12397704 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

ドラマホリック!『… New! レベル999さん

スカーレット9回目 New! らぶりーたわ子さん

今日の収穫 (10月1… BROOKさん

ラグビーW杯、日本、… ショコラ425さん

台風18号の影響か… ねむにゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2011.07.01
XML
カテゴリ:JIN-仁-
最終話
『完結~時空の果て…150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末』


「傷つこうと泥に塗れようと這いつくばって生きねばなりませぬ」


咲の生き方があまりにも切なく、あまりにも清く、あまりにも強く、いじらしかったので
もう、これで良い!と思ってしまった。
何が良いのか、よく分からないけど(笑)

ともかく、「生きる」ということが強調された回だった。
そして、その通りに咲は生きたんだなあ…


包帯男@仁が持ち出そうとしていた薬は咲のためだったんだね。
それは感動どころなんだけど、だからこそ
恋人@未来(ミキ)の存在が、ちょっと微妙になってくるんだよなあ>私だけ?

腫瘍が胎児の形をしているのは元々胎児だったからなんだ…
まさにピノコ@『ブラックジャック』。
ペニシリンを作るエピでも『火の鳥』の1エピを彷彿とさせたし、
やはり手塚治虫へのリスペクトが伺える作品だから良い出来なのかも?>ぉ
医療物とSFの融合という点が、そもそも手塚っぽいしね。

龍馬の血を浴びたことが何かの鍵になるという予想は当たったけど
仁自身ではなく腫瘍の方に影響したのね。
細胞に記憶が宿るというのは、たまに聞くけど…実際にどうなのかな?
『ドグラマグラ』(夢野久作)を、ちょっと思い出す。
はっ、あれも“胎児の夢”…

パラレルワールドを持ち出したのは解説なのかミスリードなのか?
もし前者だったら、一番最初の包帯男は何処から来たことになるわけ?
咲の、いじらしいにも程がある手紙は別の仁に宛てたものってことになっちゃわない?


まあ、私はあまりSF脳じゃないので理解出来ないだけかもしれないけど(笑)
世界は一つしかなくて、その中の一定の時間内を仁が無限ループしている…
という方が面白い気がする。

やはり、始まりについては分からないけど(^^;)
仁は仁だし咲は咲だから。

それでも繰り返すうちに少しずつ歴史は変わっていくんだろうなあ、と思う。
大きな流れは同じ様でも、細かい部分において
前の仁と後の仁とそのまた後の仁と…
全員が寸分違わぬ行動を取れるとは限らないから。

とはいえ、龍馬の死(により血を浴びること)と咲の病気がなかったら
このループは途切れてしまうのだろうから、
この2つだけは、どうあっても阻止することは出来ないのかな…


仁が去った後、仁に関する記憶が抹消されるという結末は
ちょっと強引な気がするなあ>私だけ?

「歴史の修正力」の一言で片付いてしまいそうだけど、
今迄と傾向が違い過ぎない?

あそこまで綺麗に消しちゃうなら
仁のタイムスリップ自体を阻止すれば良いじゃん(笑)

それに、龍馬も野風も他の人々も悉く死んでしまったけど
仁が最初に助けた恭太郎が長生きしたのは何故?


…拘り過ぎ?(笑)


いや、実際のところ、咲が悲しいくらい可愛かったので
本当は全て、これで良い。

ちょっと『時をかける少女』みたいだよね。
記憶は失われても思いは残り、
その思いを抱えて残りの人生を生きていく。

咲は医学に身を捧げたのだし、野風の子供の母ともなったのだから
幸福な人生だったと思う。
でも、自分の心を占めている人がどんな人だったのかも思い出せず
その人が空けた穴は永遠に埋まらない…
それはとても切ない。


新しい未来(ミキ)である橘未来の手術を始めたところで終わったけど
以前は失敗してしまった手術を今度は成功させて、
本当の意味で仁は再出発することが出来る、ってことだよね?
タイムスリップは、そういう意味で必要なことだったのかもしれない。

いつの間にか腫瘍も執刀医も変わってしまったのも「歴史の修正力」?
それとも、今迄の出来事は腫瘍が見せた夢?
…それでは、ちょっと虚しい。

手術後、橘未来と仁の間に愛が芽生える?
元々の、未来(ミキ)とのラブストーリーに重きを置くなら
これは紆余曲折の末のハッピーエンド。
咲の存在を重視するなら、ちょっと切な過ぎる結末。
…咲はきっと、それを喜んでくれるだろうけど。

咲と未来(ミキ)どちらにしても、愛する人が重症である時に仁は時をかけたんだなあ。
自分自身も腫瘍を抱えて。




☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/235-f8d2cf4f




クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ         人気ブログランキングへ       人気BLOGRANK
にほんブログ村     人気ブログランキングへ      人気BLOGRANK

☆ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に置いてあります☆
やっくんち
やっくんち









Last updated  2011.07.01 22:04:38
コメント(10) | コメントを書く
[JIN-仁-] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:『JIN-仁-』最終話(07/01)   BROOK さん
私もピノコを思い出してしまいました。

たしかに恭太郎が長生きした謎が残りますね。
あの傷で、仁がオペをしなくても助かったということなのでしょうか?
都合良く修正力が働かなかったのかもしれません。
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106260005/ (2011.07.02 05:06:49)

 Re:『JIN-仁-』   さと さん
最終回を見終わった後、喪失感と虚脱状態で、いろいろなことが頭の中を駆け巡り、しばらくひきずってしまいました。
いや、凄いドラマだったなぁ、ほんとに。

