12403234 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

金曜ドラマ『4分間… New! レベル999さん

劇場鑑賞「マレフィ… New! BROOKさん

アイスカフェショコ… New! らぶりーたわ子さん

ラグビーW杯、日本、… ショコラ425さん

台風18号の影響か… ねむにゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2011.12.31
XML
カテゴリ:欧米映画
現実・妄想・さらに妄想…と三段重ねの世界。
その多重構造ぶりが『インセプション』を

過酷な現実世界にあって妄想の世界に逃げ込む少女。
という繊細な設定が『パンズラビリンス』を

連想させる映画です。
私はそれに加えて『ローズ・イン・タイドランド』も思い出しました。

ザック・スナイダーが初めて手掛けるオリジナル作品です。


☆☆☆ネタバレあり☆☆☆


最初に言ってしまうとですね
一応の売りはアクション・シーンだと思うのですが
そこがネックになってもいる、ちょい微妙な作りです。

いや、映像は凄く良いと思います。
最初は萌えました(笑)

戦闘時のコスチュームは最高です。

ヒロインのベイビードールは
金髪のツインテール
セーラー服に日本刀
ミニスカに二―ハイソックス
…と、モロに日本の萌えアニメの萌え要素を取り入れていますし

他メンバーもそれぞれカッコイイです。
スナイダーのオタク魂炸裂って感じです。

でも、パターン化してしまっているので、だんだん飽きてきちゃうんです。
スミマセンスミマセン。



ストレートなアクション・ファンタジー映画にしても良いところを
少女の悲しい妄想物語にしたのと
“主人公”と守護天使というテーマを持たせたのが
私的にはツボでした。

上記したように飽きてしまって
所々で寝てしまったりもしたのだけど(笑)
それでも心に残った、どうしても捨てられない映画となりました。


ベイビードールが継父の策略により精神病院に強制入院させられるところから
物語は始まります。
妄想世界も、そこから始まります。

妄想の一層目では、精神病院は売春宿に姿を変えています。

客を惹きつけるために彼女達はショーを行うのですが
それは現実世界における、自分の経験を芝居にして自分自身が演じる
という精神病院の療法が影響しているのでしょう。

で、ベイビードールはダンスをするのですが、ダンスそのものは画面に出てきません。
その目的からいって非常にセクシーなダンスであることが想像できます。

で、そのダンスは二層目の、アクション・ファンタジーの世界へと彼女を導きます。
この構造からいって妄想の元となる現実は性的虐待なのだと理解できます。

そもそも最初のシーンで、
継父がネクタイを緩めたり
ベイビードールの服のボタンが弾け飛ぶところが強調されたりして
性的虐待を匂わせています。

継父が彼女を精神病院に入れる際、書類に「20歳」と記入するのも意味深です。
20歳過ぎている様に見えないし
アクション・シーンのコスチュームにしても、そもそも「萌え」対象としても
「少女」であることが重要だと思えるから。

性奴隷の状況から何とか逃げ出そうと少女達がもがくのが
華麗な戦いに身を投じる自分達の妄想…というのが悲しいです。


少女“達”と書いたけれど
スイートピー以外は実在していない気がしますし。

スイートピーの妹であるロケットが死んでしまうのは
ベイビードールの妹の象徴でしょうし。

スイートピー自身だって、姉であるベイビードール自身を勝手に重ねているだけで
妄想世界で(一層目でも二層目でも)友情で結ばれるスイートピーとは
全く別人とも思われます。


ベイビードールは“主人公”ではなかった―
という結末が面白いです。

最初に守護天使とは老人の姿をしている場合も少女の姿をしている場合もある
というナレーションが入るところでラストはある程度想像できるんですけどね。
「老人」も登場するし。

だからラストに至った時
ああ、そうか…と納得する部分と
そうだったのか…と少し驚く部分とがあって
ちょっと感動してしまいました。



『Sucker Punch』 2011年/アメリカ
監督:ザック・スナイダー
出演:エミリー・ブラウニング(ベイビードール)、アビー・コーニッシュ(スイートピー)
   スコット・グレン(ワイズマン/賢者/バスの運転手)



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/422-4c5023df


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
にほんブログ村 映画ブログへ       人気ブログランキングへ       blogram投票ボタン
にほんブログ村 映画ブログ      人気ブログランキングへ    blogramランキング参加中!

☆ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります☆
やっくんち










Last updated  2011.12.31 15:27:23
コメント(3) | コメントを書く
[欧米映画] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 飽きましたか(笑   Crimson さん
本作をひじゅにさんが取り上げてくれたのは嬉しい半面、
アクションシーンのお約束的反復に「飽きた」というコメントは、
そうか、この辺がヒットに繋がらなかった原因か、という監督視線で読んでしましました(泣

『客を惹きつけるためのダンス』を映画的には一切見せない、
という潔い省略ぶりが個人的には思い切りツボだったので、
バトルシーンのバリエーションについては、細かいところに意識が行ってしまって、
結構楽しく最後まで見つづけたクチです(笑

> 少女“達”と書いたけれど
> スイートピー以外は実在していない気がしますし。
これは意外な視点でした。
いわゆるmental disease hospitalを舞台にした映画は多いけれど、
解釈方法によって見方が大きく分かれる点が、難しくもあり、面白くもあり、
といったところでしょうか。

21011年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。


(2011.12.31 21:39:11)

 21012年って(汗   Crimson さん
相変わらず粗忽モノですが、お許しください。 (2012.01.01 00:55:42)

 Crimsonさん☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
アクション・シーンはこちらもテンション高めないと入り込めないので体調の関係が大きいと思います。
妄想が絡んでくると解釈は難しいですね…自信はないのですけど、こんな風に観ていました。
多分、私、かなり悲劇的な見方をしていたと思います(笑)
こちらこそ、お世話になりました。
新年もよろしくお願いします(^^) (2012.01.02 21:37:24)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.