12300731 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

連続テレビ小説『な… New! レベル999さん

昨夜、Y界のスターY… New! らぶりーたわ子さん

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

Keyword Search

▼キーワード検索

2007.05.02
XML
カテゴリ:ドラマ-3-
○怪奇大作戦セカンドファイル『昭和幻燈小路』
○怪奇大作戦『京都買います』


うっわあああ、HDDの容量がイッパイなのに気付かず録画して
旧作3話の内、2話を録り損ねたあああああ!

ってことで>ぇ

*       *       *       *       *       *       *

○“セカンドファイル”―
いきなり一つの町が外界から遮断され、牧・三沢・野村の3人が閉じ込められてしまった。
しかも住人はそのままに、町並みだけが昔に逆戻り。

こういうシチュエーションは結構好みだわ。
しかもノスタルジックな昭和の町並み。


だけど、住人の皆様、対応がスムーズ過ぎ(笑)

遮断直前、電気製品が使えなくなり、道端の井戸で洗濯する奥様方の姿にもぶっ飛んだ。
遮断後は、さらに加速。
子供達がメンコで遊んでるのは、まあ子供だから順応性があるのよね…と思ってたけど
紙芝居屋さんを始めちゃうオジサン、何気に凄いわ。
それでも、まだ、年配者だから懐かしさから来た行動か…と思い直したんだけど
チンドン屋さんを始めたのは若者達じゃん。
知識としては知ってても、本物見たことあるのかよ?
第一、アレは宣伝活動なんでしょーが?
何故、それを今やってるんだよ?
喫茶店のオジサンも旅館のオバサンも馴染み過ぎだよ(笑)

―と、そんな細かい突っ込みはどーでも良いっすね(^^;)

タイムスリップなのか、パラレルワールドなのか…
という野村さん達の推測を即効で却下する牧さん@西島秀俊。
まあ、タイムスリップだと、元々その時代のその町に住んでた人々はどうしたのか…
という疑問が残るよな。
的矢さん達とすれ違うシーンや、牧さんだけが先に元に戻るところ等を見ると
パラレルワールドっぽいよね。

でも、情緒的に受け取るなら、やはり娘を亡くした老人の死の間際の妄想に
何故か町全体が巻き込まれてしまった…と結論付けるべきなのかな?
どの道、彼の脳波がどういう形でか周囲に影響を与える程の波動になってしまった
というのは事実らしい。
でも、老人自身は求めてやまなかった“娘が生きていた時代”を経験できないままだった。
「アイスを買ってきたのに、溶けちゃったじゃないか」
なんて言うシーンは、ちょい泣ける。

そんな彼の心と誰よりもシンクロしたのは牧さんで、
父親を亡くした経験が重なるところが、また切ない。

ちょっと突っ込むなら…
姿が見えなくなったわけじゃないんだから、落としたヘアピン届けてやれよ。
そしたら、あれほど大事件にならなかったかも!?

○“オリジナル”―
子供向けとは思えない、しっとりした物語だった。

仏像に恋する女性に恋しちゃう牧さん@岸田森。
2人で話すシーン、顔を近付け過ぎ(笑)
彼女を見つめる目つきや、駆け寄る後姿や、覗きをする笑顔がキモカワイイ>ぇ

京の街をデートする姿も、
彼女を失って、ひとり京の街を彷徨う姿も、
仏像と化した彼女を見て、顔を伏せ上着を被って走り去る姿も、
もうウットリものよ>ぉ


1968年の作品だそうで、今から40年近く昔なのに
もう既に科学の発展がもたらす弊害を訴えていて、さすが。

もっとも、そういう点は、さらに昔の手塚治虫作品でも描かれているし
現代よりも熱い時代だったんだろうから(多分)、
よく取り上げられるテーマだったのかもしれないけど。


スミマセン、こんな感想で(^^;)



やっくんちやっくんち

人気映画・TVBLOG


きらめく仲良しハートに一目ぼれ♪ダブルハート クリスタルジュエル ミニヘアピン【gw2007bra】
[DVDソフト] DVD怪奇大作戦 Vol.6

 X-ファイル エイト DVDコレクターズ・ボックス(初回限定生産)






Last updated  2007.05.02 14:32:04
コメント(4) | コメントを書く
[ドラマ-3-] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.