000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

焼きたてパンにはまりませう

ベーグルパン

お食事パンのページに戻る

◆◇◆◆ベーグルパン◆◇◆◆

ベーグルパンは発酵に時間がかからないので時間がないときにもぴったりです。
ぜひ、ベーグルの独自のモチモチした弾力のある歯ごたえを
焼きたてで味わって下さい。

今回はプレーンなベーグルを紹介しましたが捏ね上げ終了時に
ドライフルーツやレーズンを混ぜて発酵、焼き上げてもすごくいい香りがします。

私はベーグルを二つに裂いてバターやクリームチーズを縫って食べるのが
大好きなんですがアレルギーのため今はそれらが塗れないんです。
そこで豆腐ホイップを塗って食べています。ふわふわして甘くて美味しいですよ。

あと、いわしのベーグルサンドもお勧めです。
時間がたって少し硬くなってもまた暖めればおいしく食べられますよ。




材料9個
強力粉500g
ドライイースト4g
砂糖10g
6g
オリーブオイル
30cc
ぬるま湯300cc
溶き卵適量


※1gスケールで正確に計ることをおすすめします。

コピー ~ IMG_6120.JPG
《アレルギー表示》

小麦、卵(仕上げに溶き卵を塗る場合のみ)

【手順】

  1. 材料を正確に測る。

  2. 生地をこねる


    • ぬるま湯以外の材料をすべてボールに入れてぬるま湯を加え

      手でつかむようにして全体をよく混ぜ合わせる。

    • ひとまとめになったらボールに濡れ布巾をかけ10分ほど寝かせる。

    • 生地をボールから取り出し5分位ほどよくこねる。
      こね方はコチラ→

    • 粘り気が出てきたら台の上に150回たたきつける。

      生地の真ん中を持って台にたたきつけ、手前にひっぱって半分に折る。

      折ったあと90度向きを変え、またたたきつける。

  3. 一次発酵

    • 生地の表面に張りを持たせるように上から下へ巻き込むように丸くまとめ

      油脂を(分量外)薄くぬったボールに生地を入れラップをかけて

      暖かいところで10~15分発酵させる。

      冬は40度ぐらいのぬるま湯の上に浮かべるといいですよ。

      ※私はラップのかわりにビニールのヘアキャップを使います。
      これが一番いいです。何十回と使えるし、よく発酵します。

      ※お風呂に洗面器をうかべ、その上にボールをいれるという手もあります。
      いずれにしても、適度な湿気と生地の温度が
      28度ぐらいになるのが望ましいです。

  4. 分割

    • 生地をカードやスケッパー等で約90g、9個に分割して

      表面に張りを持たせるように丸める。
  5. 成形

    • 上から軽く押さえてガスを抜き、平らにする。

      奥と手前から1/3ずつ折る。さらに奥から半分に折り

      合わせ目をしっかり閉じる。長さ20cmの棒状にのばす。

      一端をつぶして平たくし、端どうしをくっつけて輪にする。
  6. 最終発酵

    • 成形後、ラップをかけずにそのまま30分、暖かいところで

      仕上げの発酵をする。大きめの鍋にお湯を沸かし始める。



  7. ゆでる

    • ベーグルを熱湯で約1分間ゆでる。ゆでるときにお湯1Lに対して砂糖50g(分量外)を入れる。

      ゆで上がったら水気をきり、天板に移す。

      ※ゆでることでイーストの発酵が抑えられ、目の詰まった重量感が出ます。
      ※砂糖はお湯の温度を上げるためと焼き上がりのベーグルのつやを出すために 必要です。


  8. 溶き卵を塗る

    • ベーグルの表面に溶き卵を塗る。

    ※これはつやだしのためなので卵アレルギーの方は塗らないでください。



  9. 焼き上げ

    • 220度に温めたオーブン庫内入れてオーブンで20分焼き上げる。



お食事パンのページに戻る




© Rakuten Group, Inc.