12398688 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

連続テレビ小説『ス… New! レベル999さん

今日は名古屋へ New! らぶりーたわ子さん

今日の収穫 (10月1… BROOKさん

ラグビーW杯、日本、… ショコラ425さん

台風18号の影響か… ねむにゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2007.06.04
XML
テーマ:アニメ!!(3767)
カテゴリ:アニメ-2-
わざわざレスターさんにNYに戻ってもらって、一緒に日本に渡るニア>カワイス
飛行機の中でもパジャマ(?)のままで、玩具も持ってるとこもカワイス。
勿論、ニア限定(笑)

Lキラ(=月)⇔高田清美⇔Xキラ…を見抜き、
さらにXキラ=魅上…と推理するニア。
月が魅上の存在を知ったのもTV等を通してのことだったから、
ニアが彼を特定できたのも無理なことではないよね。

だからLキラとXキラを殺してしまう…という、手っ取り早い方法も取れるけれど
それではLが浮かばれない、と拒否するところが泣ける。

月の方も、結局のところ自分はLと一対一の戦いを続けているのだと気付く。
こういうところが「萌え」要素>ぉ

ところで、高田清美とミサミサが張り合うシーンは笑うとこなのかな?
さすがに「死刑」は、『がきデカ』のポーズではなかったけど(笑)

ミサミサが月=キラとは認識していないところが強調されてたな。
原作の高田さんはミサミサに対し、
恋のライバルとして意識する部分と
彼女がキラ崇拝者ではない様子なのに不快感を抱いたのかな…って印象だったけど
アニメでは、キラの片棒を担ぐよう頼まれた自分の方が勝利者だと悟った感じ。

「2人は夜神月の虜」
大真面目に言うニアに笑ってしまった。

女性って恋に命を賭ける、という傾向は確かにあると思うけど…
でも、超現実的で心変わりしやすい面もあるのよ。
そこんとこ分かってないのは、やっぱ男性作家の手によるものだからかしら?

そうした揺らぎが描かれてない―あくまでも単純に月に忠節を尽くすだけ―というのが
同じ女として少々不満なんだけど、
まあ、この物語の主となるものは、あくまで月vsLだもんね。
他は、それを飾るアイテムに過ぎないのよね。

でも、アイテムに過ぎないキャラ達も、それぞれ存在感も魅力もあるのが強い。
その点がダメダメな某朝ドラを観ていると、差を強く感じる。

ただ、あくまで個人的感覚なんだけど…
高田清美のキャラはイマイチでなくね?>言っちゃったよ

都合良く使われてるだけ、という点では共通するミサミサや魅上の方は好感持てるのは
2人とも、背景がちゃんと描かれているからかな?
高田さんは唐突な出現だったしな>大学時代にチラっと出てはいたけど印象薄かったし
クール・ビューティという点でも、ハルや南空ナオミに負けるもんな>スミマセン

それはともかく>ぇ
第2部に入ったら話がサクサク進むなあ。
私のレビューも軽く終わっちゃうなあ。

あっという間に最終回になりそうだな。




○『デスノ』review今迄の分は右矢印こちら から

やっくんちやっくんち

人気映画・TVBLOG


グッドスマイルカンパニー デスノート ねんどろいど L(エル) (予約:9月発売予定)
DSソフト★ DEATH NOTE ~Lを継ぐ者~ 7月12日発売予定 予約受付中!
(韓国漫画)「DEATH NOTE(デスノート)」11巻(送料無料)






Last updated  2007.06.04 22:03:22
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.