12309170 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

連続テレビ小説『な… New! レベル999さん

なつぞら、信さんを… New! らぶりーたわ子さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

Keyword Search

▼キーワード検索

2010.09.20
XML
カテゴリ:ドラマ-3-
太宰治短編小説集(2)(第1夜)『走れメロス』
2010年 / NHK
出演:森山未來、田中泯、モロ師岡、純


★       ★       ★       ★       ★       ★       ★

偶然観た。

朗読は大杉漣。
   …と、何故か思い込んでいたら、これも田中泯だったようです。
     これも朝ドラの影響?
     いい加減でスミマセンスミマセン

落語もしくは講談の様に劇中で語るのはモロ師岡。

画面は能舞台の様な作りで、
書き割りは古代の日本を描いた襖絵で
田中泯演じる王は着物、
主役メロスを演じる森山未來は現代サラリーマンみたいなスーツ姿。

ちなみにセリヌンティウスはバーテンダー風。

『龍馬伝』でも独特の存在感を示していた田中泯は、ここでも立っているだけでド迫力。
心に複雑なものを抱えた王を、まんま表現している。

『リミット2』で表情演技に感心した森山未來は、しょっぱなから目つき一つでメロスを表現。
おまけに動きの美しいこと。
バレエが踊れるとは凄い。

物語は有名な原作まんまなんだけど、
こうした仕掛けにより、ちょっと違った雰囲気の『走れメロス』になっていた。
私的にいつもモヤモヤしていたメロスの心の弱さとか醜さを
結構、前面に出していた様に思う。


そう、私は『走れメロス』には、少しばかりモヤモヤを抱いていた。
だから、あまり好きな作品ではなかった。

同じ太宰治作品では『人間失格』『駆け込み訴え』『女学生』あたりには感銘を受けたけれど。
いや、好きと言えるのは後の二作で、『人間失格』は微妙かな。
読んでいる時は物凄く共感し、これを理解できるのは自分くらいのものではないか…
とさえ思ったけど>思春期の驕りもしくは勘違い?(笑)
読み終わった時は寧ろ嫌悪感さえ湧いてきたのだった>これまた思春期の…(以下略

ましてや『走れメロス』には、読んでいる最中から何やらモヤモヤ。
小学生の頃だけどね。
いや、正式に読む前に学校で紙芝居か何かで見た時に既にモヤモヤ。
てことは幼稚園の頃かな。

だってさ、

メロスって自己中じゃね?
単純バカって感じもする。

まあ、だからこそ王のどす黒く渦巻く複雑な心境が際立つのだろうけど。
つまりは、これは王の心が救済される物語だよね。

だけど、世間的には美しい友情物語とされているらしい。

メロスは自分勝手に、後先考えずに行動し
ソレミタコトカで窮地に追い込まれ
妹を結婚させるまで待てと自分本位の願いを押し通し
何も知らない親友を身代わりに差し出し
自分の都合で妹の結婚式を早め
自業自得の苦しみなのに心の中で親友を見捨てようとした。

どこが「友情」やねん!?

それでも待ち続けたセリヌンティウスこそが真の友情を示したヒーローだと思うな。
一度だけメロスを疑ったと言ってたけど、そんなの当たり前じゃん。
これだけ理不尽な目に遭わされていたのに一度だけなんて…泣けてくるよ。

物凄く穿った見方をすれば、
裏切ろうとした事実を告白し殴ってくれと迫るメロスの心を和らげるための作り話の可能性もある>ぉ

だから、友情に篤いセリヌンティウスの物語、というのなら納得する。

ファンの皆さん、スミマセンスミマセン!
小学校以来読んでなかったので、その時の印象が今だに続いているもんで(^^;)


そういう意味で、
このドラマを観ることできて良かったと思う。

メロスの弱さをキチンと出していたから、そうした弱さを抱えたメロスとしては
まあ、頑張ったんでないの?
と、好意的になれた気がするから>好意的かい




クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)
下矢印                  下矢印               下矢印

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ         人気ブログランキングへ       人気BLOGRANK
にほんブログ村        人気ブログランキングへ        人気BLOGRANK

ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります
下矢印
やっくんち
やっくんち

走れメロス

走れメロス

価格:399円(税込、送料別)



走れメロス

走れメロス

価格:5,176円(税込、送料別)



走れメロス

走れメロス

価格:1,681円(税込、送料別)







Last updated  2010.09.21 21:55:13
コメント(6) | コメントを書く
[ドラマ-3-] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.