成長・進歩には必ず失敗がついてまわるもの」という信念で失敗を愛し、
失敗話に目を輝かせるため、相手をイラつかせることも。


実際にあるようで「失敗学」の考え方はわかるのですが
物語の流れとその考え方が
私の中で、なかなかしっくりこなくて

主人公の言う「私、失敗者ちゃった」っていう決め台詞が
失敗しない何処かのドクターから来ているのは
よっくわかるのですが
少々強引な感じが否めず

違和感を感じながら見始めました

にもかかわらず
続けて見たのは
やっぱり松雪泰子さんの魅力かな。


内容的には
様々な仮説、実験を経て様々な事件事故の原因御究明するパターンで
何処かの物理学者を思い出したりしながら見ました。

少々専門的な説明が入ったので
ひとつひとつの事象が
凄くそれっぽかったのです。

それっぽいどころか
そもそも
実際の出来事を元にした作品らしいのです。

にもかかわらず
超天才の主人公の設定は
さすがにフィクションでしょう?というところもあって

おかげで
どこからどこまでを
ノンフィクションと思えばいいのか
ずっとわからないまま
終ってしまいました(汗)

ドラマとしてはそれなりに楽しめたのですが
私に知識があれば
もっと楽しめた…かな?です。


にほんブログ村 テレビブログへ






最終更新日  2020年01月22日 01時49分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年12月23日
カテゴリ:ドラマ

おっさんずラブーin the sky- Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 田中圭 ]


バカでまっすぐでお人よしで情にあつい
独身ポンコツダメ男・春田創一(田中圭さん)は、

35歳にして突然リストラ!?途方に暮れていたところを、
高校時代の後輩に救われ、

航空会社「天空ピーチエアライン」に転職。

CAデビュー当日―。

人助けをしたことでブリーフィングに遅刻した春田を待っていたのは、
機長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎さん)の
「このフライトから外れてもらう」という厳しい通告だった…。


しかし落ち込んだのも束の間、
春田の目に“とんでもないもの”が飛び込んでくる。


それはロッカーからバサバサと溢れ出てきた、大量の紙
…に描かれた、あらゆる表情の

春田のデッサン。

え、え、え、俺? これは何!?
いやいやおかしいだろ!え、誰が!?



前作とも劇場版とも全く違う世界観の第2弾。

異次元に来たとか転生した
と思えば大したことありません。

で、正直
前作よりもよくできていた気がしました。

何より
春田が何でモテるのか全く分かりかねるポンコツ
ではなくて
空回りしたり失敗することもあるけれど
頑張っている
好感の持てるキャラに
ちゃんとなっていたところ。

途中からストンと落ち着きました。


で、千葉雄大さんが
かわいくてかわいくてかわいくて

ちょっと前に
『盤上の向日葵』で見た役者さんと同一人物とは
どうしても思えない!!!

大変結構なお手並みでございました。


が!
私個人といたしましては

途中登場で
素晴らしい武器(本業)を携えて
とても楽しい場面を量産してくださった
山崎育三郎さんが一押しでございました。


最初から最後まで
どうしても慣れることが出来なかったのは

ピンクがうるさい怒ってる

ピーチエアラインさんの協力なんで
わかるんですけど
うるさくして仕方がなかったのでした(苦笑)


土曜ナイトドラマ 「おっさんずラブ -in the sky-」公式ブック [ テレビ朝日 ]

にほんブログ村 テレビブログへ






最終更新日  2020年01月22日 01時51分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年12月19日
カテゴリ:ドラマ

「同期のサクラ」 DVD-BOX 特典付き(日本テレビ 通販)

10年前の2009年、春。
大手ゼネコン・花村建設の新入社員となったサクラ(高畑充希さん)は
入社式に急いでいた。

通行の邪魔をする若者にも忖度しない。
「皆さんの迷惑になるので道を開けてください」

珍しい建物を見つけると、
時間を忘れて、写真を撮る。

ギリギリ間に合った入社式でも、
社長(西岡德馬さん)のスピーチに
「話が長いと思いました」など立場をわきまえない発言をして
周囲を唖然とさせる。

人事部長・黒川(椎名桔平さん)のフォローで
空気が和らぐものの、
サクラの超マイペースな性格は、同期の皆に強烈な印象を残す。



ストーリーそのものは
先が見えてたので、たいして期待もせず
役者さんのお芝居重視で
ゆる~く見ました。

1話1年の構成
既に熟練と化した(?)高畑充希さんの変な人役
最終回の大木の前のベンチ
               
いろいろとデジャブ感を禁じえませんでしたが
それがこの脚本家さんのカラーだと思えば
それもまた良し。

それに
先が読めながらも
見させちゃうパワーのある脚本とお芝居
さすがではあります!


とはいうものの
ラスト2話は

見たけど
実は多少期待して見たけど

いや、あんたらそれはひどくない?
でも、ま、それも現実だよね。
え、あんたらまた都合よく、いい感じのこと言いに来た?

などと
理想を求めて感動ものにするか?
現実的に厳しく突き詰めるか?
どっちつかずでウロウロした感じでした。

時間不足
とも
言えはしないでしょうか?

