12023966 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

新潟で震度6強 津波… New! ショコラ425さん

パーフェクトワール… New! レベル999さん

今日の収穫 (6月… New! BROOKさん

なつぞら シリアス… New! らぶりーたわ子さん

なつぞら<アニメー… ねむにゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2009.08.09
XML
ザ・ノンフィクション
『アシュリーがのこしたもの~その7年間の記録~』


通常の10倍近い速度で老いていくプロジェリアという遺伝子異常の病気で、
17歳で亡くなったアシュリー・へギさんの記録。


最初に言っておくと、私はドキュメンタリー番組というのは苦手だ。

作る側としては、社会に訴える義務も意義もあると思う。
でも、受け取る私には何も出来ないと…その無力さを思い知らされるだけだったり
この世に生きているということが益々辛く苦しいものに思えるだけだったり
「可哀想」と、上目線で泣いてしまったり…するだけだから。

狭量な私だから狭量な見方しか出来ないってことなんだろうけどさ(^^;)

特に、この「可哀想」という感情が嫌いだ。
「可哀想」と感じてしまった時点で、相手に対してとても申し訳なく思ってしまう。


でも今回、偶然にこの番組を観た。
目に入って、いつもならきっと、すぐにチャンネルを変えるかTVを消すかするところ。
なのに今回は、そう出来なかった。
そして約一時間、泣き通し。

でも、それは決して「可哀想」という同情の涙ではないと思う。


小さい頃のアシュリーはナナフシのスティンキーを可愛がっていた。
ある時、スティンキーの具合が悪くなり、アシュリーは懸命に世話した。
けれど、ほんのちょっと目を離した隙に、
スティンキーは何と飼い犬に食べられてしまった。

「悲しい。とても悲しい。
でも、もしかしたら食べられて良かったのかもしれない。
スティンキーは、きっと苦しんでいただろうから」

この言葉にまず、大泣きしてしまった。
私も同じ様に思うことがあるからかもしれない。


小学生の時の親友は、やがてアシュリーから離れ
他の健康な友人達や異性の友人達のもとへと去っていった。

恨むこともなく憎むこともなく、静かに部屋で独り遊びするアシュリー。


同じ病気を持つ3歳年上のBFは16歳で亡くなってしまった。

彼に宛てたメッセージを書いた風船を空に飛ばすアシュリー。
風船が見えなくなって、彼の元に届いたろうかと母親に尋ねた後
初めて声を上げて泣いたという。


上手く言えないけど、これらのエピソードに
とても知的で思慮深く心の広い人だったんだなあ…と感じて
彼女のことが大好きになった。

シングル・マザーだった母親が結婚し、ちょっぴりヤキモチを焼いたり
やがて生まれた弟をとても可愛がったり
進路について悩んだり
アルバイトを始めたり

誰でも、いつかは経験する別れや痛み、悩みや喜び…
アシュリーは気の毒な生涯を過ごしたのではなく、皆と同じ人生を
ただ、とても圧縮された形で生きたのだと思う。

そして、それらをアシュリーはいつも積極的に受け止め
いつも前を向いて歩いていた。


高校卒業3週間前に亡くなったアシュリーは
卒業アルバム用の質問にこう答えていた。

A.もしも過去に戻れたら、やり直したい事は?」

Q.何もない(Nothing)


上目線どころか、後悔だらけでイイカゲンな生き方をしている自分が
悲しく情けなくなったよ。
彼女のように生きていきたいと心から思った。
これって“導き”だね、きっと。




クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)
下矢印              下矢印             下矢印
にほんブログ村 テレビブログへ     人気映画・TVBLOG     人気ブログランキングへ

ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります
下矢印
やっくんち

アシュリー


【送料無料選択可!】アシュリーがのこしたもの ~その7年間の記録~ (仮) / ドキュメンタリー






Last updated  2009.08.09 15:59:34
コメント(0) | コメントを書く
[ドラマ以外のTV番組&DVD等] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.