12405874 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

NHK土曜ドラマ『… New! レベル999さん

今日の収穫 (10… New! BROOKさん

ハードな土曜日がは… New! らぶりーたわ子さん

令和最初の『紅白』… New! ショコラ425さん

台風18号の影響か… ねむにゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2010.12.01
XML
カテゴリ:ドラマ-2-
最終話『龍の魂』


「大事な人なんじゃ」


冒頭は武市や以蔵や長次郎らが全員集合。
龍馬の姿に、久し振りだと喜ぶ面々。

これって、つまり、死後の予想?
イキナリ切ないじゃないか…


終始、猫の鳴き声がバックに聞こえていたのも
ドラマの初期の頃から猫はよく登場してたよな…と懐かしく思い出し
やはり、最終話への気持ちは高まっていくのだった。

カウントダウンのおかげで、今回はもう“龍馬暗殺”のことしか頭にない。
龍馬の死の瞬間を今か今かと待ち侘びているかの様>「様」は余分かも
軍鶏鍋の名が龍馬の口から出た時は
「キターーーーー!」
と叫びそうになってしまった>こらこら


そんな風に、全く不純な動機で観始めた最終回―


出番が少なかった中岡慎太郎に見せ場があったのが良かったな。
新撰組との殺陣があって、しかも引き際がカッコ良かった。

彼が龍馬を訪ねたのは、龍馬が書いた『新政府網領八策』の○○○に
誰の名が入るのかを確認するため…というのも興味深かった。
それに対し、龍馬が民主主義的な思想を語ってきかせるのも良かったし
そうやって、龍馬の大きさや柔軟性を最後に強く示したのも良かった。
中岡が泳げないことをカミングアウトしたのも、
暗殺事件の後、血まみれになりながらも、その話の続きを始めたのも良かった。


しかし、あの○○○が問題視されるとは…
徳川慶喜と推理する人もいるとは…
単純な私は単純に驚いてしまった。
そして、龍馬の言葉に単純に納得した。

でも、結局それは私が現代に住む人間だからで、
スタッフ達も現代に住む人間だから、龍馬にああ言わせたわけで、
実際の彼はどうだったのだろう…と、逆に疑問も湧いてしまった>ぉ


ともあれ今回、つくづく(というか、今更ながら)強く思ったのは、
龍馬って本当に悪気の全くない純粋無垢な奴なんだな…ということ。

自分に対し劣等感を丸出しにしている弥太郎に、
本当の本気で「友達」なんて言えちゃうんだものな…

綺麗過ぎるものを前にすると、普通に汚れている普通の人間達は
そこに映る自分の汚れを否が応でも直視しなければならなくて、この上もなく辛い。
愛するか憎むか、愛するが故に憎むか…してしまうと思う。

今迄、武市や以蔵や高杉達の魅力や存在感が強く、
その分、肝心の龍馬の影が薄くなってしまっていたのが難だなあ…
と思ってきたわけだけれど、
そうじゃなくて、全ては龍馬という鏡に映され、反射された光を浴びた姿だったのだ…
と気付いた。

まあ、リアル龍馬はどうだったか知らないけど(笑)
このドラマでの龍馬は、そういう奴なんだろうな…
語り手は弥太郎であるから、それは弥太郎が見た龍馬ってこと。
だから誰よりも何よりも、この『龍馬伝』は弥太郎を描いたものだったのだ。

…なんて断言するには、その描き方のバランスがやはり少々足りなかった気がするけど(笑)

でも、今回、
久し振りに龍馬に組み敷かれる弥太郎の図ぅから>ぇ
見廻り組とのやり取りから
雨の中泣き伏す姿まで
まさに弥太郎の見せ場、真骨頂って感じで、
龍馬の暗殺シーンよりも見応えあって凄かった。

ラストの弥太郎の死に様に至っては、
いつもより時間が長かった最終話の全てが吹き飛んでしまった(笑)

船の上の龍馬の後姿は、弥太郎がずっと見つめ続けてきたものなのだろうね。
途轍もなく切ない片恋の物語だった―
と言えるのかも?





クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)
下矢印                  下矢印               下矢印

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ         人気ブログランキングへ       人気BLOGRANK
にほんブログ村     人気ブログランキングへ      人気BLOGRANK

ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります
下矢印
やっくんち
やっくんち











Last updated  2010.12.02 12:40:43
コメント(5) | コメントを書く
[ドラマ-2-] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:『龍馬伝』第48話(最終話)(12/01)   BROOK さん
最終回にしては、回想シーンも少なく“良い”展開だったと思います。
たしかに冒頭からもう死亡フラグが立っていましたよね。
いきなりかつての仲間たちとの夢の中で再会でしたから・・・。

ラストの弥太郎にはビックリでした。
今までの大河ドラマとは明らかに違いましたね。 (2010.12.02 05:47:39)

 一年間お疲れさまでした!   みやさとver. さん
そして一年間、TB等お世話になりました!!
・・・ついに終ってしまいましたね・・・。
わたしもラストの弥太郎さんの最期に 全部が飛んでしまいました(^^;) でも 弥太郎さんが語ってきた龍馬伝ですから 弥太郎さんの最期もあっていいと思ったんですが。 それにしても 龍馬さんのラスト、お龍ちゃんの前に現れた龍馬さんが何だか簡単過ぎる感じもしたし その後船に乗った龍馬さんも 何だか印象に残らなくて もうちょっと龍馬さんのラストは何とかならなかったのかなぁ・・・と思ってしまいました。 あ~・・・でも終っちゃったんですね~~・・・。 1,2部では 武市さんも以蔵さんもよかった、大森南朋さんて素敵な役者さんだなぁって思いましたし、佐藤健君もよかったです(^^) あとはもう・・・伊勢谷さんの高杉がすっごくよかったです、こればっかり言ってますが(笑) 最終回、高杉が回想シーンで出てくるかとそれも期待してたんですが・・・(^^;) 
でも わたしは坂本龍馬さんという人に対する知識が 薩長同盟をされた方、くらいのもので 龍馬さんに対するイメージも特になかったため 毎回 ぽ~~っと見ていましたが 福山雅治さんという方は特に好きではないのですが このドラマでは 龍馬さんは福山さんでよかったのかな・・・って思います。 自由にまっすぐ進んでいくような人なんだけど どこかもろい立場の どこか運命に飲み込まれてしまいそうな感じの・・・何かそんな龍馬さんは福山さんでよかったのかなぁって思います。 
次の坂の上の雲はご覧になられますか? もう正岡子規さんが弥太郎さんに見えそうな気がしています(笑) あと来年の大河も また戦国時代に戻るんですよね? 楽しみです(^^) (2010.12.02 12:38:57)

 1年間弱、お疲れ様でした。   Largo さん
朝ドラ、今期は脱落しましたが(汗)、ひじゅにさんのブログは毎シーズン楽しみにしています。

>徳川慶喜と推理する人もいるとは…
私は○○○は慶喜公だと思ってしまいました。
というのは、どこかで龍馬は新政権に入るつもりがなかった、という話を読んだからだと思います。
先入観ですね。

龍馬さんて色んな逸話があるんだけど、史実はどうだったのか、っていうのがもう一つよく分からないような気がするんです。
と、言うより、例えば時代は違いますが、織田信長みたいに革新的な部分もあれば殺戮者の部分もある、という風に多面的に捉えられていない、また、そういう解釈ができる土壌がまだないように思うのです。

好き嫌いはあれども、「ザ・ヒーロー」。

そういった人物を主人公にするのは、かなり大変だったかな~なんてね。リアルタイムではかなりシナリオに突っ込んでましたが、今となってはお疲れ様でした、という感想を持っています。

>それは弥太郎が見た龍馬ってこと。
弥太郎を配置したのは苦肉の策だったのでは、とは思いました。そしてそれは成功したんじゃないかな、と。
でもね、それって最初から「試合」を投げているんじゃないかな、とも思ったりして。(大汗)

暗殺シーンは見応えがありました。でも自分にとっての「龍馬伝」の本当のクライマックスは

>まさに弥太郎の見せ場、真骨頂って感じで、

このシーンだったような気がします。


(2010.12.03 22:44:08)

 お疲れ様でした。   大和 さん
龍馬伝は映像の美しさと、弥太郎、容堂、以蔵の演技に魅了された一年でした。
伊勢谷さんもかっこ良かったです。
福山龍馬は、まぁ頑張っていたと思います。
個人的には第一部が好きでした。
最終回は龍馬がなかなか死ななかったのは何だかな…でした。
確か前に腕を切られた時は大騒ぎして、家族を思い出したりしたのに、斬られる前の会話を延々続けるのは個人的には(-"-;)でした。
たまにあるホモ描写にはドン引きしましたが、戦場での三味線演奏やら弥太郎臨終やら、ネタ要素を取り入れたのもNHKの挑戦だったのかもしれません。
賛否両論ある大河でしたが、全体としては「好きな大河」に入ります。(^_^)v (2010.12.04 23:01:30)

 スロースターターで総集編の後半から。。。   ぬりかべ女房 さん
しょっぱなを見逃し、その後ときどきチラ見したものの話がわからず脱落してました(東洋さんは渋くて印象的でした)年末に見て高杉さんに萌えてしまい、紅白も視聴☆最初から見てたらよかったなぁ。。。似顔絵楽しみにしてます♪ (2011.01.02 16:22:07)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.