で、結局
数名のキャラクターに対して
なんやねんこいつな感想を抱いてしまうという・・・

あぁ、もったいない・・・


主人公とその同期を演じた皆さんは
皆さん今後もきっとお見かけするであろう方々なので
次にお目にかかるのが楽しみであります。

正直
高畑充希さんと竜星涼さんに釣られて見ましたが
新たに新田真剣佑さんに注目したのでした。   


にほんブログ村 テレビブログへ






最終更新日  2020年01月22日 01時52分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年12月01日
カテゴリ:ドラマ


第1部
地域医療に根差した個人病院、花山病院の副院長・大矢昌史(小池徹平さん)は、
優秀な外科医で患者や看護師たちの信頼も厚い。


その日花山病院は、看護師補充の面接をしていた。
終わり間近にやってきた女、それがリカ(高岡早紀さん)だった。

28歳と本人が自称する年齢に違和感は抱いたものの、
豊富な経験は申し分なく、
日本医師協会前会長からの推薦状まで持参したリカに、
大矢は思わず「あなたみたいな優秀な方が何故うちに」と尋ねると、
リカは嬉しそうに「運命なんです」とつぶやく。

第2部
数々の事件の真相が闇の中に葬り去られた花山病院の火災から3年。
いまだに亡くなった大矢(小池徹平さん)の事が忘れられないリカ(高岡早紀さん)。
そんな折、マッチングアプリの存在を知り、
今度こそ“運命の人”に出会えることを信じ、登録する。


映画会社・宝映に勤める、プロデューサーの本間隆雄(大谷亮平さん)は、
映画のリサーチをするために、
アシスタントプロデューサーの坂井政司(内田健司さん)から、
マッチングアプリに入ることを薦められ、
“神宮寺たかお、年齢・38、職業・作家”という嘘のプロフィールをアップする。


読んだのは数年前で内容は細部まで覚えてはいないのですが
兎に角「こわい!!!!!」ということだけは深く印象に刻まれた小説。
そのドラマ化ということで
喜んで見ました(え?)

全8話で、4話ずつの2部構成。

いやぁ、怖い怖い

とはいうものの
地上波放送ですし、最近いろいろと難しいご時世ですから
原作と同等の恐怖はやってこないと信じながら見ましたが
高岡早紀さんのお顔を拝見しながら
ついつい後ずさったこと、数回。

夜中に薄暗い部屋で一人で見るには
なかなかの迫力でございました。

にもかかわらず
ほぼリアタイで見切ってしまった魅力は
一体どこから…

どちらも4話ですから
展開としては、結構 早足なのですが
時に2部では
リカさん最初からクライマックスでして
なんか時間が立つのが早かったです!


第1部原作が


リハーサル (幻冬舎文庫) [ 五十嵐貴久 ]

第2部原作が

リカ (幻冬舎文庫) [ 五十嵐貴久 ]


ドラマにはありませんでしたが

リカの続編が


リターン (幻冬舎文庫) [ 五十嵐貴久 ]


リカ誕生の秘密が


リバース (幻冬舎文庫) [ 五十嵐貴久 ]


このドラマの視聴に関しては
小説で読んだ内容を忘れていた自分をほめたかったですし
ドラマを十分に楽しんだので

ここは、いちから読み返すべきでしょう!

にほんブログ村 テレビブログへ






最終更新日  2020年01月22日 01時52分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年11月28日
カテゴリ:ドラマ

忘却のサチコ DVD BOX [ 高畑充希 ]


中学館文芸編集部で月刊「さらら」を担当する
編集者・佐々木幸子(高畑充希さん)が
結婚式当日に新郎・俊吾(早乙女太一さん)に逃げられてから数か月―。

幸子はすっかり、元の仕事も完璧にこなす
“鉄の女”に戻ったかのように見えていたが…。

幸子が担当している人気作家・姫村光(長谷川朝晴さん)と共に
発売された新刊の売り込みとサイン会で書店を巡っていた幸子だが、
姫村のある悪い癖で振り回されてしまう。

そんな姫村の姿に居なくなった俊吾の姿を重ねてしまい…。


今頃ですが
だいたい見ました。

本放送時にはあまり興味はなかったのですが
何かで見かけた時に
高畑充希さんのお芝居のうまさ(これは知ってた)と
ちらりちらりと映る俊吾さんが某歌い手さんに見えたことで
止まらなくなりまして

結局見てしまいました。


それはきっと恋でした。 (初回限定盤 CD+DVD) [ 天月ーあまつきー ]


孤独のグルメは
既に
見たところで絶対に食べられない
というあきらめが前面に出てきて視聴を止めてしまいましたが

本作品は
お食事シーン以外に物語という見どころがあるので
拗ねることなくお食事シーンも見ることができました(笑)


最後まで見ましたが
結局
俊吾さんの考えていることは
ま~~~~っったくわからなかったので
年明けにあるという

スペシャル特番

大いに期待しているところであります!

にほんブログ村 テレビブログへ






最終更新日  2020年01月22日 01時50分54秒
コメント(0) | コメントを書く

全467件 (467件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 47 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.