2020年03月14日

『シャーロック』【ドラマ】気楽に楽しみました

カテゴリ:ドラマ

シャーロック DVD-BOX [ ディーン・フジオカ ]


誉獅子雄(ディーン・フジオカさん)は
頭脳明晰で容姿端麗な、犯罪捜査専門のコンサルタント。


難事件の捜査を
警視庁捜査一課の警部・江藤礼二(佐々木蔵之介さん)から
特別に依頼され、請け負っている。


罪と悪に興味があり、謎解きは彼の生きがいでもある。


だが、その性格は難ありで、一般の人が対等に渡り歩けることは、まずない。

そんな獅子雄にとって、運命的な出会いを果たす事件が、いま幕を開ける。


本作品を
コナン・ドイルの原作とリンクさせて語るほど原作を知らず

映画のシャーロックホームズも


シャーロック・ホームズ [ ロバート・ダウニーJr. ]

BBCで放送されているシャーロック・ホームズも


SHERLOCK/シャーロック ベイカー・ストリート 221B エディション [ ベネディクト・カンバーバッチ ]

見ていないので
どうしたものかと思っていたら

BBC作品とは無関係とのことで
結構気楽に見せていただきました。


とはいえ始まった当初は
これのどこがホームズ?ってなっていましたが

おかげさまで途中から
なんでもいいや面白ければ、になりました。


というか
正直、ディーン・フジオカさんの
どんどん自然になっていくお芝居見たさでした。


終わりが近づくにつれ
明らかに変なキャラクターなのに
実際に存在していそうな気になってくるのが
恐ろしい。


あと
余り気づけなかったのですが
2人の住んでいたアートの名前など
ホームズ小ネタが結構散りばめられていたようで

もしかしたら隅々まで見なきゃダメだった作品?
と終ってから気になっております(-_-;)


残念だったのは
守谷の存在。

モリアーティ教授はシャーロックの好敵手
って知っているから
そうなんだろうな…と
自分に言い聞かせましたが

本作品だけでは
どうして獅子雄がここまで「守谷」にこだわるのかが
あまり伝わってこなくて
唐突感を感じました。

その辺をスッキリさせるためにも
続きが見たいです!

SPで構いませんので
よろしくお願いいたします。


あと

最終回後の特別編は
最近の月9の得意技「殆どダイジェスト」でしたが
それもここまで続けば想定内。

「続きは○○○で・・・」と言われるより
ず~~~っと好意的だと思うようになってきました(汗)

にほんブログ村 テレビブログへ





TWITTER

最終更新日  2020年04月08日 01時53分52秒
コメント(0) | コメントを書く