12689909 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

劇場鑑賞「イントゥ… New! BROOKさん

スター☆トゥインクル… New! レベル999さん

聖⭐︎おにいさん  … New! らぶりーたわ子さん

【スカーレット】第16週ネタハ… ショコラ425さん

正月休みが多くて疲… ねむにゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2006.04.06
XML
今日は午後休みなのでHPの方をいじろうと思いつつ、眠くて仕方ない、ひじゅにですが何か?


ドレス源一郎の見合いの日―
当時の人の目には相当派手に映るであろうピンクのワンピース姿の磯。
ロー・ウェストって可愛いけど、太って見えるよなあ…と変なところに注目の、ひじゅに。
源一郎は中折れ帽子。
『マイナスゼロ』で、道行く人々が皆、帽子を被ってると書かれてたっけな。

住んだことないのに何だか懐かしい気がする、古い日本家屋。
それぞれの過し方をしている子供達。
勇太郎&杏子が抱き上げた子猫が可愛い。
縁側で読書する笛子は、座り方からして生真面目そうというか堅そうというか…疲れそう(^^;)
「お母さんより良い人なんて、おるわけないよね」
気が揉めて仕方ない桜子。


キスマークお見合い相手は、美人だけど当時の人にしては大柄な感じ。
しかも何気に積極的。
実はバツイチなんて設定は、その理由付け?
磯の不躾な態度も目立たない。

ひじゅにだったら、相手を見るからに淑やかで楚々としたお嬢様にして
かね&磯のやり取りと、社長の狼狽ぶりをオーバーに描いて
その都度、彼女が困ったり恥ずかしがったりする…というマンガチックなシーンにしたかも(笑)


でも、今日見せたかったのは、亡き妻を忘れられない源一郎の姿と、
父の傍らでピアノを弾く見合い相手にショックを受ける桜子の姿
―だよね。



家事の分担だの、上手くできない繕い物だの、そんなのはどうでもいい。
亡き人の存在が心の中に大きいうちは、その同じ場所に他の人を迎え入れるのは極めて難しい。
桜子は誰よりも正直なだけなんだろう。
源一郎も多分そう。

曲目が『エリーゼのために』ってのが、ベタな印象なんだけど(^^;)
でも、当時の感覚ではハイカラで洒落た選曲だったのかな?
家族の思い出の曲は『埴生の宿』なので、ここんとこの感覚のズレを表現してる?

とりもちで草履をくっつける、という、いかにも子供らしい悪戯。
動かなかったら、まずは脱いで様子を見るもんだと思うけど、無理矢理歩き出そうとする彼女。
繊細な父子の間に割って入ろうとする行動力を示唆?
転ぶところは、ひじゅにだったらマンガチックに…(以下略

声を出して笑っちゃう桜子は、やっぱ正直過ぎ。
自分から納屋に閉じこもり、ネズミに驚いたおかげでオルガンを発見。


えっ、オルガン?
お祖父ちゃんが正しかったんじゃん。



月何だか急にシオラシクなっちゃった、お祖父ちゃん。
母親との思い出を娘に語る源一郎。
「お母さんそっくりの人なら、ここにおるしな」
ずっとひとりでいると約束する父に、笑顔を向ける桜子。

『埴生の宿』を歌いながら、手を繋いで帰る父子に
「幸せでした」のナレ。
…えっ、もしやこれから不幸が!?


ちょっとドラマを観過ぎとちゃうかい、ひじゅにさん?(*^^*)


やっくんち

人気映画・TVBLOG

『決定盤 こころの唱歌~仲間で唄った想い出の90曲』『決定盤 こころの唱歌~仲間で唄った想い出の90曲』
『NHK趣味悠々 楽譜が苦手なお父さんのためのピアノ塾』『NHK趣味悠々 楽譜が苦手なお父さんのためのピアノ塾』
電子ピアノ KORG C-660LC 台数限定!全国組設置サービス!コルグ電子ピアノ KORG C-660LC 台数限定!全国組設置サービス!コルグ






Last updated  2006.04.06 14:32:39
コメント(6) | コメントを書く
[NHK朝ドラ-1>ファイト~だんだん] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.