恭太郎は、強烈な個性も持ち主の多い登場人物の中で、彼はいつも目立たない存在でしたけど、仁のタイムスリップには必ず恭太郎がいるんですよね。

未来から江戸に来た時、一番最初に出会うのが恭太郎で、未来に戻る時も最後まで一緒にいた人が恭太郎。
もしかしたら、タイムスリップはホルマリン君の開眼と、時空の入口に恭太郎がいることで成立するのかも。

皆の記憶から仁先生が消えたのは切ないけれど、ずっと覚えていたらきっと苦しく辛いと思うから、歴史の修正力の優しさかな、と思いました。皆が前を向いて歩けるように。
仁先生も、江戸での記憶が少しずつ消えていき、ラストは恋人の未来の存在すら忘れていた感じでしたね。残酷で優しい未来ってこういうことなのか、と思いました。

龍馬は歴史の修正力が動く前に死んだから、きっといつまでも仁を忘れない存在として夢の中に出てきたのかも。 (2011.07.02 08:56:54)

 Re:『JIN-仁-』最終話(07/01)   つばき さん
パラレルワールド説推奨なら、龍馬が生き残った世界でも、良かったや~ん!と、ツッコんでしまいました。。。←私も、おおよそ、SF脳ではないです。。。

でも、咲の手紙に、キッチリ大号泣し、私は、映画の「ある日、どこかで(somewhere in time)」を思い出しました。

恭太郎は、生き残りましたが、橘の家は、安寿に続く子孫のようだったので、恭太郎も、結局、結婚しなかったのかなぁ・・・ (2011.07.02 12:13:40)

 素敵なドラマを有難う   ミンミン さん
手塚先生リスペクトとして、ブラックジャックと火の鳥!その2作品はもちろんだけど、わたしはきりひと賛歌を原作読んでて結構思い出しました。牢に入る展開あたりが一番強く感じましたね

咲さんのその後は、タイタニックのローズをチョッと思い出しました。
わたしは、そういう出会い今まではしたことないから、この人がいたから生きていける!
そう思える人に出会えて、その思いを支えに充実した日々をすごして生きてきた人を(後世に残る何かを残した人って、ほとんどそうですよね!)ある意味羨ましいと、思っているので、咲さんがかわいそうとか、そんなふうには、思わなかったです。

原作のネタばれ、ばっかりするのもなんなんですが!
恭太郎さんは原作では亡くなってしまいます。
仁が現代に戻るとき、そばにいたのは東さんで最後のあがきの三隅も一緒で、ドラマでは最終章前編でああいう決着を見ましたので、ドラマはオリジナルでどう描かれるか、観るまでドキドキでした。

包帯男の謎とか、深く追求すればするほど、卵が先か!鶏が先か!みたいなことになってしまうという、意見に賛成なんですよね!
記憶消去のこともふくめて、あまり謎追求しないで、ドラマの感動の余韻にしばらくは、ひたっていたいです。
(2011.07.02 13:56:52)

 ためになりました!   二階堂信之介 さん
ひじゅにさん、こんにちわ。

いつも読んでます!

またのぞきに来ます。 (2011.07.02 15:52:18)

 BROOKさん☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
他が悉く「修正」されていたので、恭太郎の扱いはちょっと疑問ですね。
まあ、多少のツッコミどころはあれど、面白いドラマでした。
前シリーズと今回とでは、少し趣きが異なっていたのも良かったし
最終回にも力が入っていた(「な~んだ」な出来でなかった)のも、とても良かったです。 (2011.07.07 21:53:58)

 さとさん☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
私も今だに胸がモワモワしています>悪い意味ではなく、寧ろ一種の恋煩い?
恭太郎がタイムスリップの一助(もしくは道標みたいなもの?)だったら面白いですね。
薬が落ちていたのは「出口」の方だったというのも謎なんですが、恭太郎がそういう役割なら納得できそうです。
忘れるというのは酷く残酷だけど、確かに優しくもありますね…深いなあ。 (2011.07.07 22:02:16)

 つばきさん☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
どうせなら龍馬が長生きするという、実際とは全く違う世界にして終わりにしてほしかった気がします。
咲の手紙は本当に本当に切なくも健気で、しかも強いもので…感動的でした。
そうだ、恭太郎、長生きしたのなら家を継いだのは彼であるはず…
ももももしや成長した安寿と結婚したのだったりして? (2011.07.07 22:06:07)

 ミンミンさん ☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
おお、成程『きりひと賛歌』!手塚ファンと称しながら、それは思い出しませんでした(^^;)
咲は幸福な人生を送ったと思うし、可哀想なんて言ったら却って可哀想だと思います。
ただ、愛する人が傍にいない…誰かも分からないのに喪失感だけはある…と考えると物凄く切ないです>私はこーいうのメチャ弱い
SF要素を考えるとツッコミどころは多いんですが、それを超えたとても面白い良いドラマでした>原作もそろそろ読まなくちゃ (2011.07.07 22:10:24)

 二階堂信之介さん ☆   ひじゅに さん
ありがとうございます&いらっしゃいませ。
いやいや、ためになる様なことはあまり…というか、ほとんど書いてないと思いますが(^^;)
でも、読んでいただけて嬉しいです。
ドラマや映画の感想が中心で、感想というのは人それぞれだからと開き直ってアレコレ書いています(笑)
これからも、よろしくお願いします。 (2011.07.07 22:13:21)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.