12419809 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

今日の収穫 (10… New! BROOKさん

ブログ炎上してる?… New! らぶりーたわ子さん

連続テレビ小説『ス… New! レベル999さん

ハイキュー!!、終わ… みやさとver.さん

秋ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

Keyword Search

▼キーワード検索

2013.12.10
XML
カテゴリ:八重の桜
第48話『グッバイ、また会わん』


「愛国心とはそんなものではない」by襄


↑メイン・ストーリーとは直接関係ないけど
「そうだそうだ」と頷ける台詞だったので


大隈重信、襲撃される―
秋月悌次郎、再登場―
梶原平馬、死去―

大隈はまた復帰するのだから良しとして>ぇ
秋月さんにまた逢えたのは嬉しい。

八重も覚馬もさほど年齢を感じさせない中で
ちゃんと老けメイクしていて良い>ぉ

襄の『同志社設立の旨意』に感動し再び教鞭を取ることを決意した
…とのことだけれども
本当かどうかは知らないけれども>こらこら
襄の信念がここにも芽吹いたのだと思うと嬉しい。

だって
学校を創ったことは勿論、素晴らしいことなのだけど
それを通じて何を成したか…イマイチ描かれていない気がするもんで(^^;)

何か学校内のトラブル(教師達との方針の違いとか生徒達の不満とか)と
資金集めに奔走しただけの様に見えてしまってたもんで(^^;)

秋月さんったら、かのラフカディオ・ハーンから
「神の様な人」と評されていたとかで
そこのところだけ取れば、まさに襄の遺志を継いでくれたって感じ。


梶原平馬も最後まで近所の子供達に学問を教えていたとかで
教育を…という襄の信念に繋がる。

彼の死は、戊辰戦争の完全なる終結を意味する?

たださ
単純ひじゅにには測り知れない思いがあったに決まっているけれども
二葉さんと離縁したまでは、そこのところを慮るとして
結局のところ再婚してるしなー
子供の絵を描き続けていたといっても
子供への思いであって二葉さんへの思いじゃないしなー
…と余計な事を考えてしまった。


なんて言ってるうちに、危篤―

群馬の前橋で倒れ、神奈川の大磯で療養。
勿論これは実話だから疑問の余地もないのだけれど
具合が悪いのに移動が大変じゃなかったのか…と
これまた余計な事が気にかかる。

臨終の場に八重が立ち会えたのは良かった。

まるで夫婦の間にだけ通じる予感の様なものに導かれて襄のもとに引き寄せられた
…みたいな描写は、まあドラマだからだろうけど(^^;)

「また逢いましょう」
襄の最後は、さすがにウルウルしてしまった。

地元出身で上毛カルタのおかげで名前はお馴染みだったものの
生涯についてはよく知らなかったし
ましてやこうして映像作品として観ることは初めてだったけど

オダジョーの新島襄はなかなか魅力的だったと思う。

   山に籠っていた時のキム・ギドク(映画監督)のもとに
   オダジョーが訪ねたことがあると聞いて
   個人的に彼の評価がグンと上がったりしたんだけど…
   それはまあ別の話(笑)


未亡人となった八重は「日本のナイチンゲール」の道へ―

これはとても素晴らしいと思うのだけれど
覚馬にほとんど命令されるかの如く…ってのが
何かイマイチな気がしてしまった。

今迄も何度となく覚馬に道を指し示されていたよね。
そういう描き方はどうなのかなあ…と思ってしまった。

スミマセンスミマセン




☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1305-6addb475


☆クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)☆
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ             人気BLOGRANK
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   人気BLOGRANK

☆ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります☆
やっくんち
やっくんち

八重が焼いていたのはパンケーキ?ワッフル?


なるほど新島襄


みかん







Last updated  2013.12.12 12:17:55
コメント(4) | コメントを書く
[八重の桜] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:『八重の桜』第48話(12/10)   BROOK さん
秋月の再登場は私も嬉しかったです♪
こういった昔のキャラが出てくるのは、なかなか良い演出だと思うところ。

襄の最期は感動的でしたね。
八重との会話も落涙しそうに…。

http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312010003/ (2013.12.10 20:22:17)

 Re:『八重の桜』第48話(12/10)   hikoponn さん
八重が看護活動に入っていったのも、実際は襄の死後、彼の教え子たち、つまり教授陣とうまくいかなかったから、学校経営から段々離れて行ったためだそうな。そのあたりも、ちょっと辛いだろうけど、描いてほしいなと思います。養子とかも出てこないし。
晩年、茶道の先生になったそうだけど、まあ頑固で気難しく付き合いにくい婆さんだったんだろうな。

・同志社設立の旨意に勘当→感動
・二葉さんへの重い→想い
アップする前に軽く読み直して校正しようよ。意味が違ってきてしまいます。 (2013.12.11 19:39:45)

 BROOK さん ☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
秋月さん、良い感じに年取っていましたね。
襄が目指すものと合致した人生を送ろうとしているところが良かったです。
襄は魅力あるキャラでしたね…八重が強いタイプだからってのもあるのだろうけど
あの穏やかで優しくて、でも自責の杖エピに表れていた内なる激しさが素敵でした。 (2013.12.17 20:03:10)

 hikoponn さん☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
学校での確執は所々で出てきていたので、ここでも絵が開いてほしかったですね。
どうも綺麗綺麗に纏めようとする傾向が強い様に感じます>それに覚馬をここでまで持ち上げなくても(^^;)
誤字脱字が多くてスミマセンッ!どうもそそっかしい&ボンヤリという相反する弱点が…>ぉぃ
先に直しておきましたが、またありましたらドンドン指摘して下さい>その前に気を付けろって話ですが (2013.12.17 20:07:38)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.